ウィリー ウォンカ。 【楽天市場】チャーリーとチョコレート工場 衣装 コスプレ コスチューム ウィリー・ウォンカ 大人用 ハロウィン 仮装 ジャケット ベスト ハット セット:アカムス楽天市場店

スタバ裏メニュー「ウィリーウォンカフラペチーノ」

ウィリー ウォンカ

チョコレート工場の秘密 Charlie and the Chocolate Factory 著者 Joseph Schindelman(アメリカ版) Faith Jaques(英国初版) Michael Foreman(1985年版) (1995年版) 発行日 発行元 Alfred A. Knopf, Inc. (初版) (現在) 児童小説 言語 英語・ 形態 文章芸術 ページ数 155 次作 () コード [ ] 『 チョコレート工場の秘密』(チョコレートこうじょうのひみつ、原題: Charlie and the Chocolate Factory)は、1964年にが発表した。 続篇に『 ()』がある。 この節にあるあらすじは作品内容に比して不十分です。 を参考にして、 物語全体の流れが理解できるように(も含めて)、をしないよう ご自身の言葉で。 ( 2015年11月)() 外界から隔離された巨大な工場がある大きな町の片隅で、貧乏な暮らしを余儀なくされている少年 チャーリーとその一家。 ある日、チョコレート工場の工場主 ウィリー・ウォンカが、自社のチョコレートの中にゴールデンチケットを5枚封入して出荷、チケットを引き当てた子供を工場見学に招待すると発表する。 そして、工場見学の日。 チケットを引き当てたチャーリーら五人の少年少女と保護者の前で、チョコレート工場の門が開く。 チョコレート工場の中に広がっていたのは、ウォンカが作り上げた奇想天外な世界だった。 なお、続編『 ()』と合わせると、工場見学が行われたのはだとわかる。 登場キャラクター [ ] この節のが望まれています。 バケット家 [ ] 本作の冒頭は彼らの紹介で始まっている。 また、の翻訳版では苗字が バケツになっている。 チャーリー・バケット(Charlie Bucket) 本作の主人公。 極貧の家庭に生まれたが、家族愛には恵まれている。 チョコレートが大好きだが、貧乏すぎるので誕生日に1個しか買うことができない。 あまりにひもじくなったときに拾った金で買ったチョコレートで5枚目のゴールデンチケットを引き当てて、ウォンカの経営するチョコレート工場の見学に行き、ウォンカの後継者に選ばれる。 バケット氏(Mr. Bucket) チャーリーの父。 歯磨き粉工場でキャップの取り付けの仕事をしていたが、勤め先の倒産により雪かきの仕事をするハメになる。 バケット夫人(Mrs. Bucket) チャーリーの母。 ジョーおじいちゃん(Grandpa Joe) チャーリーの父方の祖父。 ウォンカのチョコレート工場の見学にチャーリーとともに同行する。 ジョセフィーンおばあちゃん(Grandma Josephine) チャーリーの父方の祖母。 ジョージおじいちゃん(Grandpa George) チャーリーの母方の祖父。 ジョージーナおばあちゃん(Grandma Georgina) チャーリーの母方の祖母。 チョコレート工場関係者 [ ] バケット家の近くに立っているチョコレート工場の所属者。 ウィリー・ウォンカ(Willy Wonka) チョコレート工場の経営者。 敵対会社ののせいで従業員を大量解雇し、のちにウンパルンパたちを雇う。 自分の後継者を探すために5枚のゴールデンチケットを探し当てるキャンペーンを開く。 や柳瀬尚紀の翻訳版では苗字の読みが ワンカとされている。 (Oompa Loompa) ウォンカに雇われた小人一族。 詳しくはリンク先を参照。 問題児たち [ ] チャーリー以外に工場見学をする資格をもらった子供たちで、両親とともに工場にやってくる。 だが、ことごとく欲をかいて酷い目にあう。 オーガスタス・グループ(Augustus Gloop) 大食漢の9歳の肥満少年。 最初にゴールデンチケットを引き当てた。 最後は工場内のチョコレートの川を飲み干そうとして落ちてしまい、工場内のパイプを強制的に通って細身になってしまう。 柳瀬尚紀の翻訳版では苗字が ブクブトリーになっている。 ベルーカ・ソルト(Veruca Salt) 大富豪の令嬢。 何でも欲しがるワガママな性格。 2番目にゴールデンチケットを父親の財力で引き当てた。 