銀杏 レンジ。 銀杏は電子レンジで何分加熱する?簡単な食べ方と料理方法も紹介!|Maman Style

銀杏の殻のむき方(簡単な皮むきの方法)

銀杏 レンジ

秋口から店頭に出回り始める銀杏。 クセになる風味が魅力ですが、自宅でどう調理していいかわからないという方は多いのではないでしょうか。 そこで、料理研究家の吉田先生に、初心者でも簡単にできる銀杏の食べ方を教わりました。 銀杏は電子レンジがおすすめ! 銀杏の調理方法はさまざまですが、家庭で調理するなら電子レンジと紙封筒を使った方法をおすすめ。 テクニックは不要、短時間でムラなく加熱できます。 用意するもの• キッチンバサミ(ペンチなどでも可)• 紙封筒 1 殻付き銀杏を紙封筒に入れる 封筒1枚に対して20個程度が目安。 加熱すると封筒が膨らむため、少し余裕を持たせておくとよい。 2 封筒の口をしっかり折る 銀杏はレンジで加熱すると破裂するため、飛び散らないように封筒の口を2〜3回きっちり折る。 3 電子レンジで30〜40秒加熱 電子レンジ500Wで30〜40秒加熱する。 加熱しすぎると実がかたくなってしまうため、2〜3個弾ける音がしたらそこで加熱を止める。 ヒビが入らなかった銀杏はキッチンバサミなどを使って殻を割る。 キッチンバサミの持ち手側にあるナッツクラッカーを殻の「つなぎ目」に当てると割りやすい。 5 薄皮をむく 熱いうちに薄皮をむく。 火傷に注意。 加熱した銀杏はそのまま食べられます レンジ加熱で火が通っているので、殻と薄皮をむいたら塩を付けていただきましょう。 銀杏の保存方法 銀杏はそのまま常温・冷蔵保存すると実が乾燥してかたくなってしまいます。 美味しさを長持ちさせる方法をご紹介。 【銀杏の冷蔵】殻付きのまま水に浸けて冷蔵保存(1ヵ月) 保存容器に銀杏が浸るくらいの水を入れて冷蔵庫で保存し、3日ごとに水を取り替える。 約1ヵ月保存可能。 水に浸けておくことで殻がやわらかくなり、殻むきが容易になる。 冷凍庫で1〜2ヵ月ほど保存可能。 解凍方法 【銀杏の調理】と同じように封筒に入れてレンジで加熱(時間は50秒〜1分に変更)し、殻をむく。 約1ヵ月保存可能。 解凍方法 凍ったまま加熱調理。 茶碗蒸しなど、少量ずつ使いたいときなどに便利。

次の

封筒に入れた銀杏を電子レンジでチンした時に失敗したのは何故?

銀杏 レンジ

拾った銀杏の下処理どうする? 銀杏は独特の匂いがありますよね? 木からおちた銀杏を そのままの状態で拾ってきた場合は、 下処理をして殻だけの状態に しなければなりません。 バケツに水をはり、 銀杏をつけて、ゴム手袋をはめて こすり洗いして下さい。 殻だけの状態になったら、 ざるや新聞紙等の上に並べて 天日に干し、乾いたら いざ調理開始です! 銀杏の食べ方レンジでチンが手軽! 銀杏を一番てっとり早く、 おいしくいただく方法は、 電子レンジと紙封筒を使って レンチンする方法です。 それぞれ注意点やコツがあるので、 順番に解説していきます。 銀杏割り専用の道具もありますが、 わざわざ用意するのは大変…という方は ペンチ、ハンマー、めん棒等 で代用できます。 めん棒などで叩くときは、 広がって作業台が汚れるのを防ぐために 新聞紙を敷いておくとよいでしょう。 道具の中でも、 おすすめはペンチ。 ご自宅で手軽に手に入りやすく、 力を加減しながら、 殻に亀裂を入れることができます。 ここでしっかり殻に亀裂を 入れておかないと、レンジでチン した時に爆発する原因になるので、 丁寧に作業してみて下さいね。 使用済みのリサイクル封筒や 紙袋でも大丈夫です! 但し、 「厚みのある」ものがおすすめ。 というのも、 加熱中銀杏がポンとはじけた時に 紙が破れて電子レンジ庫内に 飛び出てしまうと あとのお掃除が大変・・・。 なので、 銀杏がはじけたときの勢いにも 負けない素材のものを使うと安心です。 封筒なら、薄くて上品なものより、 厚手の茶封筒が最適。 銀杏の数は、 封筒の大きさによって調整して下さい。 目安は、 定型サイズで10個程度。 あまり詰め過ぎても 加熱した時にうまくはじけないので、 欲張りすぎないことがポイントです。 二重か三重に袋のふたを 折りたたむことOK。 しっかり閉じておくことで、 銀杏がはじけたときも、 紙袋の口があいて銀杏が レンジ庫内に飛び出すトラブルを 防ぐことができます。 封筒など紙袋に入れた状態の銀杏を 電子レンジで加熱します。 最適な加熱時間は、 お使いのレンジによって 若干前後するかと思いますが、 以下を目安としてみて下さい。 火が通りすぎると水分が失われ、 硬くなってしまうからです。 ふんわりした歯ごたえと、 銀杏の香りを美味しく楽しむためには、 最初の2、3個の銀杏がポンポンと 弾けた時点で、 少し早めに加熱を止めてみて下さい。 もし、もう少し 加熱した方がよいようなら、 あとは様子を見ながら 追加で加熱をして具合を見る という方法がおすすめです。 最後に、殻をむき、 銀杏の実を取り出します。 加熱直後の銀杏は とても熱くなっているので 素手で触って火傷しないよう 注意して下さいね。 さめてからの方が触りやすい一方で、 アツアツの状態の方が殻は とりやすいです。 火傷予防のために、軍手などを はめて作業するとよいでしょう。 銀杏は、秋だけの 季節の贈り物。 拾うのも、食べるのも、 どちらも楽しみながら 秋のおたのしみを見つけましょう!.

