ドラパルト 育成 論。 こだわり眼鏡ドラパルト育成論。立ち回り徹底考察|Pokeminブログ

【ポケモン剣盾】ドラパルトの育成論と対策

ドラパルト 育成 論

お久しぶりです。 kzkです。 今回は最近はやっている竜舞バトンドラパについて考察していきます。 基本誰でも使いこなせると思うので使ってみてください!! はじめに• HPをH、こうげきをA、ぼうぎょをB、とくこうをC、とくぼうをD、すばやさをSと表記するなど一部非公式用語を使用します。 ダメージ計算はダメージ計算SS様を使用しました。 特に記載のない限りお相手のポケモンは理想個体であることを想定しています。 ドラパルト ポケモン剣盾をやっているひとなら誰もが知るはご存知の通り、高素早さと型の豊富さで現環境使用率2位 6月12日現在 を誇ります。 600族と言われ、伝説ポケモンに劣らない合計種族値を持っていることも魅力的ですね。 前述した型の豊富さと言うと、こだわり眼鏡型、こだわり鉢巻型、物理特殊両方のスカーフ型、食べ残し型、メロメロ型、タスキ型、弱点保険型、命の玉型、ラムのみ型など数え切れないほど存在し、判別が非常に難しいポケモンとなっており、型によって対処方法が異なる面から厄介がられているいわゆる厨ポケです。 型の紹介 今回は、なんか使用率1位に跳ね上がったバグポケを起点にできる、竜舞バトン型です。 裏の高耐久物理エースにつなぎます。 この型に辿り着いたわけ。 先発にを出したらボコボコにされたからです。 そのため、の対策も兼ねて、かつ、起点にできるではないかと考え、この型に辿り着来ました。 ASぶっぱにする事で、竜舞積んだ後の自身の性能も高く、相手がダイマを切らない+ドラゴン技が等倍の相手なら基本倒せます。 ドラゴンアローがタスキ貫通できるのが良いですね。 他のポケモンとの差別化 竜舞バトンをできるのが系統しかいないため、ほとんどのポケモンと差別化は不要だと思っています。 テッカニンは先制技であっけなく沈みます。 ドロンチ 輝石を持たせる運用になります。 ただ、Sにも振る必要がある事を考えると耐久面に不安が残ります。 H252だとの玉じゃれで沈みます。 それが無理なポケモンでの立ち回りは下記に掲載します。 このポケモンは基本バトンをするので鬼火は大丈夫です。 タイプの関係上、格闘タイプとノーマルタイプという先制技がよくあるタイプを無効化できるのは非常に良いですね。 耐久型も起点にでき、他のとは違った立ち回りができます。 エースバーン 基本初手でんじはを打ちましょう。 相手は不意打ちしか有効打がないので、先発ダイマはリスクがある以上これが安定だと思います。 ただし、竜舞は積めないので交代したほうが良いかもしれません。 つららばりは回数次第、お祈りプレイング、警戒するなら引いたほうが良い• 弱点技+先制技持ち特殊アタッカー、また、 例 、、等 ひきましょう。 引けない場合は、とりあえずダメージ、又はなにかしらしましょう。 ただ、は基本オーロラベールをするので読み勝てれば起点にできます。 個体の詳細 ドラゴンアロー H4エースバーン 65. 3〜78. 4〜116. 3〜148. 2〜38. 3〜58. 2〜34. 4〜51. 6〜58. 8〜87. ドリュウズ 自分でSを上げる手段が少ないため、このバトンのエースに向いています。 相性補完もよく、バトンする時に弱点をつかれにくいです。 ギャラドス 素の耐久が高く、抜き性能が高いポケモンです。 バトルをつなげれば無双できます。 ルカリオ シンプルに相性が良いです。 フェアリーを狩れ、コメットパンチでさらに火力を上げれます。 エースバーン 環境最強のバグポケモンと名高いポケモン。 バトンタッチを覚え、振り対面で後ろにつなぐこともできます。 アイアント 対面で炎技は打ってこないのでバトンが安全に?できます。 火力が高すぎるので成功した瞬間無双します。 このポケモンの対策 の方が多すぎて、この型だと読むのが難しいので先制技持ちのポケモンを先手に出すしかないでしょう。 ちょうはつは他の型を考えるとなかなかリスキーなので対策として余り勧めません。 ステロも、先発に出されたら対策としては使えないですね… おわりに 育成論を最後までご観覧して下さりありがとうございました。 