ガス が たまる。 腹部膨満感って何?お腹にガスが溜まるメカニズムは?

お腹にガスが溜まる原因の食べ物とは?お腹の鳴りやポコポコを解消する簡単な方法

ガス が たまる

おなかにガスがたまる原因とは?2つのタイプがある? 出典: ガスとは? 口から飲み込んでしまうガスと、 腸の中で発生するガスの2種類あります。 血液中に吸収される・げっぷ・おならとして排出され、バランスを保っています。 通常、お腹の中にガスは約200ml存在します。 ガスの発生と排出のバランスが崩れると、「お腹が張って苦しい」という状態になります。 飲み込んだり、お腹で発生するガスが多い 心因性 緊張やストレスで、空気を異常に飲み込むことがあります。 呑気症や、自律神経の乱れなどが原因となります。 近年増えている、過敏性腸症候群によるお腹の張りの原因もこのタイプです。 食事の不摂生などで腸内に悪玉菌が増える 後述しますが、繊維質や糖質が多い食事をしていると、腸内細菌のバランスが乱れ、悪玉菌が増えてしまいます。 その結果、過剰なガスが発生してしまいます。 排出されるガスが少ない 腸の運動機能が低下すると、腸内にたまったガスが出ていかず、腹部膨満感や便秘になります。 例えば、ストレスなどで起こる過敏性腸症候群などがこのタイプです。 腸の動きは自律神経系でコントロールされていますが、ストレスによって自律神経系が乱れると、腸の運動機能も落ちてしまいます。 ガスがたまりやすい食材 炭酸飲料 出典: 炭酸飲料のシュワシュワ感のもとである二酸化炭素は、体内で吸収されるため腸内にたまることはないようです。 しかし、炭酸飲料を飲んだ後にお腹が膨れるという人も多いのではないでしょうか。 胃の中の空気を外に出すと、腸のガスも減るため、ゲップを我慢しないことが大切です。 食後、すぐに横になるとゲップが出にくくなるため要注意です。 食物繊維(芋類、豆類、根菜類、こんにゃく) 出典: 繊維質の多い食品は、良いイメージがありますよね。 もちろん、体に良い影響は多いですが、ガスに関しては発生する原因となります。 豆には天然オリゴ糖の「ラフィノース」が含まれています。 ラフィノースは腸内でガスを発生させやすいため要注意。 対策として、豆を使用する前に一晩水に漬けておくと良いといわれています。 肉類 出典: 腸内の細菌に分解されると、アンモニアやインドール、硫化水素など臭いのきついガスの発生原因となります。 また、肉そのものはガス発生に関係はないですが、消化に時間がかかるため腸には負担がかかり、バクテリアなどの細菌が繁殖しやすくなります。 肉ばっかり食べている、という人は要注意です。 全粒粉の穀物 出典: 穀類の中でも繊維質が多い全粒粉は、前述した通り、ガスが発生しやすいため、気になる人は少しずつ食べるのがおすすめです。 発酵性の糖類 出典: 人によって、特定の食べ物に含まれている炭水化物で、胃腸に不快感が起こる場合があります。 FODMAPと呼ばれる種類の糖類を避けると良いといわれています。 Fermentable(発酵性の)、ologosaccharides(オリゴ糖)、disaccharides(二糖類)、monosaccharides(単糖類)、andpolyols(ポリオール)の頭文字で、これらを少なくすると胃腸のトラブルが少なくなる人もいます。 FODMAPは腸で吸収されにくいため、消化管に水が集まってしまいます。 