藤浪 イップス。 【悲報】藤浪晋太郎、まさかの二軍イップスかwwwwww

阪神・藤浪は「右打者イップス」なのか 専門家が重大視する4回の疑惑シーンとは...: J

藤浪 イップス

皆が皆、めでたいわけでは当然なく、逆にどちらかといえば何かと息苦しい思いで日々を過ごしておられる向きの方が多いだろうと想像するので、簡単には言いたくないのですが、そこはそれ、やはり書くのが礼儀でしょうか。 前書きが長くなりましたが、みなさま、新年明けましておめでとうございます。 今年もどうぞよろしくお願いいたします。 阪神藤浪晋太郎、広島大瀬良大地です。 この名前を聞けば「ああ、あれか」と思い当たる野球通は多いでしょう。 言うまでもない17年8月16日、お盆休みの京セラドーム大阪で起きた光景のことです。 セ・リーグのライバル対決となった阪神-広島の1戦でした。 この試合は制球難からの不調としては初の2軍落ちを経験するなど苦しんだ阪神藤浪の復帰登板でした。 右打者のインサイドに投じる真っすぐが抜けて、死球になるケースが目立っていたのは知られるところです。 そこからの復活を目指したこの試合、立ち上がりは順調かと思われましたが、2回、打席に入っていた大瀬良の左肩に死球を当ててしまったのです。 投手への死球は、野球のタブーの1つでしょう。 顔面蒼白(そうはく)になった藤浪は帽子を取ってわびました。 このとき大瀬良は「大丈夫、大丈夫」とばかり、笑顔をふりまいたのでした。 この行動は若い野球ファン層を中心に高く評価され、ネットでは大瀬良の「神対応」などと言われ、かなり盛り上がったのです。 こちらも大瀬良を知るだけに「やっぱりええヤツやのう…」と素直に見ていました。 同時に思い浮かべたのは「あのときとは違うかな」というものでした。 「あのとき」とは15年4月25日、マツダスタジアムでの広島-阪神戦のことです。 この試合、藤浪は打席に入り、バントの構えをしていた黒田博樹投手にすっぽ抜けの内角球を投げてしまったのです。 ヤンキースから広島に復帰し、優勝の原動力へと大きく注目されていた黒田、これに怒り、怒声を上げながらマウンドに歩み寄り掛けたのです。 これで両軍がベンチから飛び出し、あわや乱闘かという騒ぎになりました。 黒田と大瀬良で、対応がこれだけ違うんやなあと言う思いと同時に、あの体験が藤浪の投球に影響してきたのかも…、などという考えがふと沸いてきたのです。 そこで藤浪が大瀬良にぶつけた翌日17日の試合前、広島緒方孝市監督にこの話をしてみました。 すると緒方監督は、思いもよらない話を始めたのです。 さっき、少しだけ、話したんですよ。 大瀬良と。 お前な、そういう性格なんだろうけどオレは少し、違うと思うよという風にね。 若い選手なんであまりキツくは言ってないつもりですけど。 つまり笑顔をつくった行動について、何をしているのだと指導したというのです。 この事実については、昨季に広島がセ・リーグ連覇を決めた後あたりから新聞紙面などで世に知られる話となりましたが、このときはまったく生々しい秘話でした。 先にも書きましたが世間は大瀬良の行動を評価していた時期でしたから、なるほど、プロはそういう見方をするんだなと思ったものでした。 その後、広島担当の前原記者のコラムなどで、緒方監督が大瀬良を監督室に呼び「いい人だけじゃ勝てない。 いい人はユニホームを脱いだところでやってくれたらいい」などと話した詳細が明らかになっています。 では私が瞬時に思い出した存在、そう、すでに現役を引退した黒田博樹氏はどう思っているのか。 10月のクライマックス・シリーズの際に話す機会があり、少しだけ聞いてみました。 「まあなかなか自分の立場からは言いにくいですよね」と言う黒田氏でしたが「これだけは言えます」と前置きした上で、話してくれました。 黒田氏 自分が若い頃、プロで結果が出なかったのは生きるか死ぬかくらいの覚悟が足りなかったからだと思っています。 広島で経験を積んで分かってきましたが、メジャーにいって、そのことはさらに実感しました。 メジャーの連中は1球1打に人生を懸けている。 少しでも甘い考えでいたら一発でやられるということです。 やや遠回しですが、明らかに緒方監督の厳しい思考を肯定しているものです。 野球で「先発投手の仕事」ということを考えれば特別な意味もあります。 これは他の関係者も口にしていましたが、先発投手は自軍そのものを背負って試合に臨むもの、その投手が死球を食らって笑っていては打者が同じ状況になっても怒れないじゃないか、ということです。 これには自分はもちろん、家族の生活を支える男として同感できる部分はあります。 しかし、どこかで「でもなあ…」と思ってしまう自分がいるのも事実です。 戦う相手だけど、同時にグラウンドを離れれば野球人としての仲間でもある。 さらに大瀬良、藤浪の2人には交流もあり、特に藤浪の苦労を知る先輩である大瀬良にすれば、とっさにそういう行動に出てしまうのも分かる気がするのです。 くだらない仮定の話で恐縮ですが、もし自分が野球選手でああいうことになれば、大瀬良のような態度を取っていたかもと、思います。 嫌いな相手なら別かもしれませんが。 我々、新聞記者の世界でも同業他紙の記者と日々、特ダネを巡って争うわけですが、別にお互いの仲が悪いわけでもないし、「対・取材対象」などで場合によっては協力することもあります。 どんな世界でも、それは同じでしょう。 それとこれとは違うで、ということは常にあるものです。 昨年オフに少しだけ藤浪と話をする機会がありました。 このとき思い切って、この話題を持ち出してみたのです。 厳しい見方をしている人もいるという話を含めて。 藤浪はなんと言ったか。 藤浪 大瀬良さんにああいう対応をしていただいて、ホッとしたのは間違いありません。 ただ、そういう考えがあるのは、もちろん、承知しています。 ボクの口からは何とも言えませんけれど。 藤浪にすれば精いっぱいの言葉を伝えてくれたと思っています。 プロとしての厳しさ、そして野球人としての仲間や友情から出る心配り。 どちらが優先するのか。 正直言って、私には判断のつかないテーマです。 結果的に野球がおもしろくなれば、それが一番いいのですが…。 とにかく2人の右腕にはああいうこともあったなあ、と笑える活躍をしてほしい。 そんなことを思いながら球春を待っています。

