死に ほくろ。 【ほくろ占い】首や首筋にあるほくろの意味と運勢17選を位置別に解説

手相占いで手のひらのほくろを占う!左手の死にほくろ、活きほくろの意味

死に ほくろ

もくじ• ほくろとは? ほくろの膨らみについて説明する前に、「そもそもホクロとは」について、簡単に説明させてください。 これを知っておくことで、「ほくろが膨らむ原因」が理解しやすくなります。 ほくろとは、 母斑細胞(ぼはんさいぼう)というほくろの細胞が集まってできたものです。 ほくろは、「皮膚の上にへばりついて取れないもの」だと思われていることも多いのですが、そうではありません。 皮膚のなかにほくろの細胞が存在していて、皮膚からほくろの細胞が透けて、「ほくろ」として見えているんです。 ほくろが膨らむ原因 ほくろは、できてすぐに盛り上がっていることはありませんよね。 多くのほくろは、時間が経つと「いつの間にか膨らんできた」というものが多いはず。 なぜなら、 紫外線を浴びるとか 時間が経つことによって、ほくろの細胞が 増殖し、重さが増え、皮膚の奥に落ちるように移動することでほくろが膨らむからなんです。 ちなみに、「なぜ、ほくろの細胞が皮膚の奥にあると、ほくろが膨らむのか」については、解明されていません。 ほくろの細胞(母斑細胞)についてはまだまだ研究途中で、分かっていないことも多くあるんです。。 ほくろの細胞がどこにあると、ほくろが膨らむ? 先ほど「ほくろの細胞が、皮膚の奥に移動すると、ほくろが膨らむ」と説明しました。 具体的には、ほくろの細胞が、皮膚の 真皮(しんぴ)層のより深い部分に移動するほど、膨らみができやすくなることが分かっています。 「真皮層ってどこ?」 「より深い部分ってどういう意味?」 と、疑問に思われた方も多いでしょう。 ここで見ていただきたいのが、「ほくろの細胞が皮膚のどこに存在するか」によって決められている分類です。 この分類を見ることで、「ほくろの細胞がどこに存在すると、膨らみができやすいのか」が分かります。 境界母斑(きょうかいぼはん) ほくろの細胞が、表皮と真皮のさかいめにあるとき、 境界母斑と呼びます。 このホクロは、平べったく、サイズも約1㎜程度と小さいものがほとんどです。 複合母斑(ふくごうぼはん) ほくろの細胞が、表皮と真皮の境界~真皮の浅い部分にあるとき、 複合母斑と呼びます。 ホクロは平べったいものもあれば、やや膨らみがあるものもあります。 サイズは約2㎜~4㎜ほどの、やや小さいものが多いです。 真皮内母斑(しんぴないぼはん) ほくろの細胞が、真皮内のみに存在しているものを、 真皮内母斑と言います。 ホクロはぷくっと膨らむことが多いです。 ほくろ細胞の場所とほくろの膨らみに関する実験 (クリックで大きいサイズの表が見られます) 「ほくろの細胞がどこにあると、ほくろが膨らむのか?」について、実際に人間のほくろを見て出されたデータがあります。 (金沢大学西原教授「色素細胞母斑,殊に組織構造を中心として」) このデータによると、 複合母斑の場合、やや膨らみをもったほくろになる。 真皮内母斑だと、完全に膨らんでいるほくろになる。 ということが分かります。 ほくろが膨らむのを予防する方法 紫外線を予防する ホクロが盛り上がるのを予防するためには、 紫外線を予防することが大切です。 ほくろが膨らむ原因は、「ほくろが増殖し、その重みで皮膚の奥に落ちる」と説明しました。 紫外線は、 ほくろの細胞が増殖する原因であると考えられています。 (信州大学斎田教授「色素細胞母斑」) ほくろを膨らまさない&新しく作らないための徹底マニュアルは「でご紹介しています。 その他の方法は不明 「なぜほくろの細胞が増えるか」「なぜほくろの細胞が皮膚の奥に移動するか」については、まだまだ研究中。 紫外線を予防する以外に、根拠のある予防方法は見つかりませんでした。 