オザキ フラワー パーク。 【練馬/東京】おすすめの園芸店•お花屋さんをご紹介します 〜『オザキフラワーパーク』編〜

オザキフラワーパーク|石神井

オザキ フラワー パーク

練馬にある東京最大規模の園芸店、オザキフラワーパークをご存知ですか?敷地面積や植物の種類の多さであれば同規模の園芸店はあるかもしれませんが、オザキフラワーパークが他を圧倒するのはそのディープな品揃えです。 まず地域の花屋では見かけることのない植物で満たされた空間はもはや植物園のよう。 そんなオザキフラワーパークを今回は写真多めでレポートします! オザキフラワーパークの1階にある生花専門店「ラフレシア」 1 階外にもたくさんの野菜・ハーブ・山野草を揃えたガーデニングゾーンがあるのですが、まずは室内から見ていきましょう。 併設するスーパーと同じ入口から建物内に入ったすぐのところに、生花専門店の「ラフレシア」があります。 2階入り口付近に常設されているウスネオイデスのアーチ、テンション上がります! エントランスに置かれている植物はその時々によって変わるのですが、今回はアンスリウム 画像右下 とアデニウム 画像左下 がお出迎え。 アンスリウムは棒状の肉穂花序と呼ばれる花と、花に見える赤く色づいた光沢のある葉が特徴的な観賞性の高い熱帯植物。 丈夫で育てやすいのでおすすめです! 洋ランがずらり エントランス付近に置かれている植物は頻繁に入れ替えられているのですが、この日は ドラキュラ・ロタックス、シミアなど洋ランがずらり。 透明のアクリル容器に入っておりインテリア性も高まってます!たくさん並べて部屋に置きたいですね。 下の段は葉脈の美しさが特徴のジュエルオーキッド。 ちょっと意外ですが、これも洋ランの一種なんですよ。 洋ランコーナーの隣にあったのは、1 億年前から生息していると言われるヒカゲヘゴ Cyathea lepifera。 この芽吹く感じが滅茶苦茶かっこいいです。 大きくなると高さは平均 5〜6m にもなるそうですが、食べると大根のような味らしいので巨大化する前に収穫という手も。 旬の鉢花、アジサイ 2 階は花は少ないながら贈答用の洋ランなど季節ごとの厳選された鉢花が並んでいます。 この日はこれから見頃を迎えるアジサイ・KEIKOがありました。 このKEIKO、アジサイの新種で数々の賞を受賞した、店舗にはなかなか並ぶことのない超人気種なのです。 食虫植物のコーナー 手前左に見えるのはウツボカズラ、棚にはハエとり草。 下に並べてあるのはウツボカズラの小苗です。 食虫植物は虫を捕食するというワイルドさとは裏腹に育てにくい植物です。 例えばハエとり草は湿地帯に自生しており十分な湿度を保つことが必要で、冬は休眠状態にしないと翌年衰弱してしまうという結構手のかかる子です。 オザキフラワーパークの名物、ティランジア・トンネル 2 階奥のティランジアトンネルに来ました!多くのティランジアが吊り下げられており、全方位的に楽しめます。 仕入れ前の時期に来ると上部はスカスカだったりするのですが、この日はわりと多めでした。 仕入れ状態はで更新されていますので、行く前にチェックしておくと良いですよ! みんな大好きキセログラフィカ。 ずっと室内で管理されていたのでしょう、銀葉が美しく目立つ傷や汚れがありません。 直径は 30cm ほどで、このサイズでこれだけ綺麗なキセログラフィカを見かけるのは久しぶりです。 最近はインテリアショップなどで痛みの激しい個体を良く見かけるような気がします。 