越前屋 ひょう た。 越前屋俵太の芸能活動休止の理由は?活動休止中は何をしていた?

越前屋俵太の現在は?消えていたのは熊谷真美が原因?復帰初仕事はなに?

越前屋 ひょう た

越前屋俵太の伝説は今も……!探偵ナイトスクープの人気探偵が消えたワケ 越前屋俵太の幻のコーナーが「探偵ナイトスクープ!」を生んだ?! 越前屋俵太(えちぜんやひょうた)は、関西人のテレビフリークにとって、もはやカルト的存在です。 1970代から1980年代にかけて、関西では、ローカル番組が数多く制作されていました。 中でも、朝日放送の「ラブアタック」をはじめとした視聴者参加番組は大流行り。 その当時、多くの大学生たちが、出演者や番組スタッフとして、テレビ局に採用されていました。 構成作家から始まり、今では大作家となった百田尚樹も、そんな1人でした。 そしてもう1人、その存在がテレビスタッフに面白がられ、タレントとしてテレビデビューしたのが越前屋俵太。 関西のテレビでよく見かけるようになったのは、1988年にスタートした朝日放送「探偵ナイトスクープ!」を遡ること5年前、島田伸助の深夜テレビ「TV-JACK」です。 その頃から、越前屋俵太は、総髪で髭面。 現地リポーターのパロディのようなコーナーを担当し、スーツ姿で、どうでもいいようなテーマを、それまでの大阪芸人にはない、人をくったスラップスティックなノリでリポートしていました。 このコーナー企画が、後の伝説的番組「探偵ナイトスクープ!」のヒントになったことは間違いありません。 越前屋俵太は自らの生き方に疑問を持ちテレビ界を去った 越前屋俵太は、以後1995年まで、「探偵ナイトスクープ!」の初代探偵として出演するだけでなく、その特異なキャラで全国区のタレントとなりますが、その後、少しずつテレビに出なくなります。 その原因として、囁かれたのは、「視聴者に飽きられた」「スタッフに干された」という説。 しかし実際は、越前屋俵太自身が、自らのタレント活動に疑問を持ち、2004年には、完全にテレビ界から身を引いてしまったのです。 越前屋俵太の現在は書道家!?本名やプロフィールは? 越前屋俵太は書道家「俵越山」となって教育界でひっぱりだこ 越前屋俵太が、芸能界を去って傷心の日々を送っていたかといえば、全くそうではありません。 番組で取材した孤高の書道家・榊莫山に感銘を受けた越前屋俵太は、決まりに縛られない自由な書道を始め、書道家・俵越山(たわらえつざん)としてユニークなパフォーマンスを行います。 また、桜島ポーランドと自称して、写真家としても活動するなど、その自由奔放な生き方が評判を呼ぶように。 やがて、学校や教育関係者の間で、越前屋俵太の生き方が注目されるようになり、現在は、教育評論家としてもひっぱりだこととなっています。 越前屋俵太はお笑いタレントは仮の姿!今は客員教授で敏腕社長に 越前屋表太の本名は谷雅徳といい、大手銀行重役の息子に生まれました。 関西大学在学中には、タレントとして活動するだけでなく、有限会社「越前屋電視社」を設立して、数々の番組の企画・プロデュースを行い、日本民間放送連盟賞で最優秀賞を受賞するなど高い評価を得ています。 そして現在は、「お金では買えない物を創って売る会社」をスローガンに掲げる会社の代表取締役社長と、関西大学総合情報学部の客員教授を兼任するという文化人のような暮らしを送っている様子。 越前屋俵太は、テレビというメディアにとらわれない、マルチな才人なのかもしれません。 越前屋俵太には、お笑いのセンスだけでなく、彼のスローガンに共鳴する、ユニークな人材を育ててほしいものです。 越前屋俵太13年ぶりに鶏牛の着ぐるみを着てラジオ番組に復帰 越前屋俵太が、2017年1月より、13年ぶりに、ABCラジオの昼帯番組「武田和歌子のぴたっと。 」で、MCパートナーとして復帰しました。 ラジオの収録を終え、復帰理由を聞かれた越前屋俵太は、「タレントになったことも、芸能界から離れた生き方も、全ていきがかり上で、今回の再開もまた同じ。 自分は究極の寄り道をしているだけ」と、淡々と答えました。 しかし、そのインタビューに答える格好がまた、鶏の頭に牛と、人をくった着ぐるみ姿。 この着ぐるみは、彼の仕事に対するポリシー「鶏口牛後」(大きな集団の末端でいるよりは、小さい組織でも、その集団の長、頭となって働く)を表しているそうです。 「探偵ナイトスクープ!」のときも、何の説明もなく、この着ぐるみを着て仕事をしていたと、さっそくインタビュアーや周りのスタッフを煙に巻いています。 このスタイル、誰かに似ていると思いませんか。 そうです。 いまや芸能界の頂点に君臨する、所ジョージです。 越前屋俵太がもし東京に生まれていたならば、マルチタレントとして、所ジョージのようなポジションを確立していたかもしれません。 同じように、大阪出身で、越前屋俵太と1歳違いのタレントに、当時キッチュと呼ばれていた松尾貴史がいます。 彼もまた、従来の大阪芸人のテイストとは全く異なるタレントで、結局、彼らは、大阪のお笑い業界を離れてしまいました。 大阪のお笑いは、間口が広いようで、意外にドメスティックで古風な世界なのかもしれません。

次の

越前屋俵太のナイトスクープ降板理由は3つあった!?原因は番組との約束?

