キャッチャー スローイング。 【自宅で一人でできる!】キャッチャーのステップ練習方法→自主練する選手が正捕手になります

歴代盗塁阻止率No.1キャッチャーから学ぶ送球・ステップのコツ

キャッチャー スローイング

まずは、スローイングの基本について説明します。 スポンサードリンク 捕球を焦らないこと まず、捕球を焦って肘を伸ばして捕りにいかないようにしましょう。 前で捕ったところでトップの位置を作るときに結局後ろに持っていきます。 体の動作と投球のスピードを比較すれば、当然投球のスピードの方が早いので、捕球はいつもどおり行いましょう。 握り替えからトップの位置までの行い方 捕球したらミットは投球の勢いを利用してミットを体の中心に持っていき素早く握り替えを行います。 そして、両腕を割って(2つに分ける)、トップの位置を作ります。 この動作を素早く行うことで盗塁阻止の可能性が高まります。 ここまで出来れば、後は腰を回転させていけばスローイング出来ます。 送球方向に左足は真っ直ぐ踏み出す キャッチャーに限った話ではありませんが、左足は送球方向に真っ直ぐ踏み出しましょう。 この基本の動作がコントロールに大きく影響を及ぼします。 1塁、2塁、3塁、どの塁に対しても左足は真っ直ぐ出す癖をつけてください。 力まないこと コントロールが大事 盗塁されるとどうしても力みがちにスローイングしてしまいます。 速い球を投げたい気持ちは分かりますが、送球がわずかにそれただけでも捕球からタッチの動作に時間が掛かって しまい、セーフになってしまいます。 多少球速が落ちても捕球からタッチまでの距離が短い方がトータルでも時間が短縮されます。 コントロールを意識しましょう。 送球の優先順位 球史に残る名捕手である古田敦也さんはキャッチャーのスローイングにおける優先順位は 1. 正確に 2. 素早く 3. 強く であると述べています。 まずは、コントロールよく送球し、次に素早い動作で送球し、それが出来て強く送球するということです。 キャッチャーの中には強い送球ばかり意識して大きなモーションで投げてしまう選手がいるので、そういった選手はこの 優先順位を肝に銘じるようにしましょう。 握り替えについて キャッチャーは握り替えが難しく、正しく縫い目にかからないことの方が多いようです。 握り替えを素早くする技術と正しく握れなくても投げられる技術を身につけておきましょう。 関連ページ スポンサード リンク.

次の

捕手 スローイングの基本とポイント(3塁送球)

