ヤギ 飼う。 ヤギは室内や部屋でもペットとして飼える?

田舎暮らし一長一短 ヤギの場合

ヤギ 飼う

スポンサーリンク 1. 羊は愛玩動物ではなく「家畜」 羊は犬や猫のような愛玩動物ではありません。 羊は牛や豚と同じように「家畜」になります。 羊をペットとして個人で飼育することは出来ますが、動物の愛護及び管理に関する法律や家畜に関する法律に従う必要があります。 羊は家畜なので家畜伝染病予防法の対象になります。 鳥インフルエンザなどのような感染症の蔓延(まんえん)を防ぐために国や自治体などが防疫のために定めた法律です。 ほかの動物に感染する病気が発生したときは国や自治体の指示に従うことが必要になります。 羊に関する専門的な知識が必要 羊の飼育には羊に関するしっかりとした知識が必要です。 可愛いからといって簡単に世話ができるわけではないことを知っておきましょう。 羊はヤギよりも体が大きくメスでも小さくて45kgくらいあります。 オスの大きい個体になると160kgになることもあります。 羊はモフモフの毛を毎年刈る必要があります。 羊の毛を刈る方法などをしっかりとマスターすることが大切です。 また羊の毛は普通のバリカンで刈ることは出来ません。 羊は群で生活することを好む動物です。 1頭での飼育はストレスになるので2頭以上で飼育する必要があります。 オス・メスで飼育した場合去勢をしていなければ子羊が産まれる可能性があります。 子羊はどうするのかなどを決めておきましょう。 羊を診察できる獣医が少ない 羊が病気になったときに診察できる獣医師はあまりいないでしょう。 家畜になる羊は犬や猫などを診察する普通の獣医師では的確に病気やケガの診断をすることが大変難しいでしょう。 スポンサーリンク 4. 飼育するためには各市町村の条例に従った飼育施設が必要 羊は家畜になるので各市町村が定めた条例に従う必要があります。 飼育施設などは各市町村に問い合わせて条例に従った飼育施設を作らなければなりません。 また羊の鳴き声は以外と大きいので近所迷惑にならないようにする必要があります。 そのため街中での飼育は困難といえるでしょう。 草食動物で牛よりも小さいとはいえかなり糞尿の量も多いでしょう。 さらに糞尿の匂いもかなりきついので市街地での飼育はおすすめできないのが実情です。 羊1頭の価格はどれくらい? 羊を販売しているところは少ないのですが、牧場などで販売されていることがあります。 価格は種類や年齢、性別によって多少違いがありますがだいたい7万円から10万円くらいでしょう。 ただ個体によっては12万円から16万円することもあるので羊を販売している牧場へ直接問い合わせることをおすすめします。 羊の飼育費用の目安はどれくらい? 羊の飼育には飼育小屋、運動場などが必要になります。 また羊は春から夏にかけて青草を食べます。 羊が毎日十分食べることが出来るだけの草がある広い土地が必要になります。 冬は干し草を食べます。 毎日十分な干し草が必要ですね。 冬場はこの干し草の購入費用が加算されます。 このほか獣医師による健康診断などの健康管理費用も必要です。 施設内をつねに清潔に保つ必要があるので清掃費用などがかかります。 2頭の飼育では餌代と健康管理費用で年間30万円くらいはかかるようです。 まとめ 羊を見ているとほっとしますが、家庭で飼育するにはかなりハードルが高いといえるでしょう。 最近では全国各地で羊の毛を刈る体験などいろいろなイベントが開催されています。 羊にふれあいたいときにはイベントに参加したり、動物園へ会いに行くことをおすすめします。

