銀杏 食中毒。 銀杏の食べ過ぎに注意!中毒の症状や対処法と食べる個数の目安

ぎんなんの食べ過ぎはキケン!何個までなら大丈夫?

銀杏 食中毒

銀杏中毒 銀杏(ぎんなん)食中毒とは 1)銀杏食中毒とは イチョウの種子である銀杏(ぎんなん)を多食すると、 まれに食中毒を起こすこと があります。 ぎんなんを食べる習慣がある (症例報告データベースへ) 、中国で食中毒が報告されています。 2)銀杏食中毒の特徴• 症状 ----重篤な場合、強直性及び間代性痙攣を伴い、意識を失うこともあります。 死亡例も報告されています。 中毒を起こしやすい人 ----小児(5歳未満)に多く、報告されている全患者の70%以上が10歳未満のこどもです。 大人の場合には、かなり多量に摂取した場合に限られています。 中毒量 ----特定できていませんが、記録によれば5〜6個程度でも中毒を起こすことがあります。 その理由は と深く関連しています。 もちろんこれは摂取量、その人の栄養バランスによっても異なってきます。 中毒が多発した時期 ----古い症例報告はないのですが、太平洋戦争前後(昭和30年代半ば頃まで)が特に患者数が多かったという集計があります。 これも中毒メカニズムと関連していると思われます。 しかし、現在でも年に数件の報告があります。 中毒を引き起こす原因と考えられる因子 ----後の項目で説明しますが、この食中毒は の欠乏症状としての結果、現れると考えられていることから、栄養学的にビタミンB6欠乏状態あるいは潜在的にそのような状態にある場合に、ぎんなんを摂取すると、食中毒の引き金になると予想されます。 つまり、戦争などで食料が十分に調達できない場合は現在の日本とは異なり、栄養のバランスがかなり崩れていたことが考えられます。 中毒原因物質 ----ぎんなん中に含まれる 4-O-methylpyridoxine(4-O-メチルピリドキシン:以下 MPN と略、注:4'-methoxypyridoxineやmethoxypyridoxineと古い文献で記載されていることもある というビタミンB 6に極めてよく似た化合物がその原因であることを しました。 この化合物はイチョウの他にはマメ科のある植物に微量含まれている(ただし配糖体という糖の結合した状態)ことが知られているだけで、自然界においてはきわめてまれな化合物です。 中毒のメカニズム ---- MPN はビタミンB6の作用(生体内でアミノ酸代謝の補酵素としてさまざまな生化学反応の酵素の働きを助ける)を阻害することにより、見かけ上、ビタミンB6欠乏症状を引き起こします。 この作用のうち、もっとも顕著に現れる作用のひとつとして、ぎんなん食中毒のように、中枢神経の異常興奮により引き起こされると考えられる痙攣があります。 MPN は抑制性神経伝達物質の一つである の生合成を阻害することにより、痙攣を誘発すると見なされています。 ( )• 中毒の治療 ----この食中毒が発症した場合、上記のようなメカニズムであることから、直ちにビタミンB6製剤( )を投与するのがもっとも効果的であることが考えられます。 事実この治療により、効果的に症状が改善された例があります。 ぎんなん中毒であることの証明方法 ----ぎんなん中毒と考えられる中毒症状に対し、上記のような治療法で症状が改善されたとしても、それが科学的にぎんなんが原因であったかどうかはわかりません。 しかし、当研究室ではぎんなんが原因であるかどうかを主に、血清の分析を行うことで証明することができる体制にあります。 血清等の分析に関するお願い! ----- 学術研究を目的としたものに限り,御相談させていただきます.これまでの分析実績については当ホームページ内の を御参照ください.• 現在は、代謝物についても解析をしております。 尿検体なども分析可能ですので、御相談ください。 wadakg hoku-iryo-u. jp まで御連絡ください。 なお、メール送信後、1週間たっても返事がない場合は再度御連絡ください。 プロバイダーによりこちらからの返信が届かないことがまれにあります。 (yahoo, Gmail など)• 注意(1) ----中毒が起きたとき、素人判断で対処するのは危険を伴います。 ただし、中毒を起こした前後の患者の行動をできるだけ正確に伝えることができる人がそばにいる場合は、医療関係者に直ちに正確な情報を提供し、指示を受け、冷静に対処することがもっとも最善の手段であると思います。 注意(2) ----先に述べたように、特に 小児に起こりやすい中毒 なので、子供に与えるときは個数を制限したほうが安全です。 5歳未満 は与えない方がよいと思います.子供はあればあるだけ食べることがよくあります。 注意(3) ----薬物治療を受けている人で、ビタミンB6欠乏症状を引き起こす可能性があると注意されている人、抗生物質を連用して腸内細菌叢が正常ではないと考えられる場合(ビタミンB6は腸内細菌が生合成しているので、正常な腸内細菌叢であればほとんど欠乏症状が現れることはない)は、ぎんなんを摂取するのは控えたほうがいいと思います。 ぎんなん中毒に関する情報 ----全国規模の に登録され、公開されています。 ご参照ください。 最終更新日:2010. ご利用ください。