ほくろが膨らんでいるのは皮膚ガンだから? ぷくっと膨らんだほくろがあると、「もしかして皮膚ガンなの?」と不安になる人もいるかもしれません。 「ほくろのガン」と呼ばれている皮膚ガン(メラノーマ)の場合、以下のような特徴が見られます。 A(Asymmetry):かたちが 左右非対称である B(border irregularity):はじが ギザギザしている。 境界がはっきり鮮明な部分と、不鮮明な部分がある C(Color variegation):黒褐色が多いが、 色にムラがある。 青・赤・白色などが混ざることもある。 D(Diameter enlargement): 直径が6mm以上ある。 E(Evolving lesion):大きさ、形、色、表面の状態など 症状の変化がある (アメリカ皮膚科学会「ABCDEの法則」) 基本的に、時間をかけてゆっくり膨らみができたホクロは、問題ないものが多いです。 ただ、急激にホクロが膨らんできた場合、皮膚ガンの可能性は否定できません。 皮膚科で簡単に診てもらうことができますので、気になるほくろがある場合、早めに受診することをおすすめします。 ほくろのガンについては、をご覧ください。

次の

手相占いで手のひらのほくろを占う!左手の死にほくろ、活きほくろの意味

死に ほくろ

手のひらの死にほくろ、活きほくろの意味は? 顔や体にはよく見られるほくろ。 ですが、手のひらにほくろがあるのは珍しいんです。 あまり手のひらにほくろができないと言われていますが、手相占いでこのほくろを見ていく「ほくろ占い」というのもあります。 そんなほくろには、死にほくろと活きほくろというのがあります。 それぞの特徴は、以下の通り。 活きほくろ…艶がある、黒い、肌との輪郭がハッキリしている。 死にほくろ…艶がない、茶色い、肌との輪郭がぼやけている。 名前の通り、活きほくろは運気が上がると言われていますが、死にほくろは運気が下がると言われています。 手のひらにほくろがある場合、良くないことのサインであることが多く、活きほくろであっても強い意味があまりないことがほとんどです。 A…金星丘にあるほくろ|手のひらのほくろ占い 金星丘…生命線の内側(親指の付け根下部あたり)の膨らみ 親指の付け根の部分に、膨らみがありますよね。 そこは金星丘と言って、メンタル面とフィジカル面の両方からその人が愛情深いか生命力は強いかを見ることができます。 金星丘の近くには生命線があり、ほくろがこの生命線から近い位置にあるのか、遠い位置にあるのかによって意味合いが変わります。 (ほくろは死にほくろの場合のみです)• 生命線近くに死にほくろがある…家族や親せきなど、自分に近い親族から迷惑をかけられることが多い。 生命線遠くに死にほくろがある…生命線から遠く、金星丘の上の方にほくろがある場合は恋愛関係で悩むことが多そうです。 また、中央付近にほくろがある場合は金銭問題や友人問題に注意し、金星丘の下の方にあるときは自分の体を気遣い、健康面で問題が出ないようにしましょう。 B…第一火星丘|手のひらのほくろ占い 第一火星丘…A(金星丘)とC(木星丘)の間の膨らみ 第一火星丘は、金星丘の上付近。 生命線や頭脳線の始まりあたりです。 ここに死にほくろがあると、周りから付き合いづらいと思われている可能性が大。 もし、友達が少ない、人付き合いが上手くいかないというときは、自分の性格を見直すようにしましょう。 一般的に、ここに死にほくろがある人は短気な性格であることが多く、色々とトラブルを起こしやすいです。 C…木星丘|手のひらのほくろ占い 木星丘…人差し指の下の膨らみ 木星丘は、人差し指の付け根あたりを指します。 木星丘は人を引っ張っていくタイプかどうか、支配力を見る場所です。 ここに死にほくろがある場合、消極的で、向上心がない…いわゆる現状維持タイプである可能性が高いです。 