ハンバーグ レシピ 美味しい。 肉汁ジューシー【美味しいハンバーグの作り方・コツ】でプロの味を再現♪

本当に美味しいハンバーグ|何度も作りたい定番レシピVol.40

ハンバーグ レシピ 美味しい

完成! ナイフを入れた瞬間、まるで小籠包を割ったときのように肉汁があふれ出る。 「こんなハンバーグが世の中にあったのか」と蒙を啓かれる人も多いかと思う。 それが「ミート矢澤」(五反田)の、唯一無二のハンバーグだ。 その秘密は店内でひくサーロイン、フィレ、もも肉、うで肉、スネ肉、ネックなどの国産黒毛和牛にある。 けれど、最高級の牛肉さえあれば、必ずしも肉汁が流れ出るハンバーグになるわけではない、とミート矢澤の総料理長、福島亮さんは力説する。 冷やした牛肉をミンチにし、素早く手でこねる(冷やす理由は後述)。 それにより肉汁を閉じめることができるのだそうだ。 そもそもハンバーグは家庭の味だ。 であれば、ミート矢澤の足元にも及ばないかもしれないが、家庭でもそこそこ旨いハンバーグが作れるのではないか。 そう思い、福島シェフに美味しいハンバーグのレシピを教えてもらうことにした。 福島シェフ 福島シェフこそが身近な家庭料理を、上質な西洋料理に昇華させた張本人。 もちろん、最上級の国産黒毛和牛を用意すれば、美味しいハンバーグになる可能性が高い。 けれど、今回はスーパーなどで手に入る牛肉で、思わず笑みがこぼれるジューシーなハンバーグを作るコツを、福島シェフに伝授してもらうことにした。 「国産牛でも、輸入物ものでも一工夫すれば、肉汁があふれ出る、美味しいハンバーグを作ることができます」と、福島シェフは請け負ってくれた。 その際、ポイントがふたつある、と福島シェフはいう。 「肉売り場で牛脂を1個もらってきてください。 それともうひとつ、氷を1個用意します」 牛脂と牛ひき肉以外は、どこの家の台所にもある食材で、レストラン顔負けのハンバーグが自宅でも作れると福島シェフは豪語する。 まずは福島シェフのレシピをご覧あれ。

次の

得する人!損する人!【肉汁出ないハンバーグ】竹内シェフの日本一美味しい神レシピ作ってみた!得損

ハンバーグ レシピ 美味しい

子どもから大人まで、みんなが大好き!な「ハンバーグ」 煮込みハンバーグ、チーズインハンバーグ、和風ハンバーグなどたくさんのアレンジができるハンバーグですが、まずはみんなが大好きなスタンダードなハンバーグレシピを紹介します。 基本通りに作れば肉汁がジュワーッとあふれ出すハンバーグも簡単に作れますよ! ハンバーグを美味しく作るポイントは? 1.おすすめは合いびき肉! ハンバーグのメインの材料、ひき肉。 関西では牛肉100%がメジャーという話を聞いたことがありますが、私のおすすめは牛と豚を混ぜ合わせた「合いびき肉」。 でも、「合いびき肉」といっても牛と豚の割合はさまざま。 スーパーで売られているものは7:3か6:4が一般的です。 どの割合のものを使うのか、正解があるわけではないので好みで作るのが良いと思います。 2.タネを混ぜるときはとにかく冷やす! タネを混ぜるときに温度が少しでも高くなると肉の脂が染み出してしまいますので、できる限り全てのものを冷やすのが重要です。 ひき肉、卵、炒め玉ねぎなど、混ぜる材料は直前まで冷蔵庫に入れておき、できれば手を氷水などで冷やしながら混ぜるのがベストです。 3.タネはまず肉と塩で粘りが出るまでしっかり練り混ぜる。 塩は肉のたんぱく質を分解し、粘りを生み出します。 その粘りによって肉全体がまとまり、肉汁が出づらくなるのです。 ほかの材料を一緒に入れてしまうと、その効果が発揮されづらくなってしまいますので、まず塩でしっかり粘りをだしてから、ほかの材料を入れて混ぜてください。 4.成形時は空気を抜いて、表面をなめらかにしておく。 タネに空気が入っていると加熱したときにひび割れの原因になります。 また、タネの表面にひびが入っていたり、デコボコしていたりすると、焼いたときに割れてしまい肉汁がでてしまうことがあります。 丁寧に空気抜きをして、表面をなめらかにしておくことで、肉汁をしっかり閉じ込めることができます。 5.焼くときは最初に中火、あとから弱火。 タネを焼くとき、最初は中火で表面に焼き色をつけます。 そのあと弱火にし、蓋をしめて中までじっくりと火を通し、ふっくら仕上げます。 フライパンにサラダ油を熱し、玉ねぎ、塩少々(分量外)を加えて炒める。 玉ねぎがしんなりしたら、バットに出して粗熱を取る。 (時間があれば冷蔵庫で冷やすとなおよい) 2.パン粉を牛乳に浸しておく。 ボウルに合いびき肉、塩を入れ、粘りが出るまでよく練り混ぜる。 3.2に牛乳に浸しておいたパン粉、A、玉ねぎを加えてさらによく練り混ぜる。 4.3のタネを2等分にし、サラダ油少々をつけた手で持ち、両手で投げ合うようにして10回ほど繰り返して空気を抜く。 形を整えて、表面をなめらかにし、真ん中を指で押さえてくぼませる。 5.フライパンにサラダ油を熱し、ハンバーグを中火で3分ほど焼き色がつくまで焼く。 裏返して、裏側も焼き色がつくまで2分ほど焼く。 6.蓋をして弱火にし、6分ほど蒸し焼きにする。 竹串をさしてみて透明な肉汁が出れば焼き上がり。 7.ハンバーグを器に盛り、同じフライパンに赤ワインを入れて火にかけ、アルコールが飛んだらトマトケチャップ、ウスターソースを加えてソースにする。 ハンバーグにソースをかければできあがり。 豆腐を使ってボリュームアップ! ヘルシーなのに食べ応えはちゃんとあり、満足できる一品です! 大好きなハンバーグを食べたい! でも脂っこいものはちょっと控えたい…そんな健康志向な方にはぜひおすすめ。 小さな子どもでも食べやすいので、家族で楽しめるレシピです。 覚えておくと、忙しいときでもパッと作れて便利です。 一見ハンバーグに見えないですが、食べてみると味はちゃんとハンバーグ! 成型いらずなので、手も汚れず洗い物も少なくて済む時短メニューです。 器に使うレタスは、葉は大きくちぎるのがポイント。 初めに芯をくり抜くと、型崩れせずに葉が取れますよ。 このコラムを書いたNadia Artist 料理家・ふたりごはん研究家 榎本美沙 キーワード.

