ヘアスタイル 50 代。 結婚式お呼ばれの髪型(ヘアスタイル)50代の気品と余裕のセミロングアレンジ

50代の簡単ヘアアレンジ15選|まとめ髪のコツで脱おばさんひっつめ髪!

ヘアスタイル 50 代

全カテゴリー 種類• レングス• アレンジ• スタイルイメージ• シーン別• パーマ:強さ• パーマ:種類• カラー:明度• カラー:色合い• カラー:種類• スタイリング剤• 特殊技術• アレンジ• おすすめ:年代• おすすめ:髪量• おすすめ:髪質• おすすめ:顔型• おすすめ:髪クセ• モデル:年代• モデル:髪量• モデル:髪質• モデル:顔型• モデル:髪クセ• エリア•

次の

結婚式お呼ばれの髪型(ヘアスタイル)50代の気品と余裕のセミロングアレンジ

ヘアスタイル 50 代

みなさんこんにちは、souRiLeです。 最近、「40代女子」や「アラフォー女子」という言葉が普通になってきていますよね。 女性ファッション誌でも、GLOWやマリソルなどが 誌面で「アラフォー女子」などの言葉を多用してきています。 これはやっぱり、最近の40代女性が昔よりも断然若く、綺麗な女性が増えたからだと思います。 40代がこれだけ綺麗な人が増えてきた今、 50代女性はどうでしょう? 「私はもう若くないから、、!」とおっしゃるお客様もいらっしゃいますが、 私からみると、50代女性もやっぱりとてもきれいな方が多いんですよね! 自由ヶ丘という土地柄という事もあるかとは思いますが、 ファッションも最近は年齢に差が出ないようなコンサバシンプルがトレンドですし、 身に着けているアクセサリーやバックなども、 「私も欲しい!!どこで買ったんですか?」 なんて会話をよくしています。 笑 50代になると、自分に似合うものを選ぶ目が研ぎ澄まされて より洗練されていくんだな、、と感じます。 そんな50代女性に似合う髪型とはどういったスタイルなのか。 やっぱりそれは、洗練されたファッションに似合う 肩の力をぬいた「自分らしい」ヘアスタイル だと思います! 肩の力を抜いた、というのは「抜け感」という表現になりますね、 この言葉はよく聞くかと思います、「抜け感のあるヘアスタイル」とか。 これは若い子のように頑張って可愛くしている、という頑張ってます感をとっぱらって、 より自分らしく、自分の魅力的な部分をさりげなく引き出せる感じ、 「自然体で綺麗」という雰囲気です。 私がお客様のヘアスタイルを決めさせていただくときに、 50代くらいのお客様の場合、 顔周りがしっくりくる長さのバランスを探したり 横顔や首肩のラインがより美しく見える長さを探したりするのは そのお客様に「一番自分らしく似合うヘアスタイル」を見つけ出すためです。 逆に重たすぎるAラインのシルエットだと、視線が下にいくため全体の印象も下がって見え、 ほうれい線や頬のたるみが悪目立ちしてしまうのです! さあ!50代の皆様、脱Aラインシルエットで、キョンキョンのように素敵で愛らしいミディアムヘアを目指しましょう!! さらにもう一人、ミディアムヘアといったらこの方 大塚寧々さん 最近の大塚さんは、自身の柔らかい雰囲気に合ったパーマスタイルですね。 ふんわりと、ナチュラルな印象をもたせています。 さらに、大塚さんの場合は前髪の長さで先ほどご説明した「ひし形のシルエット」を 作っていますね! 大塚さんの前髪は基本長めにされていることが多いですが、 これが長すぎるとのぺっとした印象で逆に老けて見えてしまいます。 ですが大塚さんの前髪は頬の位置くらいの長さです。 笑 それくらい、美容師からみても、ほんっとうに素敵なショートヘアです。 賀来千香子さんのショートヘアがなぜこんなに素敵かというと、 ご本人の美しさはもちろんですが この髪型に50代女性が綺麗に見える黄金比が詰め込まれているからなんです。 ミディアム~ロングヘア編のときにも説明しましたが、 より若々しく見せるために重要なのがひし形シルエット、というお話をしました。 続いてはこの方 安田成美さん この方も50代なんですよね、本当に驚きです。 この方のショートは、サイドパートで分けた前髪と きゅっと締まった襟足が最大のポイントです。 トップからミドルにかけての綺麗な丸みと、キュッと締まった襟足が 頭の形を綺麗に見せるだけでなく、肩から首のラインも美しく見せる事ができるんです。 知的でカッコいい雰囲気にしたい方、ぜひ草刈さんショートにトライしてみてはいかがでしょうか。 最後はこちら、 50代女性に似合うヘアスタイル ボブ編 ボブの似合う女優さんといえばこの方 石田ゆり子さん もう本当に大好きです、こんな年の重ね方できたらいいな、と切に願います。 笑 石田さんのボブにも、50代女性を素敵に見せるポイントが詰まっています。 冒頭で述べた 50代からの「肩の力を抜いた、自分らしいヘアスタイル」とは 自分らしさが分かっているからこそ出来るもの。 それを客観的にみて、引き出すのが私たち美容師の仕事です。

次の

ベテラン美容師が解説☆50代女性が一番輝けるヘアスタイルとは、、!!

ヘアスタイル 50 代

全カテゴリー 種類• レングス• アレンジ• スタイルイメージ• シーン別• パーマ:強さ• パーマ:種類• カラー:明度• カラー:色合い• カラー:種類• スタイリング剤• 特殊技術• アレンジ• おすすめ:年代• おすすめ:髪量• おすすめ:髪質• おすすめ:顔型• おすすめ:髪クセ• モデル:年代• モデル:髪量• モデル:髪質• モデル:顔型• モデル:髪クセ• エリア•

次の