死にほくろでなくても、自分の短絡的な行動、思いやりのなさで出た行動から、人に嫌われる傾向があるので注意しましょう。 D…土星丘|手のひらのほくろ占い 土星丘…中指の下の膨らみ 土星丘は中指の下から感情線までを指します。 ここは普通、我慢強さがあるかどうかを見るのですが、ほくろが土星丘にある場合、短絡的な行動が出やすい傾向があります。 集中力が途切れがちで、勘違いをしやすくなったり、不注意から大小さまざまな問題を引き起こすことも。 よく考えずに行動することで周りを巻き込んだ損失を出すこともあれば、人に騙されて損することもあるので、行動する前に、決断する前に一歩立ち止まってよく考えるようにするといいでしょう。 E…太陽丘|手のひらのほくろ占い 太陽丘…薬指の下の膨らみ 太陽丘は薬指の下から感情線まで。 そこはカリスマ性や社交性を象徴しています。 ここに死にほくろがあるとき、太陽丘の状態によって意味が変わってきます。 太陽丘が盛り上がっている状態…太陽丘が盛り上がっていて、発達している状態で死にほくろがある場合、見栄っ張りな部分が瑕です。 落ち着きを持つようにしましょう。 太陽丘が平ら(もしくはへこんでいる)状態…太陽丘が平らだったり、へこんでいたり、発達していない状態で死にほくろがある場合、あまり人と関わることが少なそうです。 孤独を味わうことが多いかもしれません。 もしく、太陽丘に活きほくろがあった場合も、死にほくろと同じ意味を持ちます。 なので、どんなほくろでも、太陽丘の状態から意味を見てみましょう。

次の

手のひらにほくろがあると強運と言われる理由☆【場所の解説画像あり】

死に ほくろ

世の中には、いろいろな占いがありますが、人相占いに属する占いに「ほくろ占い」があります。 このところ、何かと話題となり、ネットや雑誌で静かなブームとなっているようです。 ほくろは体の現れている場所で、様々な意味合いを持ちます。 古くからこれを活用してその人の現在や将来の運勢を読み取ったりしています。 特に顔に現れているほくろは目に付きやすく、手相のようにわざわざ見せてもらわなくても、一目で相手の運勢を知ることができます。 恋愛や仕事に吉をもたらすほくろ、金運を高めるほくろなどがあり、ぜひとも現れて欲しいほくろがあったりもします。 そこで、昔のヨーロッパ貴族や20世紀のハリウッド女優の間では、付けほくろが流行ったことがあった程です。 また、顔のほくろは体に現れるほくろと連動しているものもあるとされます。 目の周りにほくろがあれば、胸の周りにもほくろがあるといった感じです。 何かほくろには魅力や魔力のようなものがあるのかもしれません。 それでは、顔のみならず、体全体に位置するほくろの意味と運勢などについて説明していきます。 ほくろは、メラニン色素が集まった細胞と言えますが、紫外線を浴びることで現れることが多くなります。 ですから、新生児にはほくろがほとんどなく、生後半年目ぐらいから現れるとされています。 しかし、紫外線による影響以外にも現れることがあるようです。 何かの警告があった場合、今までなかったところに現れることもあります。 このほくろの鑑定は、現れる位置が同じでも、色や形によって意味合いが変わります。 人相学でほくろは、ツヤが良く形が整っているものを「活きぼくろ」と言い、これが現れていれば、基本的には吉相の要素を持つことになります。 一方、ツヤがなく形が整っていないものは「死にぼくろ」と呼ばれ、これが現れていると、ほくろが吉相の位置にあってもネガティブな要素になってしまいます。 その意味合いが正反対になると言えます。 現れている場所ばかりにこだわるのではなく、色や形もしっかりと見分けることが必要となります。 また、ほくろ占いは人相学に属するので、手相とも関わりが深いとされます。 手相では、利き手で将来を読み取り、利き手でない方で過去を読み取るとされています。 