スロ つる。 MMOぷれい日記 スロつる健軍店2日目~帰宅まで

Himasenkinの目指せ日本一周旅行

スロ つる

熊本名物の「パチスロつる健軍店」が9月29日をもって閉店した。 今年に入って6月23日に近見店、9月3日に松橋店、9月23日に川尻店が相次いで閉店しており、最後まで残っていたのがパチスロ健軍店だった(パチンコつる健軍店は2014年6月閉店)。 日報で「つる健軍店」のことを取り上げたのが2008年3月27日のことだった。 タイトルは「カネのないホールはつるを見習え」。 健軍店の店舗責任者が発信するブログ「自給650円の責任者」がとにかく面白かった。 ホールの欠点を自虐ネタにしてとにかく面白い。 腹を抱え、涙を流しながら笑ってしまうほどだった。 おカネのないことを逆手に取り、それを笑いに変え、集客につなげていた。 当時の記事から抜粋してみる。 店舗管理者は時給650円。 兼業農家のおじちゃんがホームページを更新。 従業員の平均年齢は40代半ば。 更年期真っ盛り。 よって目押しサービスは苦手。 雨漏りを修理するために、ケータイ電話の充電には100円取る。 自慢は自販機の台数。 ワゴンレディーの代わりにヤクルトおばちゃんがヤクルトを売る。 こんな具合だが店の雰囲気だけは伝わっただろうか? 残念ながら現在このホームページは閲覧できない。 牧歌的なイメージだがつるを身近から見てきた業者の見方は幾分シビアだ。 「私が熊本に在籍していた約25年前から内外装はほぼ変わらない店舗でした。 当時は幅広い世代がパチンコを興じる業界全盛期でしたが、つるは大半が高齢者という令和のパチンコを先取りした?ような店舗でした。 特に3月は決算セールと言われていたくらい出玉還元、もちろん集客も凄かったのを記憶しています。 社長の趣味は節税で、だから決算を迎える取引業者にとってもありがたかったですね」と良き時代の思い出を語った後で、閉店の原因をこう指摘する。 「時代の流れで近代的な大型店が増える中でもスタイルはぶれることなく平成から令和になっても昭和のパチンコそのものでした。 追従して増台するときは既存の箱の中に継ぎ足し形式で、まずは休憩スペースがなくなり、やがて自動ドアが開くと僅か1メートル目の前に島が立っているというくらい店内は窮屈な迷路状態になっていました。 そして後継者となるはずで店舗のマネージャーをしていた長男が昨年突然の退職。 この頃から閉店へのカウントダウンは始まっていたのでしょうね。 そして直近に控えた遊技機撤去問題で経営意欲が減退したのかもしれません。 社員は全員解雇、人材も育成できず、企業として成長せず、事業の継承もできず。 匿名は承認しません。 コメントがエントリーになる場合もあります。 このつる建軍団、HPは大変面白かったので、ちょくちょく拝見させて もらってました。 生憎と遠距離半端ないので、残念ながら入店は叶いませんでしたが。 比較的近場(でも、結構な距離)で、長期休暇の際は行っているニュー大根も、 いつかはこういう日が来るでしょうなぁ。 こういう小規模の店が潰れるのは、機械代の高騰というより、古い機械を 置いておくことが許されない、今の規制のせいかと。 どんなに愛着あっても撤去させられる、無理やり入れ替えを強制させられる 今のメーカーだけが肥え太る規制。 これが蔓延った今の時代、小規模店はいずれ立ち行かなくなるのはわかっていたことです。 残念でしょうが、致し方ない。 しかしまぁ、店が閉店したことに対し、それみたことか、ですか。 第一何にこりるのかな?絡まれるのは、経営方針がどうのこうじゃないような気がしますが。 一般ゆーざー•