また、腸の中にFODMAPが長くとどまっていると、そのまま発酵してしまいます。 そしてお腹の張りや、ガスがたまる原因になってしまうのです。 FODMAPの糖類とは? 1. オリゴ糖(ガラクトース、フルクタン) レンズ豆、ひよこ豆、小麦やたまねぎ、はちみつなどに含まれています。 二糖類 牛乳、ヨーグルト、アイスクリームなどに含まれています。 果糖 はちみつ、糖蜜、果物類などに含まれています。 ポリオール類(ソルビトール、キシリトール) マッシュルームやカリフラワー、果物類、いちじくなどに含まれます。 ガスがたまらない対策! 朝食をしっかり食べる 出典: 朝食を食べると自律神経系が整い、胃腸の動きが活発になります。 3食の食事も大事ですが、特に朝食が大事です。 人には体内時計がありますが、朝食を食べることで1日の始まりを認識できるからです。 ゆっくり食べる 早食いは、食べ物と一緒に空気を飲み込む原因になるため、ゆっくりよく噛んで食べることを心がけましょう。 水分補給 水分が不足していると便秘になりやすいことや、汗や尿で体の毒素を排出できないと、お腹にガスがたまりやすくなります。 夏に限らず、こまめに水分補給するようにしましょう。 ゴロゴロ寝転ぶ ガスは軽いため、立ち仕事や座り仕事などでは、なかなか腸の下まで降りていきません。 1日に1回、うつ伏せになり、10分ほど経った後に全身を使ってゴロゴロと寝転ぶと、腸の向きが変わります。 ガスがたまっているポイントを抜ければ、お腹がすっきりすることも多いため、実践してみてはいかがでしょうか。 腹筋を動かすなど軽い運動をする 出典: 1日中、座りっぱなしという人も多いのではないでしょうか。 腹筋を適度に刺激したり、ヨガで腹式呼吸をするなど、腸の運動性を高めます。 水分を飲むときは空気を飲まない ストローを使って飲むなどの対策法があります。 ただ、ストローを使うと逆に空気を飲み込んでしまうという人もいるため、自分に合った方法で取り組みましょう。 ストレスをためない 出典: 自律神経の乱れの原因を排除しましょう。 ストレスホルモンにより、腸の動きが乱れ、下痢や便秘になる人が近年とても多いです。 過敏性腸症候群も、このタイプに当てはまります。 ガスがたまりやすいと悩んでいる人は、ガスを発生しやすい食材を控えたり、ガスをためない対策をしてみましょう。 また、自分ではストレスを感じていなくても、実はストレスがたまっていることも。 アロマを炊いたり音楽を流したり、気分転換の方法を見つけることも大切です。 TOPICS特集• あの子はいったい何をしてるの?美容のプロであるライター達は、実際にどんな美容を自宅で行ったのか、気になる「リアル美容」!• お家時間が楽しくなる!ポジティブ美容を始めよう!自粛が明けて、自信の持てる自分でいられるかどうかは「今」美容を楽しんだかどうかで差がつきます!• 今知りたい!お家でできる美BODYケア。 これから晴れて外出できる日を楽しむために!今の暇な時間を活用し、お家でできるケアを実行してみては?• 春の訪れを感じる今日この頃。 コスメのアップデートはお済みでしょうか?新たなカラーをメイクアップに加えて、あなたの理想の仕上がりを見つけて。 寒暖差が激しく、カラカラに乾く日もある。 加えて早くも花粉が飛び出した!自分好みのアイテムを見つけ、なるべくトラブルを最小限におさえませんか?.