たいていの人は右利きなので、右手で将来を見ます。 手のほくろでも手相と同様で利き手が将来のことを示すことになります。 額の生え際> ここにほくろがある場合、引立て運があるのですが、対人関係に注意が必要とされます。 右側の生え際にほくろがあると、一目惚れしやすく、恋愛において目移りしやすいとされます。 左側では、恋愛に関心が薄く、仕事などに没頭しやすいとされます。 親族などとの対人トラブルが多くなるようです。 生え際の中央部にほくろがあると、離婚する可能性が髙くなります。 額の中央部> ここにほくろがある場合、仕事運や社会運に恵まれるとされます。 最良の職場や同僚に出会え、高い地位にも就けるかもしれません。 聡明さがあり、将来を見通すことに優れています。 額の中央部右寄りにある場合、幸運と良縁に恵まれ、左寄りだと浪費癖があり見栄っ張り過ぎるとされます。 額の上部> ここにほくろがある場合、異性運に恵まれないとされます。 交際相手が災いをもたらす可能性があります。 しかしきれいな「活きぼくろ」なら一発逆転のチャンスがあるかもしれません。 眉毛の上部> ここにほくろがある場合、金運が低迷しているとされます。 一獲千金やギャンブル的なことはせず、地道にお金を貯めることで金運が上昇します。 眉の真ん中> ここにほくろがある場合、公私ともに高額な出費があるとされます。 恋愛では、お金に縁がない人と出会いやすくなります。 投資話などには慎重さが必要です。 眉頭> ここにほくろがある場合、困りごとが生じた際に知り合いに助けられるとされます。 恋愛では、知人の紹介が良縁をもたらします。 しかし「死にぼくろ」だと、知人が迷惑をかけるとされます。 眉尻の上部> ここにほくろがある場合、親から受け継いだ財産を散財させるとされます。 いろいろなお金の使い方に注意が必要です。 <10. 眉の下> ここにほくろがある場合、親から財産を受け継ぎやすいとされます。 親が薦める縁談話では、玉の輿に乗れることが考えられます。 しかし「死にぼくろ」だと、相続でトラブルになったり、相続した財産をすぐに使い果たすとされます。 <11. 眉間> ここにほくろがある場合、強気な性格で強運を持つとされます。 頭脳明晰なのですが、強情な面があり、周りから反感を持たれることが多いようです。 謙虚な態度が吉につながります。 <12. 涙袋> ここにほくろがある場合、恋愛では肉体関係を優先し、結婚すると子供の悩みが増えるとされます。 <13. 涙袋の下方> ここにほくろがある場合、人気運を持ち、感情が豊かで、感受性に優れているとされます。 <14. 目尻> ここにほくろがある場合、恋愛経験が豊富で言い寄られることが多いとされます。 その分、男女間でのトラブルが多くなるようです。 <15. 目頭> ここにほくろがある場合、良縁に恵まれ、夫婦円満になる可能性が髙くなります。 <16. 黒目> ここにほくろがある場合、性に対して自由を好み開放的とされます。 性格的にルーズな面があり、浮気や不倫に罪悪感はほとんどないようです。 <17. 白目の中央部> ここにほくろがある場合、心に優しさを持ち、情に流されやすいとされます。 恋愛でその気がない相手に言い寄られても、断り切れない面があります。 <18. 白目の目頭寄り> ここにほくろがある場合、恋愛に対して貪欲で、自ら愛を求めるとされます。 道を外れた恋愛もあまり気にならないはずです。 情に流されやすく、不倫などが止められない人が多いとされます。 <19. 白目の目尻寄り> ここにほくろがある場合、恋愛に対して消極的で、自らは動かず受け身の愛を待つとされます。 しかし誘われるとすぐ恋に落ちるようです。 安易な誘惑に負けてしまいやすく、ダメな異性に恋することもあります。 特に女性なら、性的な魅力を持っているようです。 <20. 