レンドル最強。 エスプレンドル

80年代後半、男子プロテニス選手のイワン・レンドルは最強・最高の...

レンドル最強

an 基本 籍 出身地 : オスヴァ 生年日 体重 kg 選手 利き手 右 片手打ち 年 年 の界における選手の一人。 前半は、、らと争ったが、なかなか四大大会で勝てなかった。 四大大会初は年の全。 翌年から全にを奪うと約3年に渡ってを維持している。 キャ後半は、らと争い初めまでであり続けた。 は安定感のあるクをとするである。 成績も非常に安定しており四大大会での連続準決勝進出10大会はがするまで最長記録だった。 最終的に在位期間は週に及び、こちらも当時の歴代記録である。 ーはやや苦手だったようでに分のあるでは勝てなかった。 彼はのために自宅にコートを設置した上、直前の全をスキップまでして備えたりもしていた。 数や数など積算系の数字ではズに次ぐ数字を挙げている大選手なのだが、その割には。 最大の理由は四大大会決勝8勝11敗という勝負弱さにあると思われる。 特に全では8年連続決勝進出という記録を持ちながら、同時にが3回だけという選手としてはやや残念な結果に終わっている。 では2回決勝進出したが勝てなかった。 特に2度の決勝の相手はの・キャッシュで実績的に格下の相手だったため「今度こそ」と思われたようだが、で敗れている。 決勝で負け続けたため四大大会前にを経験しているが、このような選手はの上初めてだった では最近増えてきている。 では後にマル・スが達成、スはで一四大大会を勝てずに終わったNo1経験者となっている。 後はあまり大きな動きはなかったが、近年になってのを務め、に導いたことは特筆される。 偶然なのかの四大大会初はレンドルと同じ5度の決勝 の全 だった。 側からは慰留されたようだがになっては一旦解消された。 自身が手に出来なかったを取れたことで役割を果たしたと考えたのだろうか。 その後のであるからを依頼されたようだが断ったらしい。 の全後にのに再度合流するとの発表があった。 レンドルと判れてからのはの手術のもあってかに全くと言っていいほど勝てなくなっているだけに、今後が期待される。 との師が成功したことで、かつての級大選手をに招聘するのが流行してきている。 ベッが、エドベリはと、かつてレンドルと競った選手たちがに就任した。 またのを務めるが全で最年少したときにも4回戦で対戦している。 この試合はが2からサーブなども駆使した執念ので大逆転したことで知られている。 主な実績• ング 在位週:歴代3位、時歴代• 全3回 ~• 全3回 、、• 全2回 、• 準2回 、• 全準5回 ~、、• 全準2回 、• 全準2回 、• ス通算回数 回 歴代3位、時歴代• ス通算成績 1勝敗 数歴代3位、時歴代• 四大大会連続準決勝進出10回 時歴代最長、歴代3位• 四大大会決勝進出19回 歴代4位、時歴代 関連動画 関連項目• - キャ前半における最大の。 はややズレたが二人は1歳しか違わない。 - を務め、見事に導いた。