越前屋 ひょう た

番組と「吉本芸人を使わない」という約束をしていたにも関わらずそれが破られたこと• 人気番組になったが故にぬるま湯につかっているような守りに入ってしまったから もともと越前屋俵太さんは自分の要領の良さが面白くないと感じていたそうです。 そのため最も重要視するのが「面白いか、面白くないか」ということになっていったのです。 しかしナイトスクープが人気番組になり、自分のネームバリューも上がって仕事も認められたけれどそんな ぬるま湯にいる意味はないと思ったんだそう。 せっかくのキャリアを捨てることにも悩んだ越前屋俵太さんが降板を決めたのには阪神大震災も関係しています。 街が崩壊してもそこで生活したりしている様子を見て人のエネルギーを感じたことで、震災と自分が築いたキャリアとそこを辞めるということが重なったんですね。 何も無くなったところから立ち上がる人々のようなエネルギーが自分には足りないと痛感したことも大きな理由だったのです。 越前屋俵太が探偵ナイトスクープとしていた約束とは 越前屋俵太さんは探偵ナイトスクープの初期メンバーです。 今Twitterなどでたびたび話題になる作家の百田尚樹さんが放送作家でオファーを出したんだとか。 番組の内容をヤラセで進めていくんだろうと思っていた越前屋俵太さんに百田さんも「ヤラセをしたくないから俵太さんに頼んでいる」と説得。 その時にしたのが2つの約束でした。 スポンサーリンク 越前屋俵太が吉本芸人を使わないと約束させた理由 なぜ越前屋俵太さんがそこまで吉本芸人を使わないでというのか、それが気になりますよね。 これは単に吉本芸人が嫌いだからとか仕事を取られたくないからとかそういう次元の理由ではありませんでした。 越前屋俵太さんは 吉本芸人のおもしろさが素晴らしいと認めているからこそ使わないでほしいと言っていたのです。 吉本の芸人さんはその人自身がとてもおもしろく素晴らしい、だからその人が主役になってしまって純粋にやっていることのおもしろさが見えなくなると考えていたんですね。 ナイトスクープは一般の投稿者の依頼を解決する、テレビマンでは考えないような企画になるのが醍醐味です。 そういう 番組の企画を考えた上で最適な探偵のキャスティングがあるという筋の通った理由があったわけですね。 そして初期メンバーは嘉門達夫、槍魔栗三助(現:生瀬勝久)など吉本芸人は入らずスタートしたのです。 越前屋俵太のプロフィール 本日、朝日放送のキャストにゲストコメンテーターとして出演しました!久々のテレビで緊張しっぱなしでした。 関西大学総合情報学部:客員教授• 仁愛大学人間学部コミュニケーション学科:准教授 それが2020年3月6日に突如ABCテレビの「キャスト」に出演したのです。 しかも 2020年4月からはキャストの金曜レギュラーとしても出演することが発表されました。 古巣のABCに戻ってきた形になりましたね。 ナイトスクープにももしかしたら・・・?と期待する方もいるかもしれませんが、どうやらそれは無さそうかも。 今回の局長人事。 話題性もあるし、実際に松本君も番組が好きなんだろうけど、ある意味、制作側は番組存続のために、吉本に身売りしたようなものだ。 水面下でどんな交渉があったのか知らないが、少なくとも、これで吉本は今まで以上に自社のタレントを使える。 松本局長の推薦で宮迫君の探偵もあり得る。 最近のタレントさんとは一線を画している感じがしますよね。 それが越前屋俵太さんのおもしろさでもあるわけで。 夕方のニュースはいつもtenを見ている私ですが、金曜日はキャストを見るかもしれません(笑) 越前屋俵太さんがどんなコメントをしてくれるのかすごく期待しています!.