次の

アニオタを使っての経営再建は可能か・2|吉田圭志(いいパチンコLLP代表)|note

スロ つる

輸送力増強の指令があり、6両編成が基準になりました。 3両編成のDCが新規に編入しました。 編成長大化に伴い、10系座席車が休車状態です。 旅客主体の運用に変更のため、貨車の運用が停止。 貨物は石炭列車のみへ変更です。 7両編成が基準になってます。 ナハネフ22を外して23を入れて逆向きに牽引すれば 「さくら」になるのでは?と勝手に考えています。 C6248や九州仕様のC61の入線が待たれます。 寝台編成には2両のマニ36をぶら下げて8両編成にしています。 牽引機は基本はC57の重連です。 気分によって変更してます。 C5711+C57117(門デフコンビ) C57144+C57201(北海道型コンビ) ニセコ編成はカンタムを処分したので下記の運用です。 ナロネを抜きました。 東北時代のC60+C61の重連には20系客車の10両編成で運用。 8号車のナハネフ23で切り離して逆行させれば、C6113牽引の「はやぶさ」モドキで運用する予定です。 外装のインレタや室内灯を整備して本線上に登りました。 2両切り離し、逆向きで九州時代のC6113が牽いて「はやぶさ」に化けます。 機関車と連結面のカプラーはKadee. 711へ変更してます。 見栄えが良くなってると思います。 相変わらずですが、室内灯は「ワム」さんのキャパシタ付LED灯です。 前回より、丁寧な作業になってます。 11両は7両へ短縮しています。 模型の世界では「薄暗い」茶塗色の中にあって編成にした時に映えます。 これはこれでOKです。 スハ44もシートの向きを変更しました。 再塗装の時に屋根をGMのダークグレーで塗りましたが、ご覧の色になってます(この色がダークグレーなんですかね?) トップガードで塗りなおそうかと思いましたが、モアの客車の屋根色に近いので「まぁいいか〜」とそのまま進めてしまい、チョット後悔してます。 以下共通の仕様変更ですが、これを機会にKATOカプラーをすべてKDへ変更しました。 KATOカプラーはポケットが台車のブレーキロッドと干渉して台車の回転を妨げてました。 (ポケットの固定をゆるゆるにしてました) 連結間を短くすることは叶いませんでした。 ホロは渡り板の付いた工房ひろさんのロスト製へ変更しました。 マシ35はテーブルを追加。 2個不足していた椅子はプラ板でそれらしく作り、30個の椅子を赤で塗り再装着してます。 台車は元々KATOのプラTR47でしたので、転がりは軽快です。 牽引機はC622号機東海道時代仕様で、単機で充分牽引可能です。 KATOのプラ製客車。 当面は「はくつる」「ゆうづる」と言うことになるのですが、 「ナロネ」は1両だったようですし、後ろの2両は座席車が正解なのでしょう。 ナハネフ22を「ナハネフ23」に入れ替えて逆向きに走れば「さくら」なんて考えています。 今回の整備は室内灯でした。 KATO純正の室内灯セットでは座席がベッド仕様で背が高いので装着しにくい、 通電が十分行えない・・・等の欠点がありました。 IMONやエンドウの室内灯を購入して試しましたが、天井裏のモジュールが邪魔して 入りませんでした。 最終的に選んだのが「モデル ワム」さんのキャパシタ付室内灯セットです。 室内が明るくて綺麗になります。 走り出しは「チラつき」ますが、走り込めば点灯は安定します。 切断して長さを調整できるタイプがあってこれも「吉」でした。 取り付けは両面テープです。 車体中央に、集電用床板に帯板をハンダ付けしたものを立てて、それに室内灯を配線。 写真でご紹介する程の物ではないですが、8両編成です。 カニ21(基本4両セットの1両です)ヘッドマークは「ゆうづる」になってます。 ナンバーは同じです。 ワムさんの室内灯、点灯状態で撮影しました。 ナシ20(こちらも基本4両セットの1両) 同じく点灯状態です。 電源を切ってもしばらくそのまま点いてます。 車輪の色が初めから黒く染まってます。 車番のインレタは転写出来ませんでした。 難しいです。 キチンと入れてらっしゃる前オーナー様には尊敬の眼差し。 インレタ貼り付け、無理でした。 ナハネフ22 こちらもヘッドマークは「ゆうづる」です。 固定編成のような中間の伸縮カプラーがすばらしい。 (外れ易いですが) カニとナハネフのエンド側のカプラーは大きくてカッコ悪いのでKDの711を使用しました。 通常のKDとは簡単に連結できますが、アンカプラーでの開放は無理でした。 44号機なので本来は「ていね」だと思いますが、 コストが掛かりすぎるのと オークションで入手したこともあり、ニセコになりました。 オユ10(TOMIX製) スユ13(天賞堂製1964年旧製品オユ12を加工)(茶) スハフ44(KATO製スハフ42改装型) スロフ62(TOMIX製) スハ45(KATO製スハ43改装型) スハ45(KATO製スハ43改装型) スハフ44(モア製) 本来のスロ62は他線へ転出してしまったのでスロフ62で代用です。 違いは・・・。 KATOスハフ42改装型が絶版で入手しにくいこともあり、最後尾には モアのスハフ44を奢りました。 スユ13は天賞堂1964年製品を加工しました。 作業内容はです。 フジモデルのサッシ、ニワのベンチレター、工房ひろさんのホロ枠等・・・。 台車は日光モデルのTR50+エコーモデルの車軸発電機です。 エコーの車軸発電機は「C型」です。 「A」はTR11等で床下吊り下げ型、「B」はTR47等の旧型客車用です。 ご参考まで。 KATO製品は屋根をツヤ消し黒で塗装してありますが、いかがでしょうか? インレタはフジモデル製で雰囲気を出してます。 1枚500円は高い・・・よな。 「編成美」という視点から見ると「つばめ」編成に軍配が上がってしまいます。 マニ36 マニ36 オユ10 ナハネフ10 オハネ17 スロフ62 ナハネ11 ナハネフ10 アクセントを付けるために中間にスロフ62を入れました。 また、同じ理由で先頭のナハネフ10と中間のスロフには電球色の室内灯を組んでいます (残りは蛍光灯色) 輸送力増強に伴い、郵便車を入れて6両編成に。 マニの1両はインレタも貼ってないですね。 今日気付きました。 牽引機は基本はC57の重連です。 気分によって変更してます。

