アバルト 車 値段。 アバルト595の中古車価格:375万円(AUTO SPEC. で販売)2019年式で走行距離0.5万km|静岡県御殿場市の気になる中古車

フィアット 新型500 価格・値段はいくら?グレード別に紹介!

アバルト 車 値段

アバルト・595 アバルト・595("Abarth 595")とは、フィアット・500 2007年 をベースにアバルトがチューンアップした自動車である。 通常モデルは「アバルト・500」と呼ばれていたが、2017年2月25日のマイナーチェンジとともに全グレードが595に統一された。 ここではフィアット・500と比較して紹介する。 595のデザインは、フィアット・500よりも張り出している。 フロントバンパーはインタークーラー冷却用エアインテーク付き、リアバンパーはディフューザー一体型を搭載、エアロパーツも採用されている。 また、オプションでレコードモンツァマフラーから続くツインエキゾーストパイプが搭載される。。 595のインテリアには「フィアット・500」のロゴが刻まれている場所が複数ある。 595のシフトはプッシュボタン式のシーケンシャルシフトスイッチを採用してフィアット・500のシフト周りよりも機能的で分かりやすい印象にしている。 595ツーリズモには、専用17インチアロイホイールブラックブレーキキャリバー、KONI製のFSDショックアブソーバーを標準装備している。 595Cツーリズモは595ツーリズモのキャンバストップ仕様で、595ツーリズモの装備に加え、電動開閉式ソフトトップが装備されている。 エンジンにはギャレット製のターボチャージャーを備え、最高出力を通常モデルの595よりも20ps高い165psとしている。 595コンペティツィオーネは595ツーリズモにも搭載されているギャレット製ターボチャージャーを装備し、最高出力を180psとした。 また、ドアハンドルがマットグレー塗装になっている。 2013年10月15日、アバルト 595の50周年記念車「アバルト 595 50th Anniversary」の予約受付を開始。 全世界299台限定で、日本ではそのうち50台の限定となる。 エクステリアはオリジナルの595にちなんだサイドストライプ、赤いライナー入りの17インチアルミホイール、ブレンボ製フロント4ピストンキャリパーを採用。 インテリアでは、赤と白のレザースポーツシートに赤のアクセントとセンターポジションが入ったレザーステアリングが採用され、エンジンは「アバルト 695 エディツィオーネ マセラティ」「アバルト 695 トリブート フェラーリ」と同じ最高出力180PS、最大トルク25. 5kgmを発生する直列4気筒DOHC 1. 4リッターターボ。 トランスミッションは、オートマチックモード付の5速シーケンシャルトランスミッション「アバルトコンペティツィオーネ」。 9月に行われた500S同様、TFTメータークラスターを採用(アバルトブランドとしては初)。 但し、500Sと異なりドライブ中に発生するG(加速・減速・旋回)を表示する「Gメーター」が搭載されている。 2017年2月25日、2016年に行った500のマイナーチェンジ同様の変更を施すと共に、TFTメーターの機能向上及びGメーターのグラフィック更新、Uconnect対応の5インチタッチパネルオーディオの採用、ステアリングホイールの変更に加え、595はエンジン出力が145psにアップ、595ツーリズモはギャレット製大径タービン変更とエンジン出力が165psへにアップ、595コンペティツィオーネはカーボンシェルタイプシートに変更し、ステアリングホイールもカーボンインサート付レザー/アルカンターラホイールで差別化を図っている。 限定は合計150台で、内訳はMakeYourScorpionカスタマイズプログラムを除いて初めて設定されるトロフェオグレー(595)が100台(右ハンドル60台、左ハンドル40台)、ガーラホワイト(595C・右ハンドルのみ)が50台。 2018年8月25日、限定車「595 Competizione Performance Package II」を発売。 限定は100台。 カラーはGrigio Pistaのみ。 2018年9月15日、一部改良。 Uconnectの液晶サイズが7インチに大型化され、Apple CarPlay及びAndroid Autoに対応した。 一方で、ベースモデルの595 MTモデルでは税込299万円と300万を切る魅力的な価格設定にした。 その他に17インチ専用ホイール、アクラポビッチ製カーボン仕上げハイパフォーマンスエキゾーストシステム、695リヴァーレエンブレム(サイド・リア)、そしてフロントエンブレム・ドアハンドル・リアエンブレム・リアドアハンドルはマットクローム仕上げにすることで、上質かつ洗練された空間を表現した。 限定は695が85台、695Cが65台。 アバルト 595 コンペティツィオーネ パフォーマンス パッケージ3の購入チェックポイント 「595 コンペティツィオーネ パフォーマンス パッケージ3」の販売価格は、新車購入価格375万円の車両が現在の中古車相場365万円に対して、102. 車両の経過年数は、1年。 想定される走行距離は1万km以内が妥当です。 実際の走行距離0. 5万kmが妥当か確認しておきましょう。 気になるこの車の燃費。 カタログ値では、13. 「595 コンペティツィオーネ パフォーマンス パッケージ3」の排気量1368ccを意識して実際の燃費を想定しておきましょう。 中古車の購入で、もう一つ重要なのは、タイヤ。 溝が少ないタイヤや経過年数が古い場合は、タイヤ交換が必要になるケースもあります。 夏用のラジアルタイヤ、冬用のスタッドレスタイヤの購入の可能性も視野に入れて、タイヤ価格がどの程度か把握しておきましょう。

次の

アバルト購入!!

