ご配慮くださいましてありがとうございます。 「ご配慮いただきありがとうございます」の意味や使い方!他との違いは?

ご配慮頂きありがとうございます。って英語でなんて言うの?

ご配慮くださいましてありがとうございます

「お気遣いいただきありがとうございます」とは、「私のために気配りや配慮をしてもらいありがとうございます」という意味のある敬語表現です。 「お気遣い」は、相手が自分のことを気を配る気持ちや相手の配慮を指します。 つまり、物や形ではなく相手が自分のためを思ってくれる気持ちを示すところがポイントです。 また、「いただく」は「もらう」の謙譲語で、自分の立場をへり下って伝えたいときに使います。 そのため「お気遣いいただきありがとうございます」をビジネスシーンで使うときは、上司や取引先の人など目上の人からしてもらった心遣いに感謝を示したいときに用いることが可能です。 「お気遣いいただきありがとうございます」は、目上の方にも使える敬語表現? 「お気遣いいただきありがとうございます」は 目上の人からの心遣いや配慮に感謝を伝えたいときに用います。 例えば、風邪などで会社を休むときに「無理しないようにしてください」など温かい言葉をかけてもらったときには、「お気遣いいただきありがとうございます」を用いることで、心遣いに対して感謝の気持ちを述べられます。 また、 「お気遣いいただきありがとうございます」の他の使い方としてメールや手紙などの書き言葉としても使用可能。 日頃の心遣いに感謝をしたいときやお中元やお歳暮などを受け取ったときに、相手の配慮に対して感謝の気持ちを伝えられます。 他にも「お気遣いいただきありがとうございます」は、接待やお誘いに感謝の気持ちを示したいときにも使えますよ。 「痛み入ります」は「恐縮です・恐れ入ります」と同じような意味を持つので「お気遣い痛み入ります」は「心遣いや気遣いに身が縮む思いです」という意味になります。 「お気遣いいただきありがとうございます」の類語で、「お気遣いいただきありがとうございます」と同様に目上の人から受けた心遣いに対して感謝の気持ちを伝えたいときに活用します。 しかしながら、「お気遣いいただきありがとうございます」のように日常会話で使うことは少ないです。 ビジネスシーンでは接待などのお誘いを受けたときにお礼や感謝を伝える書き言葉として使うのが一般的です。 「お気遣い痛み入ります」の使い方• Thanks for your concern. (お気遣いありがとうございます)• Thank you for your thoughtfulness. (お気遣いいただきありがとうございます)• I am very much obliged to you(恐縮です)• I appreciate your thoughtfulness. (お気遣い痛み入ります)• Thank you for being so considerate. (ご高配ありがとうございます)• I am sorry for troubling you when you are busy. (お忙しいところ恐れ入ります).

次の

「ご配慮いただきありがとうございます」の意味と使い方・敬語

ご配慮くださいましてありがとうございます

Thank you for your concern. で、 (お気遣いありがとうございます。 ) という決まり文句です。 こういった場面ではよく使うので、普通の言い回しですね。 Thank you for your kindness. (ご親切にありがとうございます。 ) でも良いでしょう。 Thank you for being so considerate. 思いやって頂いてありがとうございます。 と言ってもらえるのは、当たり前の事ではありません。 言葉は流暢ではなくても、ビジネスパーソンとしての礼儀をわきまえている事を伝える事はできますし、それは大切な事です。 第二言語での打ち合わせは大変ですよね。 よくわかります。

次の

「お取り計らい」の意味は?目上の人への使い方や類語も徹底解説!

