第一生命 求人。 日本生命の求人、転職、採用、募集のことはニッセイ・ビジネス・サービス NBS

第一生命情報システム株式会社のパート情報【イーアイデム】大井町の一般・営業事務求人情報(ID:A90913552860)

第一生命 求人

val04. replaceAll " 別途? 残業代 別途? 9:00〜16:00 b. 10:00〜17:00 c. 9:00〜15:00 b. val25. replaceAll " 土 ・ ・ 曜日・ 曜・ 曜日・ 曜・? 日 ・ ・ 曜日・ 曜・ 曜日・ 曜・? replaceAll " 週 月? 9:00〜16:00 b. 10:00〜17:00 c. 9:00〜15:00 b. ご希望をお聞かせください。 月給220,000円〜 神奈川県横浜市中区弁天通3-42 NGS弁天通303• 時給1,100円以上 神奈川県横浜市金沢区鳥浜町1-1 A90913552860.

次の

日本生命の求人、転職、採用、募集のことはニッセイ・ビジネス・サービス NBS

第一生命 求人

気になる項目をクリック• 1.第一生命HDの年収は936万円 第一生命ホールディングス株式会社(旧: 第一生命保険株式会社)の平均年収は936万円(平均年齢41歳9ヶ月)です。 (以下、第一生命HDで統一) 国税庁の「」によると、保険・金融業の平均年収は631万円なので、それよりも300万円近く高い年収です。 では、まずは第一生命HDの年収推移について紹介します。 年収の推移|2017年から持株会社へ (参考:第一生命HD|) 第一生命HDの平均年収は、2016年から2017年にかけて300万円以上も上がっています。 これは、 国内生命保険事業を「第一生命保険株式会社」に引き継いで、「第一生命HD」という持株会社(子会社の株式を持っている会社)になったからです。 2016年までは第一生命の下にグループ会社があり、第一生命は国内保険事業を行いながらグループ会社を管理していました。 しかし、 持株会社になってからは「第一生命HD」がグループ会社の管理を行い、「第一生命保険」は国内保険事業に専念できるようになりました。 持株会社になってからの第一生命HDは2018年〜2020年にかけて利益が下がった影響が出たのか、緩やかに年収が減少しています。 なお、従業員数は2017年から持株会社になったことから、単体の従業員数は以下のように減少しています。 (参考:第一生命HD|) 第一生命HDの年収がわかっても、これは管理職クラスの年収額であり、一般社員の年収とは程遠い金額です。 なので、ここからは実際に保険事業を行っている第一生命保険の年収について解説します。• 基幹職の初任給 基幹職は、個人への保険提供(リーテイル)、企画管理、資産運用分野などで活躍します。 以下は、勤務手当を含んだ職種・学歴別の初任給です。 G型は転勤あり、R型は転勤なしのコースです。 職種 学歴 月給 基幹総合職(G型) 大卒 27万40円 大学院了 28万2,770円 基幹総合職(R型) 大卒 24万5,880円 大学院了 25万8,180円 基幹業務職(A型) 短大卒 20万5,310円 大卒・大学院了 22万1,300円 (参考:第一生命|) 基幹総合職には「オープンコース」と「スペシャリティコース」の2種類がありますが、どちらも職種名・初任給は共通です。 スペシャリティコースはさらに以下の職種に分かれています。 【スペシャリティコース】• アクチュアリー:生保・年金アクチュアリーとして数理を使って保険商品開発・リスク管理・経営企画• クオンツ・データサイエンティスト:金融工学・金融投資理論などを使い、ファンドマネジャーやアナリスト業務• 建築・設計:投資用不動産物件の建築・設計• IT・システム:第一生命グループの各種システムの企画・開発・運用 基幹経営職の初任給 基幹経営職は、明確なキャリアステップが決まっているのが特徴です。 「」によると、基幹経営職は学歴関係なく、 初任給は27万円4,000円です。• 昇給は基本給のランクアップで1年に5000円ほどだけ• トレーナー(育成担当に)なると年収は600万ほどに上がる。 