アバルト 車 値段

スポンサードリンク こんにちは!気づいたら最近の晩飯が冷食とカップ麺ばかりなのび太です。 フィアット専門のチューニング部門であるアバルトによってベースモデルとは比較にならない程の動力性能を手に入れたこのアバルト595ですが、まずは現行のグレード体系から見ていきたいと思います。 アバルト595のグレードごとの違いは何か? 現在アバルト595には特別仕様を除くと4種類のグレードがありまして、簡単に紹介すると・・ ベースモデルの アバルト595 快適性や高級感を重視した アバルト595ツーリズモ アバルト595ツーリズモのカブリオレバージョンである アバルト595Cツーリズモ とことん走りを追求したガチンコスポーツモデルの アバルト595コンペティツィオーネ となっております。 細かい仕様まで書いていくと長くなってしまうので走りのパフォーマンス面での変更点を挙げていくと ・アバルト595・・1. 4リッターターボ搭載で 最高出力145psを発生。 トルクトランスファーコントロールに走りのパフォーマンスをアップさせるスポーツモードを搭載。 他にも過給圧計にGメーター、専用エアロに16インチアロイホイール等走りの装備を一通り身に着けた標準仕様です。 ちなみにシートは純正でヘッドレスト一体型モケットシートが付きます。 ・ アバルト595ツーリズモ、ツーリズモC・・・ラインナップ中唯一カブリオレモデルが設定されるグレード。 最高出力は165psにアップし専用17インチホイールを装備。 AT車ではパドルシフトが付き、ブラックのブレーキキャリパーにマットクローム仕上げのドアミラー等内外装面でもベースと差別化しています。 リアサスペンションのみKONI製のショックアブソーバーを装着している点もポイントです。 シートはヘッドレスト一体型のレザーシートが付きます。 ・アバルト595コンペティツィォーネ・・・走りの面での現行最高グレード。 ギャレット製ターボチャージャーにより 最高出力は180psまでアップ!ブレンボ製4ポッドキャリパーに加えKONI製のショックアブソーバーをフロントリアに装備。 更に専用エキゾーストシステムのレコードモンツァマフラーを装着し他を圧倒する排気音を奏でます。 シートはサベルト製のレザー&アルカンターラシートを装着しています。 という風にグレードが上がるにつれて出力や装備がアップしていくという非常に分かりやすい形をとっています。 今回試乗したのはベースモデルの595と最上級のコンペティツィォーネですが、尺の都合上コンペティツィォーネをメインに紹介していきたいと思います汗 ブログの尺ってなんだよ! 良いですね~、やはりアバルトの専用バンパーが目を引きます。 見えにくいですが、サイドにABARTHのデカールが入るのもコンペティツィオーネのみの仕様です。 大きさは全長3,660、幅1,625mmと軽自動車に毛が生えた程度ですが、そのコンパクトさでここまでスポーティな車を造れるという所がやっぱり日本人に受けてるんだろうな~と思います。 勿論ドア開け閉めした時の剛性感なんかも軽自動車とは比べ物になりません。 小さい車ですが足回りは流石にごついです。 サベルト製のレザー&アルカンターラシートが目を引く車内です。 というか最初にベースモデルに乗ったのですが、このコンペティツィオーネになるとこのシートのせいか、車内のスパルタン臭が一気に上がります。 後席の乗り心地ですが、やっぱり長距離乗るとなると厳しいものがあり、身長175センチののび太はガッツリ天井に頭が付いてしまいました 笑 こちらはベースモデルの内装ですが、まだ幾分おとなしめな感じであります。 早速試乗! 595 コンペティツィオーネの参考スペックです。 直列4気筒DOHC 16バルブ インタークーラー付ターボ 最高出力 180ps/5,500rpm 最大トルク 23・5/2,000 スポーツモード時 25・5/3,000 車重 1,120kg アバルト公式の試乗インプレッション動画です 3分 最初にベースモデルに乗ってから思ったのは、専用のレコードモンツァマフラーを装着しているためかエキゾーストサウンドが明らかに変わります。 ベースモデルではそんなに派手な印象は無かったのですが、これはもう早朝なんかは気を遣う近所迷惑レベルのもので 車検対応 集合住宅に住んでる方はちょっと躊躇してしまうかもしれません。 ま、そこがイイんだけどな!! ベースモデルが「ブォーン!ブォーン!」だとするとコンペティツォーネは「ブァーンババ!!ブァーンババ!!」という感じです。 テキストでの表現ではいささか限界がありますので下記の動画をご参照下さい ベーモデルに乗った印象は、ベースだから大したこと無いのかと思いきや全然そんなことは無く、パワーも必要にして十分ですし、2,000rpmからという低めのトルクバンドもあって法定速度まであっという間に出てしまいます。 車重も軽くコーナリングも軽快そのもので、まさに日本の狭い峠道にベストマッチしている印象です。 そしてこの車の真価はスポーツモードを選択した時にあり、アクセルのレスポンスが明らかに変わります。 トルクの盛り上がりも半端なく、ターボ車ながら自然吸気のような反応の良さは運転していて気持ちいです!これはおもしろい。 お次はコンペティツィオーネですが、これはもう一気にチューニングカーの様相を呈しています。 足回りもガチガチに固いですし、そもそもシートも硬いです 笑 クッション性が無いというか、衝撃が結構もろに腰に来ます。 加速も凄まじく速く、豊富なトルクのおかげでどのタイミングでもぐんぐん加速していきます。 特別仕様内訳は メタリックカラー 54,000 付属品内訳は ETCセットアップ 27,560 ボディコーティング 59,400 インテリアコーティング 21,600 です。 アバルト595 コンペティツィオーネ MTモデル 見積もり 車両本体価格 3,726,000 付属品価格 108,560 特別仕様 54,000 イージーケア 82,080 延長保証 114,480 販売諸費用 293,170 支払総額 4,378,290円 となりました。 特別仕様内訳は メタリックカラー 54,000 付属品内訳は ETCセットアップ 27,560 ボディコーティング 59,400 インテリアコーティング 21,600 です。 アバルトの場合ミニ四駆のように後付けパーツが用意されていて、ベースモデルをコンペティツィオーネ仕様にする事も出来るのですが、結構パーツ一つ一つが良い値段するので素直にコンペティツィオーネを買った方がはるかにお得な仕様となっています。 あと意外だったのがアバルト595のイメージカラーってグレーなのですね!グレーと言ったら地味目カラーの代表格だと思っていたのでスポーツモデルのイメージカラーとは知りませんでした。 これだけオプション料金取られないのでちょいとお得ですw いや~しかしおもしろいですね~アバルト595。 コンペティツィオーネは如何せん過激すぎたのですが、ベースモデルでも十分楽しめます。

