サザンドラ 対戦。 【ポケモン剣盾】サザンドラの進化と覚える技&種族値【ポケモンソードシールド】

サザンドラ/ノート

サザンドラ 対戦

【対戦考察】サザンガルド構築 マスターにさくっと上れたので投稿。 まず初めに結論から話すと今環境のサザンガルド構築は 【強いが難しい】。 ドラパルトを筆頭に厳しいが多数採用される環境で とりあえずこれを投げとけばいいというは存在しなかったです。 相手のパーを見て常に最善手を打つ気持ちで行かないとあっという間に壊滅してしまう印象でした。 今回の使用パーティ 50戦30勝20敗 勝率60%(一戦はマスターで負け) サザンガルドとは と を組み合わせサイクルを回していくというものです。 相性補完に優れ、一貫をとれるタイプはむし、かくとう、しかありません。 今作では 格闘タイプはパーに不要とまで言われており、猛威を振るいそうだが、なぜ【厳しい】のか。 この2体、特にを主軸とし、それぞれのの役割を解説していこうと思います。 ひかえめ、メガネにすることでようやく確定1発になるが割と多いです。 具体的には ・h4 流星群 控えめ 104. 1-122. 8% ・h252 流星群 控えめ 107. 6-126. 8% ・h252d4 悪の波動 控えめ 100. 6%-118. 6% より足の遅いを叩き潰します。 ただひかえめなので最速85族(ゴリランダー等)と同速勝負をすることになる点は注意が必要です。 ただックスを行えば特化ガラルのつららおとしも確定で耐えるほど、タイマン性能がかなり高くなるまさにエースアタッカー。 とはいえ先発で出すことは少なく、どちらかといえば相手の下記のに合わせ、繰り出していくことが多かったです。 相手のパーに 、 アーマーガーがいる場合は必ず選出してください。 パー全体を見たときこちらは物理アタッカーが大半を占めており相手たら積極的に選出したいです。 その二体に打点を出すために必要です。 相手のパーのその二体を処理しない限りを捨てることはせず大切にとっておきましょう。 パーに格闘技を持っているはのみとなりますので、少ないですが が相手パーにいる場合も必ず選出してください。 詰みます。 また 唯一の先制技持ちなのでタスキエースの残りHP1を削る役割も存在します。 相手のドラゴン技ですが、ほとんど ドラパルトのドラゴンアローになり、返しのダイホロウで落ちてしまいます。 こちらもックスを に切り弱点保険発動しつつ相手を倒すことが大事です。 ただックスはなるべくには切らない立ち回りにしましょう。 理由としてはこだわり解除用につかった方が強い。 キングシールドが使えない。 があります。 相手のパーに がいた場合は選出。 またフェアリータイプが多い場合も選出。 ドラパルトと一緒に選出することはありませんでした。 用途は ドラパルトを叩く ドラパルトになります。 とにかく サザンガルドの並びは ドラパルトが刺さっており、かなりの高確率で相手のパーティから選出されます。 このを処理することができればかなり勝利に近づきます。 相手の先発に出てくる ドラパルトに当てたくなる気もするかもしれませんが、このは先発では出さずにこちらがサイクルを回している間に残りHPが少なくなった相手を掃除するために使います。 相手の先発に出てくるドラパルトはックスギャラ、で処理するようにしましょう。 先発ックスのダイジェットは受けきることが難しくうまくいけばそのまま勝ちにつながる試合も少なくありませんでした。 にも強く、に打ってきた電気技をすかしつつ、または後続にを入れることができます。 安易な起点づくりを阻止。 はたきおとすでの荒らし。 と多才。 基本的に先発でだすことになります。 をまかれてしまうとサイクルを回す都合上かなり不利な展開になります。 特にが見えた際はこちらからの有効打はあまりないように見え出てくることが多いです。 に対しても強く、一度補助技は張られてしまうが返しのどくづきで確一。 の補助技無効、おきみやげ無効と好きにさせません。 を倒すことができれば後続の、ドラパルトがかなり動きやすくなるためが見えた際は先発で選出しておきましょう。 選出のパターン どのも満遍なく選出します。 その中でも戦いながらよくある組み合わせを紹介します。 ドラゴンを選出しないとパワーが落ちるためなるべくドラゴンは選びたいところ。 ・、、ドラパルト THE・弱い者いじめ etc… 相手のパーにあわせ柔軟に対応していきたいです。 弱点 ほぼどのパーにも入っているドラパルトに弱い これに尽きます。 そのためには常に有利対面を意識することが大切になると思います。 ちなみに50戦中サザンガルドどころかを一切見ませんでした。 thriller930.

