スペイン 風邪 に 感染 した アメリカ 大統領 は。 スペイン風邪はアメリカが行った人類削減計画であった

人類と感染症9 スペイン風邪は第二次大戦の要因(Japan In

スペイン 風邪 に 感染 した アメリカ 大統領 は

2020 年 3 月 13 日、 アメリカの トランプ大統領は 新型コロナウイルスの流行拡大を受けて、ついに 非常事態宣言を行った。 その翌日の 3 月 14 日には、 スペインの サンチェス首相も同様に 非常事態宣言を行うことを明言していて、 新型コロナウイルスの 世界的な流行拡大は、 100 年前の スペイン風邪の流行を 再び繰り返すかのような 深刻な様相を見せている。 (3月13日の時点において、スペインの新型コロナウイルスの感染者は5232人となり、フランスの3661人とドイツの3675人を超えて、ヨーロッパですでに深刻な感染拡大と医療崩壊が進行しているイタリアに次ぐ第2位の感染者数となっている。 ) スポンサーリンク スペイン風邪の流行の概要と当時の日本国内で亡くなった著名人 スペイン風邪は、今からほぼ 100 年前(正確には102年前)にあたる 1918 年 3 月から流行がはじまり、その後、 1919 年 9 月ごろに終息するまでの 1 年半の間に、 当時の世界人口の 4 分の 1にあたるおよそ 5 億人の感染者と 5000 万人の死者を出したとも推定されている。 ちなみに、 スペイン風邪の 最初の流行地は、その名が付けられたスペインではなくなく 実際にはアメリカであったとされていて、 ウイルスの起源自体については、その前年における 中国での 小規模なインフルエンザの流行にあったとする説もある。 また、 こうした 1918 年に始まる スペイン風邪の流行においては、 日本を含む世界各地において 各国を代表する 数多くの著名人の命も失われることになり、 日本国内では、かつて 第 4 次伊藤内閣で 内務大臣を務めていた 末松謙澄 (享年 65 歳)や、 内大臣や 明治天皇の侍従長を務めたこともある 徳大寺実則 (享年 79 歳)といった 高名な政治家たちや、 皇族では 竹田宮恒久王(たけだのみやつねひさおう、 享年 36 歳、 明治天皇の玄孫として テレビ番組の解説者としても有名な 政治評論家の 竹田恒泰氏の 曾祖父にあたる)も薨去されている。 スポンサーリンク スペイン風邪の流行で亡くなった世界各国における著名人と現時点における新型コロナウイルスの世界的な感染状況の比較 また、こうした スペイン風邪の流行において 命を落とすことになった 世界各国の著名人としては、 『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』などの著作で有名な ドイツの経済学者であった マックス・ヴェーバー (享年 56 歳)や、 象徴主義や アール・ヌーボーと呼ばれる 先進的な芸術運動の中心となった オーストリアの画家である グスタフ・クリムト (享年 55 歳)などの名が挙げられるほか、 ブラジルでは、 1902 年から 1906 年まで ブラジル大統領を務めたのち、彼自身の政治家としてのキャリアにおける2期目の 大統領として選出された ロドリゲス・アルヴェスも スペイン風邪で命を落としている(享年 70 歳)。 ちなみに、 今回の 新型コロナウイルスの世界的な流行においても、 ブラジルの バンガールテン広報担当長官が 感染したという発表があり、その後、 アメリカの FOX ニュースなどの報道によって、 一時は、 ブラジルの ボウソナロ大統領にも ウイルスの陽性反応が出たとの情報も流れたが、現在は誤報だったとして訂正がなされている。 しかし、その一方で、すでに現時点において、 フランスの リーステール文化相や、 オーストラリアの ピーター・ダットン内相といった ヨーロッパ各国の 政府高官への 感染も確認されていることは事実であり、 その他にも、 カナダの トルドー首相の妻や、 アメリカの人気俳優の トム・ハンクス夫妻にも 感染が確認されたとの報道もあり、 世界各国において 混乱が広がっている。 100 年前の スペイン風邪の流行における 5 億人の感染者と 5000 万人の死者という 悲劇を再びくり返すことがないようにするために、 我々日本人を含む 世界中の人々が自分たちの それぞれの立場においてやることができる 総力を挙げて、今回の 新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐために全力を尽くすことが必要となっている。 ・・・ 次回記事: 前回記事: 「」のカテゴリーへ.