次の

お腹にガスがたまる原因と解消法5つ

ガス が たまる

ガスがたまっているのが原因かも ガスはお腹の中でつねに作られていますが、その多くは血液中に吸収されてしまいます。 しかし、 腸のはたらきが低下していると、ガスが増えても吸収や排出が追いつかなくなり、 お腹にガスがたまってしまいます。 腸は体調の影響を受けやすく、様々な原因ではたらきが低下してガスがたまります。 それでは、詳しい原因とその対策法をみていきましょう。 食生活が乱れているから 小腸で消化吸収されなかった食べ物は 大腸に送られますが、その際に大腸菌の作用によって分解される際にガスが発生します。 食事の量が適度であれば問題はありませんが、 暴飲暴食をすると体内で吸収しきれなくなったガスがたまる原因となります。 また、お肉や油ものばかりなど、高タンパク質や高脂肪にかたよった食事をしていると、 悪玉菌のはたらきが活性化してお腹にガスがたまりやすくなります。 実は、腸をキレイにするはたらきのある 食物繊維も、摂取しすぎるとガスが増えすぎてしまうので、野菜ばかり食べればよいという訳ではありません。 ストレスがたまっているから 体の調子をコントロールしている 自律神経には、緊張している時にはたらく「 交感神経」とリラックスしている時にはたらく「 副交感神経」があります。 腸などの消化管の動きは、主に後者の「 副交感神経」によって支配されています。 ストレスがたまると、副交感神経のはたらきが乱れ、腸内環境も悪化してしまい便秘になりやすくなりガスもたまります。 お腹を圧迫しているから たとえば、スカートやズボンのベルトが きつい状態がつづくと、お腹が圧迫されてしまい腸の活動は低下します。 また、座っている姿勢は無意識のうちにお腹に圧がかかりやすいので、 デスクワークなどをしている人は注意です。 ガスを出すのを我慢しているから 一日の大半を学校や職場などで過ごすことになるので、なかなか好きなタイミングでガスを出すことができません。 人によっては、自宅のリビングや職場のトイレなどの環境でも「 恥ずかしい」と感じて我慢してしまいます。 ガスを我慢すると、一部は血液に吸収されて一時的に楽になりますが、腸に負担がかかるので良くありません。 空気を飲み込んでしまっているから お腹にたまるガスの原因は、体内で作られるものだけではありません。 食べるのが速い人、水を勢いよく飲みがちな人、よくツバを飲み込んでしまう人などは、要注意。 空気が肺ではなく 胃や 腸にも入ってしまい、それがガスとなってお腹にたまっているのかもしれません。 腸にガスがたまらないようにする対策法 それでは、腸にガスがたまることを改善するには、どうすれば良いのでしょうか。 しっかり噛んでゆっくり飲食する! 食べ物をたべる時は よく噛んで、飲み込むときは ゆっくり飲み込みましょう。 体内に飲み込む空気の量を減らす効果と、消化を促してガスを作りにくくする効果が期待できます。 適切な食生活を送る! 栄養バランスのとれた食事をとることで、余分なガスの発生をおさえて腸内環境を整えましょう。 牛乳やヨーグルトなどの 乳製品、納豆などの 発酵食品を食べることを意識してください。 必要に応じて、 サプリメントで栄養や乳酸菌を摂取するとより良いでしょう。 栄養面も重要ですが、 腸に良くないとされる食べもの・飲みものがあります。 それは、 冷たいものと 辛いものです。 夏はキンキンに冷えた飲み物を飲みたくなりますし、冬は激辛の食べ物を食べたくなりますが、どちらも腸に刺激を与えるので摂取は控えましょう。 また、大事なのは食事の内容だけではありません。 たとえば、食べてすぐ横になると消化器のはたらきは低下してガスができやすくなります。 深夜は胃腸のはたらきも低下するので、 食事の時間や 食後の過ごし方にも気を付けてください。 十分な睡眠と休息をとる! ストレスがたまることは腸内環境が悪化する原因につながります。 定期的な運動を意識する! 体を動かすことは、胃や腸のはたらきを活発に促す効果もあります。 運動することはストレス発散にもつながるので、腸だけでなく健康的な体をつくるためには必要です。 スポーツもよいですが、 ヨガや 筋トレ 特に腹筋 をするのも非常に効果があります。 おわりに 今回は、お腹や腸にガスが溜まる原因と、その対処法についてまとめました。 とりあげた対処法はどれも簡単に実践できるものではありませんが、腸内環境のみならず健康的な体を手に入れるために役にたつでしょう! 個人的な話になりますが、私は特に中学生のときにお腹のトラブルによく悩まされました。 私自身も、健康的な体を作るため、これらを意識して頑張りたいと思います! 最後までご覧いただきありがとうございました。 以上、お腹が張っている! お腹や腸にガスが溜まる原因5つと対処法4つ でした!.

次の

【医師監修】お腹にガスがたまるのはなぜ?病気が原因のこともあるの?

