エド gps 犯人。 エド(YouTuber)GPS置き引き犯人特定?やらせなのかガチなのか?

エ.com(エド)の置き引き犯人の動画が凄い!裁判にはなるの?

エド gps 犯人

2016年12月19日 13時07分 わざとスマホを盗ませて犯人を追跡、写真・映像・音声を遠隔操作で取りまくって犯人像を明らかにしていくドキュメンタリー「Find my Phone」 by 過去の調査では 、スマートフォンが盗難された時のために なども開発されています。 オランダに住むAnthony van der MeerさんもiPhoneの盗難にあった1人で、「一体どんな人物がスマートフォンを盗んでいて、最終的に盗まれたスマートフォンはどうなるのか?」ということを、「盗人にわざとスマートフォンを盗ませて追跡する」という方法で調査。 最初は「盗人を罰したい」という気持ちだったものの、盗人の生活内の音声データやテキストのやりとり、現在位置、写真などをトラッキングしているうちに、徐々に気持ちが変化していきます。 そんな様子が短編ムービーとしてYouTubeで公開されており、公開後1週間で200万回再生を超える反響を呼んでいます。 オランダでは週に300件ものスマートフォンの盗難が報告されています。 Anthony van der Meerさんも盗難被害にあった人の1人で、スマートフォンを盗まれた時は気が気ではなかったとのこと。 「窃盗犯に写真を見られたら?」 ムービーや…… 連絡先 メールなど。 自分の情報が他人に漏れてしまうことに対して心配がつきませんでした。 盗難の形にはさまざまなものがあります。 本人に気づかれないように目の前で盗む人もいれば…… 無理やり荷物を奪う人も。 「一体、窃盗犯はどういう人で、最終的にスマートフォンはどうなってしまうのだろう?」という疑問から、van der Meerさんはある実験を行うことにしました。 それが、「わざと窃盗犯にスマートフォンを盗ませて、スマートフォンを遠隔操作して写真や録音によって犯人像を明らかにしてく」ということ。 Appleの公式アプリ「iPhoneを探す」は、端末のSIMカードを抜き取られてリセットされると使えなくなるので、van der Meerさんははまず、スマートフォンをトラッキングできる別のアプリを探すことに。 考えた結果、「わな」として使うスマートフォンにはAndroidを使うことに決めます。 Androidのメモリーは「システム」と「ユーザーパート」の2つに分けられており、もし端末をリセットされても実質上リセットされるのはユーザーパートだけで、システムの部分はそのまま維持され続けるためです。 システムパートがリセットされるのは、OSがアップロードされたり別のOSをインストールされた時のみ。 そして、「 」というアプリをインストール。 CerberusをAndroid端末のシステムパートにインストールすると、アプリは削除不可能になります。 そして、インターネット接続がされている間は、ユーザーはCerberusをインストールした端末を遠隔で操作でき、写真撮影・録音・録画・通話など、さまざまなことが行えます。 ということで、まずは「わざとスマートフォンを盗ませる」ということからスタート。 人通りの多い場所で、わざとカバンに入れたスマートフォンを盗まれやすい状態にして、体から離したところに置いておきます。 カバンをじっと見つめている男性2人組が登場しますが、盗むところまではいかず。 女性がvan der Meerさんにカバンについて何か話している様子。 「こんなところに無防備にカバンを置いていると危ない」と言っているのかも。 別の男性も話しかけています。 別の男性2人組がカバンに近づきますが…… 何も盗まず。 さらに、別の男性がカバンに近づくも…… 何も取られず、仕掛けたvan der Meerさんたちは「クソッ」と悪態をつきます。 オランダ・ロッテルダムで4日間試してもスマートフォンが一向に盗まれなかった、ということで、メンバーらは首都であるアムステルダムに移動。 アムステルダムでは週に17件のスマートフォンの盗難報告が上がっているそうです。 しかし、盗難の起きやすい観光客が集まる場所で丸1日過ごしても、スマートフォンが盗まれるきざしは全くなかったとのこと。 ところが、「望みは全て絶たれた」とカメラを切り、帰りのメトロを待っているところで、ついにスマートフォンを盗み出されることに成功します。 「何かが盗まれてこんなにうれしかったのは初めてだ」とvan der Meerさんは語っています。 「まさに今、スマートフォンが盗まれました」とうれしそうなvan der Meerさん。 窃盗犯はスマートフォンの電源を落とすことなく、インターネットに接続させた状態で移動中の様子。 そのため、ばっちり地図に窃盗犯の現在位置がタブレット上に示されています。 盗まれたスマートフォンで写真を撮ると…… 暗闇。 どうやらポケットの中に入っているようです。 録音してみると…… 路面電車に乗っているようで、車内放送の音声や騒音がキャッチされていました。 しかし、途中でスマートフォンの電源が落とされた様子。 接続が切れました。 翌日、van der Meerさんはスマートフォンの盗難を警察に届けにいきます。 書類に記入している最中の様子も撮影されています。 