次の

史上最悪のパンデミックだったスペイン風邪の大流行 【連載】ビジネスに効く! 世界史最前線(第44回)(1/4)

スペイン 風邪 に 感染 した アメリカ 大統領 は

スポンサーリンク そんな世界中をパニックにしている新型コロナウイルスですが、約100年前に世界中を恐怖のどん底に陥れた凶悪な伝染病が流行していたことをご存知でしょうか。 時は1918年、世界はヨーロッパで繰り広げられていた欧州大戦の行く末を見守っていました。 のちに第一次世界大戦と呼ばれるイギリス・フランス・ロシアの連合軍とドイツを中心とした同盟軍の戦いは4年目を迎えようとしていました。 1918年宣戦布告 この年、大戦の行方を左右する大きな出来事が起きます。 それまで、モンロー主義によりヨーロッパの戦争を静観していたアメリカが連合軍側に参戦をしたのです。 ドイツの無制限潜水艦作戦によるルシタニア号事件や秘密裏にメキシコに対して同盟への加入とアメリカへの攻撃を交渉していたツィンメルマン電報が明るみになるとアメリカ世論は参戦へと傾き、 ウィルソン大統領はドイツに対し宣戦布告します。 もっとも、参戦の最大の理由は、英仏に貸し付けた戦時債権が敗戦により回収できなくなることを恐れたアメリカ経済界の圧力ともいわれていますが。 スペイン風邪 参戦の決まったアメリカでは兵士の動員と編制が矢継ぎ早に各地の基地で行われていました。 そんな中、カンザス州の陸軍基地で奇妙な感染症の報告がされます。 その風邪に似た病気は瞬く間にアメリカ兵の間で広まってゆきます。 そして、その病気はアメリカ兵とともに大西洋を渡り、敵味方問わずヨーロッパじゅうに広まっていました。 当時は両陣営ともに新型感染症の感染拡大は秘匿されていたため、その存在を初めて報告したのは中立国であったスペインに因み、 この新たな感染症を「スペイン風邪」と呼んでいました。 ウイルスの拡散 スペイン風邪とよばれた感染症の正体はのちに新型のインフルンザウイルスであることがわかります。 ウイルスは突然変異を起こしやすく、スペイン風邪は徐々に毒性を強め、多くの感染者は肺炎を起こし死亡していきました。 その感染力は凄まじく感染は全世界に広まり、当時の世界人口が約20億人であったのに対し、約5億人が感染し、4000万~1億人が死亡したとされています。 第一次世界大戦の死者が約1600万人、のちの第二次世界大戦の死者が8000万人といわれているので、そのキルレコードの凄さがわかると思います。 さらに、人類の科学の英知を結集しておこなわれた、第一次世界大戦が4年間、第二次世界大戦が6年間の長きにわたりこれだけの犠牲者を出したのに対し、スペイン風邪は1918年から1919年のわずか1年半でそれ以上の犠牲者を出してしまったのです。 原因・理由 なぜこれほどに被害が拡大してしまったのでしょうか? これには 第一次世界大戦が大きく関わっているといわれています。 まず、人が密集する機会の増加です。 初めの感染が新兵訓練基地で発生するなど戦争遂行のために大勢が密集する状況が多くみられました。 アメリカ国内の基地で感染した兵士はヨーロッパへ送られ塹壕などの前線の劣悪な環境下での集団生活を強いられました。 そして、病原体は前線を超えて、敵味方問わず感染が拡大していったのです。 また、前線を離れた後方の市民の間でも軍需物資の大量生産を賄うために大勢が動員され、軍需工場などの集団間の感染拡大の原因となりました。 理由 次に消耗戦による消費物資の急増とそれに伴う物流の増加が考えられます。 第一次世界大戦は人類が経験する初めての国家総力戦でした。 兵士を含め、消費される兵器、弾薬、食糧がは莫大な量となり、それを補うために大量の物資が輸送さ、れ戦争という巨大な機械を回していました。 物資の輸送に伴い人が動き、それは戦線の巨大さゆえに世界規模になり、感染の広まる速度はそれまでの感染症の拡大スピードをはるかに上回りました。 記録によるとアメリカでスペイン風邪の感染が確認されてから、6か月後には日本での集団感染が確認されています。 最後に大消耗戦に伴う物資の欠乏と衛生状況の悪化があります。 巨大な戦線での必要物資を補うために民需品の流通が大きく制限され、国民の栄養状況は悪化し、免疫力低下による感染率や死亡率の原因となりました。 しかし、前線の兵士たちはさらに悲惨で、補給状況の悪化に伴うに食糧や医薬品の欠乏、戦場の極度のストレス、ネズミや蚤が蔓延する塹壕内での生活は感染の蔓延を助長し、師団単位での感染による戦力の減少が両軍に。 戦争の遂行そのものに影響を及ぼすようになり、戦争終結を早める結果となりました。 このように、スペイン風邪は国家総力戦という特異な状況により世界中に広まり、戦争や災害を含めた中で最も人類を死に至らしめた原因となりました。 その後各国とも公衆衛生教育や予防接種の普及、抗生物質をはじめとする治療法の確立に力を入れていきます。 まとめ 現在、アメリカ軍では軍事において重視すべきなのは敵戦力の殲滅ではなく自軍兵力の維持とされています。 兵士の感染症対策として、予防接種や衛生管理教育を実施し、師団レベルでは感染症対策を専門とする軍医を中心とした医療サービスチームが設置され、戦力の維持管理を担っています。 人類を脅かす感染症の存在でさえ、戦争という巨大事業の前では些細な障害要素でしかないのです。 ご訪問ありがとうございました。

