アンパンマン の マーチ。 「アンパンマンのマーチ」が東日本大震災の沈黙を破った意味

アンパンマンのマーチ【歌詞解釈】やなせたかし 歌詞の意味

アンパンマン の マーチ

全然売れなかった不遇の時代 最初は 全く売れなかったというアンパンマン。 図書館とかに絵本があると思うのですが、初期のアンパンマンはアニメとかけ離れた結構 暗いトーンでした。 空腹な子どもに自分の顔をちぎってあげる様子とかが結構シュール。 実際アンパンマンの企画を編集社に持ち込んだときもこんな みっともない主人公では受けない。 と即却下され、 売れないのは悪です。 とまで言われるくらい世間の風は冷たかったのです。 その後子ども向けに改良、絵本にしましたが、顔をちぎったアンパンマンの顔はグロテスクで、大人の反応は イマイチでした。 しかしそんな中、 子どもたちの反応だけは違いました。 幼稚園に置かれていたアンパンマンの絵本は ボロボロになるまで読まれていたと言います。 それを見た担当の人がアニメ化することを決断します。 ほとんどの人は気付いたと思うのですが、紹介した言葉はアンパンマンの オープニング主題歌、「アンパンマンのマーチ」の歌詞を 順番に書いただけなんです。 作詞は原作者でもある やなせたかしさんが書かれたもので、初放送から 現在まで変わらず使用されている曲です。 この歌詞が実に深い。。。 あのホンワカしたアニメーションにかき消されがちですが、ものすごく 本質的なことを語っています。 戦争の時代を生きたやなせさんは、自身も中国に出兵し、 戦争は正義であることを信じて戦いました。 しかし、日本が敗戦すると、その正義が一変し 悪魔の軍隊と呼ばれるようになりました。 正義のための闘いなんてどこにもないのだ 正義はある日突然反転する 逆転しない正義は献身と愛だ。 目の前で餓死しそうな人がいるとすれば その人に一片のパンをあたえることだ。 と、やなせさんは悟り、そこからアンパンマンが生まれ、この歌詞が生まれたのです。 そんな経験をしたやなせさんだからこそ書けたこの言葉たちは自然と人間の本質を表しているのでしょう。 日本は豊かな国です。 物があふれて、欲しいものは何でも手にはいると言われて久しいくらいです。 物質的な豊かさは手に入れられても、 人は幸福にはなれない。 毎日のように流れる悲惨なニュースを見ると、現在の日本はそれを 証明していると感じます。 本当に大切なものとは。 何のために生まれ、何をして生きるのか。 それは現在の飢餓から解放された国の人たちに問われている課題だと感じます。 11の震災の時にラジオで一番リクエストがあり、 一番流れた曲がこの アンパンマンのマーチでした。 僕自身もそのとき東北にいたので、感じた揺れは今でも鮮明に覚えています。 絶望にくれながらも多くの人に 勇気と希望を与えた一つの歌詞が、今、生きている僕らに大切な問いを与えてくれている気がします。 命を無駄にしない生き方を考え、行動していかないといけない。 そんな 壮大な生きるテーマを アンパンマンから学びました。

次の

アンパンマンの主題歌に隠された悲しい秘密

アンパンマン の マーチ

大人から子供まで 誰もが知っているアンパンマン。 その主題歌『アンパンマンのマーチ』は 「愛と勇気だけが友達さ」などの歌詞から なんだか寂しい歌のように解釈されがちです。 しかし、この歌の背景を知ると 実はこの曲が子ども番組の主題歌と言うには 非常にもったいない程深い曲だという事が わかります。 このアンパンマン、元々大人向けの読み物で アンパンマン自身も普通の人間だったのです。 空腹の人たちの元へパン粉を届ける という点は現在と比較的共通していますが アンパンマンを語る上で 最も知っておく必要があるのが やなせたかしさんの弟の存在です。 実はやなせたかしさんの弟は海軍に志願し 特攻隊として戦場でその生涯を閉じました。 更にやなせたかしさん自身も 戦中・戦後の食糧危機に直面し 非常に辛い思いをしたそうです。 その事を踏まえて もう一度この歌の歌詞を読んでみてください。 作詞 やなせたかし 作曲 三木たかし そうだ!嬉しいんだ生きる喜び たとえ胸の傷が痛んでも 何の為に生まれて 何をして生きるのか 答えられないなんて そんなのは嫌だ! 今を生きることで 熱いこころ燃える だから君は行くんだ微笑んで。 そうだ!嬉しいんだ生きる喜び たとえ胸の傷が痛んでも。 嗚呼アンパンマン優しい君は 行け!皆の夢守る為 何が君の幸せ 何をして喜ぶ 解らないまま終わる そんなのは嫌だ! 忘れないで夢を 零さないで涙 だから君は飛ぶんだ何処までも そうだ!恐れないでみんなの為に 愛と勇気だけが友達さ 嗚呼アンパンマン優しい君は 行け!皆の夢守る為 時は早く過ぎる 光る星は消える だから君は行くんだ微笑んで そうだ!嬉しいんだ生きる喜び たとえどんな敵が相手でも 嗚呼アンパンマン優しい君は 行け!皆の夢守る為.

次の

難易度表/おに/アンパンマンのマーチ

アンパンマン の マーチ

みんなが大好きなアニメと言えばアンパンマンのようだ。 実際、子供のころにはアンパンマンを見て育ってっていう人も多く、今でも多くの子供がアンパンマンを楽しんでいるようだ。 そんなアンパンマンだが、何と言っても主題歌が耳に残っている人もいるだろう。 あの有名な主題歌は誰もが知っているかと思うが、あのアンパンマンの主題歌にはちょっとした 都市伝説が存在している。 その都市伝説というのは、主題歌である アンパンマンマーチの中に隠されている。 続きます… スポンサーリンク アンパンマンマーチの中には、『ほら忘れないで・・・・だから君はとぶんだどこまでも』という有名なフレーズがある。 このフレーズが好きな人も多いようだが、都市伝説はこの歌詞に隠されているというのだ。 どういうことかというと、この部分には作者であるやなせたかしさんの 悲しい実話が含まれているということである。 やなせたかしさんにはお兄さんがいたようではあるが、そのお兄さんは特攻隊として亡くなってしまったという過去があるようだ。 都市伝説によればお兄さんが出撃する時っていうのは、未来を作ってくると笑顔で出撃していったそうです。 そのお兄さんの笑顔を託して作者であるやなせたかしさんはアンパンマンを描いていると言われているようだ。 また、そのお兄さんが特攻隊としてとびだっていった部分をアンパンマンマーチの中に込めていると都市伝説では言われている。 子供から大人まで大人気のアンパンマンにはこんな都市伝説が存在するのだ。

次の