最後はリスがクルミをむく部屋のリスを欲しがって無理やり連れて帰ろうとするが、両親ともどもダストシュートに落とされる。 柳瀬尚紀の翻訳版では名前が イボダラーケ・ショッパーになっている。 バイオレット・ボーレガード(Violet Beauregarde) ガム中毒の少女。 ウォンカ工場から大量のガムをもらうためだけに一時はチョコを買いまくり、3番目にゴールデンチケットを引き当てた。 かみ終えたガムをエレベーターのボタンにくっつけたり、ウォンカが開発中のフルコースガム(トマトスープととブルーベリーパイの味がする)を勝手に口に入れるなど非常に行儀が悪い。 最後はフルコースガムの副作用でブルーベリーのように青く大きくふくれ上がり、治療しても肌は青いままだった。 柳瀬尚紀の翻訳版では苗字が アゴストロングになっている。 マイク・ティービー(Mike Teavee) テレビ好き(特にギャング物が好み)の9歳の少年。 4番目にゴールデンチケットを引き当てた。 体中にモデルガンをくくりつけている。 最後は電送テレビで自分を送ろうとして小人になってしまい、治療の副作用で異常に長身になってしまう。 柳瀬尚紀の翻訳版では苗字が テレヴィスキーになっている。 単行本 [ ] この節のが望まれています。 『チョコレート工場の秘密』 訳、評論社。 新版刊• 『ロアルド・ダールコレクション チョコレート工場の秘密』 訳、、2005年。 新訳版 派生作品 [ ] 『チョコレート工場の秘密』はゲーム、ラジオ、映像 、舞台など様々な媒体で派生作品が制作されている。 英語圏では『 Willy Wonka 』または『 Willy Wonka, Jr. 』の題名で子供向け演劇またはミュージカルとして多く上演されており、楽曲の多くが1971年の映画版で使用されたものである。 1971年、映画第1作目として『』が公開された。 メル・スチュアートが監督、デイヴィッド・L・ウォルパーがプロデュースを務めた。 がウィリー・ウォンカ役、のがジョーおじいちゃん役、がチャーリー・バケット役に配役された。 製作費290万ドルとされるが、興行収入は400万ドルにしかならなかった。 しかしビデオやDVD売上は高く、テレビでも度々放送され、として扱われるようになった。 映画公開と同時には作品の登場人物やイメージを使用した菓子を発売した。 1980年代初頭、BBCはラジオ4で化した [ ]。 1985年、ソフト・オプション社の開発、ヒル・マック・ギブソン社の配給により 用『』がリリースされた。 2005年、映画『』が公開された。 が監督し、がウィリー・ウォンカ役、がチャーリー・バケット役、がウンパルンパ役、がオーガスタス・グループ役、がナレーター役に配役された。 製作費1億5千万ドルであったが世界中で興行収入4億7千万ドルをあげヒット作となった。 1971年版と2005年版はあらすじを含む様々な面で一致している。 2005年版ではウォンカのバックグラウンドを深く掘り下げ、原作の続編『ガラスのエレベーター 宇宙にとびだす』からの引用も多くみられる。 どちらの映画作品も原作より4人の悪い子供たちとその両親を個性的に描いている。 2005年7月11日、映画の2005年版を基にしたビデオゲーム『 』がリリースされた。 2006年4月1日、イングランドの遊園地アルトン・タワーズにて家族向けの『 』が設置された。 ボート・セクションでは明るいピンクのボートがチョコレートの川を運航する。 最後の部分ではガラスのエレベーターに乗り、ウォンカと共に工場を見学し、ガラスの屋根から飛び出す。 2010年、ロアルド・ダールの遺産管理団体が認可したオペラ『 』が上演された。 アメリカ人作曲家ピーター・アッシュ、イギリス人脚本家ドナルド・スタロックにより制作された。 アメリカン・リリック・シアター、芸術監督のローレンス・エデルソン、原作者ロアルド・ダールの妻フェリシティ・ダールの依頼により全てオリジナル楽曲で制作された。 2010年6月13日、アメリカン・リリック・シアターとの共同制作によりオペラ・シアター・オブ・セントルイスにて初演された。 2013年5月、小説を基にしたミュージカル『』がにあるシアター・ロイヤルでプレビュー公演が開幕し、6月25日、本公演が開幕した。 が演出し、とスコット・ウィットマンが新曲を作曲し、ダグラス・ホッジがウィリー・ウォンカ役を演じた。 この作品は週間興行収入記録を更新した。 またホッジはセレブリティによるロアルド・ダールCD集のオーディオブックに収録されている『チャーリーとチョコレート工場』で声を担当した。 