サブ ノーティカ 充電。 【Subnautica攻略】「ストーカーの牙」の簡単な見つけ方・特殊な発生条件

subnautica(サブノーティカ)のツール・乗り物の設計図、フラグメントの場所入手法一覧と設計図確認MOD【BlueprintTracker】

サブ ノーティカ 充電

この記事には 複数の問題があります。 やでの議論にご協力ください。 がまったく示されていないか不十分です。 内容に関するが必要です。 ( 2020年2月)• を満たしていないおそれがあります。 ( 2020年2月) サブノーティカ(Subnautica) ジャンル オープンワールド 開発元 Unknown Worlds Entertainment 発売元 Unknown Worlds Entertainment メディア PC・PS4 発売日 2018年1月23日 サブノーティカ(Subnautica)はが開発した。 PC版がでは2018年1月23日に販売され、その後Epic Gamesでも発売されたほか、版が2020年3月19日に発売された。 この節のが望まれています。 本作の主人公は、乗っていた宇宙船オーロラ号が事故によって表面がほぼ海の海洋惑星に不時着したという設定であり、この海を探索し、資源などを集め、様々な物を作りながら脱出ロケットを作っていく。 作中に登場する海洋生物は非現実的なものが多く、たとえば巨大なプランクトンのような風貌をしたブラダフィッシュという生物は、飲み水の材料となる。 本作は行動範囲が非常に広い一方、マップが存在しない。 また、本作には複数のモードが収録されており、メインとなる「サバイバル」の他に、建築要素に特化した「クリエイティブ」、一度の死によってセーブデータが削除される「ハードコア」、「サバイバル」と似っており、渇きと飢えがない「フリーダム」などが存在する。 機材など [ ].

次の

Subnautica(サブノーティカ)のおすすめの拠点・住居・建物の一覧と素材一覧表!!多目的ルームやムーンプールなど

サブ ノーティカ 充電

微妙に間が空いた「サブノーティカ」です。 現在、デレステのイベントを頑張っている最中なので、他ゲーにあまり時間を割けないのですよ。 では、続きは追記にて。 今回はわりと地味めなネタです。 ネタバレ注意。 ストーリーはあまり進んでいません。 今後の進め方について、ちょっと迷っているので・・・。 大型潜水艦「サイクロプス」の材料が全て揃いました。 これでいよいよ本格的な深海探索を始められますよ。 ただ・・・聞くところによるとサイクロプスの運用は結構大変らしく、作製にやや躊躇していたりします。 そもそも、今のメイン拠点の周辺に置く場所があるのかという(苦笑)。 う~ん、もう少しはシーモスで頑張ろうかな。 プローンスーツも素材はあらかた揃っているので、すぐに作製出来そうです。 まあ、これは機動力がかなりイマイチで、サイクロプスで輸送しないと使い物にならないそうですが。 いや~、シーモスが紙装甲ながらお手軽で使いやすい乗り物だったので、余計に面倒くさく感じますね。 長時間の探索にも対応出来るように、パワーセル(乗り物を動かすのに必要)の充電器を設置。 パワーセルも1ダースくらいは作っておいた方がいいかな。 この緑色に光っているエリアがロストリバーみたいですね。 現在わかっている限りでは、浮島や隔離施設付近から潜ることで到達が可能。 最初は「そこそこ広い洞窟」程度の認識だったのですが、正反対に位置する2つの場所から行けるということは、実際にはかなりの広さがあるみたいですね。 水深600mを越える場所ですが、下手な深海よりも視界は良好だったりします。 まあ、敵は多いですが。 というわけで、これからはロストリバーの探索をメインに行っていく予定です。 今回はあまり探索していなかった浮島側に行ってみました。 すると、以前の記事で紹介した古代生物の亡骸付近に謎の施設入り口を発見。 前にここへ来た時、きっちり探索したはずだったのですが・・・まさかの重要ポイント見落とし! 周囲に危険な生物はいないみたいなので、さっそくシーモスを降りて中に入ることに。 入り口は隔離施設同様にバリア(?)がはられていますが、手前の装置にオレンジタブレットをセットすることで解除が可能です。 オレンジタブレットは、3つめのデガシ号乗組員の住居にあったものですね。 ここからそう遠くないはず。 内部は以前訪れた施設と比べると小ぶりですね。 中規模の部屋がひとつだけなので。 危険生物がいないことを確認した後、中へ。 この瞬間のドキドキがたまらないわけです(笑)。 スキャン出来る対象も少なめ。 もしかして、それほど重要な施設ではなかった? 軽い肩透かしをくらいましたが、ただ、この周辺は比較的安全だということがわかったので、拠点を設営するのもありかな?と思ったり。 拠点設営となるとサイクロプスでの資材運搬が必須になりそうですが、その辺もいろいろと考えてみるかな。 ここだと発電もソーラーはNGなので、原子炉の作製も要検討か。 怖いですけどね、原子炉って(笑)。 あと、深海を探索するようになって痛感するのが、このゲームの描画速度の遅さ。 これはマジで何とかして欲しい。 ゲームプレイに支障出まくりですよ。 敵から逃げていたら、いきなり目の前に壁が出てきてUターンを余儀なくされたりね。 そして、巨大な施設跡などで発生するカクつき。 これもかなりヒドい。 敵が出る場面では、今のところほとんど発生していないのが救いか。 この辺はアプデで対策して欲しいなぁ。 インディーゲーだから無理かな。