鼻の下の縦溝(人中)> ここにほくろがある場合、子宝に恵まれないとされます。 もし2つあれば、意志が弱く不倫になりやすいようです。 <21. 縦溝以外の鼻と口の間> 濃いほくろの場合、金運が良好となり、盛り上がったほくろの場合、様々な幸運がもたらされるとされます。 薄い場合、人に裏切られたり、予期せぬ不運が訪れるとされます。 恋愛相手に、二股をかけられることも考えられます。 <22. 鼻の横> ここにほくろがある場合、異性からモテるとされます。 その分、結婚後に不倫になりやすいようです。 <23. 鼻の穴の周り> ここにほくろがある場合、複数の異性から言い寄られたり愛されることが多くなります。 それゆえにトラブルの可能性が高まります。 <24. 鼻頭> ここにほくろがある場合、精力が旺盛で性的な欲求が強いとされます。 結婚しても1人で満足できず、不倫をする可能性が髙くなります。 <25. 小鼻の横> ここにほくろがある場合、左右どちらでも、異性にモテるとされます。 交際に至るのも早いのですが、別れるのも早いようです。 <26. 鼻筋> ここにほくろがある場合、性欲が強く、それが原因で病気になりやすいとされます。 これは男性の方が病気になりやすいようです。 <27. 鼻の中央部> ここにほくろがある場合、人一倍、負けず嫌いで気が強いとされます。 仕事では、ライバルなどに競り勝って業績を上げることができます。 意志が強いので、多少の困難に遭遇しても、必ず乗り越えられます。 我を張り過ぎるので、対人関係でトラブルになりやすいようです。 人の意見を受け入れたり、人を頼りにすることも必要かもしれません。 <28. 耳の外側> ここにほくろがある場合、仕事運が良好で高い業績が上げられ、成功がつかめる可能性が髙くなります。 特に「活きぼくろ」だと頭の回転が速いとされます。 <29. 耳の内側> 耳の内側で軟骨の部分が目立ち、そこにほくろがある場合、努力を惜しまないのですが、頑固とされます。 軟骨の部分が目立たない上に「活きぼくろ」があれば、かなりモテるとされます。 <30. 耳たぶ> ここにほくろがある場合、金運、家庭運、健康運に恵まれるとされます。 特に耳たぶ表側で正面から見えやすい位置にあると中年期以降に金運が下がり、裏側にあれば、最強の幸運を手にして、人生が充実するとされます。 <31. 耳の穴周辺> 右の耳穴周辺にほくろがある場合、正義感と意志が強いとされ、嫉妬深い面があるとされます。 左の耳穴周辺では、仕事運に恵まれるものの、恋愛運はあまり良くないようです。 <32. 口元> ここにほくろがある場合、基本的に恋愛運、金運、仕事運のバランスが良いとされます。 左側の口元にある場合、喋り過ぎがプライベートな面でトラブルの原因になるとされます。 口元の下部の場合、「活きぼくろ」なら生活に困窮することはありません。 口元のすぐ上の場合、生まれもっての縁起の良さがあり、幸運などがもたらされます。 <33. 口の上部> ここにほくろがある場合、おしゃべりとされ、それが災いすることが多いのですが、食には困らないとされます。 <34. 口の両端> ここにほくろがある場合、コミュニケーション能力に優れ、頭の回転が速いとされます。 人を説得することにも長けています。 <35. 上唇> ここにほくろがある場合、何事も積極的に取り組むとされます。 いろいろな成功が手にしやすくなります。 細かい点にこだわらないので、散財することが考えられます。 <36. 下唇> ここにほくろがある場合、恋愛に消極的とされます。 受け身の恋愛が多くなるようです。 特に「活きぼくろ」だと美食家となり、夫婦円満で子宝にも恵まれますが、「死にぼくろ」だと愛情のもつれで苦労するとされます。 <40. あごの中央部> ここにほくろがある場合、リーダーシップに優れ的確な指示が出せるとされます。 