トレーナーになるには一年で1億6000万ほどという数字を出すのが条件• 営業先までの交通費は出るが、アポの際のカフェ代などは出ない。 携帯も個人の携帯で自腹。 手土産なども必要なので出費が多い (参考・一部引用:、 ) 4.【女性に人気】第一生命の中途採用・職種別年収 第一生命保険は、 女性の割合が多い会社です。 公式の情報によると、2017年時点では内勤職の7割が女性。 生涯設計デザイナーの場合は9割以上が女性です。 ここでは、第一生命保険の中でも女性に人気の3つの職種に絞って年収を紹介します。 あわせて読みたい 5.【国内系】生命保険会社年収ランキング 有価証券報告書のデータが不足しているため、口コミサイト「キャリコネ」が公表している「」をお借りして年収ランキングを作成しました。 その結果、 第一生命は8社中4位という結果でした。 3位の日本生命は保険料等収入が1位で、平均年収も第一生命より高くなっています。 第一生命保険よりも年収が低いのは、「朝日生命」「かんぽ生命」「住友生命」「明治安田生命」4社でした。 6.第一生命に転職を考えているなら「リクルートエージェント」に相談しよう 第一生命への転職をお考えならば、転職エージェント「」をおすすめします。 リクルートエージェントは 業界トップクラスの求人数を誇り、書類の添削や面接対策などのサポートでも評価が高いです。 転職サポート実績が豊富なアドバイザーが、あなたにあった求人を探して紹介してくれるので、安心して転職活動を進めることができます。 まだ転職を決めたわけではない方でも、登録可能なので気になったら気軽に登録してみてください。 利用料は完全無料なので、財布に一切負担をかけず利用可能です。 なお、推定年収の測定は、「」の登録を進めると表示される「適正年収を診断する」というボタンから行えます。 診断は3分ほどで完了しますので、ぜひ気軽に試してみてくださいね。 年収診断を行う流れ ちなみに、では キャリアアドバイザーへの転職相談も行えます。 年収アップを狙える求人を紹介してもらったり、実際に転職活動を行う場合は、書類作成などのサポートを受けることが可能です。 キャリアアドバイザーの相談は一切お金がかかりません。 対面・電話のどちらでも気軽に相談できますし、今の仕事に少しでも不安を感じているならば、 今後のキャリアを真剣に考えるきっかけになるはずです。 転職活動を考えている人はもちろん、まだ転職に現実味がない人も、ぜひ年収診断と合わせて転職相談を活用してみてください。 業界トップクラスの求人数や丁寧な転職サポートが評判で、「転職者満足度No. 1」にも選ばれています。 自分で求人を探したり、担当者に求人を紹介してもらったり、無料で様々なサービスを受けられるので、登録だけでも済ませておくのがおすすめです。 まとめ 親会社の 第一生命ホールディングス株式会社の平均年収は936万円(平均年齢41歳9ヶ月)です。 実際に生命保険事業を行っている、子会社の 「第一生命保険株式会社」の年収は約650万円(平均年齢44歳)です。 そのほか、子会社の「第一生命保険」について紹介したことをまとめたので、読むのが面倒な方はここだけご覧ください。 2017年から第一生命ホールディングスとして持株会社に移行。 国内保険事業は「第一生命保険株式会社」に引継ぎ• ボーナスは年2回。 基本給の1ヶ月分が平均• 職種は大きく分けて、基幹職・基幹経営職、ライフプロフェッショナル職(総合営業)の3つ• 初任給:基幹職22〜27万円、基幹経営職27. 4万円、ライフプロフェッショナル職20. 5〜23. 5万円• 女性に人気の職種 ・ライフプロフェッショナル職:年収約500万円(月給14〜20万) ・カスタマーコンサルタント:月給22万 ・事務:正社員18〜22万円、フルタイム以外時給1,030〜1,240円• とはいえ、保険料収入では8社中2位で5兆円近いため、将来性が期待できます。 もし第一生命保険に転職を考えているという方は「」への登録をおすすめします。 完全無料で転職サポートが受けられるので、もし困ったことがあれば相談してみてください。

