ルンバ s9。 ルンバ初のD型シェイプ、デザインを一新し壁際にも強くなった「ルンバ s9+」

ロボット掃除機 ルンバ最上位機種『ルンバs9+』を90日間使用してみた。

ルンバ s9

取得したデータで周囲の環境を詳細にマッピングし、どこにいてもロボット自身の現在位置を正確に把握することができる。 そのため、家中の間取りを学習・記録し、最適な清掃パターンを選択する「Imprintスマートマッピング」も、ズレがほとんどないとのことだ。 Wi-Fiは2. 4GHzと5GHzの両対応。 iRobot Homeアプリを使って、どこからでも掃除をコントロールできる。 自分の予定に合わせて清掃時間を事前予約したり、外出先から操作したり、その場にいなくても設定できる。 スマートスピーカーに対応しているので、音声での操作も可能だ。 このように、ハード面では現時点で搭載できうる限りの最新テクノロジーで構成されている。 ファームウェアのアップデートで、制御の改善や新しい機能の追加を予定しており、それを見越したものだという。 学習モードで地図を覚えさせ、間取り図を作成。 スマートフォンから見ることができる 清掃モードで運転をスタートして気がついたのは、i7+より音が大きめなこと。 デュアルアクションブラシが大きいからなのか、摩擦音が気になる。 モーターの音も大きくなり、ゴロゴロと床に響くようになってしまった。 テストしていた木造のテラスハウスでは、夜間に使えないレベルだと感じた。 掃除をスタートさせると、まず部屋の内側を規則正しく掃除してから、念入りに壁際を掃除していく。 取り残した細かい部分は、あとから「あっ、忘れてた」といった雰囲気で慌てて戻って掃除していくようで、生き物のような動きがおもしろい。 清掃にかかった時間は30分~45分。 回を重ねるごとに隅々まで掃除するようになった。 i7+ 一部、植木鉢があるソファと壁の間はうまく入れず、隅にゴミが残ることが多かった。 スペースに余裕はあるものの、障害物の配置などによって対処できていない様子だった。 なお、デュアルアクションブラシの幅が大きいこともあり、数ミリの微妙な段差に少しでもかかってしまうと、ブラシが浮いてしまってゴミを取れないことがあった。 床面との間を密着させることで微細なゴミまで吸引できるが、片側が少しでも浮くとブラシが床から離れてしまい、とたんに回収率が下がってしまう。 広い平らな場所は効率良く掃除できるが、段差がある部屋の隅などは吸いきれない部分があったため、古い住宅で、特に段差があるような家屋ではゴミが取れないことがあるかもしれない。 お手入れを気にする必要なし! ゴミ捨ては月1程度でOK デュアルアクションブラシはゴム製で、髪の毛などが絡みつくことはほとんどないため、ブラシのお手入れがほぼ不要となる。 本体のダスト容器は、これまで横にスライドして捨てていたが、上から外せるようになった。 持ち上げる必要もなく、簡単にお手入れできる。 水洗いも可能だ。 掃除が完了すると、ルンバ本体のダスト容器のゴミをクリーンベース内の密封型紙パックに自動で排出。 ダスト容器30杯分ものゴミを収納できるので、ほぼ毎回やらなければならないゴミ捨てを省略できる。 さらに集めたゴミは紙パックごと捨てられるので、ホコリが舞い散らない。 クリーンベースのゴミ捨ては、使用頻度にもよるが月に1回程度で十分だ。 高級スティック掃除機を3~4台購入できる価格となりそうだが…… ルンバも遂にDのデザインに変わっていくのかと思いきや、すべてのルンバがD型に移行するわけではないとのこと。 基本は今まで通り、丸い形をベースに開発していくそうだ。 ルンバ1台で、高級スティック掃除機が3~4台は買える価格だ。 とはいえ、これまでにない高い清掃能力と、ファームウェアのアップデートでさらなる展開が期待できる進化版ルンバは魅力的。 最新のハイスペックな家電に興味のある方は、ぜひお試しいただきたい。