警察には遺失物保管場所を訪れるように言われますが、「もしかすると解体されて東ヨーロッパに売られているかもしれない」とのこと。 いったん電源を落とされたスマートフォンは、その後4日間、電源を入れられることがなく、van der Meerさんは「自分は何か間違ったのか?それとも本当に解体されてしまったのだろうか?」と不安に襲われます。 しかし、盗まれてから4日目の夜、ついに動きがありました。 van der Meerさんのもとに、「新しいSIMカードが差し込まれました」という連絡が届いたのです。 新しいSIMカードにはアラビア文字が使われていることから、窃盗犯はアラブ系ではないか?と推察されます。 アプリも機能しており、van der MeerさんのPCから盗まれたスマートフォンへの接続も完了。 アプリのリストを見てみたところ…… van der Meerさんがインストールされたものが、削除されずにそのままの状態でキープされていました。 「窃盗犯はまぬけなのか?楽観主義なのか?それとも初めての盗みだったのだろうか?」と語るvan der Meerさん。 今度は、オフライン時に窃盗犯がどこを移動していたかの履歴をチェックします。 すると、アムステルダムの駅からフランス東部の や、オランダ南東部の に向かったこと、その途中でスマートフォンがアラビア語に切り替わっていることが判明。 ネット翻訳を使って、具体的にマーストリヒトのどの住所にまで行ったのかも明らかにしています。 そして、再びアムステルダムに戻ってからスマートフォンの電源を入れたようです。 自宅も特定。 写真を撮ってみると…… ばっちり窃盗犯の顔を撮影できました。 犯人は外国人と見られる風貌で、年齢は40~45歳とのこと。 犯人のことを知るため、van der Meerさんは1日に数回の写真撮影・録音を何日にもわたって行いました。 ムービー撮影はデータが大きくなるので、時々にとどめられました。 そして、スマートフォンの電源が入っていなかった間の位置記録をさらに調べたところ…… フランスのミュルーズで、窃盗犯が人道的な施設を訪れていたことが判明します。 「彼は一体ミュルーズで何をしていたのだろうか?何かを集めていたのか?それともスマートフォンが途中で別の誰かの手に渡ったのか?」と謎は深まります。 盗まれてからしばらくは、スマートフォンにvan der Meerさんが撮影した写真データが残っていたとのことですが、2週間ほどしてそれらが削除されます。 ただし、犯人は自分で写真やムービーを撮ることがなかったとのこと。 また、van der Meerさんは犯人が特定の電話番号に頻繁に電話していることにも気づきます。 調べてみると、電話はポルノを楽しむための番号だったとのこと。 そこからさらに数日たつと、犯人はvan der Meerさんのスマートフォンを自分のものだと見なしたようで、自分の連絡先や知人の連絡先などを追加しだします。 追加された連絡先の1つが女性の「ロシアさん」 犯人はロシアさんに好意を持っているようで、誕生日にプレゼントをあげていることがテキストのやりとりから判明。 数日のやりとりを経て、2人は実際に会うところにまでこぎつけます。 実際に2人が会っている最中の音声も録音されていますが、その時のロシアさんの様子は少し変だった、とvan der Meerさんは語っています。 ロシアさんは自分が雇い主に搾取されていると考えていて、人権団体やロシアのテレビ局、市長などにそのことを伝えていること、そして100万ユーロ 約1億2000万円 の損害賠償金を求めていることなどを語りました。 数時間ほどおしゃべりをして、2人は「また明日」と別れます。 その後、犯人は友人と見られる人との会話でロシアの女の子がジャンキーであること、自分は彼女によくしてあげていること、彼女は自分に好意を抱いていることなどを語っています。 窃盗犯についてのデータを集めているうちに、van der Meerさんはだんだん窃盗犯に共感を抱くようになっていきます。 話すアラビア語がエジプトのアクセントであることや、エジプトのナンバーに電話をしていることから、窃盗犯はエジプト人だとvan der Meerさんは推測。 そして「彼は一般的な犯罪者では全くない」と考えだし、当初は「窃盗犯を罰したい」という気持ちを抱いていたのが、徐々に窃盗犯に対して罪悪感を抱き出します。 窃盗犯はホームレスのシェルターや、友人の家で眠ることがあったとのこと。 「彼は孤独で、悲しい男だと思った」 「金曜日の祈りを忘れるな」と強く押す窃盗犯の声を聞き、「非常に宗教に熱心な男のようだった」と語るvan der Meerさん。 「彼は本当に貧しいのではないのか?」 van der Meerさんが遠隔操作しているためにモバイル通信量が膨れあがり、窃盗犯が頻繁にコールクレジットを購入していることに気づいたvan der Meerさんは…… 犯人が眠っている間に遠隔操作でコールクレジットを購入してあげるのでした。 窃盗犯に対して感情移入をし始めたvan der Meerさんは、この後どんな行動を取るのか……?ということはムービーを見るとわかります。 オランダ語で語られる20分の短編映画になっていますが、英語字幕付きで、ラストまで引きつけられる構成です。