次の

つくっちゃおう【ヤギを飼ってみよう】

ヤギ 飼う

反芻亜目で 胃袋が4つ あります。 一度食べた食べ物は口の中にはき出して再び口にもどしてかみ直します。 これは,分解されにくい繊維 せんい をより細かくする働きやだ液を多量に第1胃に送りこんで微生物が生育するのによい環境をつくるためです。 ウシ科のヤギ属 で,その7種の内1種がヤギに属します。 3 歴史及び来歴 【パサン】 ヤギが人間に飼われはじめ,家畜化された時期は不明です。 牛や豚と同じ紀元前7000年頃ではないかと推測され,中東や中央アジア辺りから家畜利用が始まったのではないかとされています。 家畜としてさまざまな品種のヤギが飼育され,それらは「パサン」別名を ノヤギ を起源をもつというなどの説もありますが,野生と家畜種の区別が難しく,現在のヤギの野生原種は,ベゾアール,マーコールおよびアイベックスといわれています。 また,が家畜化されたという説とヤギ属他種との種間雑種に由来するという説があります。 日本にはもともと野生のヤギは存在しておらず,江戸時代ごろから飼われてきたとされています。 ヤギは交易のあった中国及び朝鮮半島を経て日本に渡来した説やフィリピン,台湾から沖縄を経て持ち込まれたと考えられていますが明らかではありません。 日本ではヤギの数がしだいに減少し,昭和32 1957 年,ヤギ全体の飼養頭数は, 66万9200頭(沖縄を除く) をピークにして,平成12年の農林水産省畜産統計では,わずか 2万1134頭(沖縄を含む) となってしまいました。 最近,日本の食料自給率,食の多様化,農業や畜産をする人の高齢化が進んできて農地が荒れるなど,「食の問題」が心配されていますが, ヤギを利用した除草など で見直されてつつあります。 4 ヤギの主な品種とシバヤギ ザーネン種 乳用として最も広く飼われているヤギです。 ヌビアン種 乳用としてアメリカで多く飼われていて,乳脂率が高いという特徴があります。 ボア種 肉用として有名な品種です。 ピグミーヤギ ペット用等として飼われる小型のヤギです。 日本在来種のシバヤギは, 家畜ヤギの日本在来品種で,長崎県西彼杵 (にしそのぎ) 半島の西海岸および五島(ごとう)列島で肉用として古くから飼育されていたヤギから,明治以降に品種改良を進めて作り出された小型のヤギです。 胃の中の微生物 原虫;プロトゾア が繊維を食べて増殖し,それが4番目の胃でタンパクとして消化,吸収されます。 微生物の働きによって, かれ葉でもエサ にすることができます。 胃袋は,腹の左側にある ので左側がふくらんでみえます。 妊娠(赤ちゃん)ができると右側の腹もふくらんできます。 上あごには切歯がなく, かたくなった歯床板 ししょうばん があります。 乳歯の生えかわりを見ることで,おおよその年齢は知ることができます。 見分け方は,前歯上あごには歯はないので,下あごを見ます。 前歯下あごが乳歯だけなら1歳未満,中央の一対のみが永久歯だと1歳,2対が永久歯だと2歳,3対が永久歯なら3歳,4対(前歯は全部で4対です)とも永久歯なら4歳以上です。 歯がすれていたり,歯と歯の間にすき間があると高齢 こうれい ということになります。 ヤ ギ の 乳 の 歯 式 乳切歯 乳犬歯 乳 前臼歯 上 あ ご 0 0 3 下 あ ご 4 0 3 ヤギの永久歯の歯式 切歯 犬歯 前臼歯 後臼歯 上 あ ご 0 0 3 3 下 あ ご 3 1 3 3 このようにヤギは,上の切歯 前歯 はなく,歯がぬけたように見えますが,歯ぐき 上あごの歯茎の部分が固くなった歯床板というものになっています。 この歯ぐき 歯床板 は,「草をおさえてちぎる」のに適しています。 ヤギの乳歯は,人間と同じように永久歯に生えかわりますが, 永久歯は生えかわりません。 7〜8歳になると,永久歯が抜けてくるので, その時は,固いエサは,小さくして与えるようにします。 眼球 がんきゅう が黄色 の中に 茶色の瞳孔 どうこう があって,貯金箱の入り口のように見えます。 明るい所では横に細く なり, 暗くなると真ん丸 くなります。 