王翦 鄴。 キングダムネタバレ鄴(ぎょう)攻め予想 王翦の勝ち方と残された伏線

【キングダム】637話ネタバレ!王翦の鄴攻めの絵図(シナリオ)とは!?

王翦 鄴

黄河(水路)で兵糧を送る 秦の補給部隊を襲撃した趙軍。 秦軍の大将・介億(かいおく)は、想定よりだいぶ早くバレてしまったことに、参ったと言いますが余裕の表情。 介億は、バレてしまってはムダ死になため、補給部隊の兵を退却させるよう命令します。 鄴(ぎょう)へ兵糧を送れなくなることを心配する兵達ですが、問題ないと介億は言います。 本命は別のルートで運んでいると。 秦が鄴(ぎょう)へ兵糧を送るに選んだ本命のルート、それは黄河(水路)でした。 霧に紛れて全力で船を漕ぐ秦軍。 秦国、咸陽(かんよう)に、補給船団が列尾(れつび)横を越え、趙国の水域に侵入したとの報告が入ります。 その報告を口元に手を当て、無言で聞く昌平君(しょうへいくん) 李牧は見抜いていた 兵糧を送るのに、黄河(水路)を選択した秦ですが、李牧はそれすらも見抜いていました。 陸路の補給部隊を襲撃した舜水樹(しゅんすいじゅ)に、李牧は事前に、秦軍は必ず水路を使って兵糧を運ぶと伝えていました。 舜水樹は、逆にさらに裏をかいて、陸路が本命の線かと思い襲撃しましたが、李牧の言った通りで余計な心配だったかと言います。 黄河(水路)で兵糧を運ぶ秦国に対し、「アホ共が」と吐き捨てるように舜水樹は言います。 黄河(水路)は既に趙軍が封じており、追い風の趙軍は一斉に矢を放ち、防戦一方の補給船団。 さらに、上流の秦軍に対して、下流の趙軍、河の水量が違うため、水軍の練度も違うと、趙水軍大将・甲鬼央(こうきおう)は言います。 鄴(ぎょう)城内では、兵達が飢えに苦しんでいます。 信はこの状況に、どうすればいいのだと焦ります。 王翦の鄴攻めの絵図とは!? 鄴(ぎょう)の様子を見続ける李牧。 カイネは李牧に、自分たちが鄴(ぎょう)の様子を見ているので、天幕で休んで下さいと言います。 黄河(水路)での補給を読んでいた李牧ですが、わずかな胸騒ぎを感じます。 しかし、王翦(おうせん)には水路の他にもう手はないはず。 答えがでない李牧は、カイネ達の気遣いに甘え、天幕で少し休もうとしますが、その時、王印の騎士団が現れ、今すぐ王都・邯鄲(かんたん)へ同行願いますと言います。 今ですか?と聞く李牧に、「今すぐです」と答える騎士団。 李牧は、断ると言ったら?と聞き、カイネは腰の刀を握り、いつでも抜刀できる態勢をします。 騎士団は、カイネ含めた側近のすぐ背後をとり、首元に針を当て、側近たちを皆殺しにして連行するだけと言います。 李牧は、分かりましたと答え、この場を雷伯(らいはく)に引き継ぐようカイネに指示を出します。 手枷をはめられ、まるで罪人のように連行される李牧。 李牧軍では、見たことのない騎士団だとの声が出ますが、あの旗って・・・との声も出ます。 李牧は騎士団に、朱海平原敗戦の咎(とが)ですか?と聞き、そう聞いておりますと騎士団は答えます。 李牧は、あと十日、王翦軍が飢えて鄴(ぎょう)を取り戻すところまで待って頂けたから、ありがたかったのですがと言いますが、仕方がありませんと騎士団。 王の命令は絶対ですと言います。 李牧は騎士団に、あなた方も大変ですねと言いますが、あなた様ほどではありませんと騎士団は答えます。 李牧は考えます。 せめて、黄河(水路)の水軍の勝報まで確認して去りたかったが・・・信じてますよ、舜水樹(しゅんすいじゅ) そこさえ止めてしまえば王翦軍は餓死します、そこさえ止めれば! 黄河(水路)では補給船団の俵が次々に黄河の中へ捨てられます。 咸陽(かんよう)に、水軍が全滅との急報が入ります。 皆が焦る中、昌平君(しょうへいくん)は、出陣前に王翦から言われていた言葉を思い出します。 王翦は出陣前、一つ頼んでおきたいことがあると言い、何かを伝えていました。 その頼みを聞いた昌平君は、「今、何と・・・」と驚きます。 これが王翦の鄴攻めの絵図(シナリオ)と思われますが、残念ながら内容まではまだわかりません。

次の

キングダム【633話】ネタバレ!李牧率いる趙軍、王翦率いる秦軍の選抜隊、鄴(ぎょう)へ!