ガス が たまる

腹痛を感じる時に考えられる原因は? 腹痛が起きるのはガスだけが原因とは限りません。 まず、どの辺りが痛むのかによって原因を探ってみましょう。 腹痛が起こるのは、痛い部位によって次のような原因が挙げられます。 ただし、ここで紹介するのはあくまでも一部の例に過ぎません。 間違った自己判断をしないように、気になる場合はお医者さんに相談するようにしてください。 部位別の原因 腹痛がお腹のどの辺りに起きているかによって、腹痛の原因は異なります。 上腹部 みぞおちのあたりが痛む場合には、胃、十二指腸、胆嚢などの消化器官の痛みが原因に考えられます。 特に胃痛がよく起こりやすい上腹部の腹痛です。 下腹部 おへその周りに痛みがある場合は、腸の痛みである場合が多く、大腸、小腸などに問題があることが考えられます。 特に、左下腹部の場合には大腸の痛みの可能性があります。 ただし、他にも泌尿器系や婦人科系の痛みということもあり、自己判断は危険です。 どの部位が痛んでいるのか分からない場合には、必ず医師の診断を受けて判断するようにしましょう。 参考: 腹痛を起こす消化器疾患 腹痛は、一時的な場合もあれば慢性的に起こる場合もあります。 例えば、お腹が冷えただけでも一時的に腹痛は起こりますが、病気が関係している場合もあります。 自己判断は避け、気になる症状があるなら病院の受診も検討するようにしましょう。 急性の場合 感染性腸炎、虫垂炎、腸閉塞、消化性潰瘍 など 慢性の場合 過敏性腸症候群 など さらに、疾患と呼べる段階にはなくても、慢性的にガスが溜まりやすい場合や便秘がある場合は、腹痛に悩まされることがあります。 次からは、「ガス」が原因の腹痛について、詳しく解説していきます。 腹痛の原因「ガス」が溜まる理由 腸の運動が低下した場合には、腸内にガスが溜まりやすくなり、腹痛が起こる場合があります。 こうした、便秘とまではいかなくても、腸の働きが弱り排便の力が低下している状態のことを 「停滞腸」と呼ばれています。 停滞腸になっている人は、ガスが原因で腹痛が起こりやすいので要注意です。 どうしてガスが溜まってしまうの!? ガスが溜まる原因は大きく分けると2つあります。 お腹に入るガス(空気)が多すぎる場合と、排出されるガスが少ない場合です。 お腹に入るガス(空気)が多すぎるのは、以下のようなことが理由に挙げられます。 便やガスを排出する腸のぜん動運動が弱くなっている ぜん動運動とは、腸が弁を排出しようとする動きです。 腸内環境が悪いと、この働きが弱くなり、ガスを排出する働きも弱くなってしまうのです。 長時間座ることが多い デスクワークをされる方などは、どうしても長時間座りっぱなしになってしまいます。 これが腸を圧迫し、腸の働きを弱めてしまいます。 おならを我慢することが多い 仕事や外出中など、おならを我慢してしまいがちですが、これが腸にとって負担となる原因にもなります。 睡眠不足 仕事や育児で忙しく、寝る時間が少なくなってしまう時はありますよね。 睡眠時間が少なくなると、どうしても自律神経のバランスが狂ってしまい、腸の働きも低下してしまいます。 炭酸飲料やビールの飲み過ぎ イベントや飲み会などが続くと、どうしても多くなってしまうのが、ビールなどを飲むことが多くなってしまいます。 こうした飲み物は、腸の中で発酵がうまくいかず、ガスが溜まりやすくなってしまいます。 暴飲暴食 食べ過ぎや飲み過ぎは、説明するまでもなく腸に負担を与える原因となります。 ガスを発生しやすい食品を摂りすぎ 芋類や肉類、フルーツ、豆類、乳製品などは消化されにくくガスを発生しやすいので食べ過ぎには要注意です。 過敏性腸症候群の可能性もある お腹にガスが溜まる症状に悩まされる場合には、過敏性腸症候群という場合もあります。 過敏性腸症候群は慢性的に腹部膨満感や腹痛に悩まされる病気で、ストレスが大きく関係していることがあります。 便秘や下痢を伴い、排便をして改善するような場合は過敏性腸症候群が疑われます。 気になる症状があれば病院で相談するようにしてください。 