強い信念を持ち、チャレンジ精神が旺盛となります。 <41. あごの右側> ここにある場合、金運や家庭運が良好となり、お金回りが良かったり、玉の輿に乗れて幸せな家庭が築けます。 <42. あごの左側> ここにある場合、対人関係が良好となり、良い出会いがあるとされます。 恋愛では、友人の紹介が良縁につながるようです。 <43. あごの右下> ここにある場合、年下の異性と相性が良く信頼されて、満ち足りた幸せな家庭が築けます。 <44. あごの左下> ここにある場合、大器晩成とされ、何事も年を重ねてからの方が力が発揮できます。 恋愛は誠実に接することを好みます。 <45. 喉(首の正面側)> ここにある場合、自己アピールに長け、コミュニケーション能力が高いとされます。 人の意見に対して聞く耳は持つのですが、自己主張が若干強いので、自己中心的に見られます。 <46. 首筋> ここにある場合、金運や仕事運を高めるとされます。 物事は計画的に考え、自己管理能力がしっかりとしているようです。 <47. 首の後ろ側> ここにある場合、生活では何よりも恋愛を優先し、周囲が見えなくなり愛に溺れやすいとされます。 <48. 喉仏> ここにある場合、自己主張が極めて強くなり、コミュニケーション能力にも優れているとされます。 <49. うなじ> ここにある場合、情に厚く優柔不断とされます。 人脈に恵まれるのですが、恋愛では、複数の相手と同時に付き合うことが多く、トラブルになりやすいようです。 「活きぼくろ」の場合、人気運や金運が上昇します。 <50. 首の側面> ここにある場合、右側では、対人運と金運が良好となり、仕事でも成功しやすいとされます。 左側では、人からいろいろな欲しいモノがもらえるとされます。 <55. 手の甲> ここにある場合、手先が器用で、対人関係でも要領が良いとされます。 一目惚れしやすく、二股や三股といった複数の異性と同時に付き合うことが考えられます。 何事にも努力を惜しまず、集中力があり、精神的にも強いようです。 <56. 掌(手のひら)> ここにある場合、手相の線にかかっていると、その意味合いをネガティブにすることが多いとされます。 しかし、どの線にもかからず掌の中央部にあり、手を握った際に隠れるようなほくろなら幸運の証となります。 これは「福つかみ」呼ばれる手相で、いろいろな開運ができ、特に金運が良好とされています。 豊かで幸せな人生になるはずです。 <57. 親指の付け根付近> ここにある場合、愛情運がかなり高くなるのですが、結婚運はあまり良くないようです。 「死にぼくろ」だと出会いから交際までがスムーズでも、途中で行き詰まり破綻しやすいとされます。 <58. 人差し指の付け根付近> ここにある場合、自尊心が高くかなり自分本位で、気分にムラがあるとされます。 何事も浅く考え、対人関係のトラブルが多くなるようです。 <59. 中指の付け根付近> ここが平坦でほくろがある場合、注意力や警戒心に欠けるとされ、ケガや事故に巻き込まれやすいとされます。 一方盛り上がっているとると、何事にも慎重で警戒心がかなり強いとされます。 <60. 薬指の付け根付近> ここが平坦でほくろがある場合、落ち着きがなく、不平不満が多く人望は薄いとされます。 一方盛り上がっていると、見栄を張りやすく、それに伴い嘘を平気で突くとされます。 <61. 小指の付け根付近> ここが平坦でほくろがある場合、金銭的にルーズで、恋愛にだらしないとされます。 借金を沢山しても平気いられ、恋愛下手なことが考えられます。 <62. 親指> 末節部(指の先)にほくろがある場合、何事にも強引で闘争心が強く、融通が利かないとされます。 中節部にほくろがあると、理屈より感情を優先し、優柔不断とされます。 <63. 人差し指> 末節部にほくろがある場合、精神的に繊細で、ストレスを溜めやすいとされます。 