ご配慮くださいましてありがとうございます

この記事の目次• 意味・敬語の違い まずは「ご配慮 いただく vs ご配慮 くださる」の意味と敬語における違いについて簡単に。 ようは「配慮して もらう vs 配慮して くれる」ということなのですが、あまりに乱暴なのでもう少しくわしく解説します。 依頼・お願いにつかう敬語フレーズです。 もちろんお礼などにも使えます。 「ご配慮いただく」の敬語を細かくみていくと、以下のような成り立ちです。 心づかい」 謙譲語をつかい、この上なく丁寧な敬語フレーズとなっていることがわかります。 こうすると「ありがたくも配慮して もらう」というようなニュアンスになります。 したがって上司・目上やビジネスメールで使うのにふさわしい表現、と言えるでしょう。 ちなみに「ご配慮」の「お(ご)」は謙譲語と尊敬語の使い方があります。 ここでは「自分が〜してもらう」というように自分を主語にしているため謙譲語としての使い方です。 依頼・お願いにつかう敬語フレーズです。 もちろんお礼などにも使えます。 「ご配慮くださる」の敬語を細かくみていくと、以下のような成り立ちです。 心づかい」 尊敬語をうまくつかい、この上なく丁寧な敬語表現となっていることがわかります。 こうすると「ありがたくも配慮して くれる」というようなニュアンスになります。 ちなみに「ご配慮」の「お(ご)」は謙譲語と尊敬語の使い方があります。 ここでは「相手が〜してくれる」というように相手を主語にしているため尊敬語としての使い方です。 違いと使い分け ここまで意味と敬語についてみてきました。 さて「ご配慮 いただく vs ご配慮 くださる」の違いにお気づきでしょうか? どちらも結局のところ言いたいことは同じ。 たとえば結び・締めに使う「お願い」するときのシーンを考えましょう すると… 「ご容赦 くださいますようお願い申し上げます」 「ご容赦 いただきますようお願い申し上げます」 「ご了承 くださいますようお願い申し上げます」 「ご了承 いただきますようお願い申し上げます」 「ご連絡 くださいますようお願い申し上げます」 「ご連絡 いただきますようお願い申し上げます」 こんな敬語フレーズをよく使います。 実はこれらは「くださる」を使うのが一般的です… 「いただく」としても丁寧ではありますが… ところが、たとえば何かをもらった時のお礼のシーンを考えます。 「たいそうな お品をくださりありがとうございました」 「たいそうな お品をいただきありがとうございました」 もうひとつ、 「いつも ご利用 くださりありがとうございます」 「いつも ご利用 いただきありがとうございます」 上記の例文はどれも敬語としては正しい使い方。 ただ圧倒的に「いただき〜」とするほうが多いですね。 結び・締めに使うフレーズとしては「くださる」のほうが一般的で、お礼に使うフレーズとしては「いただきありがとう」を使うのが一般的です。 ただし何度もしつこいのですが…• 【例文】ご配慮 いただきたく存じます• 【例文】ご配慮 いただきたく、お願い致します• 【例文】ご配慮 いただければと存じます• 【例文】ご配慮 いただきますようお願い申し上げます• 【例文】ご配慮 くださいますようお願い申し上げます• 【例文】ご配慮 いただければ幸いです• 【例文】ご配慮 いただけましたら幸いです• 【例文】ご配慮 いただけますか/ますでしょうか?• 【例文】ご配慮のほどお願い申し上げます• 例文「ご配慮 いただいたにも関わらずこのようなお返事となり、誠に申し訳ございません」 おもにはこんな感じの使い方があります。 本当はもっといろいろありますが、すべての使い方を例文で紹介しているとそれだけで日が暮れるため、少しだけにしておきますね。 ビジネスメール例文【全文】 ここでは「ご配慮 くださる vs ご配慮 いただく」のビジネスメール例文を紹介します。 目上・ どれも上司にはもちろんのこと、社外取引先にもつかえる丁寧な敬語フレーズにしています。 ご参考にどうぞ。 幹事を務めさせて頂きます、総務部・ノマドと申します。 仕事では関わることの少ない部署間の交流を深めるための、懇親の場といたしたく存じます。 皆様お誘い合わせの上、ぜひご参加ください。 どうぞよろしくお願いいたします。 「記」は中央ぞろえ、「以上」は右寄せだが、ビジネスメールでは相手のメール環境によってレイアウトが崩れるのでどちらも左寄せでよい• ご案内いただき誠にありがとうございます。 またレストランの選定など、いろいろとご配慮いただき感謝申し上げます。 こちらこそ当日は何卒よろしくお願い申し上げます。 幹事を務めさせて頂きます、営業部ノマドです。 さわやかな季節を迎え、皆様ご清祥にお過ごしのこととお喜び申し上げます。 さて、恒例となっております「ノマド杯2018ゴルフコンペ」につき、下記のとおり開催いたします。 なお、本メールはご参加される方全員へお送りしております。 急用などでご欠席される場合は事前に小職までお申し付けください。 また当日は一般の方々もご利用なさっております。 周囲の方々へくれぐれもご配慮くださいますよう、あわせてお願い申し上げます。 どうぞ宜しくお願いいたします。 