銀葉種は水を与えすぎても不足してもトリコームが失われて見栄えが悪くなることがありますし、風通しの悪い容器にずっと入れたままというのもちょっと気の毒です。 オザキのティランジアのエリア近くは天井がガラス張りとなっていて適度な日照があり、湿度も保たれています。 どのティランジアも状態がよく、正直お安くはないのですが品物に間違いはありません! これは有茎タイプなのでカクティコラかな、と思ったのですがよくよく見ると違うような。 ティランジアは変種や亜種が多く、似ているけど微妙に違うものがあるので難しいです。 ウトリキュラータ・プレンゲリー(utriculata ver. prengelii)の特大クランプ、高さ 60cm はありそうです。 ちなみにお値段は 3 万円以上でした。 個人的にはクランプこそがティランジアの真骨頂だと思います。 エアプランツなどと呼ばれてインテリアの小物扱いされることが多いのですが、群生して中心がどこなのか分からない、この野性味ある姿も良いものです。 花咲くティランジア コットンキャンディという可愛すぎる名前に負けないくらいの、愛らしい繊細な紫色の花を咲かせていました。 お値段も 390 円と大変求めやすかったです。 サボテン 小さめのサボテン。 丸いフォルムに 青磁肌と太めの棘の組み合わせが絶妙な雷帝、白い棘が人気のエスコバリア・ヘンリクソニー、花がとにかく美しい赤花豊麗丸錦など。 2 階のサボテンコーナーも十分見応えがあるのですが、サボテン・多肉植物は 1 階の奥にも多数あり、小さな多肉をたくさん買い込みたいなら 1 階の方がおすすめです! 【雑貨ゾーン】男前インテリアが充実した雑貨コーナー 昨年から流行りの男前インテリアが取り入れられ、雑貨が全体的にパワーアップしていました。 以前はガーデン雑貨にありがちな、木製・アイボリー系統のものが多かったのですが、急に流行に乗ってきた感じがします。 男前+グリーンという最強の組み合わせをご自宅に取り込んでみてはいかがでしょう。 【園芸資材ゾーン】着生植物用のコルク・ヘゴ板が充実 植物・雑貨ゾーンを見たところで、園芸資材ゾーンのご紹介。 用土・肥料・薬品や工具ももちろん豊富な品揃えなのですが、今回は近年ニーズが高まっているコルク・ヘゴ板や鉢・ポットを中心に見ていきます。 最近のティランジア・ビカクシダブームの流れでしょうか、以前はバージンコルクやヘゴ板は品揃えが少なかったと思うのですが、今回はかなり種類も数も豊富でした。 円型や長めのヘゴ材。 ランか、ビカクシダか、ティランジアか・・・これに何を着生させようか、真っ白なキャンパスを見ている気分です。 様々な形にカットされたヘゴ板。 専用のコーナーができていました。 【園芸資材ゾーン】鉢・ポット 2 階の園芸資材ゾーンには、大型のテラコッタや素焼き、陶器、プラスチック、レチューザなどの機能性プランターなど多種多様な鉢が揃っています。 広い庭や店舗にありそうな大型のテラコッタがずらり。 陶器製の白い鉢。 それぞれ大きさや形が違います。 使い勝手の良さそうな小〜中くらいの鉢。 このサイズの鉢は園芸資材ゾーン以外にも点在しています。 アンティーク感のある鉢。 寄せ植えにも使えそうです。 以上は園芸資材ゾーンに置いてある鉢・ポットですが、観葉植物やサボテン、雑貨ゾーンにもよく見るとたくさんの鉢が置いてあります。 雑貨ゾーンで見かけた小型の多肉、ミニ盆栽に合いそうな小鉢。 植物に溶け込んでいますがレイアウトでなく、ちゃんと値札 手書きの場合も が付いている商品です。 この辺りの鉢も植物やレイアウトの変更とともに入れ替えられているため、行く度にチェックしてみましょう!.