次の

エド(ユーチューバー)の元カノは誰かついに判明!? 整形疑惑や病気、身長、大学などプロフィール

エド gps 犯人

名前:エド、エ. 結構長いですね。 笑 YouTuberのしてのエドは本名から取っていたみたいです。 年齢は1995年5月2日生まれの24歳です。 中々お若いですね!正直動画を見ていると24歳で色々な経験をしすぎだなと思いました。 笑 家族ですが、 父親が日本人、母親がポルトガル人です。 エドさんは濃い目のイケメンだったのでどこかのハーフとは思っていましたが、ポルトガルと日本のハーフなんですね!動画内では普段日本語を話していますが、ポルトガル語を話している所も見られます。 父親の方は動画に出演していませんが、母親は動画に出演しています。 眼鏡を掛けたぽっちゃり系のかわいいお母さんです!これからも大切にしていって欲しいですね! 出身はポルトガルですが、高校は 長野県明科高等学校という所なので長野に住んでいたかもしれないですね。 留学か何かで行ったのかと思いましたが、長野県明科高等学校は偏差値40ほどの学校ですので、その可能性は低いと思います。 僕は両親の仕事の関係で引っ越したのではないかと考えています。 高校卒業後は、大学は名前はわかりませんでしたが、 美容専門学校に行っています。 エドさんは髪型のセンスがいいので、美容専門学校に行ったことは納得できます! 身長は182cmで、体重は70kgと結構がっしりとした体格です。 ハーフだからでしょうか? 50m走を5秒8で走れたり、格闘技経験者でありyoutuberの しんりさんと戦っていい勝負をしたことがあるので、運動神経も中々高いです! 昔は 体重100キロのいじめられっ子だったとのことですが、あまり信じられませんね。 エドが置き引きの犯人との裁判に!? エドさんが置き引きの犯人と対決! エドさんと言えば置き引き犯人の動画が2019年11月現在、有名になっていますね。 発端となったのは、2019年6月に投稿された動画です。 「 GPSの入ったカバンを置き引きさせて家に突撃した」というタイトルにある通り、GPSの入ったカバンを置き引きした犯人の家に突撃した動画になっています。 詳しくは動画を見ていただけるとわかりますが、 エドさんが歌舞伎町で酔っぱらって寝ているふりをして、エドさんのカバンを置き引きをする人がいたらGPSを頼りに捕まえようという、中々攻めた内容になっています。 最初は置き引きされず何も問題は無かったのですが、とある場所でエドさんが行った際にとうとう置き引きする人が現れてしまいました。 エドさんは置き引きされたことに全く気付かず、ふと顔を上げたらカバンが無いという状態でした。 その後、GPSを頼りに置き引き犯人の位置を特定し、声を掛けるのですが、声を掛けた瞬間に逃げ出してそのまま 見失ってしまいました。 一連の流れを動画で見ていましたが、生々しい犯行で物凄い光景でした。 恐らく慣れていないとできない行動だと思います。 見失った後もGPSで追おうとしますが、車で移動されて結局その日は捕まえられず、犯人の近くまで来ましたが集合住宅に住んでいたのでカメラマンと共に張り込みをして犯人が出てくるのを待ちました。 探偵みたいな感じですよね。 笑 その後、犯人らしい人が出てきて、顔もビデオに映ってるものと同じかちゃんと確認した後、ついに捕まえました。 最初はしらを切っていて、何度も逃げようとした犯人ですが、GPSがカバンに入っていた事、エドさんに何度も捕まえられて逃げられないと察し、 自分が犯人だと自白しました。 その後、犯人の自宅に行き財布などの荷物を返してもらい、エドさんも警察に犯人を突き出して、これで事件は終わったと思われましたが…。 置き引きの犯人がエドを裁判で訴えると言ってきた!? 事件の後、置き引きの犯人がエドさんの動画を見て謝罪も含めて色々と話したいということでエドさんもあって話すことに決めました。 最初に話している時は犯人も反省していると語っていましたが、動画の件について話すと様子がおかしくなっていきます。 置き引き犯人が動画を消してほしいと要求してきましたが、エドさんは色々とお金が掛かっているかつ再生回数もシリーズ累計で 1000万再生されているので消したくないと伝えたところ、置き引き犯人が 法的手段を取ると言ったのです。 エドさんはちゃんと謝罪するのであれば動画を消すつもりだったそうですが、謝罪より訴える事についての発言の方が多かったので消す気にはならなくなったみたいです。 