2016年10月、『バラエティ』誌はがロアルド・ダール遺産管理団体からウィリー・ウォンカのキャラクターの権利を獲得し、が遺産管理団体マネージャーのマイケル・シーゲルと共にプロデュースすると報じた。 ケヴィン・マコーミックがエグゼクティブ・プロデューサー、サイモン・リッチが脚本を担当する。 2018年2月、ポール・キングが監督として交渉の最終段階となった。 2017年、『』がリリースされた。 脚注 [ ]• Symon, Evan V. 2013年1月14日. listverse. com. 2013年1月14日閲覧。 Kara K. Keeling; Scott T. Pollard 15 December 2008. 221—. 2013年7月28日閲覧。 Careers in Food. 2010年12月28日閲覧。 The Guardian. 2006年7月8日. 2010年6月24日時点のよりアーカイブ。 2014年9月16日閲覧。 BroadwayWorld. com. 2014年9月16日閲覧。 theatrebookings. com. 2015年7月2日閲覧。 Kroll, Justin 2016年10月19日. Variety. 2016年10月19日閲覧。 Kit, Borys 2018年2月12日. Hollywood Reporter. 2018年2月12日閲覧。 Movieclips Extra. 2017年4月18日閲覧。 この項目は、 に関連した です。 などしてくださる(/)。

次の

【楽天市場】シュタイフアメリカ限定2016年春夏発売テディベア「ウィリー・ウォンカ」【RCP】【メッセージカード無料】【5002014】:あおねこ商店

ウィリー ウォンカ

またチョコレートのお話ですが……。 ロアルド・ダールの小説『チャーリーとチョコレート工場』は、これまでに二度、映画化されています。 一つはティム・バートン監督、ジョニー・デップ主演(2005年)。 その前はメル・スチュアート監督、ジーン・ワイルダー主演『夢のチョコレート工場』(1971年)。 どっちが好きかは分れますが、CGなどなかった昔の作品に、不思議な面白さがあります。 日本未公開だけどDVDが出ています。 貧しいチャーリーとその一家が住んでいる街に、大きなチョコレート工場がある。 でも門は閉まったままで、働く人の姿がない。 ところがある日、世界中から五人の子どもとその付き添いが一人ずつ、ナゾの工場に招待されることになります。 運よくその五枚の招待状の一枚を引き当てたチャーリーは、おじいちゃんと一緒に大喜びで出かけます。 約束の時間がきて、山高帽をかぶった工場主、ウィリー・ウォンカが現れる。 門が開いて、子どもたちと付き添い、全部で十人がなだれ込みます。 大きな扉を開くと、なんとそこは、チョコレートだけでなく、すべてがお菓子でできた一種の田園風景で、作ってるのは、ウンパ・ルンパと呼ばれる小さな人間たちです。 なんでも手づかみで取って食べていいので、子どもも親も大喜び。 ところが、このあたりから、様子が変になってくるのです。 まず、いつも食べることだけに夢中の少年は、チョコレートの流れる川に落ちて溺れます。 親たちが騒いでいるうちにパイプで吸い上げられた少年は、そのパイプでどこかに送られる。 ガムばかり噛んでいる少女は、未完成の新式ガムを口に入れたばかりに、巨大なブルーベリーの実に変身、三番目の「あれほしい!」とばかり言ってる女の子はゴミ箱に放りこまれ、後を追った父親も同じ運命、そして四番目のテレビっ子は、転送機で小さくされてテレビの中に入れられる。 卒倒した母親がウンパ・ルンパたちに連れ去られ、そのときウォンカがつぶやくセリフが、なんと、 「さらばさらば。 別れとは甘い悲しみ…」 という言葉です。 なぜか、そう言うウォンカの目が、悲しみでうるんだように見えます。 結局、「食べること」を中心に、欲深い子どもは罰せられ、よい子のチャーリーは褒められるという、よくある教育物語に見えます。 でも、あの連れ去られた子どもや親たちはどこに行ったのか。 「門を出るときには元にもどってる」とウォンカは言いますが、映画ではそれが描かれないので、ほんとにあの人たちが、無事に門から出てくるかどうかわからない。 最後にチャーリーは、褒美にこの工場をもらうことになり、不思議なエレベーターでじいちゃんとウォンカと三人、空に舞い上がるのだけど、映画が終わってからも、わたしはあのウォンカの言葉が気になってなりません。 