同期 の サクラ 真剣 佑。 同期のサクラ

『同期のサクラ』新田真剣佑の“涙”に感動の声「大号泣」「美しい」 /2019年11月7日 1ページ目

同期 の サクラ 真剣 佑

女優の高畑充希が主演を務めるドラマ『同期のサクラ』(日本テレビ系/毎週水曜22時)の第5話が6日に放送され、ヒロインの同期・木島葵を演じる新田真剣佑が見せた涙の熱演に、ネット上には「グっとくる」「大号泣」「美しい…」といった声が集まった。 葵の所属する花村建設・都市開発部が進める目玉プロジェクトが、国の予算の都合で急きょ凍結される事態が発生。 葵は上司から、国土交通省の高級官僚である父親にプロジェクト凍結を考え直すよう説得をしてほしいと頼まれる。 実力ではなくコネをあてにされ複雑な葵は、自宅で父や同じくエリート官僚の兄に対してプロジェクトの凍結について切り出すが、まったく相手にしてもらえない…。 ある日、花村建設を訪れた葵の父と兄は都市開発部の面々にプロジェクト凍結の決定は変えられないと尊大な態度で言い放つ。 その光景を見ていた葵は、帰ろうとする父と兄の前に立ちはだかると「あなたたちはそれでも国のリーダーですか?」と切り出し、「そうやって人のこと見下して! 自分のいいように物事を進めるのいい加減やめてもらえますか!? 」と声を上げる。 そして葵は涙を流しながら「お二人とも、何のために官僚になったんですか!? 」と一喝。 さらに「高い給料をもらって民間に威張れるからですか? 定年が来たら何度も天下りして、その度に莫大(ばくだい)な退職金をもらうためですか?」とあふれてくる涙を拭いもせず、自分を見下してきた父と兄に思いをぶつける。 このシーンに対して、ネット上には「エライ!よく言った」「すごいグっとくる」といった声が多数寄せられると同時に、葵に扮する真剣佑のエモーショナルな演技について「むりむりむり泣いた。 大号泣」「真剣佑がかっこよすぎて演技うまくて泣ける」などのコメントも相次いだ。 さらに真剣佑が涙をこぼす姿に「葵くんの涙美しい…」「綺麗すぎる」と言った賞賛も集まっている。 この記事の写真を見る•

