カスペルスキー 更新。 ライセンス更新に関するよくあるお問い合わせ|カスペルスキー

カスペルスキーの更新ライセンスを安く買う方法

カスペルスキー 更新

ライセンスの更新 カスペルスキー インターネット セキュリティが起動すると、フル機能版のライセンスが有効かどうかが毎回確認されます。 ライセンスの有効期間が終了すると、製品はライト版に自動的に切り替わります。 本製品のフル機能版を使用している場合、を表示することで、ライセンスの有効期限が切れるまでの残り日数を確認できます。 残り日数が14日未満であれば、ライセンスの更新が行えます。 ライセンスを更新するには、以下の操作を実行します:• 新しいライセンスをお持ちでない場合は、できます。 でライセンスを購入、更新し、アクティベーションコードを入力することもできます。 すでにライセンスを購入している場合は、を使用してお使いの端末で更新できます。 アクティベーションコードは、新しいライセンスの購入時に取得できます。 アクティベーションコードでライセンスを更新するには:• メインウィンドウにあるクイック起動パネルで、[ 設定] - [ 詳細] - [ ライセンス] - [ 了承して更新ライセンスの購入・入力]の順にタップします。 でお客様のアカウント用に指定されたライセンスを使用するように通知される場合があります。 その場合、[ 他のアクティベーション方法]をタップして、検出されたライセンスによるアクティベーションを拒否してください。 本製品のアクティベーションに使用できる自分のアカウント用のライセンスが検出されない場合、次の手順に進みます。 [ アクティベーションコードの入力]を選択します。 新しいライセンスを購入したときに受け取ったアクティベーションコードを入力します。 アクティベーションコードが適用され、ライセンスが更新されます。

次の

更新ライセンスのご購入

カスペルスキー 更新

を初めて選択したときは、ライセンス料の支払いが完了した時点で、 カスペルスキー インターネット セキュリティ 2014 のインストール済みバージョンのアクティベーションを手動で実行する必要がありますが、ライセンスの有効期限が過ぎると、ライセンスは自動的に更新されます。 つまり、自動更新サービスの申込時に使用したデビッドカードまたはクレジットカード(または PayPal アカウント)から一定金額が引き落とされ、はインストール済みの カスペルスキー インターネット セキュリティ 2014 で自動的に更新されます。 したがって、ライセンスの有効期限やライセンス更新の支払いについて注意する必要がなく、インストール済みバージョンのアクティベーションを新しいアクティベーションコードで手動で実行する必要もありません。 自動更新サービスの使用を開始するには、次の操作を実行します:• ウィンドウ下部の[ ライセンス]をクリックします。 [ ライセンス]ウィンドウの[ 新しいアクティベーションコード]セクションで[ アクティベーションコードの購入]をクリックします。 次のアドレスの ライセンス更新およびアップグレードセンターの Web ページが表示されます:• Web ページで、[ 自動更新]をオンにします。 [ 今すぐ購入]をクリックし、表示された指示に従います。 ライセンスが自動的に更新される前に、自動更新について通知する少なくとも 1 通のメールが届きます。 ライセンス更新料は、初回購入時に使用したクレジットカードまたはデビッドカード(ならびに PayPal アカウント)から自動的に引き落とされることに注意してください。 クレジットカードの有効期限切れ、残高不足、またはその他の技術的問題の発生などが原因で引き落としできなかったことを通知するメールを受信した場合はクレジットカードまたはデビットカードの情報を更新してください。 情報を更新すると、 カスペルスキー インターネット セキュリティ 2014 が自動的に更新されます。 ここで情報を更新しなかった場合は、 カスペルスキー インターネット セキュリティのライセンスは期限満了となり、次の情報が画面に表示されます。 定額制サービスの有効期限が過ぎています。 プロテクションが無効です。 定義データベースをアップデートできません。 定額制サービスを再開するには、サービスプロバイダーまでお問い合わせください。 問題を解決するには、次の操作を実行します:• からライセンスを更新します。 新しいを使用して製品のします。

次の

製品の自動アップデートを設定する方法

カスペルスキー 更新

を初めて選択したときは、ライセンス料の支払いが完了した時点で、 カスペルスキー インターネット セキュリティ 2014 のインストール済みバージョンのアクティベーションを手動で実行する必要がありますが、ライセンスの有効期限が過ぎると、ライセンスは自動的に更新されます。 つまり、自動更新サービスの申込時に使用したデビッドカードまたはクレジットカード(または PayPal アカウント)から一定金額が引き落とされ、はインストール済みの カスペルスキー インターネット セキュリティ 2014 で自動的に更新されます。 したがって、ライセンスの有効期限やライセンス更新の支払いについて注意する必要がなく、インストール済みバージョンのアクティベーションを新しいアクティベーションコードで手動で実行する必要もありません。 自動更新サービスの使用を開始するには、次の操作を実行します:• ウィンドウ下部の[ ライセンス]をクリックします。 [ ライセンス]ウィンドウの[ 新しいアクティベーションコード]セクションで[ アクティベーションコードの購入]をクリックします。 次のアドレスの ライセンス更新およびアップグレードセンターの Web ページが表示されます:• Web ページで、[ 自動更新]をオンにします。 [ 今すぐ購入]をクリックし、表示された指示に従います。 ライセンスが自動的に更新される前に、自動更新について通知する少なくとも 1 通のメールが届きます。 ライセンス更新料は、初回購入時に使用したクレジットカードまたはデビッドカード(ならびに PayPal アカウント)から自動的に引き落とされることに注意してください。 クレジットカードの有効期限切れ、残高不足、またはその他の技術的問題の発生などが原因で引き落としできなかったことを通知するメールを受信した場合はクレジットカードまたはデビットカードの情報を更新してください。 情報を更新すると、 カスペルスキー インターネット セキュリティ 2014 が自動的に更新されます。 ここで情報を更新しなかった場合は、 カスペルスキー インターネット セキュリティのライセンスは期限満了となり、次の情報が画面に表示されます。 定額制サービスの有効期限が過ぎています。 プロテクションが無効です。 定義データベースをアップデートできません。 定額制サービスを再開するには、サービスプロバイダーまでお問い合わせください。 問題を解決するには、次の操作を実行します:• からライセンスを更新します。 新しいを使用して製品のします。

次の