キャッチャー スローイング

キャッチャーの盗塁を刺す送球 キャッチャーの最大の見せ場と言えば、盗塁でランナーを刺す場面ではないでしょうか? キャッチャーがランナーを刺せば、当然のことですがランナーが一人減って、アウトカウントは一つ増えます。 ダブルプレーや牽制死など、「ランナーが減ってアウトカウントが増える」と言うプレーは、ピッチャーからすれば大変有難く、勢いの付くプレーなのです。 また、相手チームにとってはチャンスを逃すプレーとなり、緊迫したゲーム展開では流れを大きく変える事が多いです。 だから、キャッチャーのスローイングも確かなものにし、ゲームを有利に進められるようにしたいものです。 〜モーションを小さく素早く〜 盗塁阻止は、ピッチャーとキャッチャーの共同作業とよく言われます。 ピッチャーがモーションを盗まれたのでは、どんなに肩が強くて矢のような送球をしてもアウトにはできません。 また逆に、ピッチャーがクイックモーションで投げても、キャッチャーの動きが遅かったらアウトにはできません。 『盗塁が刺せない・・・』と言う子に共通しているのは、投げるまでのモーションが大きく遅すぎるところにあります。 なので、肩が強い弱いと言う前に、送球のモーションを磨く事が大事なのです。 肩が強くなくても、送球のモーションが素早いと盗塁もそれほどされません。 一番悪い例が、良い送球を投げようと力が入って大きなフォームになったり、勢いを付けようと数歩前から投げたりすることです。 これでは、いくら良いボールを投げたとしても、盗塁を防ぐのは難しいものがあります・・・。 〜送球の仕方〜 では、どんな風にして投げれば良いのでしょうか? 投げ方には2パターンがあって、ワンステップで投げるタイプとツーステップで投げるタイプです。 ワンステップというのは、左足だけを踏み出して投げるタイプ。 ツーステップとは、左足を踏み出す前に右足のステップを入れたものです。 昔は、肩が強い人なんかはワンステップで投げる事が多かったのですが、最近では肩の強い人でもツーステップの投げ方を取り入れる傾向にあります。 なのでここでは、ツーステップでの投げ方を紹介したいと思います。 先ほどから、盗塁阻止には素早いモーションが不可欠だと言ってきました。 「捕ってから送球まで」なので、ボールを捕る前にステップを入れても送球のモーションが遅れることはありません。 少し表現を変えると、 ボールを捕ってから送球の動作を起こすのではなく、ボールを捕る前から送球の動作をしておく事です。 具体的には右図のようにやります。 予めボールをキャッチする前に、右足を軽く前にベースと平行になるように踏み出します。 それと同時くらいにボールをキャッチして、左足を踏み出し送球します。 ポイントは、軽く右足を前に踏み出すところにあります。 右足を踏み出すと言うことは、体が前に移動します。 と言うことは、少しではありますがボールを早くキャッチする事ができます。 おまけに、右足を踏み出すことで勢いを付けることもできるのです。 もう少しレベルの高いところをお話すると、送球は耳の横から投げ始めます。 この位置にボールを持ってくるのに、ボールを捕ってから耳のところへ持ってくるのと、耳のところへボールがくるように体をもっていくのとではモーションの早さは変わってきます。 早いのは、後者のボールを投げやすい位置に体を持っていくです。 なので、この右足を少し前に出す時に、ボールが投げやすい位置にくるように体を持っていくことが大事なのです。 〜盗塁を刺すのに大事なこと〜 キャッチャーが「捕って」「投げて」「セカンドがタッチをする」までを短くすれば、盗塁を防ぐ事ができます。 どんなにモーションを早くして矢のような送球をしても、送球が反れてタッチが遅れてしまってはセーフになってしまいます。 だから、モーション・強肩・コントロールのどこに重点を置くのがよいかと言うと、コントロールの部分です。 ピッチャーもそうですが、キャッチャーの送球もコントロールがとても大事なのです。 で、どこへ投げるのかというとタッチのし易い場所、つまりセカンドベースの右側です。 ベースより左に投げたのでは、タッチが遅れるのでこれだけは避けないといけません。 このセカンドベースの右にストライクを投げるコツですが、これは目標をセカンドにするのではなく、ピッチャーの頭を目標にすることです。 キャッチャーからセカンドまで40mくらいあるのですが、その長い距離に的を絞ったのではストライクも投げられません。 これは人によって違いますが、ピッチャーの頭の右上辺りを目標にすると良い送球が投げられると思います。 〜肩が弱かったら・・・〜 セカンドまで送球が届かなかったら、ワンバウンドで投げましょう。 ワンバウンドもノーバウンドの送球も、ボールがセカンドに到達する時間は 同じです。 何となく、ワンバウンドの方が遅いように思いますが、ワンバウンドで投げようとする分、体の力が抜けて素早いモーションで投げられます。 それに、ワンバウンドの方がボールを低めに集めることが出来て、コントロールも良くなります。 目的は、矢のような送球ではなくて、 ランナーを刺す事ですから、そこを間違わないようにしたいものです。 小学生だと、なかなかセカンドまで届かせる子も少ないです。 ノーバウンドで投げられると言っても、山なりのボールや、送球のモーションが大きかったのでは、今後の為にも良くありません。 体が大きくなるに連れて、徐々にセカンドまで届くようになります。 何もワンバウンドで投げる事は恥ずかしいことではありません。 そんな事よりも、ちゃんとしたフォームを身につけることの方が大事なのです。

次の

捕手練習 キャッチャーの2塁への送球のコツ

キャッチャー スローイング

まずは、スローイングの基本について説明します。 スポンサードリンク 捕球を焦らないこと まず、捕球を焦って肘を伸ばして捕りにいかないようにしましょう。 前で捕ったところでトップの位置を作るときに結局後ろに持っていきます。 体の動作と投球のスピードを比較すれば、当然投球のスピードの方が早いので、捕球はいつもどおり行いましょう。 握り替えからトップの位置までの行い方 捕球したらミットは投球の勢いを利用してミットを体の中心に持っていき素早く握り替えを行います。 そして、両腕を割って(2つに分ける)、トップの位置を作ります。 この動作を素早く行うことで盗塁阻止の可能性が高まります。 ここまで出来れば、後は腰を回転させていけばスローイング出来ます。 送球方向に左足は真っ直ぐ踏み出す キャッチャーに限った話ではありませんが、左足は送球方向に真っ直ぐ踏み出しましょう。 この基本の動作がコントロールに大きく影響を及ぼします。 1塁、2塁、3塁、どの塁に対しても左足は真っ直ぐ出す癖をつけてください。 力まないこと コントロールが大事 盗塁されるとどうしても力みがちにスローイングしてしまいます。 速い球を投げたい気持ちは分かりますが、送球がわずかにそれただけでも捕球からタッチの動作に時間が掛かって しまい、セーフになってしまいます。 多少球速が落ちても捕球からタッチまでの距離が短い方がトータルでも時間が短縮されます。 コントロールを意識しましょう。 送球の優先順位 球史に残る名捕手である古田敦也さんはキャッチャーのスローイングにおける優先順位は 1. 正確に 2. 素早く 3. 強く であると述べています。 まずは、コントロールよく送球し、次に素早い動作で送球し、それが出来て強く送球するということです。 キャッチャーの中には強い送球ばかり意識して大きなモーションで投げてしまう選手がいるので、そういった選手はこの 優先順位を肝に銘じるようにしましょう。 握り替えについて キャッチャーは握り替えが難しく、正しく縫い目にかからないことの方が多いようです。 握り替えを素早くする技術と正しく握れなくても投げられる技術を身につけておきましょう。 関連ページ スポンサード リンク.

次の