次の

新田真剣佑、高畑充希の同期に!ドラマ「同期のサクラ」出演

同期 の サクラ 真剣 佑

目を覚まさないサクラ(高畑充希)の病室に訪れた葵(新田真剣佑)は、「たいへんよく出来ました」と書かれたシールが貼られた手帳を手に、入社5年目の出来事を思い出していた……。 2013年9月。 美咲島に架ける橋の着工が無期延期になったまま人事部で入社5年目を迎えたサクラは、夢を諦めずに相変わらずの日々を過ごしていた。 そんな中、人事部では黒川(椎名桔平)が社員の社内表彰に関する仕事をいつものようにすみれ(相武紗季)に丸投げ。 社内告知の手配を頼まれたサクラは、葵が社長賞を受賞したことを知る。 しかし広報部の百合(橋本愛)によると、受賞者は立候補した人の中から選ばれるため、自己アピールとパフォーマンスばかりしている葵のような人が選ばれるのだと冷めた様子。 社長室で表彰され、いつものように調子の良いスピーチをする葵だが、社長(西岡德馬)から「お父さんによろしく」と言われると複雑な表情を見せる。 サクラは、葵の父が国土交通省の高級官僚だと知る……。 その頃、都市開発部では目玉プロジェクトが国の予算の都合で急遽凍結されるというトラブルが発生!表彰状を持って意気揚々と戻ってきた葵は青天の霹靂に慌てるが、お前にできることは国交省の父親に頼むことだ、と実力ではなくコネを当てにされ、複雑な気持ちを抱いていた。 その夜、葵の社長賞を祝おうというサクラの呼びかけで、百合、菊夫(竜星涼)、蓮太郎(岡山天音)はいつもの喫茶店に集まっていた。 自分の抱える問題を打ち明けることもできず、いつもの調子のいいキャラクターを演じる葵だが、同期たちが悩みながらも充実した日々を過ごしている様子を目の当たりにすると、つい見下すような発言をしてしまう。 怒った百合たちは帰ってしまい……。 残されたサクラは同期を傷つける葵の発言に突然号泣し酔いつぶれる!仕方なくサクラを家まで送り、重い足取りで高級住宅街に佇む実家へ向かう葵。 プロジェクトの凍結について切り出そうとするが、父・康秀は同じエリート官僚の兄・光一とばかり話し、葵の話には耳も貸さず……。 父に相手にされなかったことを同僚に言い出せない葵は、別の案を提案しようとするが、実力のないコネ入社のくせにリーダーぶる姿を一刀両断され深く傷つく。 その夜、サクラの前で激しく酒を飲んだ葵は、家では劣等感と疎外感を感じ、会社では親の七光りだと陰でバカにされている自分のことを笑いながら話すと酔いつぶれてしまい……。 葵を家まで送り、その立派な建築に感動したサクラは、葵の父と兄に会うと、突然嘆願書と、書き込みのされたパンフレットを渡す!サクラの行動に背中を押され、話を聞いてほしいと父親に土下座する葵だが、冷たくあしらわれてしまう。 ntv. しかしサクラは葵にビンタする。 「葵くんがあまりにも心にもないことを言うので」 フラれた葵。 「心にもない!?じゃあ俺二度と喋るのやめるわ。 どうせ心も中身もないんだったら これからは人に命令されたことはいはい従うさ」 ナイーブになっている葵はどんどん愚痴る。 家族にも会社の仲間にも百合たち同期にも理解してもらえない葵は限界だった。 その夜、サクラはじいちゃんにファックスで相談。 じいちゃんは 【そいつがダメなのは結局 勝ち負けにこだわってるからだ 大切なのは 「勝ち」より「価値」だ】 とサクラに返信。 次の日、葵は出勤するが、エレベーターが重量オーバーにも関わらず降りない。 鬱気味で正常判断ができないらしい。 そんで他の社員にエレベーターから押し出される。 (花村建設の社員の民度が低すぎるw) 途方にくれた鬱気味の葵。 会社から出てあてもなく歩く。 そして道路に飛び出して死のうとする。 そんな葵を救ったのがサクラ! サクラはいつもの喫茶店に同期のみんなを呼ぶ。 自殺未遂から救った葵をみんなで元気つけるが葵は黙ったまま。 「あんた黙ってたら何の価値もないから。 別にいいじゃない。 人に心も中身もないって言われたって。 嘘も方便って言うけどさ、 周りのみんなのために一生懸命言い続けたら どんなに嘘ぽくたって絶対相手の心に届くよ。 自分のためだけじゃなくて人を幸せにしたい。 希望や勇気を与えたいと思ってたら絶対いつか本当の言葉になるよ。 」 そしてサクラは、新人研修で橋を作った時に葵がプレゼン用に考えた言葉を言う。 あの時サクラは、自分が思ったことを葵が全て言葉にしてくれたこに心が震えるほどに感動していた。 「あなたがなんて言おうと あの言葉は私にとってここに響いた。 とっても価値のある言葉だから。 あなたには素晴らしい才能があるんだよ。 元手もかからずにたくさんの人を動かせる力がある。 