次の

第一生命の年収は1000万超|社員の口コミから実際の年収を解説

第一生命 求人

気になる項目をクリック• 1.第一生命HDの年収は936万円 第一生命ホールディングス株式会社(旧: 第一生命保険株式会社)の平均年収は936万円(平均年齢41歳9ヶ月)です。 (以下、第一生命HDで統一) 国税庁の「」によると、保険・金融業の平均年収は631万円なので、それよりも300万円近く高い年収です。 では、まずは第一生命HDの年収推移について紹介します。 年収の推移|2017年から持株会社へ (参考:第一生命HD|) 第一生命HDの平均年収は、2016年から2017年にかけて300万円以上も上がっています。 これは、 国内生命保険事業を「第一生命保険株式会社」に引き継いで、「第一生命HD」という持株会社(子会社の株式を持っている会社)になったからです。 2016年までは第一生命の下にグループ会社があり、第一生命は国内保険事業を行いながらグループ会社を管理していました。 しかし、 持株会社になってからは「第一生命HD」がグループ会社の管理を行い、「第一生命保険」は国内保険事業に専念できるようになりました。 持株会社になってからの第一生命HDは2018年〜2020年にかけて利益が下がった影響が出たのか、緩やかに年収が減少しています。 なお、従業員数は2017年から持株会社になったことから、単体の従業員数は以下のように減少しています。 (参考:第一生命HD|) 第一生命HDの年収がわかっても、これは管理職クラスの年収額であり、一般社員の年収とは程遠い金額です。 なので、ここからは実際に保険事業を行っている第一生命保険の年収について解説します。• 基幹職の初任給 基幹職は、個人への保険提供(リーテイル)、企画管理、資産運用分野などで活躍します。 以下は、勤務手当を含んだ職種・学歴別の初任給です。 G型は転勤あり、R型は転勤なしのコースです。 職種 学歴 月給 基幹総合職(G型) 大卒 27万40円 大学院了 28万2,770円 基幹総合職(R型) 大卒 24万5,880円 大学院了 25万8,180円 基幹業務職(A型) 短大卒 20万5,310円 大卒・大学院了 22万1,300円 (参考:第一生命|) 基幹総合職には「オープンコース」と「スペシャリティコース」の2種類がありますが、どちらも職種名・初任給は共通です。 スペシャリティコースはさらに以下の職種に分かれています。 【スペシャリティコース】• アクチュアリー:生保・年金アクチュアリーとして数理を使って保険商品開発・リスク管理・経営企画• クオンツ・データサイエンティスト:金融工学・金融投資理論などを使い、ファンドマネジャーやアナリスト業務• 建築・設計:投資用不動産物件の建築・設計• IT・システム:第一生命グループの各種システムの企画・開発・運用 基幹経営職の初任給 基幹経営職は、明確なキャリアステップが決まっているのが特徴です。 「」によると、基幹経営職は学歴関係なく、 初任給は27万円4,000円です。• 昇給は基本給のランクアップで1年に5000円ほどだけ• トレーナー(育成担当に)なると年収は600万ほどに上がる。 トレーナーになるには一年で1億6000万ほどという数字を出すのが条件• 営業先までの交通費は出るが、アポの際のカフェ代などは出ない。 携帯も個人の携帯で自腹。 手土産なども必要なので出費が多い (参考・一部引用:、 ) 4.【女性に人気】第一生命の中途採用・職種別年収 第一生命保険は、 女性の割合が多い会社です。 公式の情報によると、2017年時点では内勤職の7割が女性。 生涯設計デザイナーの場合は9割以上が女性です。 ここでは、第一生命保険の中でも女性に人気の3つの職種に絞って年収を紹介します。 あわせて読みたい 5.【国内系】生命保険会社年収ランキング 有価証券報告書のデータが不足しているため、口コミサイト「キャリコネ」が公表している「」をお借りして年収ランキングを作成しました。 その結果、 第一生命は8社中4位という結果でした。 3位の日本生命は保険料等収入が1位で、平均年収も第一生命より高くなっています。 第一生命保険よりも年収が低いのは、「朝日生命」「かんぽ生命」「住友生命」「明治安田生命」4社でした。 6.第一生命に転職を考えているなら「リクルートエージェント」に相談しよう 第一生命への転職をお考えならば、転職エージェント「」をおすすめします。 リクルートエージェントは 業界トップクラスの求人数を誇り、書類の添削や面接対策などのサポートでも評価が高いです。 転職サポート実績が豊富なアドバイザーが、あなたにあった求人を探して紹介してくれるので、安心して転職活動を進めることができます。 まだ転職を決めたわけではない方でも、登録可能なので気になったら気軽に登録してみてください。 利用料は完全無料なので、財布に一切負担をかけず利用可能です。 なお、推定年収の測定は、「」の登録を進めると表示される「適正年収を診断する」というボタンから行えます。 診断は3分ほどで完了しますので、ぜひ気軽に試してみてくださいね。 年収診断を行う流れ ちなみに、では キャリアアドバイザーへの転職相談も行えます。 年収アップを狙える求人を紹介してもらったり、実際に転職活動を行う場合は、書類作成などのサポートを受けることが可能です。 キャリアアドバイザーの相談は一切お金がかかりません。 対面・電話のどちらでも気軽に相談できますし、今の仕事に少しでも不安を感じているならば、 今後のキャリアを真剣に考えるきっかけになるはずです。 転職活動を考えている人はもちろん、まだ転職に現実味がない人も、ぜひ年収診断と合わせて転職相談を活用してみてください。 業界トップクラスの求人数や丁寧な転職サポートが評判で、「転職者満足度No. 1」にも選ばれています。 自分で求人を探したり、担当者に求人を紹介してもらったり、無料で様々なサービスを受けられるので、登録だけでも済ませておくのがおすすめです。 まとめ 親会社の 第一生命ホールディングス株式会社の平均年収は936万円(平均年齢41歳9ヶ月)です。 実際に生命保険事業を行っている、子会社の 「第一生命保険株式会社」の年収は約650万円(平均年齢44歳)です。 そのほか、子会社の「第一生命保険」について紹介したことをまとめたので、読むのが面倒な方はここだけご覧ください。 2017年から第一生命ホールディングスとして持株会社に移行。 国内保険事業は「第一生命保険株式会社」に引継ぎ• ボーナスは年2回。 基本給の1ヶ月分が平均• 職種は大きく分けて、基幹職・基幹経営職、ライフプロフェッショナル職(総合営業)の3つ• 初任給:基幹職22〜27万円、基幹経営職27. 4万円、ライフプロフェッショナル職20. 5〜23. 5万円• 女性に人気の職種 ・ライフプロフェッショナル職:年収約500万円(月給14〜20万) ・カスタマーコンサルタント:月給22万 ・事務:正社員18〜22万円、フルタイム以外時給1,030〜1,240円• とはいえ、保険料収入では8社中2位で5兆円近いため、将来性が期待できます。 もし第一生命保険に転職を考えているという方は「」への登録をおすすめします。 完全無料で転職サポートが受けられるので、もし困ったことがあれば相談してみてください。

次の