確かに謝りに来たと言ったのに裁判の事ばかり言われるとなんか嫌ですよね。 その後も犯人からは謝罪の言葉はなく、消さないなら訴えるという事を言い残してその場を後にしました。 エドさんは呆れてものを言えないという表情をしていましたが、こちらも法的手段を取ると宣言していました。 後日、この置き引き犯人の親がエドさんと話し合いに来たのですが、この親も中々曲者です。 笑 開口一番、動画を消さなかったら裁判しますと伝えてきます。 エドさんは裁判で対抗する気満々ですので、どうぞやってくださいと伝えます。 しかし、置き引き犯人の親は、『 裁判はお金が掛かるし嫌だ。 あなたが動画を消せばいい』と何をしたいのかわからない事を言ってきます。 息子のための事を思っての行動でしょうが、まず被害者であるエドさんに謝罪の一言もないのは意味が分からないですし、裁判を起こすなんてもってのほかです。 実際は起こす気が無いのかもしれないですが 結局最後は出るとこ出ますと言って、その場を後にしました。 息子の時と同様、エドさんは呆れて静かに怒っている表情をしていました。 エドさんは実際に裁判はするの? エドさんが裁判をするかどうかですが、僕はエドさんはすると考えています。 あれだけ怒っているエドさんは初めて見ましたし、動画的にもおいしいですからね。 笑 しかし、色々な弁護士の方が言及していますが、 エドさんが裁判で必ず勝てるとは限らないようです。 エドさんの動画は置き引き犯人にモザイクを掛けているとはいえ、住宅街の風景、犯人の後ろ姿、声などがわかります。 これだけで犯人を特定するのはできます。 犯人が成人であるならばエドさんは勝つかもしれませんが、もしも犯人が未成年で他の人に特定されて不利益な事になっている場合は、動画の有益性よりも犯人の不利益が勝って、エドさんは負けるかもしれません。 いずれにせよ裁判をしてみないとわからないことですね。 後味の悪い結果にならないように、お互いに納得のいくようになることを願います。 氷1個1000円!?エドさんのぼったくりバーの潜入動画がやばすぎる!! エドさんといえば、ぼったくりバーの潜入動画も代表作の一つです。 視聴者からの調査依頼でぼったくりバーに調査に行くエドさんですが、動画の内容が中々やばいです。 キャッチの人に案内された怪しい雰囲気のお店でカメラマンの人と飲むエドさん。 メニュー表もないので値段を逐一確認しながら、お店の方とも飲んで会計をしたところ、2人で2杯飲んだだけでなんと 6万円です。 色々おかしなところはありますが、特におかしいのは、 お店の方が飲んだ酒が1杯2000円かかっているところ 最初にお店の方は700円しかかからないと自分で言っています。 や、 氷が1個1000円するところでしょうか。 氷が1個1000円するのはもはや笑えてきますね。 笑 エドさんはおかしいと突っ込み、6万は払わないと言い切ります。 その後お店の方と口論しますが、ついに上の人が出てきて、事務所の方に連れていかれます。 この時点で辞めた方がいいんじゃないかと思いますが、どんどん事が進んで行きます。 薄暗い部屋で関西弁のヤクザのような男二人とボディガードの男一人と対峙します。 その後も果敢に口論するエドさんですが、カメラが見つかって暴行された事、ヤクザのような男たちに流石に怖くなり、最終的に 30万円を払ってその店を後にしました。 出た後は本当に顔色が悪くなっており、壮絶な経験をしたという事がわかります。 30万円払ってなかったら本当にどうなっていたかわからないですし、危機一髪という感じでした。 この動画を見て僕は、ぼったくりバーに冗談半分で行かない事、そしてキャッチの人に付いていかない事を心に決めました。 笑 結局、エド youtuber ってどんな人? いかがだったでしょうか?今回は エドさんの身長や出身などのwikiプロフィール、置き引きの犯人との裁判について、ぼったくりバーについてまとめてみました! ポルトガルと日本のハーフで、イケメンな エドさん。 しかし、動画は思っている以上に過激なものが多く、正直いつ死んでもおかしくない動画もあります。 笑 ですが、その過激さと勇猛果敢に攻めていく姿勢が受けており、2019年11月現在、 登録者数は70万人を越えています!100万人まであと少しですね! 今後裁判の動画などが出てくると思いますが、エドさんが死なない事を心より願います。 今後の活躍に期待していきましょう! ここまで見ていただきありがとうございます!.