「さらばさらば。 別れとは甘い悲しみ…」 別れは悲しい。 でもまたそれは「甘い」のだ。 そう言うウォンカの目が悲しみでうるむ。 いったい、このウォンカという男は何者なんだろう。 そこがなんともよくわからない……。 でも実は、わたしは、映画を見る子どもたちに、簡単には解けない謎を残して終わる、そのことこそが素晴らしいのだ、と考えているのです。 著者: 東陽一(ひがし・よういち)氏 1934年、和歌山県生まれ。 映画監督、脚本家。 早稲田大学文学部卒。 代表作に「サード」(1978年)(芸術選奨 文部大臣新人賞受賞)、「もう頬づえはつかない」(1979年)(第34回毎日映画コンクール 日本映画優秀賞受賞)、「橋のない川」(1992年)(第47回毎日映画コンクール 監督賞・同日本映画優秀賞受賞)、「絵の中のぼくの村 Village of Dreams」(1996年)(第46回ベルリン国際映画祭銀熊賞受賞)、「わたしのグランパ」(2003年)(第27回モントリオール世界映画祭(カナダ)最優秀アジア映画賞受賞)など。 2010年12月、「酔いがさめたら、うちに帰ろう。 」を公開。 同作品によって、2011年5月、第20回日本映画批評家大賞・監督賞を受賞。 常盤貴子と池松壮亮が主演する最新作『だれかの木琴』が、2016年9月に全国公開。 2009年より4年間、京都造形芸術大学映画学科の客員教授をつとめた。

次の

ウィリー・ウォンカ、何を悲しむ? :: フジ日本精糖株式会社

ウィリー ウォンカ

5億円 『 チャーリーとチョコレート工場 』(チャーリーとチョコレートこうじょう、 Charlie and the Chocolate Factory)は、製作の。 ジャンルはファンタジー・コメディ、ミュージカル。 2013年にミュージカル作品化されている(後述)。 概要 [ ] の『』が原作である。 同作品の映画化は製作の『』(監督)に次いで2度目となる。 のにノミネートされた。 ストーリー [ ] 世界中で大人気の ウィリー・ウォンカ製のお菓子。 しかしその工場の中は完全非公開であり、謎に満ちていた。 ある日、ウォンカは「生産するチョコレートの中に5枚だけ金色のチケットを同封し、それを引き当てた子供は工場を見学する権利が与えられ、さらにそのうちの一人には想像を絶する素晴らしい副賞がつく」という告知を出した。 世界中がチケット争奪で大騒ぎとなる中で運良く引き当てたのは、食いしん坊の肥満少年 オーガスタス、お金持ちでわがままな少女 ベルーカ、いつもガムを噛み勝利にこだわる少女 バイオレット、テレビ好きで反抗的な少年 マイク、そして家は貧しいが家族思いの心優しい少年 チャーリーだった。 彼らはウォンカの招待のもと、工場の中で夢のように不思議な光景を体験していく。 ところがその途中でさまざまなハプニングが起こり、子供たちは一人ずつ脱落していく。 ウォンカは、最後に残ったチャーリーに「副賞」を与えようとするが、チャーリーに提示された交換条件は「家族を捨てること」という家族思いの彼にとって受け入れがたいものだったため、チャーリーはこれを辞退した。 予想外の展開にすっかり意気消沈したウォンカだったが、チャーリーの後押しによって彼自身のトラウマを解決できたことで、改めてチャーリーに「副賞」を受け取るように打診する。 ウォンカは、これを受け入れたバケット一家と「とびきり甘い」人生を送ることとなった。 登場人物 [ ] () 工場長。 に杖・・手袋を身に着けている。 善悪の区別が付かない子供じみた性格で、時代遅れのフレーズや口汚い言葉を連発する変人。 「天才」や「チョコの魔術師」などと呼ばれている。 過去に他のお菓子メーカーが送り込んだスパイによって極秘のレシピの情報を漏らされた事から、後述のジョーおじいちゃんを含めた従業員を全員解雇して表面上は工場を閉鎖していた。 しかし実際はルンパランドより多数のウンパ・ルンパを従業員として雇い、15年間も工場に籠りながら経営を続けていた。 とにかくお菓子を作ることに打ち込んでおり、「気持ち悪い」といって毛嫌いしているガムも生産している。 火だるまになった人形をみて大喜びしたり、子供たちがトラブルを起こしても心配するそぶりを見せないなど、冷淡な一面もある。 彼のショコラティエとしての能力を印象づけるエピソードとして「ポンディチェリー王子というの富豪からの依頼で『レンガからそれを留めるセメント、壁の絵や絨毯に至るまで全てチョコレート(と)で出来た宮殿』を作ったことがあるが、王子はウォンカの忠告を聞かず、チョコ宮殿を食べずにそのままにしていたため数日後の炎天下の日に溶けてしまった」という出来事がジョーおじいちゃんから語られている。 