オセロニア 竜 b。 【オセロニア】竜鱗スキルを持つキャラ一覧

【オセロニア】速攻竜デッキの使い方とレシピ|ゲームエイト

オセロニア 竜 b

自分を呪いにするというリスクを負うためか、攻撃力が高めの駒も多い。 「呪い2つ以上」のような、発動条件が厳しい駒を使いたいときに利用していくといいだろう。 それ以外の駒の中では、発動条件がゆるく、手駒を2つ呪い状態にできる進化ジルニトラと闘化桜骸丸は使いやすい。 進化ヘルヴォルも呪い供給という点では強力だが、発動自体に呪い駒2枚が必要になる。 かなり重い駒になりそうだ。 攻撃力アップ(自分が呪われているとき)スキル うまくかみ合えば、チャージ竜並みのダメージを短いターンで出せる。 相手が安全圏だと思っているHPを一気に削りきれるところが魅力だ おすすめ攻撃力アップ(自身が呪われているとき)スキル持ち ATK 非呪い時 ダメージ 呪い時 ダメージ 入手先 1,796 3,969 (1. 7倍) 5,837 (2. 5倍) 超駒 1,751 3,414 (1. 5倍) 5,007 (2. 2倍) DARKNESS 1,652 3,436 (1. 6倍) 4,724 (2. 2倍) イベント 1,735 発動しない 4,511 (2倍) 超駒 1,325 2,584 (1. 暗黒系デッキ最強フィニッシャーとして、ようやく輝くときがきたという感じだ。 イベント入手の闘化朧も、1枚返しという条件はあるが、コンボスキルが発動させやすいので、ほかにフィニッシャーがいないときはおすすめ。 闘化ヘルヴォルは、呪われていないと発動できないが、貫通効果を持ち合わせている。 防御や通常攻撃罠・カウンターは暗黒系デッキの弱点なので、その対策ができる点は強力だ。 おすすめ攻撃力アップ(手駒の呪い駒数)スキル持ち ATK 最小 ダメージ 最大 ダメージ 入手先 1,895 3,449 (1. 4倍) 5,420 (2. 2倍) 超駒 1,575 2,662 (1. 3倍) 4,505 (2. 2倍) EXP 1,611 2,932 (1. 4倍) 4,817 (2. 3倍) 希望の唄 1,350 2,281 (1. この中では、発動させやすい上に火力も出せる闘化トレグレニグ一択。 たとえ最大ダメージを出せなくても、じゅうぶんフィニッシャーとして機能する破壊力は大きな魅力だ。 捕食スキル バフやコンボスキルなどと絡めれば軽く5千以上のHPを回復できる駒も。 従来の竜デッキにはない耐久力を持つことができる なお、吸収と同じようにアンデッド効果中はダメージを受けてしまうところには注意したい。 などとの併用は避けた方が安全だ。 おすすめ捕食スキル持ち ダメージ (倍率) 回復量 (割合) 必要 呪い数 入手先 1,502 (1. 使いようによっては1万近いダメージを回復させることも可能だ。 長期戦を狙う暗黒系デッキの回復役として利用してみよう。 闘化ミニエラは回復量は控えめだが、ATKがほかの捕食スキル持ちより高い。 アタッカーとして使いつつ、回復もできる強力駒だ。 こちらは短期決戦にも対応できるデッキで利用するといいだろう。 竜鱗スキル 手駒が呪いだらけになってもダメージは1,000ちょっと。 