次の

1918年スペイン風邪”感染第一号”が出たのは?【ニュース検定】答えと解説池上彰

スペイン 風邪 に 感染 した アメリカ 大統領 は

スペイン風邪は、第一次世界大戦の終結を早めたが、皮肉なことに、第二次世界大戦を引き起こす遠因となった。 今回は、その背景を描きたい。 戦勝国が話し合うパリ講和会議で、巨額の賠償金がドイツに課せられることになった。 それで、ドイツ国内で不満が高まり、ヒトラーの台頭につながった。 これは多くの歴史家が一致する見方だ。 その歴史に、実はスペイン風邪が深く関与していた。 ある重要人物が会議のさ中、感染したのだ。 アメリカのウィルソン大統領だ。 ウィルソン大統領といえば、理想主義を掲げ、二度と戦争が起きないように国際連盟の創設を提唱していた。 アメリカだけでなく、ヨーロッパでも熱狂的な支持者を持っていた政治家だった。 「哲学者でありながら世界中の国々の君主たちを束ねうる武器を持つ、比類なき人物」(イギリスの経済学者、メイナード・ケインズ)という声もあがった。 現代でいえば、オバマ大統領のような存在とみる向きもある。 ウィルソン大統領に異変が起きたのは、1919年4月3日。 パリ講和会議が開かれていた最中だった。 フランスのクレマンソー首相、イギリスのロイド・ジョージ首相ら少数が密室で会談していた。 『史上最悪のインフルエンザ』(みすず書房)によれば、この日の午後3時、ウィルソン大統領は突然、声がかすれた。 午後6時になると、ウィルソン大統領は咳をし始め、息をするのもやっとの様子だった。 やがてほとんど歩けなくなり、体温は39・4度になった。 ひどい腹痛を伴う下痢にも襲われた。 あまりに突然のことだったため、大統領に同行していた医師は毒をもられたと考えた。 ウィルソン大統領はこの日一晩中、重篤な状態になった。 生死をさまよい、4日半ベッドで過ごした。 医師の診断結果は、スペイン風邪だった。 ウィルソン大統領はなんとか生還した。 しかし、スペイン風邪の感染は、会議の結論に影を落とす。 それまでの激しい対立構図が一変した。 対立構図とは何か。 ウィルソン大統領はそもそも、ドイツに賠償金を求めない主張を繰り返していた。 理想主義の政治家としては、ドイツに負担をかけすぎれば、世界の平和秩序に悪影響を及ぼすという考えだった。 一方、フランスのクレマンソー首相、イギリスのロイド・ジョージ首相はともにドイツへ強硬な姿勢だった。 とりわけクレマンソー首相は手厳しい。 ドイツと国境を接し、甚大な被害を受けただけに、この際、叩き潰してやろう。 そんな考えだった。 ドイツに巨額の賠償を求めた。 さらに、軍事力を制限することを主張した。 二度とドイツが軍事大国にならないようにするためだ。

次の