彼はもともとの家の子供だったが、父親が暖炉に捨てたが、燃えないで落ちていたチョコレートを食べた事でその魅力にはまるものの、虫歯の原因となるお菓子を全否定する父親に反発して家出し、お菓子工場を建設した。 ある日、散髪していた時に見つけた一本の白髪から自らの老いを感じ取り、死後の工場の行方を心配し、工場の後継者になる「神の子」を探す為に5人の子供を工場に招待した。 最終的にチャーリーが残ったため、副賞として彼に家族を捨てることを条件に工場を継ぐように言うが「家族を捨てることはできない」と断られる。 その後は自身が作るお菓子の売上を低迷させる程に落ち込むが、チャーリーと再会し、自身のトラウマと対峙するために一緒に父親の元を訪ねてくれるよう頼む。 最終的には父親と和解し、バケット一家に家族として迎えられ、共に工場を経営することになる。 チャーリー・バケット 工場の近くに住む少年。 祖父母が寝たきりながらも4人とも健在、さらに唯一の働き手である父親が薄給の上に後に失業した事で限りなく貧しい家の育ちであるが、家族思いの優しい少年。 ウィリー・ウォンカに憧れ、父親が働く工場で生産している歯磨き粉のパーツでチョコレート工場の模型を組み立てていた。 毎年誕生日にだけチョコレートを貰えるが、そのたった一枚を家族みんなに分けてあげる優しい一面も。 拾ったお金で買った3枚目のウォンカバー(誕生日プレゼントの1枚目とジョーおじいちゃんのへそくりで買った2枚目は外れだった)に、たまたまゴールデンチケットが入っていた 為、工場に招待される。 招待された子供の中で最後にたったひとり残ったため、副賞としてウォンカから工場を継ぐように言われる。 しかし、「家族を捨てること」が後継条件だったので一度は拒否する。 その後に街で靴磨きをしている時にウォンカの靴を磨くという形で再会し、家族という存在自体に拒否反応を示すウォンカに歯科医の父親の元へと共に向かい、和解する手助けをした。 その後、再びウォンカに工場の跡継ぎの話を出され、「家族も一緒なら」という条件のもとに受け入れ、以降はウォンカと共に新しいお菓子作りに専念している。 バケット氏 チャーリーの父親。 バケット家の唯一の働き手で地元の工場で働いていた。 しかし、チョコの売れ行きが上昇し、虫歯になる子供が増えた影響で歯磨き粉の需要と売上が伸び、それによって得た利益で工場が機械化し、されてしまう。 のちに工場に導入され、かつての自分の役割を継いだ機械の修理工として復職し、収入が格段に増える。 最後はウォンカを家族の一員として温かく迎えた。 バケット夫人 チャーリーの母親。 普段は4人の老人の介護と家事で手一杯で、働きに出る事もできない。 家計が苦しいので毎日のスープを作っている。 「食事中に仕事の話は厳禁」とのルールを定め、仕事を失って気を落とす夫に「それならキャベツのスープをもっと薄めればいい」と前向きに支える。 このルールは貧乏ではなくなった後も変わっておらず、ウォンカと共に新しいお菓子について話し合うチャーリーを諫めている。 ジョーおじいちゃん チャーリーの父方の祖父。 チャーリーの工場見学の同行者。 ウォンカが初めて出店した頃から共に働いていたが、先述の理由で解雇された。 チャーリーの祖父母のなかでは最高齢の96歳(原作準拠)。 ほとんどベッドで寝たきりだったが、チャーリーがゴールデンチケットを当てたと知った途端に元気になり踊り出した。 ジョゼフィーンおばあちゃん チャーリーの父方の祖母(原作準拠)。 原作では90歳を越えていることになっている。 ジョージおじいちゃん チャーリーの母方の祖父(原作準拠)。 頑固者で現実主義者だが、家計のためにゴールデンチケットを換金しようとするチャーリーを「そこらに山ほどある金のために世界に5枚しか無いそのチケットを引き換えにするのは馬鹿だ」と諌めた。 皮肉屋で口が悪いため、度々バケット氏に言葉遣いを諌められたり、彼が暴言を吐く際にバケット氏がチャーリーの耳を塞いでいる場面もある。 ジョージーナおばあちゃん チャーリーの母方の祖母(原作準拠)。 映画では非常に耳が遠く、会話ではいつも頓珍漢な返事をする。 チャーリーに前向きな言葉をかけて励ます事があるが、これから彼の身に起こる事を予知しているかのような内容になっている。 ルンパランドという国に住む小柄な人々。 