次の

銀杏(ギンナン)は赤ちゃんの離乳食や子供にいつから大丈夫?

銀杏 食中毒

私の住む横浜でもぎんなんが色づき始め、特有のにおいが鼻をつくようになってきました。 市内をめぐる観光バスに乗車すると「踏まないように」とアナウンスが流れるほど(笑)。 でも、ぎんなんって、においに臆することなく下準備をしたくなるくらい、ホントに美味しいんですよね。 また最近は、健康ブームに乗ってドライベジ(乾燥野菜)をデスクで食べているというOLさんが増えているようです。 チョコレートやクッキーを食べるよりも食物繊維が多いし、低カロリーのものも多いので、栄養士としては、このブームはブームで終わらずに定番化してほしいと思っているところです。 そんな中「ドライぎんなん」が美味しくてつい食べすぎてしまうけれど、ぎんなんって食べ過ぎるといけないんじゃなかったっけ? というご質問を頂戴することが増えてきました。 ぎんなんは古くから薬や食材として用いられてきましたが、実は食べすぎると中毒を起こします。 有毒成分は4-メトキシピリドキシン(4-MPN)という物質です。 4-MPNはビタミンB6と構造がよく似ているため、ビタミンB6が結合して働く場所へ誤って結合してしまいます。 そのため、ビタミンB6が本来の仕事をすることができず、中毒症状が起こるのです。 4-MPNは乾燥ぎんなん1gに約100mcg含まれています。 主な中毒症状は嘔吐と痙攣で、ぎんなんを食べてから1~12時間後に発症し、90時間以内(半数は24時間以内)に回復します。 しかし、大量に食べ過ぎてしまった場合の死亡例も報告されていますから、あなどれません。 ぎんなん中毒はどのくらいの数を食べると起こるかというと、小児で7~150個、成人は40~300個と言われています。 体内でビタミンB6の邪魔をする物質が有毒成分なので、ビタミンB6が体内にどれくらいあるのかや基礎疾患で変わってくるのでこれだけの開きがあるというわけです。 とりわけ、子どもは身体が小さいため中毒症状を起こしやすいのですが、ぎんなんを60個食べた4時間後に嘔吐、下痢、両腕のふるえを起こした41歳の女性などの報告もあります。 ビタミンB6欠乏が著しい場合には、40個も食べていないのに中毒になるということも十分、考えられます。 気づいたらドライベジのぎんなんを一袋食べ切ってしまい中毒になってしまった……、などということにならないようご注意を。 また、中毒症状になってしまった場合には、痙攣を起こしやすくなるのでむやみに吐かせようとしてはいけません。 おかしいなと思ったらすぐに受診するようにして下さい。 そのため、ぎんなんを安全に食べる方法は「数を減らす」こと以外にありません。 それではおやつはチョコレートやビスケットに戻せばよいかというと、それももったいない話です。 秋はぎんなん以外にもたくさんの味覚があります。 おやつに適した秋の味覚といえば、まずは女性人気が高いフルーツ。 ブドウ、梨、柿、栗など。 栗は加熱の必要がありますが、梨や柿は皮をむくだけで食べられますし、ブドウは皮ごと食べられるものもあります。 手軽でビタミンも豊富に含まれているのでおすすめです。 次におすすめなのが、これまた女性に人気のさつまいも。 蒸かして食べても、サラダや煮物にしても美味ですね。 食物繊維とビタミンCをたっぷり含んでいます。 ビタミンCは熱に弱い栄養素ですが、さつまいもに含まれているビタミンCは加熱しても消失しにくいと言われています。 食べないなんてもったいないですよね! もう1つ、忘れてはならない秋の味覚はきのこ類。 最近では工場で水耕栽培されるため季節感が薄れていますが、きのこ類も天然ものは秋が旬です。 きのこは「おやつ感覚」からはずれてしまいますが、カロリーが低く食物繊維がたっぷり含まれているのでダイエット希望の女性にはぴったりです。 お気に入りの味覚を食べられるのは嬉しいことですが、秋にはたくさんの味覚があります。 いろんな秋の味覚を堪能して、もっともっと食欲の秋を楽しみましょう。 【著者プロフィール】 平井 千里 女子栄養大学大学院(博士課程)修了。 名古屋女子大学 助手、一宮女子短期大学 専任講師を経て大学院へ進学。 「メタボリックシンドロームと遺伝子多型」について研究。 博士課程終了後、介護療養型病院を経て、現職では病院栄養士業務全般と糖尿病患者の栄養相談を行う傍ら、メタボリックシンドロームの対処方法を発信。 現在、All About 実践栄養ガイドとしても活躍中です。 ~ダイエットの特等席へようこそ~:.