次の

イワン・レンドル

レンドル最強

🎾本記事のサマリー• 10 ジミー・コナーズ/Jimmy Connors(USA) 闘志溢れるプレーで歴代最多のATPシングルス109勝 選手プロフィール:1970年代の男子テニス界に長らく王者として君臨したレジェンド。 ビョルン・ボルグ、ジョン・マッケンロー、イワン・レンドルらと並び、 黄金時代を築いた名選手のひとり。 現役時代は悪役的なキャラクターとして人気を博した。 世界ランキング1位通算在位記録「268週」は歴代4位。 米国UCLA出身の高学歴。 幼少期のフェデラーが憧れたアイドル選手だった。 1972年でプロデビューから96年まで22年間に渡って現役生活を続けた。 四大大会成績:8勝(全豪1・全仏0・全英2・全米5)• ツアー勝利:シングルス109勝・ダブルス16勝• ATPシングルス1位通算在位:268週• 年間最終戦:1勝• 現在の活動:引退後は殆どテニスとの関わりを持たずにいる。 2006年にアンディ・ロディックのコーチを務めた。 イワン・レンドル/Ivan Lendl(CRZ) 80年代最強のグランドストロークの使い手 選手プロフィール:1980年代の男子テニス界の絶対王者。 四大大会では決勝に19回出場したが、8勝11敗という勝負弱さが垣間見える。 四大大会成績:8勝(全豪2・全仏3・全英0・全米3)• ツアー勝利:シングルス94勝・ダブルス6勝• ATPシングルス1位通算在位:270週• 年間最終戦:5勝• 現在の活動:2010年にシニアツアーへ復帰し現在も参戦中。 2012年より2年間アンディ・マレーのコーチへ就任し、2012年全米や13年ウィンブルドン、ロンドン五輪の優勝に貢献。 その後、2018年よりアレクサンダー・ズベレフのチームへ加入。 チェコ出身だが、現役時代の晩年92年にアメリカに帰化し、現在もコネチカット在住。 ジョン・マッケンロー/John McEnroe(USA) 基本から逸脱した天性のタッチセンスは唯一無二 選手プロフィール:80年代前半の王者。 シングルスとダブルスの両方でランキング1位を達成している。 ビヨン・ボルグとのライバル関係で名勝負を繰り広げた。 試合中に暴言を吐いたり、ラケットを投げたりと 「悪童」と称されたクレーマーだった一方で、その情熱的なキャラクターでファンに愛された。 米国スタンフォード大学出身(中退)。 四大大会成績:7勝(全豪0・全仏0・全英3・全米4)• ツアー勝利:シングルス77勝・ダブルス71勝• ATPシングルス1位通算在位:177週(歴代位)• 年間最終戦:3勝• 現在の活動:現在もシニアツアーで活躍している。 アメリカのTV番組でも活躍。 2016年のウィンブルドンではラオニッチの臨時コーチに就任。 アンドレ・アガシ/Andre Agassi(USA) サンプラスと共に1時代を築いた、90年代のアイコン選手。 端正なマスクに、で、テニス界のファッションリーダーとしても人気を博した。 史上唯一の・・ATPツアーファイナル優勝の3冠達成者。 1986年にツアーデビューして、2006年まで活躍。 キャリア晩年の2005年全米オープンでも決勝に進出しフェデラーと好ゲームを演じたなど、長期に渡ってツアーで活躍した。 36歳で引退宣言。 2017年よりジョコビッチのコーチへ就任。 四大大会成績:8勝(全豪4・全仏1・全英1・全米2)• 生涯グランドスラム:• ツアー勝利:シングルス60勝・ダブルス1勝• ATPシングルス1位通算在位:101週• 年間最終戦:1勝• 現在の活動:ドイツの絶対女王のシュテフィ・グラフと結婚し2人の子どもを抱える父親。 引退後に出版した自叙伝『OPEN』で現役の期間中にレクレーショナルドラッグを使用をしたことを認めた。 ジミー・コナーズやジョン・マッケンローらと共に、 男子テニスの黄金時代を築いた。 全仏オープンに4連覇を含む6勝。 特にウィンブルドンで5連覇を達成しサンプラス以前のウインブルドンの聖像と言える。 片手バックハンドが主流だった時代に、両手バックハンドとトップスピン 順回転 を駆使して、 現代テニスの源流を作った。 長髪のブロンドヘアとトレードマークのヘッドバンドに、世界中の女性が黄色い声をあげた 元祖アイドル選手。 1983年に26歳の若さで突然の現役引退を表明した。 四大大会成績:11勝(全豪0・全仏6・全英5・全米0)• ツアー勝利:シングルス64勝・ダブルス4勝• ATPシングルス1位通算在位:109週• 年間最終戦:2勝• 現在の活動:引退後はスキャンダルが多い。 