次の

つるたろう

スロ つる

働くよろこびが、あるかどうか 魚市場でアルバイトをしながら、たったひとりで始めたブランド「ミナ ペルホネン」。 創業25周年を迎えて初めて明かす、これまでの人生と、はたらくことの哲学。 手描きの図案によるオリジナルのテキスタイル、流行に左右されない息の長いデザイン、生地をつくり、服を縫製する工場との二人三脚のものづくりの姿勢など、独自の哲学と方法により、比類のない服づくりをつづけているブランドは、いかにしてつくられていったのか。 幼い頃に両親が離婚。 小学校時代はスポーツに夢中になり、中学高校時代は陸上選手を目指したものの、大きな怪我を負い、断念。 目標を失い、ヨーロッパを旅行するなかで、偶然、ファッションの世界に出会う。 やがて、人の仕事を手伝いながら、はたらくこと、つくることの価値を発見してゆく。 しかし、自分のブランドをスタートした当初は、とてもそれだけでは食べてはいけなかった。 白金台に初めての直営店をスタートさせたとき、預金通帳の残高は五万円、しかも金融公庫からの借金は五百万円、という「崖っぷち」の状態だった。 それでもなお、前を向くことを諦めなかったのはなぜか。 生きづらさ、未来への不安を覚える世代に、また、経済的にままならない状況におかれている多くの方々に、ヒントとなることばが、考え方が見つかるはず。 - - - - - - - - - - - - - - - -.

次の