次の

夢ナビ 大学教授がキミを学問の世界へナビゲート

銀杏 食中毒

イチョウの葉とぎんなんの実(「」より/Aomorikuma) 今年9月、『クローズアップ現代+』(NHK)が「急増!カフェイン 中毒 相次ぐ救急搬送 いま何が」という特集を放送して話題となった。 今、身の回りにはエナジードリンクや眠気防止の錠剤など、カフェイン入りの商品が増えている。 しかし、仕事のため、受験勉強のため……とカフェインを過剰摂取したことによって救急搬送される人が増えているというのだ。 なかには、死亡した人もいるという。 しかし、危険なのはカフェインだけではない。 日ごろ何気なく口にしている食品のなかにも、中毒症状を引き起こす成分が含まれていることがあるのだ。 ぎんなんの食べ過ぎで中毒死も その代表が、今が旬の銀杏( ぎんなん)だ。 塩で炒ったり揚げたりしたぎんなんは酒のつまみに最適で、スーパーマーケットには「揚げぎんなん」も売られているため、この時期に口にする人も多いだろう。 しかし、ぎんなんは古くから「年齢の数以上食べてはいけない」といわれるように、中毒性の高い食べ物として知られている。 「ぎんなんは、『ギンコトキシン』という、脳内の抑制性伝達物質であるGABA(ガンマ・アミノ酪酸)の生成を阻害する成分を持っています。 そのため、食べ過ぎると興奮状態に陥り、鼻血が出たり体が痙攣したりすることがあります」 そう話すのは、日本薬科大学教授の船山信次氏だ。 「過去には、41歳の女性がぎんなんを60個以上食べて救急搬送された例もあります。 『年齢の数以上食べてはいけない』という言い伝えは、まさに言い得て妙で正しいのです」(船山氏) 実際、食べ物が少なかった終戦直後には、子どもが升いっぱいのぎんなんを食べたことで中毒死する悲惨な例もあったという。 食べ物があふれている現代で同じことが起きる可能性は低いが、ぎんなんは少量でも危険性があるため、口にする際は十分注意すべきだという。 ゴボウの危険な保存方法とは? さらに身近で危険性が高いのが、ゴボウだ。 ゴボウそのものに健康被害を及ぼす危険性があるという話は聞いたことがない。 ただし、ゴボウは冷蔵庫で保存すると場所を取る上に鮮度が落ちてしまうため、昔から花壇などの土の中に埋めて保存する習慣がある。 「ゴボウに危険性があるわけではありません。 庭には『チョウセンアサガオ』というナス科の植物が生えることがあります。 チョウセンアサガオは冬になると、地上部花の部分がなくなって根だけが土中に残るのですが、このチョウセンアサガオの根は見た目がゴボウにそっくりなのです」(同) チョウセンアサガオの根にはアトロピンやスコポラミンという毒性のある成分が含まれており、口にすると「ろれつが回らなくなる」「うわごとを言う」「記憶が数日間飛んでしまう」などの症状が引き起こされることがあるという。 「過去には、チョウセンアサガオをゴボウと誤認して食べてしまった結果、中毒になってしまった例がいくつもあります。 また、奇妙な食中毒が発生した事例もあります」(同).

次の