間違いだという指摘の根拠は、• 謙譲語は自分の動作を低めて相手を敬うため、基本は自分の行為にしか使えない• 正しい敬語である根拠 まずは結論だけ述べますが「ご配慮いただく」は間違った謙譲語ではありません。 「ご配慮いただく」は 「私が相手に配慮してもらう」という意味。 もっとかみ砕くと 「ありがたくも私が相手に配慮してもらう」というようなニュアンスになります。 自分が上司・目上・取引先など相手に「〜してもらう」の主語は自分であるハズ。 したがって自分を低めて上司・目上・取引先をたてる謙譲語「いただく」をつかいます。 ちなみに尊敬語をつかって相手の行為をたてるのであれば… 「ご配慮くださる=相手が配慮してくださる」をつかえばOK。 じつは尊敬語と謙譲語にはどちらも「お(ご)」の使い方があります。 謙譲語としての「お(ご)」の使い方はたとえば、• 会議日程の ご連絡• 忘年会開催の お知らせ• 販売状況の ご報告• 転勤の ご挨拶• 貴社ご訪問の お願い こんな感じのフレーズがあります。 よくビジネスメールの件名で目にする表現ですね。 ところが例文は自分が「ご連絡・お知らせ・ご報告・ご挨拶」するため「お(ご)」をつかうのはおかしいと感じるかたもいらっしゃることでしょう。 これは、 謙譲語「お(ご)」の使い方を知らないためにくる勘違いです。 尊敬語の「お(ご)」だと勘違いしているために間違い敬語と感じるのですが、実際にはどれも正しい敬語をつかっています。 いっぽうで尊敬語の「お(ご)」は、「部長が お戻りになりました」などのようにして、相手の行為をうやまって使う敬語です。 お(ご)〜する お(ご)〜します• お(ご)〜いたす お(ご)〜いたします• お(ご)〜いただく お(ご)〜いただきます• お(ご)〜差し上げる お(ご)〜差し上げます• お(ご)〜申し上げる お(ご)〜申し上げます• たとえば「了承」「教示」「承諾」「検討」「容赦」「査収」「取り計らい」など。 また丁寧語「ます」とくみあわせて「〜します」「〜いたします」とするのが丁寧な使い方ですのでご留意ください。 ちなみに、これは文化庁の「敬語の指針」においても解説されています。 私のような頭の悪い人には難しいのですが、ご興味ありましたら以下のリンクよりどうぞ。 言いたいことはどれもおなじく「配慮してもらう・配慮してくれる」なのですが… よりかしこまったビジネスシーンでは「賜る」を使います。 賜る(たまわる)という敬語のほうがよりカチッとした表現になりますので、文書など公式なビジネスシーンではかならず「賜る」を使いますね。 ただし普段のビジネスメールでは必要のない敬語フレーズ。 使い方にはたとえば、• 例文「ご配慮のほどお願い申し上げます」• 例文「ご配慮のほどお願い致します」 などあり。 断定をさけて表現をやわらげるのに用いる語です。 もともと、とくに深い意味はありません。 ビジネスでは下手(したて)に出ることが基本ですので、強い口調を避けるためにこのような使い方をするようになったのだと推測します。 ちなみに「ご配慮の程」というように漢字をもちいてもOK。 あなたのお好みでお使いください。 ビジネスメール結びをより丁寧にするコツ あまり関係ないのかもしれませんが重要なので念のため。 ビジネスメールの文末・結び・締めとして使うことのおおい「ご配慮 いただく vs ご配慮 くださる」 ここでは、 ビジネスメール結びをより丁寧にするためのコツをご紹介します。 「ご配慮」の前置きに添える丁寧なお願いフレーズ「どうか」「何卒(なにとぞ)」を使うとより丁寧な印象のメールとなります。 たとえば以下のようなフレーズがあります。 どうか 例文「 どうかご配慮くださいますようお願い申し上げます」 例文「 どうかご配慮くださいますようお願い致します」 例文「 どうかご配慮いただければ幸いです」 例文「 どうかご配慮いただければと存じます。 何卒よろしくお願い申し上げます」• 何卒=どうか 例文「 何卒ご配慮くださいますようお願い申し上げます」 例文「 何卒ご配慮くださいますようお願い致します」 例文「 何卒ご配慮いただければ幸いです」 例文「 何卒ご配慮いただければと存じます。 「ご配慮」の前置きには強調するフレーズ「どうか」「何卒(なにとぞ)」だけでなく、申し訳なく思う気持ちや、相手を気づかうフレーズをもってきても丁寧です。 たとえば「誠に勝手を申し上げますが」などと組み合わせ、以下例文のようにすると好感がもてますね。 上司や目上にはもちろんのこと、取引先のメールにも使える丁寧な例文にしています。 恐縮=申し訳なく思うこと 「お忙しいところ恐縮ではございますがご配慮〜」 「お忙しいところ大変恐縮ではございますがご配慮〜」 「たびたび恐縮ではございますがご配慮〜」• 恐れ入る=申し訳なく思う 「お忙しいところ恐れ入りますがご配慮〜」 「お忙しいところ大変恐れ入りますがご配慮〜」 「たびたび恐れ入りますがご配慮〜」• お手数=お手間 「お忙しいところお手数お掛けしますがご配慮〜」 「お忙しいところ大変お手数ではございますがご配慮〜」• 勝手を申し上げる=自分勝手を言う 「誠に勝手を申し上げますがご配慮〜」• 長いうえに丁寧すぎて気持ち悪いですからね。 そこでビジネス会話・電話では…• 可能形にして「ご配慮いただける」• したがって上司・目上・社外取引先につかえる素晴らしい敬語、と言えるでしょう。

次の