次の

本当に美味しいハンバーグ|何度も作りたい定番レシピVol.40

ハンバーグ レシピ 美味しい

ジューシーなハンバーグを作る3つのポイントとは? 4月1日放映「あさイチ」 NHK をご覧になった方はいらっしゃいますか?今回の「解決!ゴハン」のテーマは、クックパッドニュースでも何度か取り上げられたことがある人気の 「ハンバーグ」でした。 今回、目からウロコのテクニックを教えてくれたのは、料理の基本をわかりやすく丁寧に教えてくれる料理研究家で栄養士の小田真規子さん。 小田さんによれば、美味しいハンバーグを作るポイントは次の3つ。 通常は合いびき肉を使うことが多いハンバーグですが、今回は牛ひき肉に豚バラ肉の薄切りを刻んだものをプラス。 割合は牛ひき肉2に対して豚バラ肉は1。 上記の材料に塩コショウを入れて粘りが出るまでよく混ぜます。 このとき、塩を入れないと豚肉と牛肉の繊維がきちんとくっついてくれないのだとか。 混ぜ方にもポイントが。 豚肉や牛肉に含まれる脂分は、体温に非常に近い温度で溶け出す性質があり、手の平など体温が感じられる部分でかき混ぜると脂が溶け出して、ベタベタになってしまうというからビックリ! 小田さんは、それを防ぐため、体温が低い指先でザクザクと混ぜる方法を勧めていましたよ。 自分の指先が泡立て器になったような感じで、よくスナップをきかせてかき混ぜるのがポイント。 1分ぐらい混ぜると糸を引くように粘りが出てくるので、さらにみじん切りにした玉ねぎ、卵、パン粉を加えて混ぜます。 「炒めた玉ねぎじゃなくていいんだ」とゲストの山口もえさんが驚いていたように、使っていたのは生の玉ねぎ。 実はこれが、美味しさの秘密。 焼きあがったときシャキシャキとしてジューシーさをより際立たせてくれるというから脱帽です。 2分ぐらいしっかり混ぜて、玉ねぎがお肉に馴染んできたらOK。 よく混ぜたら、今度はしっかり空気を抜こう! お次は2つ目のポイント 「空気を抜く」の説明を。 よく混ぜたときに空気が入ってしまったハンバーグのタネから、今度は手の平に打ち付けながら最低10回以上空気を抜きます。 手の平の温かさで脂が溶け出さないよう、あまりしっかり握らないのがコツ。 空気が抜けたらラップをして、冷蔵庫で30分ぐらい休ませます。 ここで大事なのは、油を引かないこと、そして火をつける前にフライパンにハンバーグのタネを置くこと。 低温から中火にかけ、ジワジワと焼いていくのが、ジューシーなハンバーグにする秘訣というからビックリです。 裏表それぞれ5分ぐらい焼いたら、ふたをして弱火で10分ほど蒸し焼きに。 本当に、とても勉強になりますね!クックパッドにも蒸し焼きするハンバーグのレシピが。 こちらにもハンバーグをふわふわにするとっておきのテクニックがいっぱい。 要チェックです。 焼酎でふんわり度アップ!.

次の