次の

【ポケモン剣盾】ランクマッチ14位記念!ちょうはつわるだくみサザンドラ対戦考察【受けループ対策】

サザンドラ 対戦

今回の育成論はです、 目次• 基本データ No. 635 分類 きょうぼう 英語名 Hydreigon タイプ あく ドラゴン H92 A105 B90 C125 S98 高さ 1. 8m 重さ 160. 身代わりから入って有利対面を作りつつ、挑発で技を封じる。 火力はダイアークで補う。 受けよりでない構築が相手の場合は、食べ残しを活かしてサイクルに参加する役割に変わる。 調整意図 能力値 C:基本的に耐久振りは必要にならないため、少しでも火力を上げるために252降り S:100前後は非常に激戦区であり、少しでも上を取りたいため補正込み252降り 持ち物 食べ残しで確定。 羽休めを没収されたため、これがないと場持ちしにくい。 技構成 確定技 悪の波動 タイプ一致のメインウェポン。 かなり通りがいいためこれだけでも戦える。 H4 48. 3%、皮剝げていれば確定2発)• H252ドラパルト 86. 無振り 50. 無振りFC 51. H252FC 40. H4 39. H252 32. H252輝石ガラル 53. H252 40. HD特化 26. 5% 確定4発 悪巧み 隙を見て積んで火力を上げる。 この型の特性上起点を作りやすく、役割を果たしやすい。 選択技 挑発 崩し枠としてこれがあると楽に突破出来る相手が増える。 これを食らうだけで何もできなくなる受けポケも多い。 身代わり これがあると立ち回りに幅が出る。 宿り木等を透かしたり相手のックスターンをやり過ごしたり。 ラスターカノン 技範囲を広げる。 主にフェアリー勢への打点。 ダイスチルのBアップもおいしい。 H4 65. H244 35. H252マホイップ 45. HD特化マホイップ 32. しかし、はかなりを呼ぶので決まれば爆アド。 当たらない。 無振り砂下 102. H252砂下 86. H244 46. 気合玉よりは当たる。 H252 119. 無振りガラル 108. 1 確定1発• 無振り 92. と組み合わせて運用。 は黒い霧で流星後のステータスを戻したりしてサポートする。 技構成 流星群 最大火力。 ドラパルトを倒すために使う。 竜の波動では威力が足りない。 だいちのちから 対用。 の手助けがあれば、ダイアースとダイナックルの確定数が変わらなくなる。 大文字 主に天候をかき変える、アーマーガア・への打点。 ゲップ 特攻を上げるために使う。 また、フェアリー相手の有効打。 弱い点• にダイアシッドで確二• への打点がない• に撃ち負ける 相性のいい味方 火炎玉を持たせることで耐久が高くなり自己再生もできる。 場持ちがよく、にぴったりのサポート技を覚えるため。 いかくと鬼火で攻撃を下げバークアウトで特攻を下げることでのダイ技での能力を上げる間が稼げる。 技が多様なと積み技はとても相性がよく、S98という速さを生かして大火力を放てる。 技構成 悪巧み 特攻を二段階上げる積み技。 元々技範囲が広いの一貫性をさらに上げる。 悪の波動 わるだくみ一回積み• わんぱくHBガラル 107. わんぱくHB 65. わんぱくHB 56. わんぱくHB 85. ずぶといHB 66. なまいきHD 53. おだやかHD 65. おだやかHD 116. わんぱくHB 99. これで紹介を終えます。 KOKUBANLEMON.

次の

【ポケモン剣盾】サザンドラの育成論と対策|おすすめ性格【ソードシールド】|ゲームエイト

サザンドラ 対戦

ソード限定で出現 モノズ・ジヘッド・サザンドラはソード限定ポケモンとなっており、シールドバージョンでは出現しない。 シールドをプレイしている人は、ポケモンホーム 2020年開始予定 や交換などを活用してサザンドラをゲットしよう。 サザンドラのタイプ相性と特性 ポケモンソードシールドに登場するサザンドラのタイプ相性や特性(夢特性)をまとめています。 サザンドラの基本情報を知りたい方は是非ご覧ください。 8m 重さ 160. ふゆう 地面技を無効化し、まきびし・どくびし・特性「ありじごく」の効果を受けない サザンドラの種族値 ポケモンソードシールドのサザンドラの種族値を掲載しています。 サザンドラを使ってレート戦 ネット対戦 などをプレイ予定の方は是非参考にしてください。 HP 92 こうげき 105 ぼうぎょ 90 とくこう 125 とくぼう 90 すばやさ 98 合計 600 サザンドラの覚える技 ポケモンソードシールドのサザンドラが覚える技をまとめています。 レベルアップや技マシンで覚える技などを掲載しているのでぜひご覧ください。 関連スレッド.

次の