に住む危険な動物から身を守るため、木の上で生活している。 普段はマズい緑色のを食べている。 ウォンカは、最も嗜好するカカオ豆が貴重品である彼らに給料をカカオ豆で支払う交渉をし、従業員として労働契約を締結している。 従業員の多くは白黒縞模様の服の上から、セクションによって色が異なるレザーのつなぎを着ている。 また、受付嬢の他、ウォンカ専属のやを務めている者もいる。 歌と踊りを好み、即興で歌を作るが、周りには「練習していたみたい」と言われる。 なお、今作では全てのウンパ・ルンパを一人の役者が演じており、男女を問わず全て同じ顔をしている。 作中では歌以外で全く喋っておらず、ジェスチャーで意思表示を行う(映画では音声は入らないが会話しており、ウォンカがルンパランドの長にジェスチャーで会話する場面では字幕が表示されている)が、ウィリー・ウォンカの指示にしっかりと従っているため、言葉は理解できているものと思われる。 オーガスタス・グループ ・の肉屋の息子。 ジョージおじいちゃんに「最初の当選者はきっとブタみたいに太っている奴だ」と予想されたが、正にその通りの肥満児。 チョコレートが大好物で毎日食べている。 チケット入りのチョコレートを手に入れ、食べた際、チョコと一緒にチケットの一部を噛み切ってしまった。 彼と同じく太めの母親と同行する。 自分の食べるチョコを物欲しそうに見るチャーリーに「持ってくれば良かったのに」と嫌味を言う。 彼を風刺するウンパ・ルンパは南米調の歌を披露し、赤いつなぎを着ている。 工場見学の途中でチョコレートの川をすくって飲んでいた際、誤って川に落ちて「・フレーバー・チョコレート・コーティング・ファッジ」を作る部屋へと向かうパイプに吸い上げられて脱落する。 最後はチョコまみれになって工場から出てくるが、本人は幸せそうだった。 バイオレット・ボーレガード ・在住。 ステージママの母親の影響で「1番」や「優勝」という言葉に異常にこだわり、賞獲りに執念を燃やす少女。 ジョーゼフィーンおばあちゃんからは「なんて高慢ちきな子だろう」と言われた。 などのスポーツを得意とし、今までのトロフィー獲得数は263個で、リビングにはその一部が置かれている。 ゴールデンチケットを当てるためにウォンカバーを好物に変え、今はガム噛みの記録更新のために常にガムを噛んでいる。 のせいか、いつも母親とお揃いの服装をしている。 かなりの自信家で「絶対に自分が賞を手に入れる」と豪語し、チャーリーを「負け犬」呼ばわりする。 彼女を風刺するウンパ・ルンパはディスコファンクロック調の歌で、黒いつなぎを着ている。 ウォンカの制止を振り切って試作品の「フルコースが味わえてお腹もいっぱいになるガム」を食べ「世界で初めて世の中に出ていないガムを味わった子供になった」と母親と喜ぶが、噛み続けた結果、試作品故の副作用で体がブルーベリーのように変色し、体が大きく膨らんでしまい脱落する。 その後ジュース室で体内のジュースを絞り出されて髪の毛まで真っ青の柔らかい体になったが、本人はこの状態を嫌がってはいない。 ベルーカ・ソルト ・のナッツ工場の社長令嬢。 甘やかされて育った為に非常にわがままな性格で、何でもすぐに欲しがる。 自分でチョコを買ったわけではなく、父親が大量にウォンカバーを買占め、工場の従業員にナッツの殻むきの代わりにゴールデンチケットを探させたことでチケットを手に入れた。 チャーリーにはそのやり方を「自分で手に入れた訳じゃないからフェアじゃない」と言われ、ジョージおじいちゃんにも「ブタ(オーガスタス)よりたちが悪い」と言われる。 娘に甘い父親と共に工場を訪れる。 バイオレットとは互いにライバル意識をむき出しにしており、バイオレットがガムの副作用でブルーベリーのように膨れて行った際、「娘がブルーベリーで、どうやって競争するの!? 」と慌てるバイオレットの母親に「農産物品評会に出せば? 」と皮肉を言う。 彼女を風刺するウンパ・ルンパはなスローバラードを歌い、黄色いつなぎを着ている。 ナッツ選別用のをペットに欲しがり、ウォンカに「売り物では無い」と言われても強引に手に入れようとするが、その後リス達に襲われ、その内の一匹にナッツを選別する様に頭を叩かれて中身が駄目になっていると見なされ、に落とされ脱落、引き上げに向かった父親も突き落される。 最後はゴミまみれになって工場から出てくる。 それでも最後までわがままぶりは直らなかったが、父親は今回の件から以前のように娘を甘やかさなくなった。 マイク・ティービー アメリカ・在住。 