現在はスウェーデンで若手育成に尽力。 そのプレーの基本はサーブアンドボレーで、コート内での動きが速く、当時としては異例のフラット系のハードヒットを駆使した。 生涯グランドスラム:• ツアー勝利:200勝• 現在の活動:現在77歳。 母国オーストラリアではその功績をたたえて、全豪オープンのセンターコートはロッドレーバーアリーナと命名されている。 ピート・サンプラス/Pete Sampras(USA) 世界1位の座に6年間君臨した90年代の絶対王者 選手プロフィール:1990年代最強のテニスプレイヤーでアガシと共に一時代を築いた。 世界ナンバー1在位286週の記録を保持(連続6年間)。 フェデラー以前の史上最高の選手。 2000年代のBIG4時代以降も、史上最高のオールラウンドプレイヤーの一人に数えられる。 その輝かしい経歴は、2002年の全米オープン優勝で締めくくられた。 四大大会成績: 17勝(全豪8・全仏1・全英5・全米3) *2020年5月時点• 生涯グランドスラム:• ツアー勝利:シングルス79勝・ダブルス1勝 *2020年5月時点• ATPシングルス1位通算在位:179週(歴代5位)• 年間最終戦:5勝• スポンサー一覧:• 現在の活動:2018年序盤大きく調子を落としたものの、ウィンブルドン以降猛烈な追い上げで 世界22位から世界1位へ返り咲いた。 3年ぶり5度目の年間最終ランキング1位。 2019年は既に全豪OP、ウィンブルドンで四大大会2勝をあげ、2位以下を大きく引き離して世界1位を独走中。 グランドスラム18勝。 を達成。 クレーコート最高勝率、クレーコート81連勝、全仏オープン、モンテカルロ・マスターズ、ローマ・マスターズ、バルセロナ・オープンの最多優勝記録などの数々の記録を更新し続ける「 赤土の王者」。 四大大会成績: 18勝(全豪1・全仏12・全英2・全米3) *2020年5月時点• 生涯グランドスラム:• ツアー勝利:シングルス85勝・ダブルス11勝 *2020年5月時点• ATPシングルス1位通算在位:141週• 年間最終戦:0勝• スポンサー一覧:• 現在の活動: 2019年も全仏OPはナダルの独壇場となり、圧倒的強さで3連覇を果たし、クレー最強伝説を更新。 1となり、史上最高のテニスプレーヤーと称される。 特に、世界ランキング1位連続在位期間237週は男女を通じて歴代最長。 し、5年ぶりのグランドスラムタイトルを手にした。 エレガントで華麗なプレースタイル、プロッフェショナリズム、スポーツマンシップ、人間性はコート内外に渡って、など競技の枠を超えて評価されている希有な存在。 また、長年に渡ってを結んでおり、収入的にもテニス史上最も成功したテニス選手。 四大大会成績: 20勝(全豪6・全仏1・全英8・全米5) *2020年5月時点• 生涯グランドスラム:• ツアー勝利:シングルス103勝・ダブルス8勝 *2020年5月時点• ATPシングルス1位通算在位:302週(歴代1位)• 年間最終戦:6勝• スポンサー一覧:• 現在の活動:2018年は全豪はオープン連覇を果たし グランドスラム20回目の優勝、世界1位最年長記録などのテニス界の記録を塗り替えた。 2019年は好調をキープし、4年ぶりに全仏OPに出場しベスト4入り。 そして、得意の全英OPでは決勝でジョコビッチとの死闘に上に破れるも準優勝。 そのテニスは依然進化の途中。 フェデラーとナダルが上2つを占めてる理由が理解不能です、記録でランキング作ってるのですか? まず、技量とセンスでフェデラーはコナーズ、マッケンロー、サンプラスにかなり劣っています、これは見るべき所を見抜ければ分かります。 記録や成績で語るのは素人ですね。 フェデラーも確かに強くはありますが回りが弱いので強いと錯覚しがちです、フェデラーのスーパープレー等ありますが、マッケンロー、サンプラス等に比べると何処がスーパープレーなのか謎です、まずフェデラーは落ち目のヘイマンにかなり負けています、そしてヘイマンはマッケンローに遊ばれているのでフェデラーは大したことないです、マッケンローやサンプラス、コナーズのプレーは今の選手では真似できないものがあります。 サンプラスは驚異的な身体能力とセンスを持ち合わせていました、フェデラーが勝った時のサンプラスは貧血性でだいぶ弱っていました、あの試合はよくやれたなとサンプラスの強さに感服しました。