次の

30年の技術がたどり着いたこのカタチ!最新型「ルンバ s9+」を体験してきましたよ

ルンバ s9

箱の中身はこちら! ルンバ本体+ゴミを吸い取るクリーンベース。 そして、それらの付属品(予備のフィルターやブラシなど)。 ルンバ本体の形状は、シリーズ初のD型。 自分がどの場所でどの方向で引っかかっているか、などを判断できるほど分析能力が上がったからこそ、この形状でも大丈夫になったのだとか。 ルンバは数年前のモデルからこのように、カメラを搭載しており、部屋の間取りや自分の位置を把握しながら掃除が可能になっています。 D型になったことで、吸引口のローラーが従来モデルに比べてかなり大きくなりました。 ブラシもこれまで3本毛タイプだったのですが、今回から5本毛タイプに。 設置の方法は詳しく説明書が入っているので簡単に行えます。 スマホアプリと接続させつつ、ファームウェアアップデートなども行ってくれるのはすごいです。 常に最新にアップデートされ続けるルンバですよ! 吸引力40倍の凄さ! で、実際に3ヶ月、使ってみた感想ですが…。 流石の吸引力!我が家の従来のルンバよりもより多くのゴミを集めてきているように思います。 ボタンを押すだけで家中が綺麗になってくれるんだからルンバ…最高ですよ。 ただし、正直お供うるさくなっています。 今までは、会社出勤前にボタンを押してから出社していたのですが、時期悪くテレワークや自粛で家族みんなが家にいる中で動かすと、流石にうるさくて困るくらい。 吸引力が高まった分、生活の中で動かすものではないな…と感じて、ついつい稼働率は低めのまま返却してしまいました。 また、吸引力が上がりすぎたからか、いろんなものを巻き込むんですよ…。 我が家はスポンジマットを敷いているのですが、それの端っこを巻き込んで引っぺがしてしまうほどでした。 アプリも優秀! アプリも優秀です! カメラと実際に走った場所から自宅の間取りを把握していき、マップを作成。 そのマップに対してどのように動けば効率的に掃除できるかというのを考えながら掃除してくれるんです。 また、間取りに対して、部屋名をつけられるので、「今日は和室の布団は敷いたままだから和室以外を掃除させる」とか、「お客さんが来るんで、廊下とリビングのみ掃除」というのもアプリから指示してかけることができるようになりました。 玄関、トイレは仮に入れたとしても掃除しない。 ケーブル周りは掃除しない、という指定ができるのはありがたかったです。 現在、価格コムでお値段を調べても18万円以上する超高級。 仮に、我が家のルンバが壊れたとしてどのルンバを買う?と聞かれると、うーん。