の教師の息子。 自分の知識に絶対の自信を持ち、それを決して曲げないハイテクオタク。 暴力表現の激しい3Dをやりながら、チョコの製造年月日、天候による増減、のを換算して、1回でチケットを当てた。 ウォンカバーを買ったが、チョコレートは大嫌いだとマスコミに語っており、彼の態度に対しジョージおじいちゃんは「お前なんかチョコレート工場に行く資格はない」とテレビ越しに罵倒する。 気弱でハイテクに疎い父親と共に工場を訪れる。 ウォンカからは「計算で当たりを勝ち取ったデビル」と呼ばれていたが、ウォンカの言う事によく口を挟んでおり、お菓子自体には興味を示していない。 彼を風刺するウンパ・ルンパはやをモチーフとした歌を披露し、衣装も様々だが、基本は白いつなぎである。 テレビ室にある転送機に興味を持ち、世界中を驚かせるような大発明であるにも関わらずチョコレートなどのお菓子を転送することしか頭にないウォンカに腹を立て、バカ呼ばわりする。 そして転送機に勝手に入り込み、その影響で体が小さくなって元に戻れなくなり脱落。 そのあとキャンディー伸ばし機で伸ばされてペラペラの体になる。 ウィルバー・ウォンカ 原作には登場しないウィリー・ウォンカの父親で、。 ウィリーに特製の大掛かりな歯列矯正器具を付けさせていた。 歯に対して害悪なものには非常に排他的な歯科医であり、「お菓子は虫歯の素、チョコレートなんて時間の無駄」と断言し、息子の目の前で貰い物であるのお菓子を暖炉に投げ込むほど。 のちに息子ウィリーがショコラティエになるために家を出ると言い出した時には「戻ってきた時、お前の帰る家は無い」と吐き捨て、本当に家ごと消えてしまう。 しかし本編の最後で、息子の新聞記事の切り抜きを額縁に入れて診察室で壁いっぱいに飾ったり、彼の歯を診察しただけで子供の頃から生き別れ同然だったウィリーの成長した姿だと気付いたり、息子思いの一面を見せる(ちなみに、この時の診断結果から、ウィリーも父親と別れた後も義務付けられていた歯のケアを怠らなかったようである)。 最後はチャーリーの仲介により、ウィリーと和解する。 映画版の特色 [ ] 原作との相違、旧版との相違について [ ] 旧版を踏襲し、いくつかのオリジナル設定は受け継ぎつつ、リスのくだりなど当時技術的に再現不可能だった場面をより忠実に再現した上で、ウォンカの少年期のエピソードを中心にストーリー面で多くの映画オリジナル設定が盛り込まれている。 前述のようにキャラクター全員に何らかの新設定が加えられている他、終盤の展開が大きくアレンジされている。 ウォンカは幼少時代、歯科医である厳しい性格の父親に半ば虐待に近い躾をされてになっているため、現在も"parents"(両親)という言葉が口にできず、またをしばしば起こすとして描かれている。 総じて、イデオロギーとしての家族が強調されている。 旧版ではチャーリーが母子家庭であったが、本作ではバイオレットが母子家庭になっている。 ミュージカル映画であった旧版に対して、本作ではウンパルンパ以外の人物は歌を歌うシーンが一切ない。 また旧版ではウンパルンパの曲はメロディは同じで歌詞が脱落する子供によって替えられていたが、本作ではそれぞれ全く違う楽曲を唄っている。 現代的な脚色として、マイクが『』などを思わせる暴力性の強いを遊んでいたり、ウンパ・ルンパがレザーの衣装やを身に付けている。 またウンパ・ルンパの歌も旧版では西洋わらべ歌風のオリジナル詞だったが、本作では原作に準拠した歌詞をもとに現代的なミュージックでアレンジされている。 旧版と大きく異なっている点としてチケット目当てで世界中でチョコレートが争奪される中でチョコ本体を食べずに無造作に廃棄してゴミの山になる描写が多かったが、本作はチョコレートの廃棄シーンや汚く散らばっている描写が一切ない。 実際のチョコレートのセット [ ] 工場の内部には全てチョコレートで作られた庭園が登場するが、川は本物ではなく、限りなくチョコレートの質感に近い素材で表現された。 しかし、庭園のモニュメントや芝生はパティシエによって作られた本物の菓子である。 また、途中に登場するリスのシーンはCGではなく、実際のリスを調教して作業させている。 他の映画や有名バンドへのオマージュ、様々なジョーク [ ] マイク・ティービーの場面で顕著であるが、『』、『』、『』、『』、『』といった有名映画へのや、ややなどのを連想させる曲調や画面づくりなど、映像作品のエッセンスが取り入れられている。 