なるべく早く 敬語。 見積もりを出してもらうメールの書き方ポイントを徹底解説

「なるべく」の意味/使い方/例文|敬語表現・「できるだけ」との違い

なるべく早く 敬語

「なるはや」の意味は? 「なるはや」の意味は「なるべく早く」の略語 「なるはや」(なる早)は、「なるべく早く」の意味を持つ言葉です。 「なるはや」の正式名称は「なるべくはやく」となります。 「なるべく」は「成る可く」とも書き、動詞「なる(成る)」の終止形と、助動詞「べし(可し)」の連用形の2つから成り立つ「可能な限り」を意味する言葉です。 したがって「なるはや」は詳しく言うと、「何がなんでも早く」ではなく、「その時の状況に応じて可能な限り早く」の意味となります。 敬語に言い換えると「できる限り早く」 「なるはや」を敬語で表現する場合には、「できる限り早く」「可能な限り早く」を使うのがよいでしょう。 「なるはや」を「なるべく早く」と略さずに言ったとしても、「なるべく」は敬語表現ではないため、上司や取引先に対して使う言葉としては適していません。 「なるはや」の使い方と注意点は? 相手に「なるはやで」と依頼をする場合 「なるはやでお願い」とだけ伝えた場合には、相手はどの程度優先して動くべきか判断に迷うこととなります。 また、あくまで相手の優先順位において「可能な限り」とゆだねることになるため、あなたの希望通りの早さで対応してもらえるとは限らず、納期の遅れやトラブルにもつながりかねません。 相手に期日をゆだねる「なるはや」で依頼をする場合にも、「なるはやでお願いしたいが、いつ対応可能か?」といったように、期日も確認するのがよいでしょう 相手から「なるはやで」と依頼を受けた場合 相手から「なるはやでお願い」と依頼を受けた場合には、その場で具体的な期日を確認してください。 依頼の作業にすぐ着手することが難しい場合に「なるはやで対応します」と答えるのはNGです。 「なるはや」は目上・上司の人に使うのはNG 「なるはや」はくだけた表現になるため、上司や取引先など目上の相手や顧客に対して使うべきではありません。 同僚や部下、取引先であっても日頃から敬語を使わずやりとりしているような親しい相手との間に留めて使うのがよいでしょう。 「なるはや」を使った例文• 忙しいところ割り込んで申し訳ないが、これをなるはやでやってもらえるかな?• この資料は来週月曜朝一番の会議で使います。 金曜中には印刷まで終えておきたいので、修正がある場合はなるはやでお願いします。 忙しいのはは承知しているが、明後日までの急な依頼がきて困っている。 なんとか、なるはやで仕上げてもらうことはできないか? 「なるはや」の類語 「可及的速やかに」は同じ意味だが印象が異なる 「可及的速やかに」(かきゅうてきすみやかに)は、「なるはや」と同じ「可能な限り早く」の意味を持っていますが、言葉から受ける印象が異なります。 相手から依頼を受けた場合に、「なるはやで対応します」ではなく、「可及的速やかに対応します」と答えると丁寧な印象となります。 相手に依頼をする場合には、「なるはや」がくだけた印象の表現であるのに対して、「可及的速やかに」は威圧感を感じさせる表現となります。 「至急」「早急」は「非常に急いで」の意味 「至急」(しきゅう)「早急」(さっきゅう)は、いずれも「非常に急いで」を意味する言葉。 「なるはや」が「可能な限り早く」であるのに対して、「至急」「早急」ともに、「急ぎ」の言い合いが強い言葉となります。 「なるはや」の英語表現 「なるはや」の英語は「ASAP(as soon as possible)」 「なるはや」の英語表現は、「ASAP」を使うのが適しています。 「ASPA」の正式名称である「as soon as possible」も同じ意味で、「なるはや」同様の「可能な限り早く」となります。 略語である「ASAP」は上から目線の表現との印象を受ける言葉のため、相手に対して使う場合は「Please」の一言を添える配慮が必要ですが、目上の人や顧客に対しては使うことを避けるのがよいでしょう。 その他の「なるはや」の英語表現 「as soon as you can」「as soon as quickly」 いずれも「可能な限り早く」の意味を持つ言葉で、「as soon as possible」の言い換え表現となります。 「at your ealiest convinience」 「at your ealiest convinience」は、「都合つき次第」「なるべく早く」の意味を持つフレーズです。 「なるはや」の「可能な限り早く」の意味と同じとなります。 まとめ ビジネスの場面において、耳にすることも多い「なるはや」という言葉は、「なるべく早く」の意味を持ちます。 あいまいさを含む言葉であるため、相手に依頼するときには「なるはや」だけでなく具体的な期日も合わせて伝えることが大切です。