次の

新型ルンバS9+とルンバ980を比較

ルンバ s9

Contents• 「iRobot ルンバ」シリーズの基礎知識 多くのルンバは、 型番が数字やアルファベットで示されています。 初めてルンバを見た方は「960?671?i7?s9?数字によって何が違うの…?」と、疑問に思ってしまいますよね。 実はこの数字やアルファベットにはちゃんと意味があり、 先頭の数字やアルファベットを見ればある程度スペックがわかるようになっているんです。 数字3桁のルンバは、先頭の数字を見る 型番が数字3桁のルンバには、900・800・600などのシリーズがあり、 数字が大きいほうが高機能&高価格なモデルになります。 900シリーズが高機能な上位モデル、 600シリーズが低価格なエントリーモデルです。 一部販売店のみでの取り扱いとなっています。 ) アルファベットの型番のルンバは、新しいシリーズ 数字3桁の型番に加えて、のちにラインナップ追加されたのが、 アルファベット型番のシリーズ。 新しいルンバは数字ではなくなって、さらにわかりづらく感じますよね。 数字が埋まってきて、今後はアルファベットが増えていくのかもしれません。 eシリーズは 900と600の間のハイ・エントリーモデルで、iシリーズは 900よりも高機能な上位モデル。 最新のsシリーズは、従来機種を遥かに上回る 圧倒的な機能性が特徴のハイクラスモデルとなっています。 ルンバ全シリーズのイメージ図 現在の ルンバ全シリーズの立ち位置と特徴をまとめたイメージ図が、こちらです。 比較対象の「iRobot ルンバ」最新26機種を紹介 ルンバには、廃盤品も含めると数多くのモデルが存在します。 そこで今回は、 2020年現在市場で流通中の最新26機種のルンバを比較していきます! ルンバは入れ替わりが激しく、25機種の中でも現在 で販売されているのはたったの6機種です。 型落ちモデルは、Amazonや楽天などで 安く販売されていることも多いので、求める機能がある安い機種を探すとお買い得ですよ。 「iRobot ルンバ」全25種類を5項目の選び方で徹底比較 ここからは、比較対象となる ルンバ全25種類をこちらの5項目で詳しく比較していきます。 清掃力• ナビゲーション能力• バッテリー• 操作性・お手入れ• オプション・外部機器連携 ルンバの選び方で重要となるこちらの5項目をそれぞれ詳しく見ていきましょう! 【ルンバ比較1】清掃力 ロボット掃除機で絶対に外せないのが、この 清掃力。 「本当にルンバで部屋がキレイになるの?」というのは、気になるところですよね。 各機種の清掃力を5項目で比較します。 吸引力 ルンバの吸引力は、ベーシックな600シリーズと比較して 5倍・10倍・40倍という4段階で異なります。 クリーニングシステム ルンバが採用しているクリーニングシステムは、大きく2種類。 「 AeroForce 3段階 クリーニングシステム」と「 3段階クリーニングシステム」です。 「AeroForce」の方がより高機能で、ルンバ内部に真空状態を作り出すことで吸引力がさらにアップしています。 メインブラシ ルンバ裏面中央のメインブラシは、ゴミをかき出す重要な役割。 ゴム製ブラシと 毛のブラシの2種類に分けられます。 清掃能力が高くお手入れしやすいのはゴム製ブラシ。 「AeroForceエクストラクター」と「デュアルアクションブラシ」という名称のものが、ゴム製ブラシです。 一方、毛のメインブラシは ホコリや長い髪の毛がからまりやすくお手入れが大変です。 毛のメインブラシとゴム製フレキシブルブラシの2本を搭載しています。 eシリーズ以上の上位モデルは、ゴム製のメインブラシを採用しています。 パワーブースト パワーブースト機能は、ゴミが入り込みやすいカーペットやラグの上で 自動で吸引力を最大まで引き上げる機能。 ダストカットフィルター せっかく掃除をしても、排気と一緒にハウスダストを舞い上げてしまっては意味がありませんよね。 ルンバは、全機種ダストボックスにフィルターがついていますが、細かい ハウスダストを99%取り除くダストカットフィルターは、eシリーズ以上の上位モデルにしか搭載されていません。 ルンバ比較一覧表 清掃力 ルンバの清掃力を比較した一覧表が、こちらです。 清掃力で選ぶなら、おすすめは「ルンバs9+」です。 