次の

SUBNAUTICA(サブノーティカ)攻略情報4

サブ ノーティカ 充電

A.多目的室を作るには現物をスキャンする。 現物があるのは浮島(Floater Islands)、ジェリーシュルーム洞窟(Jelly Shroom Cave)の廃墟、下層深海サンゴ礁海域(Deep Grand Reef)。 難易度を考えるとやはり浮島に行くのが一番楽だ。 (もちろんある程度の準備が必要だが) プランターと作物が手に入るのも見逃せない。 ジェリーシュルーム洞窟の方へ行くのなら大体300 m位の深さなので初期のシーモスでもギリギリまで近寄れる。 深度計や酸素残量と戦いながらの探索になるがこちらの廃墟にはろ過装置が置いてある。 これをスキャンして基地の多目的室に設置出来れば生成に時間が掛かるが、水と塩が無限に手に入る 敢えてこちらに行くのも手ではある。 但し、ろ過装置は電力喰らいなので充分な電源を確保しておかないと基地が停電状態に陥るので注意。 A.フラグメントの配置は完全ランダムではない、特定のバイオームに限定されている。 Wikiで読んだバイオームが間違ってないなら、後は根気。 破壊された脱出ポッドシグナル周辺はよく探すことと、オーロラ号残骸の周辺の散乱した残骸の中にも紛れているので 近づいてみることをおすすめする。 タダの板みたいなものが大事な設備のフラグメントだったりするケースがよくある。 (スキャナールームやバイオリアクターが該当。 ドームの一部や攪拌板が落ちている事があるのだが見かけはもはやただの金属板でしかない。 ) 小さな白い貨物コンテナの中もよく確かめよう。 ただ、バイオームが限定されているといってもアップデートの度に何度も配置バイオームや配置場所が変更されているため、 このWikiの情報も古いものが混じっている可能性が否定できない。 一応、製品版後の情報はで確認できる。 基本的に、このゲームの探索は何か珍しいモノ、変なモノを見かけたら、 右下のスキャナーアイコンが出なくなるまでスキャンする、これに尽きる。 場所さえ分かっているならば素で泳ぐか、シーグライドで行ってもよい。 ただし浮島の敵性生物が意外に厄介なのでプロパルションキャノンがあると楽。 なのでグラッシー台地を探索してからでもいいかもしれない。 肝心の場所だが、方角としてはポッドから南西、宇宙船の側面と平行に泳いでいけばそのうち見つかるはず。 浮島には特有のモヤがかかっているのでそれを目指すと良いだろう バイオームの項目に地図があるので、それを見ながら探索してもいい。 食料と水は忘れずに。 食糧問題解決のために餓死をしては本末転倒だ。 序盤でこの遠征に成功すれば食用植物にプランター、多目的室などが入手でき非常に楽になるだろう。 違う方向にもう一つモヤがあるが、これは別の島。 資源が豊富で敵も浮島とほぼ共通で殆ど平和なのだが、そこまでのバイオームの危険度が高いうえに、 上陸するとワーパーが敵対モードに切り替わるため先取りしていくメリットは無い。 後々ストーリー上行く必要が出てくるので、探索はその時まで取っておこう。 まずは「スタンダード酸素ボンベ」を作成しましょう。 装備することで酸素ゲージの最大値が増加するようになります。 スタンダード酸素ボンベ作成後に「大容量酸素ボンベ」がアンロックされます。 こちらはスタンダードの3倍も最大値が増加します。 