対策で迷っているそこのあなた。 このポケモンでエースバーンを起点にしていきましょう! 追記 DLC解禁後の環境において DWC解禁後、が先発にバシバシ出てくる環境になると思われます。 そうなると、この型は若干先発に出しにくいです。 しかし、も対策がされてくるにつれて、先発に無意識に出すことは少なくなると思っているので十分戦えると思います。 竜舞バトン、最近ちょくちょく見かけますね。 アッキとかの更にわけわからないヤツもいて、もうがわけわかりませんわ... よく纏まっていてとても良い論だと思いましたが、先発でと鉢合わせた際、初手投げのサポート型考慮でふいうちから打つなんてことはほぼないと思うのです。 そこで何から来るかと考慮した際、一番ありえそうなダイジェットから入られるとかえってが起点にされて後続のエースにバトンターンと次のターンで竜舞S上昇の上から攻撃されてバトン先がかなり苦しくないですか? 確かにを起点にはできますが、死に出しまたは初手からの対面前提ですし、実際初手対面した際にを解決できるかと言うと怪しい気もしますし対策と謳うのは厳しい気もします...。 解決方法としてはダイジェット見たあとにバトンタッチを捨てて上からでんじはを打つとかなんですかね... タイトルの意図がいまいちつかめませんでした。 エースバーンに限らずですね。 竜舞バトン自体自分も好きなので、評価は高めです! あと一つだけ、技候補に身代わりは入りませんか? カバなども起点にできるので、採用価値はあると思います。 (襷とかみ合わず、ほかの型と若干かぶりますが。 エースバーンはいくら抜き性能があるとは言え、脳筋初手ダイマは危なすぎます。 止められたら無駄に切ったことになりますからね。 そのため、不意打ちが安定だと思うのですが… ただ、万が一ダイジェットされた場合は苦しいですね。 そのため、たしかにでんじはが有ればそれから入るのが良いかもしれません。 コメント、高評価ありがとうございます。 だからこそドラパルトと相性補完が良いポケモンをバトンエースに選び、被弾を少なくする必要がありますね。 ここが若干辛いですね。 タスキを採用したのは弱点技を耐えれて、Aにも努力値が振れるからですね。 カバルドンのじしんは特化でも耐えれます。 ドラパルトってほんとに技範囲広いですよね。 弾けない場合は」になっています。 もし誤字でなかったらゴメンナサイ 今度使ってみようと思いました。 初手投げ壁貼りを結構使用したことがあるのですが、解禁初週だったのが祟ったのか脳死初手ダイマックス、かなりされた印象がありお聞き致しました。 ふいうち打つ打たないは相手次第なので置いといて、対安定意識するのなら仰られた通りでんじは採用ってところですかね。 あと、さんの仰ったなどを起点にできると言うのは、を筆頭とする耐久ポケモンのあくびややどりぎのタネ、どくどくなどを無効して起点にする... と言うことだと思います。 はふきとばしがあるのであまり有効とは言えませんが... 他の耐久ポケモンを意識したら2回竜舞できるorみがわりバトンで後続の負担を減らせるので、立ち回りの幅を広げると言う面ではありかなーとぼくは思いました。 バトンもできてどんだけ器用なんだこのドラゴン・・ 提案ですが、おにびではなくリフレクターではいかがでしょうか。 エースバーンに対しても撃てるのと、命中不安が解消できるのではないかと思いました。 誤字修正しておきます。 再びコメントありがとうございます。 確かにそうですね。 先発に出した以上余り耐久型と対面していなかったので気がつきませんでした。 追記しておきます。 ぶっぱは楽でいいですよね笑。 コメントありがとうございます。 ラムもちが増えている中、確かにリフレクターのほうが実用性がありそうです。 そちらに変えておきます。 身代わりについて 技スペースがか限られる上、タスキと相性が悪い点から非採用とします。 HS振りなら採用の余地があると思います。 丁度ダイマエース型のゴリランダーの展開サポートができるポケモンを検討していたところだったので、この型で試してみたいと思います。 是非使ってみてください。 ただし、竜舞は積めないので交代したほうが良いかもしれません。 一応立ち回りですね。 鬼火orリフレクターがあった時のです。 ない時は引いて下さい。