吸引力40倍・ ゴム製ブラシ・ パワーブースト・ ダストカットフィルターと、圧倒的な清掃能力を誇る最高峰のルンバです。 独自のD型形状で、部屋の隅や壁際までしっかり清掃してくれるおすすめ機種です。 【ルンバ比較2】ナビゲーション能力 ロボット掃除機で清掃力と並ぶ重要なポイントが、 ナビゲーション能力です。 ナビゲーション能力は、いわばルンバの「頭脳」。 頭の良いルンバだと、複数の部屋の隅々まで効率的に掃除できます。 ルンバのナビゲーション能力は、2つの項目で比較できます。 ナビゲーションテクノロジー ルンバのナビゲーションシステムは、 「iAdapt」「iAdapt 2. 0」「iAdapt 3. 0」の3種類。 名前だけ見ると大きな違いは無さそうですが、動画でそれぞれのルンバのお掃除ルートを比較すると一目瞭然。 こちらがiAdapt搭載ルンバの掃除ルートです。 iAdaptでは、部屋がきれいになるまで 複数回色んな角度から清掃。 基本的に掃除できるのは1部屋のみです。 続いて、こちらがiAdapt 2. 0とiAdapt 3. 0の掃除ルートです。 iAdapt 2. 0とiAdapt 3. 0では、ルンバがカメラやセンサーで部屋の間取りと自分の位置を把握。 同じフロアの 別の部屋や廊下まですべての部屋を正確に効率よく掃除することができるんです。 さらに進化した iAdapt 3. 0では間取りを10パターンまで記憶できるので、指定したエリアのみを掃除させることも可能です。 複数の部屋を掃除したい場合は、iAdapt2. 0とiAdapt3. 0搭載ルンバを選ぶのがおすすめです。 自動充電・自動再開 ルンバは、全機種共通で充電が切れたら自力で充電器の場所まで戻って自動で充電を開始してくれます。 さらに900シリーズより上のモデルなら、充電が切れた場所を覚えていて 充電後に自動で掃除を再開してくれる「自動再開」機能が搭載されています。 自動再開機能があれば、全部屋隅々までルンバが掃除してくれるので、広いお家でも安心です。 ブラーバ連携 同じアイロボット社の床拭きロボット 「」との連携ができるルンバもあります。 ルンバi,sシリーズなら、掃除完了後にブラーバが自動で起動して床の拭き掃除を始めてくれるので、さらにピカピカに掃除することができます。 ルンバ比較一覧表 ナビゲーション能力 ルンバのナビゲーション能力を比較した一覧表が、こちらです。 0 iAdapt 3. 0 iAdapt 2. 0 iAdapt iAdapt ナビシステム iAdapt 2. ナビゲーション能力の高さで比較すると、 iAdapt 3. コストパフォーマンスを考えると、3機種の中では 比較的安価な「ルンバ i7」がおすすめです。 【ルンバ比較3】バッテリー ルンバにどれだけ長く掃除してもらえるか?というのも、ルンバ選びでは大事なポイント。 せっかくのルンバも電池切れになってしまったら役に立ちません。 ルンバのバッテリーを比較するポイントが、 稼働時間と電池の種類です。 稼働時間 1回の充電でどのくらいの時間ルンバが稼働できるか?を比較する目安となるのが「稼働時間」です。 部屋の状態によっても変わるのですが、 1時間~2時間と機種によって稼働時間に差があり、できるだけ長く稼働できるルンバのほうが一度で部屋の隅々まで掃除ができます。 ただし 自動再開機能つきのルンバの場合は、稼働時間が短くてもそれほど気にしなくていいでしょう。 電池の種類と寿命 電池の種類は、ルンバの寿命を決める心臓部分です。 ルンバで使用されている充電池は、 ニッケル水素電池とリチウムイオン電池の2種類。 過去に公式サイトで出されていた情報では、寿命はニッケル水素電池が約3年・リチウムイオン電池が約6年だそうです。 ニッケル水素電池は、 「自己放電」しやすく放っておくと自然に容量が減っていってしまいます。 また、電池を使いきらずに充電すると、充電した時点の残量を最大容量だと記憶してしまう 「メモリー効果」もあるため、電池の寿命が短くなりがちです。 より長くルンバに活躍してもらいたいなら、自己放電しにくくメモリー効果のないリチウムイオン電池を使用している機種を選びましょう。 ルンバ比較一覧表 バッテリー ルンバのバッテリーについて比較した一覧表が、こちらです。 