次の

エスプレンドル

レンドル最強

🎾本記事のサマリー• 10 ジミー・コナーズ/Jimmy Connors(USA) 闘志溢れるプレーで歴代最多のATPシングルス109勝 選手プロフィール:1970年代の男子テニス界に長らく王者として君臨したレジェンド。 ビョルン・ボルグ、ジョン・マッケンロー、イワン・レンドルらと並び、 黄金時代を築いた名選手のひとり。 現役時代は悪役的なキャラクターとして人気を博した。 世界ランキング1位通算在位記録「268週」は歴代4位。 米国UCLA出身の高学歴。 幼少期のフェデラーが憧れたアイドル選手だった。 1972年でプロデビューから96年まで22年間に渡って現役生活を続けた。 四大大会成績:8勝(全豪1・全仏0・全英2・全米5)• ツアー勝利:シングルス109勝・ダブルス16勝• ATPシングルス1位通算在位:268週• 年間最終戦:1勝• 現在の活動:引退後は殆どテニスとの関わりを持たずにいる。 2006年にアンディ・ロディックのコーチを務めた。 イワン・レンドル/Ivan Lendl(CRZ) 80年代最強のグランドストロークの使い手 選手プロフィール:1980年代の男子テニス界の絶対王者。 四大大会では決勝に19回出場したが、8勝11敗という勝負弱さが垣間見える。 四大大会成績:8勝(全豪2・全仏3・全英0・全米3)• ツアー勝利:シングルス94勝・ダブルス6勝• ATPシングルス1位通算在位:270週• 年間最終戦:5勝• 現在の活動:2010年にシニアツアーへ復帰し現在も参戦中。 2012年より2年間アンディ・マレーのコーチへ就任し、2012年全米や13年ウィンブルドン、ロンドン五輪の優勝に貢献。 その後、2018年よりアレクサンダー・ズベレフのチームへ加入。 チェコ出身だが、現役時代の晩年92年にアメリカに帰化し、現在もコネチカット在住。 ジョン・マッケンロー/John McEnroe(USA) 基本から逸脱した天性のタッチセンスは唯一無二 選手プロフィール:80年代前半の王者。 シングルスとダブルスの両方でランキング1位を達成している。 ビヨン・ボルグとのライバル関係で名勝負を繰り広げた。 試合中に暴言を吐いたり、ラケットを投げたりと 「悪童」と称されたクレーマーだった一方で、その情熱的なキャラクターでファンに愛された。 米国スタンフォード大学出身(中退)。 四大大会成績:7勝(全豪0・全仏0・全英3・全米4)• ツアー勝利:シングルス77勝・ダブルス71勝• ATPシングルス1位通算在位:177週(歴代位)• 年間最終戦:3勝• 現在の活動:現在もシニアツアーで活躍している。 アメリカのTV番組でも活躍。 2016年のウィンブルドンではラオニッチの臨時コーチに就任。 アンドレ・アガシ/Andre Agassi(USA) サンプラスと共に1時代を築いた、90年代のアイコン選手。 端正なマスクに、で、テニス界のファッションリーダーとしても人気を博した。 史上唯一の・・ATPツアーファイナル優勝の3冠達成者。 1986年にツアーデビューして、2006年まで活躍。 キャリア晩年の2005年全米オープンでも決勝に進出しフェデラーと好ゲームを演じたなど、長期に渡ってツアーで活躍した。 36歳で引退宣言。 2017年よりジョコビッチのコーチへ就任。 四大大会成績:8勝(全豪4・全仏1・全英1・全米2)• 生涯グランドスラム:• ツアー勝利:シングルス60勝・ダブルス1勝• ATPシングルス1位通算在位:101週• 年間最終戦:1勝• 現在の活動:ドイツの絶対女王のシュテフィ・グラフと結婚し2人の子どもを抱える父親。 引退後に出版した自叙伝『OPEN』で現役の期間中にレクレーショナルドラッグを使用をしたことを認めた。 ジミー・コナーズやジョン・マッケンローらと共に、 男子テニスの黄金時代を築いた。 全仏オープンに4連覇を含む6勝。 特にウィンブルドンで5連覇を達成しサンプラス以前のウインブルドンの聖像と言える。 片手バックハンドが主流だった時代に、両手バックハンドとトップスピン 順回転 を駆使して、 現代テニスの源流を作った。 長髪のブロンドヘアとトレードマークのヘッドバンドに、世界中の女性が黄色い声をあげた 元祖アイドル選手。 1983年に26歳の若さで突然の現役引退を表明した。 四大大会成績:11勝(全豪0・全仏6・全英5・全米0)• ツアー勝利:シングルス64勝・ダブルス4勝• ATPシングルス1位通算在位:109週• 年間最終戦:2勝• 現在の活動:引退後はスキャンダルが多い。 