次の

【ポケモン剣盾】筆者が育成したドラパルトの型を全て紹介する【育成論】

ドラパルト 育成 論

注意 本記事の「主な調整」の欄では、様々な方の構築記事リンクを張らせていただいています。 大変失礼致します。 リンク等に関して問題がありましたら、本記事コメント欄やなどで対応させていただきますので、お手数ですがご連絡いただきますようよろしくお願いします。 また、今回は 最終400位以内または 中盤以降瞬間100位以内の成績を残した構築記事を中心に統計をとっています。 しかし筆者のシーズン1の成績はそれに遠く及ばないため、今回の記事ではあまり主観的感想を述べることが無いように書き進めてみました。 あくまで統計情報として本記事を活用していただけると幸いです。 それでは以下から本編になります。 ドラパルトの素早さ分布 ドラパルトの素早さ分布と持ち物の関係性を表にまとめてみました。 3 % 眼 こだわりメガネ 6. 8 % 鉢 こだわりハチマキ 3. 4 % 弱 9. 1 % 襷 9. 1 % 珠 命の珠 4. 5 % 帯 たつじんのおび 2. 3 % 札 のろいのおふだ 1. 1 % ラ ラムのみ 6. 8 % 実 混乱実(イアのみ等) 8. 0 % 盆 オボンのみ 12. 5 % 残 たべのこし 4. 5 % 粘 ひかりのねんど 5. 7 % C 2. 3 % P だっしゅつパック 1. 1 % B だっしゅつボタン 1. 1 % A アッキのみ 1. 1 % L こうかくレンズ 1. 1 % 赤字 物理技主体 39. 8 % 青字 特殊技主体 58. 0 % 緑字 ノーウェポン 1. 1 % ドラパルトの主な持ち物と調整例 ドラパルトの持ち物ごとの技の採用率や、S1構築記事で見られた主な調整について軽く触れていきます。 拘りスカーフ(物理) 拘りスカーフを持ったドラパルトのうち、物理技メインの型についてまとめます。 HAベース 191 185 96 - 97 168 220 228 4 12 44 ックス後に意地珠などからの一致抜群を耐えるように耐久調整を施した調整が多く見られました。 以下の記事から調整例をお借りしましたので、調整に関する詳細はリンク先をご参照ください。 拘りスカーフ(特殊) 拘りスカーフを持ったドラパルトのうち、特殊技メインの型についてまとめます。 Sはで最速、Cは252振り切りでも足りてるか怪しいので、削る余裕がありません。 控え目CSベース 163 - 105 162 95 189 76 220 212 控え目の場合は、CSを少し削って微耐久調整を施す個体も見られました。 以下の記事から調整例をお借りしましたので、調整に関する詳細はリンク先をご参照ください。 弱点保険ドラパルト 弱点保険を持たせてタイマン性能を高めた型についてまとめます。 弱保持ちの場合は、特性はの場合が多いです。 以下の記事から調整例をお借りしましたので、調整に関する詳細はリンク先をご参照ください。 意地hAB 173 187 114 108 96 168 76 236 148 0 4 44 物理ドラパルトやを始めとした様々なとの撃ち合いを意識した調整です。 以下の記事から調整例をお借りしましたので、調整に関する詳細はリンク先をご参照ください。 眼鏡ドラパルト こだわりメガネを持ったドラパルトについてまとめます。 HCSベース 179 - 95 167 95 179 124 252 132 素早さを最速抜き(抜き抜き)や、それ以下まで落として耐久に振る型も多く見られました。 以下の記事から調整例をお借りしましたので、調整に関する詳細はリンク先をご参照ください。 襷ドラパルト 気合の襷を持ったドラパルトについてまとめます。 特性は、他の持ち物に比べての割合が高くなっています。 オボンドラパルト オボンの実を持ったドラパルトについてまとめます。 ほとんどが鬼火祟り目流星群@1の構成です。 以下の記事から調整例をお借りしましたので、調整に関する詳細はリンク先をご参照ください。 HBSベース 191 - 127 124 96 179 220 252 28 4 4 素早さを最速抜き(抜き抜き)に、特攻を流星群で無振りが確定になるライン辺りに調整して、残りをHBに振っている調整が多くみられました。 以下の記事から調整例をお借りしましたので、調整に関する詳細はリンク先をご参照ください。 図太いHBs 193 - 132 124 96 169 252 180 20 4 52 素早さを最速100族抜き辺りまで落として、物理耐久を高めに確保した調整も多く見られました。 以下の記事から調整例をお借りしましたので、調整に関する詳細はリンク先をご参照ください。 光の粘土ドラパルト 光の粘土を持ったドラパルトについてまとめます。 光の粘土持ちの場合は技構成が両壁@2になりやすいので、攻撃性能を落として補助に徹する調整が適しているように思えますね。 オボンと同じく鬼火祟り目@2の構成が多いですが、身代わりの採用率が高いのが特徴です。 HBsベース 189 - 124 124 99 180 204 236 28 28 12 素早さを最速抜き辺りに調整して残りをHBに振る調整が見られました。 以下の記事から調整例をお借りしましたので、調整に関する詳細はリンク先をご参照ください。 HCsベース 181 - 95 166 95 178 140 244 124 素早さを最速抜き辺りに調整して残りをHCに振る調整が見られました。 以下の記事から調整例をお借りしましたので、調整に関する詳細はリンク先をご参照ください。 残飯ドラパルト 食べ残しを持ったドラパルトについてまとめます。 混乱実と同じく、鬼火・祟り目・身代わりの採用率が高くなっています。 上記の調整は以下の記事からお借りしましたので、調整に関する詳細はリンク先をご参照ください。 S178耐久振り 193 - 103 120 122 178 236 60 212 0 素早さを最速抜き辺りに調整して、凍える風や岩石封じなどのS操作技を身代わりが耐えるように調整した型が多く見られました。 上記の調整は以下の記事からお借りしましたので、調整に関する詳細はリンク先をご参照ください。 ラムドラパルト ラムの実を持たせたドラパルトについてまとめます。 ラムとのが薄い型でも、欠伸や電磁波対策にラムの実を持たせている場合が多く見られました。 の欠伸ループや、ヌルアントの電磁波補助などへの対策としてラムを持たせている場合が多いように思われます。 主となるというよりはパーティの補完枠ですね。 HAベース龍舞型 191 189 96 120 95 166 224 252 4 28 素早さを削って耐久に回すことで、竜の舞とのを高めた型も見られました。 ラムを持っていることで欠伸や電磁波にひるまずに竜舞を積むことができます。 以下の記事から調整例をお借りしましたので、調整に関する詳細はリンク先をご参照ください。 命の珠ドラパルト(物理) 命の珠を持った物理ドラパルトについてまとめます。 今回対象として収集した命の珠ドラパルトの中に特殊型が少なかったので、ここでは物理型の命の珠ドラパルトに絞って紹介していきます。 一応、ダイドラグーン・ダイホロウで相手のックスドラパルトを落とせたりといった利点もあるので、研究が進めば命の珠に適した調整も多く出てくるかもしれないですね。 鉢巻ドラパルト 個体数はあまり多くありませんが、鉢巻を持ったドラパルトについてまとめます。 上記の調整は不意打ちを採用していませんが、以下の記事から調整例をお借りしましたので、調整の詳細はリンク先をご参照ください。 終わりに 記事の本編は以上になります。 ドラパルトは型が多く適切な対処が難しいため、ある程度メジャーな型への対応はしっかりと意識しておいた方が良さそうですね。 本当は、持ち物と並び(パーティ)の関係性なんかも統計を取りたかったのですが、構築記事の母数も統計を取る時間も足りないため、それについてはまたの機会にしたいと思います。 最後まで読んでいただきありがとうございました。 少しでも参考になれば幸いです。 smcn616.