長時間稼働できるルンバのおすすめ機種は 「ルンバ e5」です。 1回の充電で稼働できる時間が90分と長く、 長寿命のリチウムイオン電池を使用しています。 価格と機能のバランスが良い ルンバe5は、コスパが良く特におすすめの機種です。 【ルンバ比較4】操作性・お手入れ ルンバで掃除の手間を減らすなら、なるべくルンバ自体を操作する手間も省きたいですよね。 ルンバをより手軽に使いたい方は、 操作性やお手入れの手間を左右する5つの項目をチェックしましょう。 スケジュール設定 スケジュール設定ができるルンバなら、事前に設定された時間に自動でお掃除を開始してくれるので、毎回スイッチを入れる手間が省けます。 さらに上位モデルのルンバなら、 エリア別のスケジュール設定も可能でさらに便利です。 ゴミフルサイン・ダストボックス水洗い ルンバの日常のお手入れはダストボックスのゴミ捨てなのですが、これもできるだけ手間を減らしたいところ。 ゴミフルサイン機能は、ゴミ捨てのタイミングを教えてくれる便利な機能。 さらに、 ダストボックスの水洗いができるルンバなら、より楽に清潔が保てます。 自動ゴミ捨て ルンバは、基本的に掃除後毎回ダストボックスのゴミ捨てをすることが推奨されています。 充電器(クリーンベース)に、ゴミを集めるための紙パックがセッティングされていて、 掃除が終わったら自動でルンバが集めてきたゴミを収集してくれるので、ゴミ捨ての頻度が 約30回に1度と格段に少なくなります。 ルンバ比較一覧表 操作性・お手入れ ルンバの操作性やお手入れについて比較した一覧表が、こちらです。 さらに、 自動でゴミ捨てをしてくれる新機能も搭載で、もっとも操作性の良いルンバです。 【ルンバ比較5】オプション・外部機器連携 最新のルンバは、 スマホや外部機器との連携で様々な便利機能が使えます。 オプション機器を使って、落下防止や進入禁止エリアの設定をすることも可能。 スマホやオプションでルンバを使いこなしたい方は、最新の機種を選ぶといいでしょう。 スマホ・スマートスピーカーとの連携 スマホと連携できるルンバなら、外出先からの起動やスケジュール設定もスマホアプリで簡単にできます。 またスマートスピーカーと連携すれば、声をかけるだけでルンバを起動できます。 ただし、ルンバが清掃したエリアの地図をアプリで確認できる 「Clean Map レポート」は上位モデルのみで使える機能なので要注意です。 オプション機器との連携 赤外線で見えない壁を作る オプション機器「デュアルバーチャルウォール」を使えば、ルンバの進入禁止エリアを設定できます。 さらに 「ヘイローモード」対応機種なら、半径60㎝の円形の進入禁止エリアも設定することができます。 ルンバ比較一覧表 オプション・外部機器連携 ルンバのオプション・外部機器との連携について比較した一覧表が、こちらです。 スマホで連携して掃除エリアマップが見たいなら、おすすめは「ルンバ960」です。 掃除エリアマップが見られる900,i,sシリーズの中では、比較的価格が安いルンバです。 複数の部屋も掃除できて、デュアルバーチャルウォールで進入禁止エリア設定も可能です。 「iRobot ルンバ」比較一覧表 5項目総まとめ ここまで、ルンバの機能を5つのポイントにわけて比較してきました。 最後に、 全項目をまとめたルンバ比較一覧表をご紹介しますので、ルンバ選びの参考にしてみてください。 0 iAdapt 3. 0 iAdapt 2. 0 iAdapt iAdapt ナビシステム iAdapt 2. 「iRobot ルンバ」は購入前にレンタルがおすすめ ルンバでどのくらいキレイになる?サイズや音は?家具や部屋の形との相性は?赤ちゃんやペットは怖がる??? …など、 実際に家で使ってみないとわからないことって多いですよね。 ルンバは高額なので、事前にレンタルで試して「これなら大丈夫!」と納得してから購入するのがおすすめです。 家電レンタルのでは、 ルンバ各種をお得にお試しレンタル可能。 3カ月~の月額レンタルでじっくりお試しもできます。 長期で借りるなら お得なサブスクプラン「ロボットスマートプラン」もおすすめです。 ルンバ以外のロボット掃除機もレンタルできるので、ぜひ購入前のお試しにレンタルを使ってみてはいかがでしょうか? 【関連記事】最新おすすめロボット掃除機.

次の