過敏性腸症候群について詳しく知りたい方は、以下の記事も参照ください。 参考:お腹の張りを取れば腸は年を取らない (松生恒夫著) 参考: お腹のガス、正体は.. ? ガスが溜まるといっても、そもそもガスとはどんな物質のことを言っているのでしょうか? 「ガス」と聞くと、ちょっと危険な印象もありますよね。 ガスの正体と区別の仕方を紹介します。 自分がどちらのガスなのか、チェックしてみると良いでしょう。 ガスには2種類ある ガスには、 腸内で発生するガスと、 口から飲み込まれるガスの二種類があります。 腸内のガス 腸内のガスとは、腸内細菌が発生させるガスのことです。 主な成分は、窒素、酸素、二酸化炭素、水素、メタンガスなどです。 特に原因になりやすいのは、消化しきれなかった食物繊維や肉などのタンパク質です。 人間が消化液で消化しきれなかった食べカスは、腸内で細菌が分解し、その時にガスを発生させます。 口から飲み込まれるガス 口から飲み込まれるガスは、空気や胃液が、膵液(すいえき:すい臓で作られる消化液)により中和される時に発生します。 食べた後にゲップが出ることがあると思います。 ゲップは、胃腸で消化されたガスが逆流して出てきたものなのです。 ガスが溜まるのは正常?異常? お腹に溜まること自体は決して異常ではありません。 普通、ヒトは空気を飲み込んだり、消化することによって、お腹の中にガスがあります。 残りの30%程度が食べ物の消化と腸内細菌によるガスです。 ガスで問題になるのは、お腹の張りと匂いです。 あまりにガスがたまりすぎて腸が膨れてくると、腸の周りの臓器まで圧迫して、痛みを感じるようになります。 これがガスによる腹痛の原因です。 また、ガスの中身に腸内細菌が発生する匂い物質が多い時に、においの強いガス(おなら)が出るようになってしまいます。 腸の状態はおならのにおいで分かる 腸の中には、腸内細菌として良い働きをする善玉菌と悪い働きをする悪玉菌がいます。 善玉菌が多ければ、匂いの無いおならが出るのであまり気になりません。 しかし、おならが臭いのなら、腸の中で悪玉菌が増えている証拠です。 悪玉菌が増えると、腸の中を腐敗させ、有害物質やアンモニア、インドール、硫化水素、スカトールといった臭いガスを発生させます。 悪玉菌が増えると、発生した悪いガスのせいで腸の動きが鈍くなります。 その結果、便秘にもなりやすくなります。 すると、ますますお腹が張って痛くなってしまいます。 必要であれば薬を服用する ガス溜まりによる腹痛には、薬で対処する方法があります。 薬は、市販でも購入することができます。 例えば、ガスが溜まっている場合には、「ガスピタン(小林製薬)」「ラッパ整腸薬BF(大幸製薬)」などの薬を使って対処することが可能です。 ただし、腹痛に対しては、薬の説明書において効果が認められていません。 ですから、改善が期待できない可能性があります。 もし、お腹に痛みがある場合には、他の方法で治療することをおすすめします。 また、自己判断で治療法を選ぶのではなく、出来る限り医師の診断に従って薬を服用する方が安心です。 ガスを減らすには、腸内環境を改善しよう お腹のガスを根本的に減らすには、腸内環境を整えることが必要です。 溜まったガスを抜くだけでは、根本的な解決にはなりません。 悪いガスを増やさないためにも、悪いガスが発生する悪玉菌を減らしていくことが大切です。 どのような対処をすれば悪玉菌を減らせるのか紹介します。 食生活を見直す ガスが溜まる原因は、食生活が関わっていることがあります。 ガスを発生しやすいような食品を控えて、バランスよく食べるようにすることが大切です。 特に、腸に良いからと食物繊維を食べ過ぎると、余計にガスが溜まりやすくなってしまう場合もあるので気をつけましょう。 便秘を解消する 便秘で便が腸に溜まっていると、異常発酵してガスが発生しやすくなります。 便秘のせいでガスが溜まっている場合には、便秘を解決することが先決です。 