現環境で猛威を奮う呪い対策ができるのは大きな魅力だ 一方で、自身が呪い状態、かつ盤面で表になっている間のみ効果を発動するため、竜デッキで使用するには若干重いところがネック。 竜鱗発動まで耐えられるだけのHP、回復手段も用意しておきたいところだ。 ちなみに、呪い数が条件の竜鱗スキルの場合は、竜デッキ以外でも利用可能。 呪い対策として指しておくのもアリだ。 S駒なら無条件で出せる闘化シャンティ・ハリ、A駒なら手駒が1枚以上呪いのとき発動できるガル・イーラがおすすめだ。 呪い駒が2枚以上必要な条件の場合は、ヴィグラスリーダーのデッキでないとなかなか発動に至らない。 編成しすぎると手駒事故のもとになるので注意が必要だ。 暗黒系デッキ編成時のポイント 暗黒系デッキは、自分に呪いを付与してから大ダメージ、大回復を狙っていくため、うまくかみ合わないと真価を発揮することができない。 バランス調整の非常に難しいデッキなので、編成時のポイントを押さえておこう。 その1. 呪いをどの駒で供給するか まずは、ほかのスキルの発動条件となる呪いをどの駒で供給するか、というところを決めていく。 特にリーダーバフのヴィグラスを使うべきかを最初に決めてみよう。 捕食・竜鱗なし(耐久性: 低、速攻性: 速): 従来の速攻型のテイストを残しつつ、呪い状態のときに攻撃力が上がるスキルを使って、より高いダメージを狙っていく。 短期決戦向けのデッキになる。 捕食あり(耐久性: 中、速攻性: やや速): 捕食で回復もできるようにするデッキ。 その分延命できるので、じっくりコンボを組む余裕が生まれる。 捕食・竜鱗あり(耐久性: 高、速攻性: 遅): 捕食に加え、竜鱗も駆使することで、竜デッキらしからぬ耐久力を実現する。 チャージ竜のような、虎視眈々と大きな一撃を狙っていくデッキ。 その3. ダメージを稼ぐための駒も必要 捕食や竜鱗を組み込むことである程度耐久できるが、それだけでは火力は出ない。 耐久するだけでは勝てないところには注意しよう。 呪いによって攻撃力の上がるスキルやバフスキルなど、一撃を出せる駒、そのためのサポート駒も必ず用意しておこう。 まだ課題も…… 新駒の追加で、竜デッキの新しい戦い方が提示されたものの、まだまだ理想の暗黒系デッキを作るためには、課題も多いように感じる。 デッキ編成を考える前に、こちらについても把握しておこう。 暗黒系デッキの課題(2018年8月現在)• どの駒に呪いが付くかがランダムで、重なってしまうことも(「呪いではない駒を呪う」みたいな暗黒スキルがほしい)• 捕食や竜鱗、「呪いで攻撃力アップ」駒が引けないと機能しない、引くまでの間も呪いダメージは受け続ける• 闘化ヘルヴォルのような一部の駒を除き、通常攻撃罠・カウンターをまともにくらう とはいえ、編成する駒によって戦い方が大きく変わるところは、魔デッキのような面白さも味わうことができる。 より便利な駒の追加に期待しつつ、暗黒系デッキのさまざまな戦い方を楽しんでみてほしい。 デッキ編成例 暗黒系デッキは、新駒が多数必要となるため、かなり編成難易度は高め。 理想形とともに、いろいろと駒がそろっていない筆者の現実的なデッキも紹介してみたので、こちらも参考にしてみてほしい。 ヴィグラス耐久デッキ(理想形).