王翦 鄴

「 鄴」、「 鄴城」和「 鄴都」均重新導向至此。 關於其他用法,請見「 」。 鄴城遺址 公布 所在 分類 古遺址 時代 至 編號 3-213 登錄 1988年 鄴城遺址或稱 鄴城,位於今境,由南北兩座相連的組成(即鄴北城、鄴南城)。 鄴北城自東漢十八年(213年),由在舊城基礎上開始營造。 是為之一。 後為、、。 時,興建鄴南城。 為東魏、都城。 鄴城主體位於河北省臨漳縣西南20公里的漳河北岸,在今河北省臨漳城區20公里,距主城區18餘公里。 遺址範圍包括今河北省臨漳縣西南(鄴北城、鄴南城、)和河南省安陽市東北(、)。 1988年,以鄴城遺址之名列入。 今天鄴城舊址附近,即臨漳縣及相鄰的和河南省安陽市交界處,還經常有重要的與相關的發現。 歷史 [ ] 先秦兩漢 [ ] 時,其君於此地,時曰 桐。 時期築鄴城, 鄴是名。 時屬,有鄴令治鄴之故事。 依「鄴令(鄴)」一詞推斷,此時可能已置。 今留有在。 建立後為治所。 漢末魏晉南北朝 [ ] 末年以鄴城為根據地,遂成為治。 十八年 213年 自封為魏公,定之都於此。 曹操因舊城增築 鄴北城,東西七里、南北五里,北臨,城西北隅自北向南有冰井、銅爵、金虎三台(即),遺址位於今三台村。 篡漢,,鄴仍為魏郡郡治,並以「王業之本基」為之一。 沿襲曹魏舊制,後避司馬鄴之諱,314年改名臨漳縣。 元年(335年)徙都之,復改為鄴縣。 時期的、、都曾在此建都。 建立,遷都於此,置,改魏郡為,並於古漳水南岸營建 鄴南城,東西六里、南北八里,規模大於北城,現其城遺址因漳水改道已在北岸。 東魏天平初年(公元534年),把盪陰縣、安陽縣劃入鄴縣。 自此安陽縣併入鄴縣直到590年(重置安陽縣)共56年時間。 代魏後,仍以此為都,改魏尹為,倚郭鄴、、三縣。 鄴城之盛,至此為最。 此時的鄴城坐擁天下之精華,是當時最為繁榮的都城。 滅齊,改司州為,清都尹為魏郡,臨漳、成安二縣從鄴城遷出,鄴仍為相州州治、魏郡郡治。 被毀棄 [ ] 二年(580年),據鄴反抗失敗,古鄴城被焚毀。 相州、魏郡、鄴縣三級治所及鄴民遷至。 鄴城被毀棄。 2017年5月16日,臨漳縣文物部門表示,經考古專家發掘和研究,確認鄴城遺址中的核桃園一號建築基址,是北齊皇家佛寺大莊嚴寺遺址,屬於最高等級的皇家大寺,準確建造時間為公元553至577年之間。 參考文獻 [ ].