次の

オザキフラワーパークの初売りチラ初め

オザキ フラワー パーク

岡山には問屋町(といやちょう)という、 カフェやインテリアショップの集まるおしゃれエリアがあります。 ガイドブックに載っていない(?)隠れた人気エリアをめぐり、 おすすめのお店をまとめて地図にしてみました! ONSAYA COFFEE(オンサヤコーヒー) 古いビルをリノベーションした雰囲気の良いお店。 こだわり系のコーヒーと軽食、焼き菓子も充実。 ケーキも店内のキッチンで作っている様です。 カッコイイ!!昭和のビル! 2階にはACTUS 同じビルを裏に回ると、おしゃれなパンケーキ屋さん。 DESCHL(ディシェル) レモンカードのパンケーキがお休み中で残念でした。 でもパンケーキはしっとりしていて、美味しかったです! 今まで食べたパンケーキの中でも上位! 路駐OKで、海外みたいな問屋町の街並み。 おしゃれ女子が、颯爽と車で乗り付けていました。 年季の入った卸センター、オレンジホール。 ここを中心に卸問屋や倉庫が集まっていた問屋町に、 近年おしゃれなカフェや雑貨屋さんが集まってきた様です。 東京だと高円寺にありそうな、でもとても広いお店です! アンティーク家具・店舗什器・インダストリアル系・ビンテージ雑貨のお店。 「東京蚤の市」で買って以来、オンラインストアをチェックしたりして、 ずっと行きたかったお店です。 アンティーク家具は別に倉庫があるらしく、思ったよりも小規模でしたが、 世界各国からセレクトしている雑貨や植物は期待以上、小さなパン屋さんまであって、とても素敵な空間。 シルバーのミルに合わせ、 フルメタルでおしゃれな物を探していました。 ミルも持っていますし、 エスプレッソ抽出とフォームミルクを 手動で作れればOKだったのですが、 買ってみたら、スチームノズルから お湯も出せる事がわかりました。 一度にたくさんは出せないのですが、 カップを軽く温めるには便利! 上部は一応カップウォーマーになっていますが、 温まるまでには結構時間がかかりそうです。 フィルターはシングル用、ダブル用と カフェポッド用が付属していました。 付属スプーンのタンパーで押す。 このタンパーが使いにくいと言う 口コミも見ましたが、 私は金属のタンパーを使った事がないので、 気になりませんでした。 マシンは電源を入れてから 抽出準備完了まで1分ほど、早いです! マシンに取り付けて抽出!! 夫作・アパレル什器みたいなハンガーラックです。 材料はガス管?…配管用のステンレスパイプです。 いろんな形があります これらを組み立てて、 かっこいいハンガーパイプの完成です! インダストリアル&ファクトリーの雰囲気です。 服を掛けるとこんな感じ。 種類多すぎて大変・・・ 1,566円 85円 後日、追加のパーツが到着… 板は、安い集成材を古材風に加工して穴をあけました。 ブライワックスを塗ったり、 やすりでキズをつけたりしてあります。 こちらも組み立てます。 棚でも作るのかな?と思っていたら… ハンガーパイプと合体しました! なるほど。 DIYにしては高い気がしますが…また組み替えたりもできるからいいかも!.

次の

グロワーズ カフェ (GROWERS CAFE)