次の

越前屋俵太の伝説は今も……!探偵ナイトスクープの人気探偵が消えたワケ

越前屋 ひょう た

越前屋俵太の芸能活動休止の理由は?活動休止中は何をしていた? 2017年1月14日 2017年1月15日 2分 越前屋俵太(55歳)が休止していた芸能活動を再開しました。 1981年にフジテレビの「笑ってる場合ですよ!」で全国デビューし、その後、「世界・ふしぎ発見!」(TBS)ではレポーターとして、「探偵!ナイトスクープ」(朝日放送)では初代探偵として出演するなど、ほかの人にはない独特のキャラで人気を呼んでいました。 しかし、いつも間にかテレビ消え、メディアで彼の名前を見ることが少なくなり、調べたところ2003年に芸能活動を休止していました。 その越前屋俵太が、大阪・ABC朝日放送ラジオの生番組「武田和歌子のぴたっと。 」の月曜日の新レギュラーとなって芸能活動を再開しました。 ラジオ番組への出演は実に25年ぶりだということです。 さて、越前屋俵太が芸能活動を休止した理由は何だったのでしょう? また、今回活を再開するまでの間、何をしていたのでしょうか? 今回はこんな疑問に迫ってみたいと思います。 ただ、歳をとる毎に知識はどんどん増えていくのですが、それとは反対に、新しい事に挑戦するチャレンジ精神が、だんだん減ってくるのが気になります。 別に新しい事をしなくても現状を維持すれば何とかなるという「安定」が目の前に立ち塞がります。 若かりし頃、お金はなく不安定だったけれども、毎日が楽しかった記憶があります。 何故、楽しかったのでしょうか。 今の自分があるのは、頑張ったからだとは思いますが、反対に大切なモノを無くしてしまったのではないでしょうか。 この気持ち、分かる人は多いのではないでしょうか。 時間をかけ頑張って欲しいもの手に入れた(手に入りそうになってきた)とき、それを喜んでいる自分と、なぜか寂しさを感じている自分とがいることに気が付いたりすることありませんか? 越前屋俵太は「安定」よりも「楽しさ」を選びます。 10年前、私自身、コノママいくと、例えお金があったとしても、つまらない人生になってしまうのではないだろうか。 そう考えたのではなく、そう感じました。 感じたのなら仕方がない。 感じてから、あれこれ現実とも戦いながら時間がかかりましたが、 人生はやっぱり面白い方がいいと思って、きっぱり一切の仕事を辞め、山に籠りました。 自分の気持ちに嘘は付けない、自分を騙してこの先生きていくことはできない。 そう考え、越前屋俵太は芸能活動を休止したのですね。 因みに、一時期 越前屋俵太は芸能界を引退したと思われていましたが、本人は引退したつもりはなく、世間がそのように言っていることを楽しんでいた、ということです。 [adSense] 芸能活動の休止中には何をしていたのか? 芸能関係の仕事をやめてしまった越前屋俵太は、活動再開までの13年の間、何をしていたのでしょうか? 越前屋俵太は、書道家「 俵越山(たわらえつざん)」として表現活動をしていました。 福祉施設に書を寄贈したり、城陽市立図書館の協力のもと、小中学生向けの「書きたいように書く」ことで感性を伸ばす講座を開いたりもしています。 2008~2009年にテレビに出演していますが、いずれも書家「俵越山」としてであり、「越前屋俵太」としてではありませんでした。 さらに「俵越山」は、ユニバーサル・マーケティング・デザイン株式会社の代表取締役社長でもあり、また関西大学総合情報学部の客員教授でもあります。 「ユニバーサル~」はWEBサイトはあるものの、トップページしかなくどんな事業を行っているのか不明です。 家具のデザインなどをしているらしいのですが…。 関西大学の他、福井県の仁愛大学や、京都大学でも教えているそうですよ。 俵越山先生はどんな授業するのか、一度受けてみたい気がします。 省故挑新 『人生はやっぱり面白い方がいいと思って、きっぱり一切の仕事を辞め、山に籠』った越前屋俵太ですが、 このままではいけないので、何かをしなければならない。 しかし新しい事をするにはリスクが多すぎる。 ということに気が付きます。 ここで、大切なのは、やはり過去という事実です。 しがみつく過去ではなく、過去をきれいさっぱり一度捨て去る事も大切かと思います。 使える物は使って等と考えているうちは結局何も出来ません。 何か新しいことを始めようと思ってもなかなか行動できない私にとっては、とても耳に痛い言葉です… 「温故知新」伝統、文化、歴史、古きを訪ねて新しきを知る。 とても素晴らしい先人が残してくれた言葉だと思います。 しかし、これからの時代は、知るだけでは乗り切れません。 こんな時代だからこそ、知っているという「知識」ではなく、知らなくても飛び込んでいくという根性、いうなれば「創造力」が必要だと思います。 この「 省故挑新」という言葉は、越前屋俵太が作ったものだと思いますが、彼の言いたいことを上手く言い表していますね。 越前屋俵太は、書家としての活動、大学での講義、家具のデザインなど、今までしたことがなかった新しいことに挑んでいます。 口で言うだけでなく、実際に行動できることが、越前屋俵太のスゴイところのひとつだと思います。 お帰りなさい! 越前屋俵太が芸能活動を再開したというニュースに関連して、越前屋俵太が• 芸能活動を休止した理由• 芸能活動を休止していた間に何をしていたか についてご紹介しました。 はっきり言って、越前屋俵太は好きなタレントでした。 あの独特な雰囲気が好きで、彼の出る番組をよく見ていました。 その彼が芸能活動を休止し、そういうタレントが居たことさえ忘れかけていたら、今日のニュースです! 越前屋俵太さん! また私たちを楽しませてください!.

次の