次の

藤浪晋太郎のイップスの原因はメンタルではない?克服法は桑田真澄が知っていた!?

藤浪 イップス

藤浪晋太郎 イップスのきっかけ原因は黒田への死球!? 藤浪晋太郎選手は、2012年に阪神へ ドラフト1位指名で入団を決め それから約5年 2017年ごろから制球力が極端に崩れ始め、2018年ではイップスではないかという話が次々に 藤浪晋太郎、イップスかは知らんけどインコースに投げるのは間違いなく嫌ってるな。 黒田のあの件以来気にし過ぎてしまっている感じ。 だから無意識に外に投げようとして体が開き、抜け球も増えてるんじゃねぇかな。 正直そんな状態で抑えるのは厳しいかと。 あくまで個人的な解釈だけどね — 歯磨き粉 nationallionsss それが、 2015年の黒田選手との事件がきっかけ 原因 だとか 確かにこれは投げるの怖くなるね。 野球界の現役のレジェンド黒田選手に、2球連続で頭付近に 暴投はかなりヤバいね。。 黒田選手も1球は何も言わずに我慢してるけど、2球連続はね。。 イップスはなった人にしか分からないものだし、ストライクをとること自体本当は難しいことだから、攻めることはできないよね! ファンの方は、それだけ愛があっての厳しい言葉だからしょうがないと言えばしょうがないし。。 イップスって詳しくは分からないんだけどなんなの? 精神的な原因などで、突然自分の思っているプレーが出来なくなったり することだよ! あの イチロー選手も高校時代にケガが原因でイップスになったって話もあるよ! イチロー選手も!?やっぱり偉大な人たちって過去に何らかの苦い思い出があるよね!藤浪晋太郎選手もまだまだ全然!プロ野球界を背負うエースになれるということでもあるね! 球鬼速いし。。

次の

【阪神】藤浪晋太郎のイップスの原因に挙げられる様々な憶測… │ 暮らしにまつわるエトセトラ

藤浪 イップス

阪神タイガースファンとしては昨今の 藤浪晋太郎投手の投球は見ていて痛々しい感じでしたね。 これまでは本人が否定していますように イップスではないと思っていたのですが、昨日を見ればちょっとこりゃダメだなと思った人がほとんどだったのでは? でも一番悲しかったのは当てた大瀬良大地投手に同情されていたことかな~ 死球を受けるが藤浪を笑顔で気遣う大瀬良。 阪神ファンやけど大瀬良一気にすきになった。 正直今の段階では同情されても仕方がないと思うけど、ちょっとこれで悔しくなれよな~ とにかく イップスの原因が何個か噂されているのでちょっと考えてみよう。 ヒロド歩美イップス原因説 朝日放送のアナウンサーである ヒロド歩美さんと噂になったことがあり、彼女にフラれたとかいう説があります。 まあ、これはないでしょう(笑) ヒロドちゃんもまあ、かわいいけど藤浪くんくらいの選手だともっと女性が寄ってきているだろうから他のかわいい子を選ぶでしょう。 そりゃ東京の女子アナの方がいいんじゃないの、知らんけど(笑) 黒田博樹イップス原因説 広島の黒田博樹投手に一昨年に内角球を投げた時に恫喝されたのがあったよね。 あれが原因になっているのではないか?と言われているんだけどそれもどうなの? もう2年以上たっているし、しかもあれも黒田投手が怖かったのではなく後で話をきちんとしているからそれもないんじゃないのかな。 あったとしても、それは 尊敬する大投手にぶつけそうになったのが申し訳ないというのはあったと思うけど、その後自己最多の勝利数を挙げているしね。 さすがに黒田さんが原因というのは失礼すぎるのではないのかな?(笑) タニマチが甘やかしすぎイップス原因説 個人的にはこのタニマチが甘やかしすぎというのがあるような気がしてます。 というのも彼はメッセンジャーや能見投手などにも 「コーチの言うことをよく聞いて」と言われていますね。 ということはつまり 「コーチの言うことは聞いていない」ということになるよね。 これはやはり周りが甘やかしすぎの環境を作ったともいえます。 人間って環境が一番大きいからね~ あれだけの素質をもって入団から3年連続二けた勝って、年俸が1億7000万円にもなれば多少はどころかかなり天狗になるのも無理はないかもね。 そこを締めるのが球団であり首脳陣でもあるのだが、この球団は 早くにも寮を出てもよいことにして結局成績が下がるという、一体何やってんだか… まあ、この阪神球団で活躍するとマスコミもまわりもチヤホヤしすぎなんですわ~(笑) だから結局球が抜けるという弱点を克服できずに、こうなっちゃった感じかもしれませんな~ イップスかもと思われたボールを落とした動画は? この菊池選手に投げる前の動画です。 プロのピッチャーでこんなのほとんど見たことないでしょ。 頭で脱力脱力、と考えて力を抜こう抜こうと考えているからボールを落とすんだと思います。

次の