そんな力を失ってどうするの?」 じいちゃんの受け入りも話す。 「勝ち負けなんてこだわらずに自分の価値を知ることが大切だ。 」 同期のみんなも葵を励ます。 そこへ、葵にクソ上司からメールが入る。 どうやら葵の父親と兄が会社に来ているらしい。 プロジェクトの見直してくれるのかと思って会社に戻る同期5人。 父と兄が会社を訪れたのは 「プロジェクトの見直しはできない。 いずれ花村建設さんには活躍する場所を必ず設ける」 と断るためだけだった。 そんな父と兄に葵が物申す。 「あなたたちはそれでも国のリーダーですか? 自分の身を犠牲にしてでも みんなを幸せにすることがリーダーじゃないんですか?」 みんなが抱えている難しい問題を解決するために誰よりも考えて悩むことがリーダーではないのか。 結局、あなたたちは自分たちがいいようにするから黙ってろ、お前らはこっちの言う通りにすればいいんだ、と言っているだけだ。 「人のこと見下して、自分のいいように物事を進めるのは いい加減やめてもらえますか?」 自分は何もしていないけど、年開発部の人はプロジェクトに誇りを持って真剣に取り組んで来た。 このプロジェクトが完成すれば地域の発展と繁栄、そしてそこに暮らす人たちに幸せを与えれる。 心から信じて仕事をして来た。 それなのに官僚どもは自分たちのことしか考えていない。 「だったらお二人とも、何のために官僚になったんですか!? この国に暮らす人たちを少しでもいいから幸せにするためにじゃないんですか! 俺は今まで2人に認めて欲しかったけど これからはここにいるみんなに認めてもらえる人間になりたい。 頼りにされるような人間になりたい。 困ってる人がいたら助けられる人間になりたい。 こんな俺でも価値があるって言ってくれた、同期たちのためにも。 」 泣き叫ぶ葵。 しかしクソ親には響かなかった。 「今のが、我々への答えですか? なら、今後御社との関係を見直さなきゃならないですね。 」 葵の上司に文句を言う葵パパ。 「やめてくれますか。 あくまで僕、個人の意見なので。 」 「私も、彼と同じ意見です。 」 サクラも葵の味方をする。 葵が変わったのはサクラのせいだと気づく父親。 その日、仕事終わりに同期のみんなが葵を待っていた。 葵は今までのことを同期に詫びる。 サクラは葵に【たいへんよくできました】シールをあげる。 「葵くん頑張ってください。 さっき私は将来葵くんが社長になる姿が目に浮かびました。 あなたは私たちの未来を変えることができる人だと思いました。 」 そんでツーショの写真を撮るサクラと葵。 葵はサクラのことを見つめる。 シャッター越しにそれを見て切ない顔をする百合。 そして、次の日。 葵は土木部へ、サクラは子会社に異動になってしまった。 仮にコネ入社でも本人に言えるって性格が悪すぎる。 人としてのネジが飛んでいる。 サクラの部長の椎名桔平のこと感じ悪いなって思ってたけど、同期の中では1番いい上司についたのはサクラだった。 ちなみに私は、百合にセクハラした部長と、菊夫にパワハラした部長、蓮太郎に嘘の社内コンペの時間を教えた部長のことをまだ許していない^^ そんで葵くんをエレベーターから突き飛ばした社員もやばいw あそこまでする必要ある? 本当思いやりのない人間の集まった会社だな。 ブラックすぎてみんなストレス溜まってんのかな? 今のところこのドラマのことは、 上司がクソでも我慢して働く社畜ドラマとしか思えない。 今のところはだからね!最終的にはどういうメッセージを我々に伝えてくれるのか楽しみにしてます😌 本当に社畜ドラマで終わってしまったら、きっと私はこのドラマを見るべき層ではなかったんだろうな〜😩 同じお仕事ドラマでも「わたし、定時で帰ります」は共感出来る部分は多かったんだけど。 あ、感想はあくまでわたしの個人の意見です🤗 真剣佑「俺に迫られて拒否るとか、おもしろいやつ」 ここに来て恋愛要素が投入された。 「何ならマジで俺と付き合わない?」 と、お付き合いを迫る真剣佑をブン殴ったサクラ。 このシーンは弱った真剣佑が酔った勢いでサクラに迫った訳だけど、 全視聴者の女がサクラになりたかったんじゃないかと思うw だけどここがサクラクオリティー! どんな国宝級イケメンに迫られてもなびかない芯の強さ・・・・😭 これはもう全イケメンが「俺に迫られて拒否るとか、こいつおもしろいやつ」ってなります😂 さらにサクラは弱っているマッケンに「あなたがなんて言おうとあの言葉は私にとってここに響いた。 とっても価値のある言葉だから。 あなたには素晴らしい才能があるんだよ。 」と言葉をかけてハートを鷲掴みに! 同期に男が3人いてそのうちの2人がサクラを好きってすごいな。 