次の

銀杏の食べ方で電子レンジでチンする時間は?爆発しない簡単な方法

銀杏 レンジ

銀杏はレンジで割れる!?割れない銀杏の対処法とは!? 銀杏はほっくりとしてとてもおいしいですよね。 でもいざ自宅で作ろうとすると、まず殻を割るところから始めなければならず、難しいですよね…。 でも知ってました? 銀杏は電子レンジで簡単に割れるのです! ただし、うまく割るにはコツがあります。 銀杏の殻をレンジで割れると知っている主婦の方も、上手に割れずに苦戦するケースって、何気に多いんですよね。 もし封筒がなければ、新聞紙やチラシでも代用できます。 新聞紙やチラシの上に銀杏が重ならないように並べ、封筒のように畳みながら包みます。 包み終わりの部分が下になるように電子レンジに入れましょう。 パン!パン!と殻が割れる爆発音がしてきたら、面倒でもレンジをすぐ止めることをおすすめします。 ポップコーンが弾ける時程爽快な音は立ちませんが、割れたタイミングを見極めるのに役立ちます。 ちなみにもし封筒に10個くらい銀杏を入れた場合、3回くらい音が鳴ったら、設定した時間に関わらずすぐストップするといいでしょう。 音のタイミングでレンジを止めた方が、見た目が綺麗です。 薄皮も取りやすく、ヒビも少ないでしょう。 レンジで熱し過ぎると見た目がおかしなことになり、食べにくくなるので気を付けてくださいね。 そんな時は、レンジにかける前に銀杏にヒビを入れておきましょう! 銀杏をフラットな板の上に並べ、トンカチで殻の合わせ目を狙ってトントンと叩きます。 パリッと割れた音が聞こえたらOKです。 銀杏の下にタオルやふきんを敷いてとんかちで叩くと、割れやすいですよ。 後は上記の要領で電子レンジにかけます。 あらかじめヒビを入れておいたことで、固い殻も割れやすくなっているでしょう。 仮に電子レンジにかけても割れていなかった場合、同じようにとんかちでトントンと叩いてみてください。 この衝撃でパカっと割れることがあります。 銀杏の殻むきはレンジで!割れない時はどうする!? 銀杏が割れない時は、トンカチで軽く叩くとパカっと殻がむける場合があります。 銀杏の殻が割れたら、殻を手でむいて食べます。 【銀杏の薄皮をむく場合】 銀杏には薄い皮のようなものがついています。 もし面倒でなければ、この薄皮も下処理をしましょう。 殻の割れた銀杏を、ボウルに入れた水に浸します。 20分程つけたら、指の腹でこすりつけるようにして薄皮をむきます。 ペンチや銀杏用の器具も販売されているので、銀杏を食べる機会が増えたら購入するのもいいですね。 【銀杏の豆知識】 銀杏がとれるイチョウの木にもオスとメスの区別があり、銀杏はメスの木にしかなりません。

次の