次の

こだわり眼鏡ドラパルト育成論。立ち回り徹底考察|Pokeminブログ

ドラパルト 育成 論

本日からポケモン剣盾の育成論や構築記事を上げていくのでよろしくお願いします。 今回紹介するポケモンは「意地っ張り鉢巻ドラパルト」です。 ドラパルトは合計種族値600、いわゆる600族と呼ばれるポケモンの1匹で、現在のランクマッチ環境ではミミッキュに次ぐか同程度の圧倒的使用率を誇っています。 このドラパルトを使用したパーティで マスターボール級21位まで順位を伸ばすことができたので、ある程度信用できる型なのかなと思っています。 技構成に関しては、火力の出せる技としてドラゴンアロー、後述する意地っ張り鉢巻の強みを活かすためふいうち、ナットレイなどの鋼に対してダイマックスを切って打つ技として大文字までは確定でいいでしょう。 ラスト1枠はミミッキュやオーロンゲなどフェアリーに強く出るなら鋼の翼、シンプルに火力を求めるならゴーストダイブがおススメです。 ダイホロウのBダウンが強力 意地鉢ドラパルトの強み ・B4振りドラパルトに対して不意打ちで乱1 68. 現在のランクマッチではスカーフドラパルトが流行しており、ドラパルト同士の対面になった際には基本的にドラゴンアローで突っ込んできます。 もし倒せなかったとしても後続の先制技圏内に入っていますし、他の型のドラパルトがダイマックスを切ってきたとしても大きく削ることができ、良い展開を作ることができます。 例えば、上記のドラパルト不意打ちに加えて、意地A252オーロンゲに黒い眼鏡などの火力アップアイテムを持たせた不意打ちで叩くことで、ダイマックスを切ったドラパルトを確定で倒すことが可能です。 最速を取らないデメリット 準速ドラパルトの素早さ実数値は194で、これは 最速125族と同値です。 これに該当するポケモンは、 マニューラ、コオリッポ ナイスフェイス 、サンダース、ガラルヒヒダルマ ダルマモード 、カマスジョーの5体です。 ダルマモードのヒヒダルマはほぼ使われないので、実質4体と言っても過言ではありません。 また、スカーフ持ちやダイジェットといった素早さ1段階上昇についても考慮する必要があり、これに関しては最速66族と同値です。 こちらに関しては数は多いものの、最速で使われているのをよく見かけるのはウオノラゴン、パッチラゴンの2体ぐらいでしょうか。 ただし、この2体に関しては超火力を押し付けてくる要注意ポケモンなので、別途処理ルートを用意しておく必要があります。

次の