次の

[6/4更新]逆転オセロニア【攻略】: 現環境で役立つB駒を属性別にピックアップ!

オセロニア 竜 b

先攻がB5に置いて後攻のHPが残った場合は、後攻はE1に置いて相手のHPを削りきろう。 ただ、先攻がB5においてきた時点でこちらのHPが残っていない可能性も高いので、後攻は相手の手駒に強力なフィニッシャーがないことを祈るしかないだろう。 もちろん、相手が出してきた駒次第ではこの攻め方をしないほうがいいこともあるので、他の竜属性デッキの攻め方も覚えておこう。 現環境の定石に対応できる駒は? 竜属性デッキでは、リーダーバフの、だけでなく、を編成して、短期決戦に持ち込むプレイヤーが多くなっている。 しかし、リーダーバフと闘化ランドタイラントが手駒にそろっていると、残りの2枠の駒で対戦を進めていかなければいけなくなる。 この場合、発動条件の厳しい駒をデッキに編成していると手駒事故になりやすいので、なるべく無条件で発動できるものを優先していこう。 竜属性デッキでは、B駒でもしっかり倍率を出していくことが大切だ。 もちろん、スキルで大ダメージは出せないので、コンボスキルを使ってS・A駒のダメージを引き上げられる駒を選定していこう。 おすすめのB駒は以下のとおり。 どちらもコンボスキルは最大1. 5倍まで出せる。 金色ドラゴニュート・ルゥは、竜駒1枚あたり1. 1倍しか上がらないが、スキルのバフが強力なので、イヌンダシオンにも並ぶダメージが出せるはずだ。 これらを持っていないという人は、、などの駒を使うといいだろう。 竜属性デッキ編成例 ここでは相手がどんなデッキを使ってくるかを想定して、3パターンの竜属性デッキを挙げていく。 もちろん、マッチングはランダムなので、想定とはちがうデッキと当たることもあるので注意してほしい。 貫通を軸にする場合(通常時).