便秘薬で対処するなど、自分の状態に合った方法で便秘を解消させましょう。 なお、詳しい便秘解消法については次の記事で幅広く紹介しています。 気になる方は読んで自分にあった便秘解消法を見つけてください。 整腸剤やサプリメントで善玉菌を増やす ガスが発生するのは、増えすぎた悪玉菌が原因という場合が多いです。 便秘の場合も、悪さをしているのは悪玉菌と考えられます。 そのため、 善玉菌を増やすことを日頃から意識するようにしましょう。 善玉菌を増やすには、食事の中にヨーグルトや味噌などの発酵食品を取り入れる。 水溶性食物繊維を意識的に摂る。 オリゴ糖を取り入れるなどの方法があります。 手軽に善玉菌を増やしたいという方は、乳酸菌やビフィズス菌をそのまま摂取することができる、整腸剤やサプリメントを活用するのがおすすめです。 乳酸菌とビフィズス菌は、どちらも腸の中で善玉菌として働く代表的な存在です。 お腹の健康を維持するためには、とても重要です。 乳酸菌とビフィズス菌の特徴や、整腸作用については次の記事でも詳しく紹介しています。 ガスで悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。 効果的なガスの抜き方 どうしても溜まってしまうガスを抜くには、マッサージが効果的です。 まずは、お腹を温めることを特に意識しましょう。 お風呂に長めに浸かり、お腹や腰回りを擦ってみて下さい。 ポンポンと叩くのも良いでしょう。 お風呂に長く浸かれない方は、カイロ等で温めて下さいね。 ストレスを溜めない ストレスが溜まると空気を飲み込んだり、腸の運動が悪くなりガスを貯めやすくなります。 ストレスを溜め込まないで、息抜きを適度にしてリラックスする時間を作るようにしましょう。 お腹を冷やさない服装を心がける お腹が冷えると腸の動きが悪くなりガス溜まりや腹痛の原因になります。 日頃から、冷えない服装をすることが大切です。 女性であればワンピースやTシャツなどを着る場合には、キャミソールや腹巻などの下着を身に付けてお腹を冷やさないように心がけましょう。 また、お腹の辺りを締め付けすぎる服装も要注意です。 きついパンツやガードルなどで下腹部を締め付けすぎないよう気をつけましょう。 お腹を温める お腹が張っていて苦しい時に自宅で対処できる方法として、半身浴があります。 半身浴の方法はいくつかありますが、お腹の張りを改善するには次の方法がおすすめです。 38度から39度の少しぬるめのお湯をはる• みぞおちまでお湯に浸かる• 15分から20分程度を目安として、のぼせないようにじっくりと半身浴する この方法は効果的にお腹を温める方法で、簡単にすぐに取り入れることができます。 リラックス効果もあるため、副交感神経が高まり、腸の動きが良くなるのでガスを排出しやすくなります。 ただし、腹痛が強い場合には入浴が適さない場合もあります。 自分の体調を見ながら十分に注意して行うようにしてください。 参考:お腹の張りを取れば腸は年を取らない (松生恒夫著) 腸を活性化させる食べ物を食べる 腸の健康を維持するには、果物が役立ちます。 果物には、便秘対策にもなる食物繊維が含まれています。 食物繊維のバランスは、不溶性食物繊維:水溶性食物繊維が2:1になるように摂取するのが効果的とされています。 このバランスを維持するには、果物を取り入れるのが簡単でおすすめです。 特にバナナ、キウイは便秘がちな人にはおすすめのフルーツです。 以上のような、腸に良い習慣を取り入れ、日頃から腸の健康を維持することが、ガスだまりや腹痛などの不調を防ぐことに繋がります。 さいごに 腹痛の原因は様々ですが、身近に起こりやすいのが、ガスによるものです。 ガスが発生するのは食事や生活習慣、ストレスなどさまざまな理由が考えられます。 原因が何か分からないことも多いかもしれませんが、ガスが溜まっているということは、腸内環境が悪化しているという証拠でもあります。 腸内環境を整え、ガスが発生しにくい状態を減らすことで、腹痛などの辛い症状を防ぐことを心がけましょう。

次の