明るいところで 瞳 ひとみ が横に長くなる のは,視野を広くして外敵に気づき, 広い範囲が見渡せるため だとされ,ほぼ360度が見えます。 オス,メスともに角 があります。 無角の場合もある 角は,少しわん曲していてメスの角は細長く,オスの角は太くて大きいのが特徴です。 成長とともに,後ろへ伸びていきます。 ヤギはよく首を横に振るので, ヤギの横に立つ時には注意 します。 副蹄 ふくてい と呼ばれ, 人差し指と小指 はその 上について いて,ウシやヒツジも同じです。 ヤギの2つに分かれたひづめ は, 中指と薬指 です。 ヤギは高い所が好きなので「登り台」を設置してあげます。 ストレス発散と運動をすることで蹄(ひづめ)が伸びすぎるのを防ぎます。 ひづめがのびすぎると,姿勢 しせい が悪くなることや足に障害 しょうがい が起きるので,定期的にのびすぎた蹄 ひづめ は切ってあげるようにします。 ヤギを地面や小屋,囲い かこい の中で飼っている場合には ひづめが伸びすぎて,感染 かんせん が起きたり,快適 かいてき に 歩くことが難しくなります。 ひずめは, 1ヶ月に約2mm伸びる ので最低 6ヶ月に1度は万能ばさみ か剪定ばさみなどで削蹄 さくてい , つめ切り をしてきれいに取りのぞきます。 メス の場合は 2ヶ月に1回 , オス は体重が重いので 1ヶ月に1回 は削蹄, つめ切り をします。 ひづめが変形 へんけい している場合は,のびている方を先に切り,その高さに合わせて切り, つま先側をかかと側より少し多めにけずる ようにします。 妊娠したメスヤギ は,分娩前 お産 の1ヶ月以内は, 削蹄 さくてい はしません。 耳の形は細長く,よく動かせます。 聴覚に優れて, 音にすごく敏感 です。 ヤギの耳は,小さな音も見のがさないよう長くて,ぴんと張っています。 遠くで何かの音や声が聞こえただけで「ピクッ」と耳が動き,ピタッ!と体の動きが止まり,すぐに危険の存在を感知することができます。 草食動物 ヤギ,ヒツジ,シカなど は,ゆっくりウンチをしていると 肉食動物にねらわれ,危険にさらされる からだと考えられています。 ヤギの食べる草は,繊維分 せんいぶん が多くふくまれているので ウンチの量は多い です。 健康な時は,ころころと黒豆のようなウンチ がでますが,時々 くっついて出てくることがあります。 これは病気か濃厚飼料のやりすぎ です。 こんな時は,濃厚飼料や青草 生の草 から,柿の葉やビワの葉などの木の葉,干草 ほしぐさ を与えるようにします。 ヤ ギのウンチは,家畜の中でも特に水分が少なく, 堆肥 たいひ は短期間で利用 することができます。 我が家では,ミカン栽培でヤギのウンチを堆肥として土壌改良 どじょうかいりょう ,肥料として使い,良い効果がでています。 6 ヤギの性格 性格 ヤギは,それぞれの個体ごとに性格が違い ます。 とてもおとなしいヤギがいる一方で,とてもやんちゃなヤギ,乱暴なヤギ,人に触られるのがあまり好きではないヤギがいます。 シバヤギは,どちらかというと性格が温順 で,好奇心や自立心が強く, なかなかガンコな性格 です。 産まれて早い時期 から子ヤギを世話すると,良く人になつきます。 オ ス ヤギのオス は,メスに比べて 臭いがきつ く, 力が強 くて,気性も荒い ようです。 オスは,後ろ足で立ちあがり,「 威嚇のポーズ 」をとったり直立して 強く頭をぶつけたり して,頭突きをします。 これは,群れの中での順位を争う行動です。 しかし, あまりヤギを叱りつける と,トラウマになって,かえって 人になつかなくなる場合 があります。 子ヤギの時だけでなく, 大人になってもスキンシップや言葉かけが大切 です。 ヤギは人のように言葉をしゃべることはできませんが,表情や鳴き声,しぐさで感情を表現し,飼養者とコミュニケーションを図ろうと様々なサインを送ってきます。 信頼関係が強くなればなるほど表現力が高まります。 その時,特定の部分や鳴き声だけに注目するのではなく,その時の状況や体の全体を観察して何を表現しているのか読み取るようにします。 し ぐ さ ヤギをよく観察すると 「ボディーランゲージ」 がみられます。 