スピリチュアル的なことに関心が強いようです。 中節部にほくろがあると、気が強く野心を抱いているとされます。 特に中指と同程度に長いと、その傾向が強まります。 <64. 中指> 末節部にほくろがある場合、性格的な真面目で気が短いとされます。 対人関係はあまり良くないようです。 中節部にある場合、警戒心がかなり強く、気疲れしやすく神経質な面があるとされます。 <65. 薬指> 末節部にほくろがある場合、気分にムラがあり、美的センスに乏しいとされます。 飽きっぽい面もあるようです。 中節部にある場合、変わり者と見なされがちで、周りの空気が読めないとされます。 しかし薬指が長いと、個性として高く評価される可能性が髙くなります。 <66. 小指> 末節部にほくろがある場合、表現力に乏しく口下手で嘘をつきやすいとされます。 中節部にある場合、何事も考えが甘く計画性がないとされます。 思い込みが激しい面もあるようです。 <67. 胸> ここにほくろがある場合、何事にも要領が良く、人を惹きつける魅力を持つとされます。 <68. 乳房> ここにある場合、何事にも積極的で恋愛運が高いとされます。 脇に寄った乳首ならば、恋愛で積極的にアピールするよりも、受け身で待つ方が成就しやすいとされます。 <69. 胸上部> ここにある場合、心がやさしく情に厚いとされます。 女性の場合、セクシー度が高く男性を魅了します。 <70. 胸の谷間> ここにある場合、本人が自覚していなくても、モテ運がかなり高いとされ、多くの出会いに恵まれるとされます。 <71. 乳首の周辺> ここにある場合、かなり恋愛運が高く性格がやさしいとされます。 恋愛の許容範囲が広く、年齢も大幅に離れている相手を選びやすいようです。 <73. 胸の下からへそまで> ここにある場合、何事にも努力を惜しまず、仕事運と金運が非常に高いとされます。 積み重ねてきた努力が報われ、大金を手にすることが考えられます。 <74. 下腹部> ここにある場合、生命力にあふれ、エネルギッシュなことになります。 人を喜ばすことが得意で平凡な恋愛をあまり好まないようです。 <75. みぞおち(鳩尾)> ここにある場合、精神面よりも物質的なものを重視するとされます。 「活きぼくろ」があると生まれつき金運に恵まれているようです。 「死にぼくろ」だと浪費家になりやすいとされます。 <76. へその真上> ここにある場合、引立て運に恵まれるとされます。 <77. へその側面> 左側にある場合、金銭面での管理が得意とされます。 着実に財が築けます。 右側では、健康運に恵まれ、心身ともに健康な人が多いとされます。 人気運も高まっています。 <78. へその下> ここにある場合、閃きに冴え、素晴らしいアイデアが次々に浮かぶとされます。 仕事面でも、じっくりと取り組むので信頼されやすいようです。 全般的に背中に現れるほくろは、数が多い人程、頼りがいがあるとされています。 <79. 脊椎付近> ここにある場合、高い人気が得られるスター性を持っているとされます。 芸能界、独立開業や起業に向いています。 <80. 肩甲骨付近> ここにある場合、人と親しくなることに長けているとされ、人脈が広い上に、仕事運も高いとされます。 しかし、金遣いに無頓着な浪費家の面があるようです。 <81. 背中の下部> みぞおちの真後ろ辺りの背中にほくろがある場合、交友関係が広く、人当たりが良いとされます。 初対面の人でもすぐに仲良くなれ打ち解けられるようです。 仕事運は良好で、人脈など活かして高い業績が上げられるとされます。 しかし金銭面では管理が苦手でルーズな面があります。 予期せぬ金銭トラブルに遭う可能性が髙くなります。 <87. 太ももの表側> ここにある場合、感受性が強く、喜怒哀楽が激しいとされます。 人から変わり者と見られがちです。 