次の

アバルト アバルト595の買取価格の相場

アバルト 車 値段

スポンサードリンク こんにちは!気づいたら最近の晩飯が冷食とカップ麺ばかりなのび太です。 フィアット専門のチューニング部門であるアバルトによってベースモデルとは比較にならない程の動力性能を手に入れたこのアバルト595ですが、まずは現行のグレード体系から見ていきたいと思います。 アバルト595のグレードごとの違いは何か? 現在アバルト595には特別仕様を除くと4種類のグレードがありまして、簡単に紹介すると・・ ベースモデルの アバルト595 快適性や高級感を重視した アバルト595ツーリズモ アバルト595ツーリズモのカブリオレバージョンである アバルト595Cツーリズモ とことん走りを追求したガチンコスポーツモデルの アバルト595コンペティツィオーネ となっております。 細かい仕様まで書いていくと長くなってしまうので走りのパフォーマンス面での変更点を挙げていくと ・アバルト595・・1. 4リッターターボ搭載で 最高出力145psを発生。 トルクトランスファーコントロールに走りのパフォーマンスをアップさせるスポーツモードを搭載。 他にも過給圧計にGメーター、専用エアロに16インチアロイホイール等走りの装備を一通り身に着けた標準仕様です。 ちなみにシートは純正でヘッドレスト一体型モケットシートが付きます。 ・ アバルト595ツーリズモ、ツーリズモC・・・ラインナップ中唯一カブリオレモデルが設定されるグレード。 最高出力は165psにアップし専用17インチホイールを装備。 AT車ではパドルシフトが付き、ブラックのブレーキキャリパーにマットクローム仕上げのドアミラー等内外装面でもベースと差別化しています。 リアサスペンションのみKONI製のショックアブソーバーを装着している点もポイントです。 シートはヘッドレスト一体型のレザーシートが付きます。 ・アバルト595コンペティツィォーネ・・・走りの面での現行最高グレード。 ギャレット製ターボチャージャーにより 最高出力は180psまでアップ!ブレンボ製4ポッドキャリパーに加えKONI製のショックアブソーバーをフロントリアに装備。 更に専用エキゾーストシステムのレコードモンツァマフラーを装着し他を圧倒する排気音を奏でます。 シートはサベルト製のレザー&アルカンターラシートを装着しています。 という風にグレードが上がるにつれて出力や装備がアップしていくという非常に分かりやすい形をとっています。 今回試乗したのはベースモデルの595と最上級のコンペティツィォーネですが、尺の都合上コンペティツィォーネをメインに紹介していきたいと思います汗 ブログの尺ってなんだよ! 良いですね~、やはりアバルトの専用バンパーが目を引きます。 見えにくいですが、サイドにABARTHのデカールが入るのもコンペティツィオーネのみの仕様です。 大きさは全長3,660、幅1,625mmと軽自動車に毛が生えた程度ですが、そのコンパクトさでここまでスポーティな車を造れるという所がやっぱり日本人に受けてるんだろうな~と思います。 勿論ドア開け閉めした時の剛性感なんかも軽自動車とは比べ物になりません。 小さい車ですが足回りは流石にごついです。 サベルト製のレザー&アルカンターラシートが目を引く車内です。 というか最初にベースモデルに乗ったのですが、このコンペティツィオーネになるとこのシートのせいか、車内のスパルタン臭が一気に上がります。 