子ヤギに母ヤギがミルクを与えると, 尾をパタパタと左右に振り ながら 喜んで 飲みます。 また,子ヤギが うれしい時 は 体をくねらせたり,飛び跳ねたり します。 大人になっても, うれしい時には,同じように尾をパタパタと振り明るい声 で鳴きます。 また, 叱られると怖いと感じ て 体全体を固くする ことがあります。 体が かゆい時 は,身体をすり寄せ甘えた声で鳴きます。 好きなエサ がそばにあると,「グウッ,グウッ」と, のどを鳴ら し,てこでも動きません。 鳴 き 声 ヤギは「メ〜」 と鳴きます。 ヒツジは「ベ〜」 と鳴きます。 ヤギの鳴き声 を聞いていると,自然に ヤギの気持ち が伝わってきます。 また, おこった時 は 短く 「メ!」と鳴きます。 そばに来てほしいと思う時 は「メェ〜ン,メェ〜ン」と 細く長く 鳴きます。 さみしい時 は 弱々しくか細い声で切なく 「メヘェェェ…」と鳴きながら, 上目づかいで見たり,飼養者の身体に寄りそおう としてきます。 7 シバヤギの特徴 成 長 過 程 個体によって差はありますが,シバヤギの産まれた時 の体重は 約1,251g です。 産まれてくる子ヤギの数によって生時体重は変わってきます。 産まれてくる 子ヤギの数が多いと生まれた時の体重も小さく なります。 シバヤギは, 成長すると体重がメスで18ヶ月で約19.3kg,2年目になると約29.2kg になります。 オス は, 18ヶ月で約29.3kg,2年目では約30kg になります。 体高は, 2年でメスが約54.1cm , オスは約54.8cm です。 子ヤギの内に人が育てるとなつきやすく最近では,愛玩動物 ペット のミニヤギとして飼養する人もいます。 シバヤギ,トカラヤギの体は強健で,粗食にも耐え, 腰麻痺 ようまひ に対する抵抗力 ていこうりょく がある ので飼育しやすく, 寿命は ,個体差や環境にもよりますが, 約5〜10年 とされています。 食 性 シバヤギ・トカラヤギは,過酷な環境にも耐え,雑草や木の枝などでも命をつないでいくことができます。 また,運動神経も良く,繁殖 はんしょく 能力が高い動物です。 ヒツジが草食 (グレイザー)なのに対して, ヤギは芽食 (ブラウザー)であり,ヤギは 草よりも低木の葉や芽 を好んで食べます。 そして,ヤギは ひざを折り曲げて器用に低い草 も食べることができます。 草を食べる時は舌にからませるようにして食べるため, ある程度伸びた草 しか食べることができません。 なんでもよく食べるヤギと言われますが実は, かなり好き嫌い があり, 好きな草から,選んで食べます。 草以外には,葉っぱ,新芽,若枝,かれ葉,樹皮を特に好んで食べます。 草がなくなると枝を前足でふみたおして,葉や樹皮を食べたり,前足をあげて後ろ足立ちになり,高い枝も食べることができます。 水 ヤギは,水分の要求量が低く, あまり水を必要としません。 一度水を飲むと数日間 約3日 は,水がなくても生存することができます。 しかし, よく水をよごす ので,毎日新しい水を与えるようにします。 毛 毛 は,あらくて, 固い直毛 です。 毛の色は,白毛が多く,他に黒や褐色,茶色や黒色などがあり,雑種化が進んでいます。 子 ヤ ギ 子ヤギは 産まれて30分もすると 自分で立ち上がり,母親のおっぱいを探してつんつん つついて母乳を飲みます。 シバヤギのメスは,初産でミルクの量は,約1リットル位 この時はまだ草を食べることはできず,ミルクを飲むだけで第1胃も発達していません。 しかし, 生後10日を過ぎたころ から,母親の まねをして 乾草 干し草 や枯れ葉,濃厚飼料 のうこうしりょう に興味を示し, なめたり,引っぱったりして遊び ,少しずつ食べ始めます。 生後1カ月を過ぎたあたり から,乾草 干し草 や濃厚飼料を食べる量が増え,第1胃も発達して, 生後3カ月 になると, 親ヤギと同じようなエサを食べるようになります。 その時 リードが首にからみ,まきついて窒息死する ことがあるので絶対に 長くしない ようにします。 我が家では小屋に入れたら必ずリードをときます。 