右太もものつけ根にほくろがあった場合、幸運の証となります。 経済的に豊かになれ、出世運が期待できます。 <88. 太ももの裏側> ここにある場合、人に流されがちで何事も断るのが苦手とされます。 甘え上手で恋愛運が良好なので結婚は早くなります。 年下の異性から言い寄られる可能性が髙くなります。 <89. 膝> ここにある場合、何事も主役よりも縁の下の力持ち的な役回りで力が発揮できます。 行動は慎重で辛抱強さがあるとされます。 その分、失敗は少ないのですが、チャンスを逃しやすく、結婚も遅くなるとされます。 <90. 膝の裏側> ここにある場合、男女共に異性好きで結婚のチャンスは多いのですが、安心し過ぎて婚期を逃すとされます。 将来の見通しが甘く計画性がないので、周りからの信頼を失うこともあります。 <91. すね> ここにある場合、一見すると性格的にクールなのですが、世話焼きな面があり困っている人を見ると放っておけないとされます。 恋愛面ではモテるのですが、何かと不器用な面が目立つようです。 金銭面では管理がしっかりしているので生活力があります。 <92. くるぶし> ここにある場合、慎重さに欠け注意力がないとされます。 仕事面でのミスが多くなるようです。 特に女性の場合、ガサツな人間と見られ、これが原因で相手に浮気されやすいとされます。 <93. 足の甲> ここにある場合、何事にも所有欲や独占欲が強いとされます。 恋愛相手を束縛しやすく、それが原因で恋愛関係が不安定になるようです。 <96. 足の裏全体> ここにほくろがある場合、行動力が旺盛で性格的に荒々しい面があるとされます。 それに周囲の人は振り回されることが多くなるようです。 じっとしていられない性分で、落ち着きがないとされます。 落ち着いて慎重に考えてから行動を起こすと、吉がもたらされるはずです。 <97. つま先> ここにほくろがある場合、行動力があり何事にも物怖じしないとされます。 頭で考えるよりも先に行動するので、失敗も多くなります。 話し好きな面があり、余計なことを言ってしまい失言が多いとされます。 誤解が生じやすいので、言動に注意が必要かもしれません。 <98. 土踏まず> ここにほくろがある場合、人を率いる能力に優れ、出世が早いとされます。 人の上に立つ政治家や経営者に向いています。 リーダーシップを発揮して大きな業績が残せるはずです。 社会的に大成しやすいとされます。 ほくろの色や大きさにもよりますが、健康面での心配も考えられるとされます。 <99. かかと> ここにほくろがある場合、何事も楽観視でき、人を惹きつける魅力があるとされます。 物事は前向きに考えるので、深刻に思い悩むことはほとんどありません。 人から好かれる傾向にあり、困った時は誰かしら手を差し伸べてくれるはずです。 ほくろは体中のいろいろな所に現れます。 ほとんど日光を浴びず紫外線とは無縁のような所でも現れます。 メラニン色素だけでは解明できない要素があるのかもしれません。 ほくろは魅力的な側面があり、好まれるものもありますが、場所によって除去したくなるものでもあります。 しかし、ありのままの姿の方が、その人の人となりがわかるので、できればそのままにしておいた方が良いようです。 体に現れるほくろで、意味のあるものを挙げて見ると、「顔」が圧倒的に多く続いて「手」ということがわかります。 顔や手にほくろがあると、他の部分に比べて気になりやすく、事細かに分類されて、運勢などが読み取れるようになっています。 昔からいろいろな解説があり、性格や行動の傾向との関連性が指摘されているので、その意味合いの精度は、かなり高くなっているようです。 人相学、手相、ほくろ占いは、古から伝わる貴重な知識と言えます。 これらに基づいた体に現れるほくろの意味を的確に把握して、喜びをより大きくし、トラブルなどを回避したいものです。

次の