また、原作にも点在するブラックジョークが、監督バートンの趣味的に引き出した形で劇中にもちりばめられている。 アロマトリックス [ ] 一部の映画館では、芳香を放つ装置「」を設置し、上映中にチョコレートの人工香料を放つ演出で、観客もさながらチョコレート工場の中にいるかのような臨場感が体験できた。 ウォンカバー [ ] 劇中に登場したチョコレート「 ウォンカバー」(ウォンカチョコレート)は実在する商品である。 この映画の製作に全面協力したがイギリス版、アメリカ版、オーストラリア版を販売しており、それぞれの国によって包装が違う。 ネスレは以前から原作者のダールよりウォンカバーの商標を独占貸与され、頃からアメリカで「ウォンカバー」を販売している。 映画の公開にあたり、ネスレは総額500万ポンドのタイアップ・キャンペーンを実施している。 同時に映画のパッケージを模したデザインの「ウォンカ・チョコレートバー」を発売した。 それぞれスティック型と板チョコ型の2種類が作られ、特にオーストラリア版の板チョコ型は190グラムと大きく、映画の中でオーガスタスやチャーリーが手にしたウォンカバーを彷佛とさせる大きさになっている。 単なる板チョコではなく、チョコクランチが練りこまれ、またキャラメルソースのフレーバーが挟み込まれている。 かつてのチョコの形はウォンカが着けているシルクハットを象っていたが、最近は板チョコが膨れ上がったような形となっている。 なお、劇中のウォンカバーは普通の板チョコである。 2008年1月、日本ではネスレがウォンカ ゴールデンチケットキャンペーンを実施。 劇中と同様に5つのチョコレートにだけゴールデンチケットを封入してウォンカバーを販売した。 当選者(2008年版)にはウォンカの特大がプレゼントされる。 2009年にはプレゼントはウンパ・ルンパの縮小版人形になった。 当選者数はキャンペーン用ウェブサイトにて随時告知され、市場に残っているゴールデンチケットの数がリアルタイムで判るようになっている。 毎年冬、や、他、輸入食材を扱う専門店、雑貨店などで輸入販売される。 2013年には青のパッケージのパチパチと弾けるキャンディーが練りこまれた新作フレーバー「ミステリアス・スピットスパット」が発売され、ケースにはバイオレット・ボーレガードがデザインされている。 2015年にはピンクのパッケージのストロベリー味の新作フレーバー「ウォンカ 15(ウォンカ いちご)」が発売され、オーガスタス・グループがデザインされている。 2019年8月をもって販売を終了。 キャスト [ ] 役名 俳優 日本語吹替 劇場公開版 版 ウィリー・ウォンカ チャーリー・バケット ジョーおじいちゃん バケット夫人 バケット氏 ボーレガード夫人 ソルト氏 ティービー氏 グループ夫人 原語版流用 ウィルバー・ウォンカ バイオレット・ボーレガード ベルーカ・ソルト マイク・ティービー オーガスタス・グループ ジョージーナおばあちゃん ジョゼフィーンおばあちゃん ジョージおじいちゃん ポンディシェリ王子 なし 小売店主 ナレーター その他 初放送 21:00-23:10 『』 21:33-23:24 『』 正味93分• 吹替版の全歌唱は同時期に制作された『』と同様にを中心としたサウンドミッションチームが担当した。 テレビ放送 [ ] 回数 テレビ局 番組名(放送枠名) 放送日 放送時間 放送分数 視聴率 1 21:33 - 23:24 111分 18. 視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム。 舞台 [ ]• 日テレ放送版ではカット。 チャーリーがチョコレート工場の前にいた時、ロシアの子供がチケットを獲得したと言われていたが、後に偽造したものと判明した 日テレ放送版ではカットされた。 歯磨き粉のチューブに仕上げに蓋を閉める役割を担っていたが、労働時間は長く、給料は最低だった。 日テレ放送版ではカットされているため、働いていた頃の回想シーンは一度も登場しない。 ウォンカがお菓子だらけの部屋で子供たちに「楽しんでいいよ」と言った際にチャーリーらはお菓子を堪能していたが、マイクのみはお菓子を食べずに破壊する行為をして父親に咎められている。 ウォンカはお菓子自体に興味を示さない上、何かと自分に指図をしてくるマイクの言動にお菓子を虫歯の原因として全否定する父親の面影を重ねてしまっていた。 テレビ(地上波放送)で初めて本作が放映された時期と合わせたキャンペーンだった。 登場シーンはカットされた。 出典 [ ].

次の