外で放牧する時は,ロープが360度動けるようにしたり,ホースを通してからまない ようにしたりすることが必要です。 繁 殖 日本在来種である シバヤギやトカラヤギは,早熟 で季節を問わず, 1年中繁殖する ことができます。 性成熟年齢 動物の生殖器が発育し,繁殖ができる年齢 は, 3〜4ヶ月と早く,5〜6ヶ月過ぎれば交配 できます。 メスが発情 したら, 妊娠の期間は,約150日 約5か月 で, 1回に平均1〜2頭の赤ちゃん ヤギ 三つ子もある を産みます。 分娩 ぶんべん は, 日中に多く,1年に2回 出産する 我が家では,だいたい9月と1月の年2回 こともあります。 メスは,副乳頭 ふくにゅうとう を持ち,三つ子が生まれても同時に哺乳ができます。 我が家では,無理でしたから人工哺乳をしました 泌乳期間 ひにゅうきかん は短く約90日位 で子ヤギが飲みにきたら飲まないように角でつついて近づかせない行動をとります。 シバヤギは乳量は少ない です。 しきりに メスヤギを求めて追いかけ, お尻の臭いをかいで 興奮 こうふん して 笑ったような表情 をみせます フレーメン。 発情した時には,柵やかべ,柱などへ頭突きをしてこわすので, できればオスヤギとメスヤギとの間に頑丈 じょうぶ で高い柵 さく か金網を設置する ようにします。 オスは,1年中交尾 をすることができますが, メスが発情して鳴き始めると性的に活発 になり,メスを追いかけたりするからです。 メスの妊娠を確認する時は, 交配の約3週間(21日間)後 に, メスの発情がみられるかどうか を観察します。 飼 養 ヤギは臆病 おくびょう で,気が小さくて,さみしがりやです。 新しい環境になれるまで多少時間がかかります。 子ヤギを 母親から離すと,さびしくなって2〜3日くらい鳴き続けます。 我が家でも 悲しい声で親を捜す ので大変でした。 母ヤギも同様ですが,子ヤギほどではありません。 メスは,発情期になると落ち着きがなくなり,よく鳴く ようになります。 飼育する時には, 飼育場所など,近所の人の理解や近隣への配慮が必要 です。 オス は,発情期になると 体臭が臭くなります。 この臭いは,皮脂腺から分泌される脂肪酸で他にも足におしっこをかけたりします。 これは,メスヤギに 発情をひき起こさせるフェロモン としての働きがあります。 メスと同じように,近所の人の理解や近隣への配慮が必要 となります。 獣医さんに去勢 きょせい してもらったらオスは,臭いもなくなり,性格もおだやかになりました。 でも力は強く,メスを追いかけたりします。 また,ヤギがその周りを回っても,ロープがからまないようクルクル回る道具を工夫すること。 それは,飼育や栽培を通した学びです。 学校では,いろいろな生き物や小動物を飼育しています。 例えば,子どもたちが飼育小屋の掃除や水やエサを与えながら話しかけたり,優しく触れたりと,自分から生き物に働きかけていく。 すると…,生き物は,気持ちよさそうな反応をみせてくれる。 それを見て,「うれしい」と思ったり,「かわいい」と感じたりする中で,自然に愛情がわいてくる。 そして,生き物に興味を持ち,表情やしぐさ等を観察し,「どうしたら喜ぶかな?何か変わったことはないかな?」と相手の気持ちを考え,気づかうようになる。 生き物とふれあうことで,体の温かさや心臓の鼓動,触れた感触など,今,この瞬間にも生きている生命を実感していきます。 そして,飼養する責任をもつようになります。 動物は,人と同じ言葉をしゃべることはできませんが,表情や鳴き声,しぐさで豊かな感情を表現し,飼養者とコミュニケーションをはかることができます。 そのために,獣医師さんとの助けや協力,連携が必要です。 」と示されています。 シバヤギの飼育を「親しみやすく,体が小さくて取り扱いがしやすい,草などのエサで飼える」の理由から小学校の現場で実践してきました。 そして,ヤギ との出会いから,子どもたちに笑顔がもどってきました。 学校へ来にくかった児童が「母さん,ヤギに会いに行ってくるね」と,学校に行くのが楽しくなり,世話をしている内に,自然に学校へと戻れるようになってきた子どもたち もいて,心の癒し効果もみられました。