後席の乗り心地ですが、やっぱり長距離乗るとなると厳しいものがあり、身長175センチののび太はガッツリ天井に頭が付いてしまいました 笑 こちらはベースモデルの内装ですが、まだ幾分おとなしめな感じであります。 早速試乗! 595 コンペティツィオーネの参考スペックです。 直列4気筒DOHC 16バルブ インタークーラー付ターボ 最高出力 180ps/5,500rpm 最大トルク 23・5/2,000 スポーツモード時 25・5/3,000 車重 1,120kg アバルト公式の試乗インプレッション動画です 3分 最初にベースモデルに乗ってから思ったのは、専用のレコードモンツァマフラーを装着しているためかエキゾーストサウンドが明らかに変わります。 ベースモデルではそんなに派手な印象は無かったのですが、これはもう早朝なんかは気を遣う近所迷惑レベルのもので 車検対応 集合住宅に住んでる方はちょっと躊躇してしまうかもしれません。 ま、そこがイイんだけどな!! ベースモデルが「ブォーン!ブォーン!」だとするとコンペティツォーネは「ブァーンババ!!ブァーンババ!!」という感じです。 テキストでの表現ではいささか限界がありますので下記の動画をご参照下さい ベーモデルに乗った印象は、ベースだから大したこと無いのかと思いきや全然そんなことは無く、パワーも必要にして十分ですし、2,000rpmからという低めのトルクバンドもあって法定速度まであっという間に出てしまいます。 車重も軽くコーナリングも軽快そのもので、まさに日本の狭い峠道にベストマッチしている印象です。 そしてこの車の真価はスポーツモードを選択した時にあり、アクセルのレスポンスが明らかに変わります。 トルクの盛り上がりも半端なく、ターボ車ながら自然吸気のような反応の良さは運転していて気持ちいです!これはおもしろい。 お次はコンペティツィオーネですが、これはもう一気にチューニングカーの様相を呈しています。 足回りもガチガチに固いですし、そもそもシートも硬いです 笑 クッション性が無いというか、衝撃が結構もろに腰に来ます。 加速も凄まじく速く、豊富なトルクのおかげでどのタイミングでもぐんぐん加速していきます。 特別仕様内訳は メタリックカラー 54,000 付属品内訳は ETCセットアップ 27,560 ボディコーティング 59,400 インテリアコーティング 21,600 です。 アバルト595 コンペティツィオーネ MTモデル 見積もり 車両本体価格 3,726,000 付属品価格 108,560 特別仕様 54,000 イージーケア 82,080 延長保証 114,480 販売諸費用 293,170 支払総額 4,378,290円 となりました。 特別仕様内訳は メタリックカラー 54,000 付属品内訳は ETCセットアップ 27,560 ボディコーティング 59,400 インテリアコーティング 21,600 です。 アバルトの場合ミニ四駆のように後付けパーツが用意されていて、ベースモデルをコンペティツィオーネ仕様にする事も出来るのですが、結構パーツ一つ一つが良い値段するので素直にコンペティツィオーネを買った方がはるかにお得な仕様となっています。 あと意外だったのがアバルト595のイメージカラーってグレーなのですね!グレーと言ったら地味目カラーの代表格だと思っていたのでスポーツモデルのイメージカラーとは知りませんでした。 これだけオプション料金取られないのでちょいとお得ですw いや~しかしおもしろいですね~アバルト595。 コンペティツィオーネは如何せん過激すぎたのですが、ベースモデルでも十分楽しめます。

次の