次の

キングダムネタバレ鄴(ぎょう)攻め予想 王翦の勝ち方と残された伏線

王翦 鄴

鄴攻めの背景 なぜ鄴を攻めるのか? 嬴政は、15年で中華統一することを目指しています。 しかし、秦国軍総司令の昌平君は、「 黒羊を拠点とした趙西部侵略の戦略では、15年で中華統一することは不可能」と確信します。 その理由は、李牧の指示により、新たな防衛拠点が 太行山脈の麓に急ピッチでいくつも作られていたからです。 これらの拠点を一つ一つ潰していては、趙国を滅ぼすことだけで10年を要すると、昌平君は判断したのです。 昌平君が提案した鄴攻めは、策としては2流3流の戦略でした。 しかし、これくらい突拍子もない方法でないと、李牧を出し抜いて秦国が中華統一することなどできないとして、鄴攻めを嬴政に提案したのでした。 鄴攻めには、生命線とも言える兵站を無視した背水の陣で挑んでいます。 あらゆる不測の事態に常に的確な判断が下せる人物を総大将に任命する必要があります。 そして、その重要な鄴攻めの総大将の任に、王翦将軍が選ばれたのです。 補足 黒羊・・・桓騎軍と飛信隊が、多大な犠牲を払って手に入れた要地。 大きな丘になっている地形でここに砦を作り、趙西部侵略の拠点にしようとしている。 太行山脈・・・趙国の王都・邯鄲の西部にある自然の防壁。 南に流れる黄河に挟まれた邯鄲は、自然の要塞の中にある強固な都市。 王翦の鄴攻めの全容 列尾で潰えた昌平君の戦略 王翦は、初めは昌平君に授けられた戦略に従って進軍しますが、 列尾を攻め落とした後に、その城の全貌を見て「李牧め!」と初めて動揺する様子を見せます。 列尾は、もし他国に侵略されたとしても、すぐに奪い返せるように、李牧の策略によってわざと弱く作られていたのです。 列尾を拠点として保つことができなければ、このまま鄴に攻め行っても、兵站を絶たれ全滅することは確実です。 鄴攻めを続けるのか、全軍撤退するのかを決めなくてはならない状況下で、王翦が練り上げた戦略は、李牧の兵糧攻めに対して、兵糧攻めでやり返すという、誰もが思いつかなかった戦略でした。 補足 列尾・・・趙国の南西部に位置する国門。 楊端和軍と飛信隊が列尾を攻め落とすことに成功。 王翦が鄴を攻め落とすための戦略が半端ない 王翦が練り上げた戦略とは、鄴の中をたくさんの難民で溢れ返させて、食料を大量に消費させるというものでした。 その難民は、列尾から鄴にたどり着くまでにある、9つ小さな都市を攻めた際に、民衆をわざと城の外へ逃すことで生み出したものです。 キャパオーバーの難民を抱えたまま、籠城戦に入らざるを得なくなった鄴は、他の都市からの援軍を待つ他なくなったのです。 鄴攻めにおける3つの大局 3つの大局• 王翦・飛信隊・玉鳳隊・楽華隊VS李牧・紀彗・馬南慈・岳嬰・趙峩龍・尭雲• 桓騎軍VS鄴(鄴周辺の解放軍)• 楊端和軍・壁軍VS舜水樹軍・犬戎軍 秦国と趙国、二つの国の命運をかけた戦いは、鄴を包囲する桓騎軍。 その桓騎軍を含めた秦国連合軍を広範囲から包囲する趙国軍という、兵糧攻めのかけ合いとなりました。 鄴を解放できるだけの戦力を持っているのは、閼与と橑陽の2都市だけです。 そのため、これら二つの都市からやってくる、鄴解放軍を、先に叩く必要がありました。 橑陽には、楊端和率いる山民族軍と壁軍。 閼与に対しては、王翦、飛信隊、玉鳳隊、楽華隊が向かいます。 そして、閼与からの解放軍に総大将として入った李牧と、王翦率いる秦国軍が、朱海平原で激突することとなったのです。 王翦の閼与攻略のタイミング 閼与攻略は史実でもある 王翦が、鄴攻めと並行して閼与を攻略したことは史実です。 そのため、朱海平原の戦いと同時か、その直後に王翦は閼与を攻略することは既定路線です。 閼与攻略の目的 閼与攻略は、鄴を攻略するために必要は不可欠です。 鄴を包囲する桓騎軍が撃破され、鄴が解放されるのを防ぐため• 咸陽からの兵站を確保するため 桓騎軍は、鄴を取り囲んで兵糧攻めを仕掛けてつつ、四方八方からひっきりなしにやってくる、鄴解放軍を撃退しています。 この桓騎軍に打ち勝てるだけの兵力を持っているのが、閼与と橑陽であるため、それら二つの都市からやってくる鄴解放軍と戦っているわけです。 さらに、趙王都圏に入る際に通った列尾は、再び趙に奪い返されています。 そのため、咸陽から連合軍への兵站が絶たれた状態です。 そこで、王翦は閼与を拠点として兵站をつなぐことを考えているはずです。 秦国連合軍の兵站が確保されれば、趙国の絶対的な優位性はなくなり、一気に形勢は秦国軍に傾くことになるはずです。 王翦が閼与攻略を鄴攻めと同時に行った? 朱海平原の戦いは十五日間に渡って行われるのですが、その中で王翦の姿が確実に本陣にあったのは、三日目までです。 その次に王翦が本陣に現れたのは、十二日目でした。 この空白の期間を使って、王翦が単独で別働隊を率いて閼与に攻め入った可能性が高いです。 なぜ単独なのかというと、王翦軍の主軸となる亜光・麻鉱・田里弥・倉央の4将は、いずれも朱海平原に止まっていたことが確実で、さらに連合軍の兵力を閼与攻略のために割くと、たちまち李牧が中央軍を使って攻めてくるのは明らかだったからです。 関連記事 閼与を攻略するために王翦が用意した別働隊とは? では、閼与を攻略するために、王翦が用意していた別働隊は、一体どこからきたのかというと、秦国の王都・咸陽からです。 王翦が鄴攻めに立つ前に、軍総司令の昌平君になにやら頼みごとをしていました。 その内容が、「閼与付近に兵站と別働隊を用意しておいてほしい」というものだった可能性が高いのです。 王翦は、ひそかに朱海平原にある本陣から離れ、この別働隊を率いて閼与を攻略して帰還するのです。 関連記事 まとめ 「王翦は、別働隊を使って閼与を攻略する」 この真偽は、今後の連載で明らかになるはずです。

次の