次の

【オセロニア】疾風迅雷!竜統一速攻デッキ(竜パ)の戦い方・おすすめレシピ

オセロニア 竜 b

100勝したときの私の竜デッキ まず竜デッキといえば、オーラバフ持ちのキャラクターをリーダーにするのは当たり前である。 幸いなことに「レジェ」「闘化デネブ」の両方を持っていたので、色々試しながらデッキを組んで挑戦していたデッキがこんな感じ。 クラスマッチをしながら進化デネブをレオノーラに変えてみたり、クリムゾントニトルス(ゴッキル)を入れてみたり、B駒をサラマンダーにしてみたり、なんとか勝率をあげようと試行錯誤してみたもののどれも似たような結果だった…。 さらにはHPと火力をあげるために魔駒の「アズリエル」や「エクローシア」を入れてみたり、神駒の「ハーピストエンジェル」や「ブレスドソーディアン」を入れてみたりしたが、他に竜駒を10体入れると事故る確率の方が高いのでやめた。 恐らくコスト200になって、クロリスや初期駒のファイアドレイク・ランドタイラントがいればもう少し戦えるようになると思うので、これから語ることはコスト190以下の場合と考えてもらえればと思う。 竜デッキのワンパターン戦法 竜の戦い方…それは、 ATKの高い駒でコンボを繋いで殴る! 本当にそれしかないんだよね。 神デッキや魔デッキなら色々戦法があって、神なら• バフ殴りデッキ• ライフバーストデッキ• 回復耐久デッキ 魔なら• 毒デッキ• 罠・カウンターデッキ• ダメマス生成デッキ などなど。 しかし、竜デッキは強い駒を持っていればほとんどが同じデッキになるんだよね。 正直言って戦法も何もないので、たまに使うと楽しいけど連続して使っているとすぐに飽きると思う。 それに竜デッキはATKが高くてHPが低いという特徴があるのだが、 神とほぼ同じどころかむしろ神の方が火力が高いという悲しい現実。 ジークフリートやヴィクトリアなんかはコンボを繋がなくても、正月蘭陵王にフェリプティなどがいれば5000ダメージ程は軽く出せるのでもはや竜の立場がない。 しかもHPは竜デッキより1万以上高いというね。 どうやって勝つのこれ?と言いたくなるものさ。 X打ちには弱点も多い! コンボを繋げやすくするためにX打ちをするのは、オセロニアをやっている方ならご存知かと思いますが、 こちらがコンボを繋ぎやすくするということは相手もコンボを繋ぎやすくなるということ。 逆に竜側は25000ダメージは出さないといけないので、最適なS駒しか出さないとしても最低3ターンはかかるんだよネ。 逆に相手が火力を出せないデッキの場合は、竜デッキが圧倒的な有利。 毒デッキとか回復耐久デッキが相手なら竜の火力でボコボコに出来る可能性も高い。 しかし、蘭陵王リーダーの火力高めのデッキに竜が勝つためには、 こちらの手駒が上手く回って、なおかつ相手の手駒が上手く回らないというのが最低条件となる。 最初のターンにB駒が2体来たら、勝率は一気に下がるのが竜デッキなのだ。 さらに言えば、相手にとってX打ちされた竜駒をひっくり返すと盤面不利になるので当然避けたいところですが、竜デッキはHPが低いがゆえにコンボを繋がれる前に倒せる可能性が非常に高いことも弱点の一つ。 竜デッキの弱点の多さについて 竜キャラクターは火力が高いということしか強みがないため、妨害駒をちょこっと出されるだけで一気に負けやすくなる。 例えば、• 手駒のATKが一番低い駒を強制的に出される「ルキア」• 2体のコンボ封印をされる「アヌビス」• ATKを大幅に下げる「テラーナイト」「ヒアソフィア」 ルキアを使われるとB駒がいればほぼ確実にB駒を出すはめになり、手駒がS駒で埋まっている場合は「レジェ」「デネブ」問わず出されてしまう可能性が高い。 レジェの場合は出されたらその時点でもう負けといっていいだろう。 そもそもX打ちをする時点でそのコンボを凌がれたら圧倒的不利になるわけなので、デバフなどを上手く使われて倒しきれなかったらあとはボコボコにされるだけなんだよね。 そして竜側先攻X打ちの場合に相手の2手目にアヌビスを使われて勝てた記憶がない。 コンボが出来なければ竜は勝てないのだ。 弱点はまだまだあるゾ。 ひっくり返されることでダメージを反射するカウンター• ダメージを大幅にカットするシールド• ダメージを反射する「カミュ」などの罠• 3ターンの間、ダメージを軽減する「アンドロメダ」「サディエル」 などなど、どれも貫通を使うことでしか対処不可能。 しかもハーピストエンジェルなどはシールドの上に実質2. 6倍というコンボスキルもキチガイなので、ひっくり返さなければ死ぬしひっくり返すとダメージが全く通らなくなるという…。 正直、貫通オーラ持ちのキャラクターがいても問題ないくらい竜は弱いと思う。 しかしまぁ竜デッキが強くなってしまうと、何もできずに速攻やるかやられるかだけのクソゲーになるので今のバランスくらいの方がいいとも思うが。 また、ダメージマス盤面の場合はX打ちし辛くなるのでこれまた負ける確率大幅UP。 さらに回復マス+角にダメージマス盤面の場合も、強い駒で回復マスを踏まれたらもう負けと言っていいだろう。 竜デッキで勝つためには? コストが低い場合の竜デッキ100勝はとにかく苦行。 それでも勝とうと思ったら、割り切って数をこなすしかない!しかし、最低限勝つための方法というのはあるよね。 竜デッキを使っていて思ったことは、 相手の駒を警戒して攻撃の手を緩めると負けるということ。 例えば、• 相手先攻で罠を置かれたからといって、ビビって弱いB駒を出す• こちらがコンボを繋いだら相手のコンボ導線も繋がる場合に、ビビって別の場所に駒を置く この2つをやるとはっきり言って負ける。 上記の場合、 「特殊罠であることを祈って駒を出す」「強力なアタッカーがいないことを祈ってコンボを繋ぐ」のが正解なのである。 慎重なプレイは竜デッキには不要。 どうせコンボで高火力を出さなければ負けるのだから、運がよければ勝てるくらいに思った方がいい。 ビビらなければ勝てた試合を逃す方がもったいない。 2つ目の注意すべきと思う点は、 確実に倒せない場合は時間稼ぎも重要ということ。 とにかくコンボを繋げば勝てるわけではないので、倒しきれないと思ったら相手の手駒が事故っていることを祈りながら、次のターンにとどめを刺すという作戦も必要。 案外「こりゃ負けたわ」と思った試合でも、相手も手駒事故を起こしていて生き残るということもあるので、諦めないことが重要! たまにやると楽しい竜デッキ。 まだ100勝していない人は頑張れ! コストが低い人は諦めてランク上げをしよう!それでは。

次の