次の

エド(YouTuber)GPS置き引き犯人特定?やらせなのかガチなのか?

エド gps 犯人

スポンサーリンク エド YouTuber GPS置き引き動画まとめ!裁判で訴えられる? 置き引き犯は警察に突き出したということは以下の動画で語られているのですが、その後犯人から連絡があり、謝罪込みで動画を消してほしいということを伝えに会いに来たという内容です。 しかし、これだけ再生されている動画を簡単に消すわけにはいかないエドさん。 次に、置き引き犯との会話の様子を撮影した動画をアップ! すると、置き引き犯の母親から動画の削除を求める手紙が届いたようです。 そして、手紙に記載されていた母親に電話をかけました。 その2本の動画がこちら。 この動画の後はGPS関連の動画は2019年3月4日現在はアップされていません。 ただこの後も続くんだろうなぁ。 エド YouTuber GPS置き引き犯人は特定されているのか調査してみた! 一連のGPS置き引き動画を観た方であれば、置き引きの犯人が特定されているのか気になりますよね。 置き引き犯は動画上でも身バレしていると言っていましたね。 調査したところ、 犯人の名前についての情報はなかったのですが、犯人の住んでいる住所等は特定されているようです! 今はGoogleストリートビューというものがありますからね。 こちらのツイートをご覧ください。 エドの置き引き犯人の家特定できたwwwww — MRJ MRJ75321127 置き引き犯人の家を特定したというツイートですが、確かに動画に出てきたマンションと同じだと思います。 一応エドさんの動画では場所が分かりにくいようにモザイクはかけているのですが、結構雑なので分かっちゃいましたね。 このツイートのレスにマンションの名前も出ています。 スポンサーリンク エド YouTuber GPS置き引き動画はやらせなのかガチなのか? 一方で、気になるのが やらせ疑惑です。 これらの一連の動画はやらせではないか?という声も実は多いのです。 確かにエドさんの動画は今回のGPSに限らず、続編があることがほとんどです。 例えば、闇金とか西成の動画とか・・・。 最初の動画を再生してもらえれば、その後何かあったの?と気になっちゃいますから、大体の人は観ちゃいますよね! Yahoo! 知恵袋ではこんな声があります。 私はヤラセだと思います バッグにGPS仕込んだって、途中で捨てられたら終わりじゃん なんで犯人は走って逃げる途中にバッグを捨てなかったの? バッグ持ってたら走るのに邪魔じゃん 引用: 確かにそうなんですよね。 エドさん本人はやらせを否定していますが・・・。 ちなみに、エドさんは日本だけではなく、フィリピンでもGPSの入ったバッグを置き引きさせて突撃する動画をアップしています。 こちらの方がガチっぽい感じがしますね。 ガチなのかやらせなのかは本人たちにしか分からないことではありますが、まぁ、テレビではないからいいのではないでしょうか? ラファエルさんの動画はほぼやらせらしいです。 シバター談.

次の