オザキ フラワー パーク

首都圏最大級の植物の品ぞろえを誇る園芸店であり、植物好きには聖地として知られる「オザキフラワーパーク」が 3 月 16 日(金)にリニューアル後のグランドオープンを迎えました! オープン翌日の 17 日に早速お店に行ってきました!建物外観が以前の緑色からステンレスのツールボックスのような塗装に変わり、オザキフラワーパークのロゴ(以前は大文字で「OF」)も刷新。 以前から圧倒的な規模と品揃えを誇っていたオザキフラワーパークがどのように変わったのか、中を見ていきましょう! 店の前にオーガニックカフェ GROWERS CAFE オープン! いかにも昔ながらの喫茶店であった 2F にあったカフェコロラドは閉店、二子玉川にありそうな意識の高いカフェ GROWERS CAFE へと変貌しました。 — 3月 6, 2018 at 7:45午前 PST 園内で採れたハーブや地元野菜を用いたオーガニックメニューを提供する自然志向のカフェで、席数は 68 席とされていますが入店待ちになるほどの人気ぶり。 また、 GROWERS CAFE ではこだわりのシングルオリジンコーヒーで知られる の提供もあり、コーヒー好きも楽しめるカフェとなりました。 植物を見た後にコーヒーで一服なんて最高ですね。 リニューアルしたオザキフラワーパークはどこが変わったのか 上りエスカレーターの正面から植物がウェルカム 以前はエスカレーターを上がると近くにレジがあり、植物を展示するスペースは限られていました。 今回のリニューアルによって、植物のアーチが迎えてくれる配置へと変わりました。 のっけから、植物。 のっけからテンションが上がります! オザキフラワーパーク 2F 店内マップ 店内で配布されている店内マップがこちら(クリックで拡大)。 入ってすぐのところは「造花・アートフラワー」「インテリア雑貨」とありますが、コウモリランや多肉植物、ビルベルギアなど人気の植物を展示するスペースでもあります。 もう迷わない?床には誘導サイン 床には誘導サインがあるのでもう迷わない・・・?でも目当ての植物を探している場合、これだけ単純化したサインだとちょっと分かりません。 品揃えが豊富すぎるがゆえに、何がどこにあるのか分からないのがオザキフラワーパークの凄さ。 欲しいものが見つからないときは店員の方に聞きましょう! エスカレーター正面〜造花、インテリアコーナー 注目の植物が並ぶレコメンドコーナー 入ってすぐのエリアに名前は付いていなかったのですが、海外から直買い付けしたというビルベルギアや数量限定のコルクづけビカクシダ、レア系の多肉植物、特大のバンダなど目玉商品が投入されているので、おすすめ商品の並ぶレコメンドコーナーと便宜的に呼びます。 大量の海外直接買い付けビルベルギア、ダースベイダーなどの人気種 まだ一般的な知名度はないものの、熱狂的なコレクターも多いビルベルギア。 特に人気のダースベイダーなどが見たことのないほど並んでいます。 多すぎて収まらないため、パノラマ横長画像でどうぞ(クリックで拡大)。 数量限定の コルクづけビカクシダ もはや植物インテリアの代名詞になりつつあるビカクシダ(コウモリラン)も、すでコルク板に板付けされた状態なのでこのままお部屋に吊り下げるだけ! 造花・インテリアコーナーへと続くアーチ レコメンドコーナーから続く「造花・アートフラワー」「インテリア雑貨」のコーナー。 フェイクグリーンやドライフラワーなどが所狭しと並びます。 植物と親和性の高いインテリア雑貨がたくさん。 こちらもパノラマ画像で (クリックで拡大)。 造花、フェイクグリーン。 これだけ集まると本当の植物に引けを取らない癒やし空間に。 現実では難しい仕立て・組み合わせができるのもフェイクグリーンの魅力です。 ドライフラワー、フェイクグリーン、インテリア雑貨の組み合わせは自由度が高くおすすめです。 ドライになった植物がぶらーんと。 暗めの照明に照らされると雰囲気が出ます。 苔のフェイクは道の脇にちょこんと置くだけで可愛らしい空間になります。 苔は意外と維持するのが難しいのでフェイクもありなのでは。 オザキの定番、ティランジアの洞窟は必見 オザキフラワーパークに来たら必ず見ておきたい、ティランジアの洞窟はリニューアル後も同じ場所に変わらずあります。 大型・小型、普及種・レア種など多くのティランジアが吊るされているので大人は頭を屈めて歩きましょう。 リニューアルした1階のガーデニングゾーン ハーブ・山野草・野菜・果樹などのある 1 階のガーデニングゾーン。 道の即売所のような建物から木目のおしゃれなレジへと変貌し、レジの位置も向かい側に移動しました。 アレンジメント・バー 花苗コーナーの横には Arrangement Bar が。 経験豊かな店員に寄せ植えの相談ができるほか、完成品も販売されています。 1階奥の多肉コーナーはそのまま 2 階で多肉植物の販売が増えていたので、まだ残っているかな、と見たところありました多肉植物のコーナー。 ちょっと綺麗になっていますがここは基本変わっていないですね!数は多いのですが屋外出しっぱなしのため品質にばらつきがあり、朽ちそうな苗が放置されているのもそのままです。 気温も上がり植物が動き出すこれからのシーズン、ぜひオザキフラワーパークを訪れてみてください!.

次の