現在はスウェーデンで若手育成に尽力。 そのプレーの基本はサーブアンドボレーで、コート内での動きが速く、当時としては異例のフラット系のハードヒットを駆使した。 生涯グランドスラム:• ツアー勝利:200勝• 現在の活動:現在77歳。 母国オーストラリアではその功績をたたえて、全豪オープンのセンターコートはロッドレーバーアリーナと命名されている。 ピート・サンプラス/Pete Sampras(USA) 世界1位の座に6年間君臨した90年代の絶対王者 選手プロフィール:1990年代最強のテニスプレイヤーでアガシと共に一時代を築いた。 世界ナンバー1在位286週の記録を保持(連続6年間)。 フェデラー以前の史上最高の選手。 2000年代のBIG4時代以降も、史上最高のオールラウンドプレイヤーの一人に数えられる。 その輝かしい経歴は、2002年の全米オープン優勝で締めくくられた。 四大大会成績: 17勝(全豪8・全仏1・全英5・全米3) *2020年5月時点• 生涯グランドスラム:• ツアー勝利:シングルス79勝・ダブルス1勝 *2020年5月時点• ATPシングルス1位通算在位:179週(歴代5位)• 年間最終戦:5勝• スポンサー一覧:• 現在の活動:2018年序盤大きく調子を落としたものの、ウィンブルドン以降猛烈な追い上げで 世界22位から世界1位へ返り咲いた。 3年ぶり5度目の年間最終ランキング1位。 2019年は既に全豪OP、ウィンブルドンで四大大会2勝をあげ、2位以下を大きく引き離して世界1位を独走中。 グランドスラム18勝。 を達成。 クレーコート最高勝率、クレーコート81連勝、全仏オープン、モンテカルロ・マスターズ、ローマ・マスターズ、バルセロナ・オープンの最多優勝記録などの数々の記録を更新し続ける「 赤土の王者」。 四大大会成績: 18勝(全豪1・全仏12・全英2・全米3) *2020年5月時点• 生涯グランドスラム:• ツアー勝利:シングルス85勝・ダブルス11勝 *2020年5月時点• ATPシングルス1位通算在位:141週• 年間最終戦:0勝• スポンサー一覧:• 現在の活動: 2019年も全仏OPはナダルの独壇場となり、圧倒的強さで3連覇を果たし、クレー最強伝説を更新。 1となり、史上最高のテニスプレーヤーと称される。 特に、世界ランキング1位連続在位期間237週は男女を通じて歴代最長。 し、5年ぶりのグランドスラムタイトルを手にした。 エレガントで華麗なプレースタイル、プロッフェショナリズム、スポーツマンシップ、人間性はコート内外に渡って、など競技の枠を超えて評価されている希有な存在。 また、長年に渡ってを結んでおり、収入的にもテニス史上最も成功したテニス選手。 四大大会成績: 20勝(全豪6・全仏1・全英8・全米5) *2020年5月時点• 生涯グランドスラム:• ツアー勝利:シングルス103勝・ダブルス8勝 *2020年5月時点• ATPシングルス1位通算在位:302週(歴代1位)• 年間最終戦:6勝• スポンサー一覧:• 現在の活動:2018年は全豪はオープン連覇を果たし グランドスラム20回目の優勝、世界1位最年長記録などのテニス界の記録を塗り替えた。 2019年は好調をキープし、4年ぶりに全仏OPに出場しベスト4入り。 そして、得意の全英OPでは決勝でジョコビッチとの死闘に上に破れるも準優勝。 そのテニスは依然進化の途中。 フェデラーとナダルが上2つを占めてる理由が理解不能です、記録でランキング作ってるのですか? まず、技量とセンスでフェデラーはコナーズ、マッケンロー、サンプラスにかなり劣っています、これは見るべき所を見抜ければ分かります。 記録や成績で語るのは素人ですね。 フェデラーも確かに強くはありますが回りが弱いので強いと錯覚しがちです、フェデラーのスーパープレー等ありますが、マッケンロー、サンプラス等に比べると何処がスーパープレーなのか謎です、まずフェデラーは落ち目のヘイマンにかなり負けています、そしてヘイマンはマッケンローに遊ばれているのでフェデラーは大したことないです、マッケンローやサンプラス、コナーズのプレーは今の選手では真似できないものがあります。 サンプラスは驚異的な身体能力とセンスを持ち合わせていました、フェデラーが勝った時のサンプラスは貧血性でだいぶ弱っていました、あの試合はよくやれたなとサンプラスの強さに感服しました。

次の