改造作業台があればにて更に性能の良いボンベも作成可能です。 また、深度が100〜199mでは酸素の消費量が2に、200m以上では3に増加する仕様があります。 こちらは「リブリーザー」を作成&装備することで対策できます。 酸素ボンベは複数持つことで最大値を上げることが出来ます。 アップデートで複数所持による最大値アップ効果は無くなりました。 代わりに、複数所持していれば1つ目の装備しているボンベの酸素を使い果たす前に2つ目のボンベに入れ替える事ができます。 まず爆発イベント後に自動的に設計図が追加される「放射線防護服」と、機関室修理用に「リペアツール」、 更に途中で道をふさいでいるコンテナを退ける為に「プロパルションキャノン」、この三種は必須です。 (「レーザーカッター」は機関室の修理目的ならば必要ありません。 また、機関室修理完了からゲーム内時間で3日経過後は放射線防護服も不要になります。 ) 道中何か所か通路が炎上している場所があるので、強行突破できなくはないですが「消火器」も2〜3個持ち込んでおくといいです。 船内にもいくつか備え付けの物があります。 侵入経路は爆発イベントで吹き飛んだ艦前方の正面からみて中央の壁状の残骸の左側にある、残骸が緩やかな坂道になっている箇所から登っていきます。 途中で一見すると道が途切れているように見えますが、足場から空中に飛び出している鉄材フレームを足場にして進むことができます。 艦内は何か所か分かれ道がありますが、直接関係ない横道はすぐに行き止まりになるので中に入ってしまえば方向を見失いさえしなければ迷う心配はありません。 (そもそも、中に入ってしまえば案内看板があるので迷いにくい。 寧ろ中に入るまでが少しわかりにくい。 ) もし中で迷うならにマップがあります。 A.「オーロラ号探索」の項目でも説明したが、パスワードは落ちているPDAデータにかかれているので よく読んでみよう。 昔のバージョンとは違い今は日本語翻訳がある。 無事に数字を見つけたら扉の横にあるテンキーをクリックし打ち込もう。 (VRでは打ち込めない?) いちいち探すのが面倒臭いという方のためにパスワードとPDAデータの入手場所を下に記載する。 内容はオーロラ号探索の項と同様。 逆に言うと、刺激しなければこちらを探してまで殺しに来る事はない。 リヴァイアサンのいるエリアでは音と周囲に注意し、怪しい細長い魚影がチラとでも見えたら大きく迂回する、 それくらい慎重に動けばそう襲われない。 もし捕捉されて追い回された場合でも、 左右に回り込むようにするとこちらを捉えきれずにやがて諦める、こともある。 既に食いつかれた場合、生身の場合はほぼ助からないため割愛。 シーモスに搭乗して捕まった場合はシーモスを乗り捨てる、という選択肢もある。 敵がシーモスに夢中になっている間にグライドなどで離れよう。 2020-06-24• 2020-06-22• by 名無し ID:eVaESZg7kw• 2020-06-18• 2020-06-17• by 誠• 2020-06-16• by をいをい• 2020-06-15• 2020-06-14• by 名無し ID:sDDci0wAEg• 2020-06-10• by 名無し ID:pRenBvQNYQ• 2020-06-09• by 名無し ID:RksgotDMqQ.

次の