次の

ヤギをペットとして飼う際の注意点まとめ【生態・餌・グッズ・病気など】

ヤギ 飼う

やぎを飼いたいのですが、世話は大変ですか? 畑でやぎに雑草を食べてもらえると助かるので、やぎを飼いたいと思っています。 でも、近所にやぎを飼っている人はいないので、世話が大変なのかどうかわかりません。 ペットで犬を飼うのと同じくらいの感覚でしょうか? 散歩をしなくていいぶん、犬を飼うのよりは楽なのかな~とも思うのですが・・・。 飼うとしたら、畑の横に小屋をつくってやろうかと思っています。 ただ、畑はそれほど広くはありません。 周囲もそれほど自然が豊かなわけではありません。 (草原などがあるわけではなく、民家も何軒かあります。 ) だから、放し飼いなどはできそうにありません。 やぎを飼った経験のある方、ご意見をよろしくお願いします。 除角・去勢済みの白い子ヤギ(ザーネンの雄)を頂いて飼った事があります。 「雄は大人しいが臭い」「雌は五月蝿いが臭わない」「去勢済みの雄は大人しくて臭わない」と言われるらしいですが、そんな事は無く朝から絶叫します。 たまにメェ~と鳴く位なら良いですが、メーーーーーーーーーーーーーッ!です。 庭の雑草も食べますが除草といえる程は食べませんし、メインは牧草です。 小屋を作っても糞尿で汚れますので水で毎日洗い流していました。 放置すると家の周りが牧場特有の匂いになりますし、匂いが風にも乗りますので住宅街ですとトラブル必至だと思います。 朝晩のエサ作りや散歩などは不要ですので、ヤギの臭いと鳴き声がクリア出来る環境でしたら世話自体は犬より楽かもしれません。 (私の場合は同時期に室外犬も飼っていましたが、1日中ヤギの臭い・鳴き声の対応に追われ、犬の世話よりも大変でした) 住宅街で飼うのか?郊外で飼うのか?田舎で飼うのか?で違って来るでしょうが どちらにせよ飼う前にヤギを診られる獣医の所在と、その際のヤギの移動手段は確認しておきましょう。

次の