次の

「なるべく」の意味/使い方/例文|敬語表現・「できるだけ」との違い

なるべく早く 敬語

sponsor 「なるべく」「できるだけ」の違いと使い分け 実際に「なるべく」と「できるだけ」を使った例文を見てましょう。 なるべく早く出勤します• できるだけ早く返事が欲しい 「なるべく」とは、動詞「成る」の終止形に助動詞「べし」の連用形が付いたものです。 「限界まで頑張らなくてもいいけれども可能な範囲で」という意味で、相手に何かを依頼するときに使います。 ビジネスシーンでも多く使われている言葉ですが「なるべく」は敬語ではありません。 目上の人に対して使う場合は「可能な限り」や「できる限り」という表現を使いましょう。 一方、「できるだけ」とは、「これ以上できないという限界まで頑張って」という意味です。 誰かに何かをお願いするときに使用することが多い言葉です。 同僚や部下であれば「できるだけ」という言葉でお願いしても問題はありませんが、上司や目上の人に対しては「できる限り」や「可能な限り」という言葉に置き換えてお願いする方が望ましいでしょう。 なるべく参加するように• なるべく多く食べる• できるだけ早く寝る• できるだけ階段を使う• できるだけ暗記する 「なるべく」「できるだけ」の違いまとめ 「なるべく」と「できるだけ」の違いや使い方について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。 「なるべく」:〘副〙 そうすることが可能だという見込みのもと、大きな負担がかからない範囲で、その事態が実現するようつとめる気持ちを表す。 できる限り。 できることなら。 なるたけ。 「できるだけ」:〘副〙 可能な限り。 できるかぎり。 どちらも「できる限り」という意味をもつ「なるべく」と「できるだけ」ですが、「なるべく」とは、「限界まで頑張らなくてもいいけれども可能な範囲で」という意味で、「できるだけ」は「これ以上できないという限界まで頑張って」という意味です。 同僚や部下にお願いするときは「なるべく」や「できるだけ」でも問題ありませんが、上司や目上の人に対しては「できる限り」「可能な限り」に置き換えてお願いするようにしましょう。

次の

「なるべく早く」に関連した英語例文の一覧と使い方

なるべく早く 敬語

sponsor 「なるべく」「できるだけ」の違いと使い分け 実際に「なるべく」と「できるだけ」を使った例文を見てましょう。 なるべく早く出勤します• できるだけ早く返事が欲しい 「なるべく」とは、動詞「成る」の終止形に助動詞「べし」の連用形が付いたものです。 「限界まで頑張らなくてもいいけれども可能な範囲で」という意味で、相手に何かを依頼するときに使います。 ビジネスシーンでも多く使われている言葉ですが「なるべく」は敬語ではありません。 目上の人に対して使う場合は「可能な限り」や「できる限り」という表現を使いましょう。 一方、「できるだけ」とは、「これ以上できないという限界まで頑張って」という意味です。 誰かに何かをお願いするときに使用することが多い言葉です。 同僚や部下であれば「できるだけ」という言葉でお願いしても問題はありませんが、上司や目上の人に対しては「できる限り」や「可能な限り」という言葉に置き換えてお願いする方が望ましいでしょう。 なるべく参加するように• なるべく多く食べる• できるだけ早く寝る• できるだけ階段を使う• できるだけ暗記する 「なるべく」「できるだけ」の違いまとめ 「なるべく」と「できるだけ」の違いや使い方について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。 「なるべく」:〘副〙 そうすることが可能だという見込みのもと、大きな負担がかからない範囲で、その事態が実現するようつとめる気持ちを表す。 できる限り。 できることなら。 なるたけ。 「できるだけ」:〘副〙 可能な限り。 できるかぎり。 どちらも「できる限り」という意味をもつ「なるべく」と「できるだけ」ですが、「なるべく」とは、「限界まで頑張らなくてもいいけれども可能な範囲で」という意味で、「できるだけ」は「これ以上できないという限界まで頑張って」という意味です。 同僚や部下にお願いするときは「なるべく」や「できるだけ」でも問題ありませんが、上司や目上の人に対しては「できる限り」「可能な限り」に置き換えてお願いするようにしましょう。

次の