羨ましくて死にそう。 1人分けてくれ。 まあでも分かる。 わたしが男でもサクラを好きになる。 (そもそも高畑充希ちゃんが好きだし) サクラは、 否定ではなく肯定をしてくれるから好かれる性格をしていると思う。 人は認められることで成長していくと思っているのでサクラの人間性はとても好きです。 そんな感じで恋愛要素が投入された5話でしたが、 わたしはサクラには菊夫とくっついて欲しいと思っている! 理由はわたしが菊夫が好きだから! でも現在のシーンを見てみると誰ともくっつかないみたいですねw さすがサクラちゃんクオリティー。 葵は百合とくっつけばいいよ! 百合は葵のことを好きなようだし、口が達者な葵はズケズケ言い合える百合の方が合っている気がする。 5話は官僚への批判回かな? 最後、ちょっとびっくりした。 「あなたたちはそれでも国のリーダーですか? 自分の身を犠牲にしてでも みんなを幸せにすることがリーダーじゃないんですか? お二人とも、何のために官僚になったんですか!? この国に暮らす人たちを少しでもいいから幸せにするためにじゃないんですか!」 と父と兄に熱弁する葵。 ただの 社畜ドラマかと思っていたけど、攻めている! でも葵が言ってることはその通り!!! 国のリーダーのみんなさんにも見て欲しい回でした😂 そんで 肝心のクソ親父には全く響いてない様子で切なかった。 ここまで息子に言われて恥ずかしくないんかな? 「俺は今まで2人に認めて欲しかったけど、これからはここにいるみんなに認めてもらえる人間になりたい。 」って泣きながら言ってる真剣佑見て、 わたしは号泣したけどね🙄 普通の親の心持ってたらここは号泣でしょう。 サクラ(高畑充希)の病室に訪れたすみれ(相武紗季)は、中学生になった娘・つくしの写真を手に、眠るサクラに感謝の気持ちを伝えていた……。 2014年10月。 サクラは花村建設の子会社に飛ばされ夢から遠ざかったことを故郷の祖父(津嘉山正種)に打ち明けられないまま、社会人6年目を迎えていた。 相変わらず信念を曲げずに日々を過ごしているように見えるサクラだが、その心には少しずつ迷いが生じていた……。 働く女性を応援する本を数多く執筆している椿だが、実は理不尽で細かい要望が多く面倒な人物。 しかし社長(西岡德馬)と仲がいいため粗相は許されないと黒川からプレッシャーをかけられる。 数日後。 椿のマネージャー・米田との打ち合わせを控え、広報の百合(橋本愛)のほか、サクラも子会社の代表としてセミナーのプロジェクトチームに参加する。 わざわざ女性だけが集まって研修をすることに疑問を感じるサクラだが、百合は立場が違う女性同士がまず理解し合う必要があると主張。 サクラはすみれが離婚してシングルマザーになったことを知る。 その後、米田を交えた打ち合わせが始まるが……。 余計なことを言わないようすみれから釘を刺され必死に我慢するサクラだが、『公演後の質問は受け付けない』という理不尽な要求に黙っていられず、米田を怒らせてしまう!その時、タイミング悪く社長が現れて……。 打ち合わせ後、エレベーターでサクラと二人きりになった百合は、いつもと違う元気のないサクラを見てこの機会にプライベートを充実させないかと合コンに誘う。 そこに土木部に異動して生き生きと働く葵(新田真剣佑)が乗って来る。 1年前の一件から密かにサクラに想いを寄せる葵は合コン話に焦りつつ、それとなく恋愛事情を探るが、サクラは今は誰とも付き合う気は無いと頑なな態度。 その夜、すみれからの電話でプロジェクトチームから外されたことを告げられたサクラは肩を落としていつもの喫茶店へ向かう。 先に来ていた菊夫(竜星涼)は、蓮太郎(岡山天音)にけしかけられサクラをデートに誘おうとするが……。 講演会が近づくにつれ、すみれは米田からの講演とは直接関係ないような細かい要望に追われ頭を抱える。 さらに、娘のつくしが同級生を殴ったと急遽学校からも呼び出され……!周囲の理不尽な扱いに我慢できずに手を上げてしまったという娘に会社でのサクラの姿を重ねたすみれは「人はいつまでも自分の好きなように生きられない」とつくしを叱る。 仕方なくつくしを連れて仕事に戻ったすみれだが、米田と椿の前でペコペコする母の姿を見たつくしは、すみれを遠ざけるように……。 女性として仕事にも子育てにも奮闘して来たすみれの心はついに折れてしまい……!! ntv.

次の

「同期のサクラ」新田真剣佑、涙の演技に感動の声

同期 の サクラ 真剣 佑

サクラ 高畑 の同期で社長を目指す都市開発部のホープ・木島葵 新田真剣佑 の涙に、視聴者から「泣けた…」の声が続出。 スーパーゼネコンの最大手・花村建設を舞台に「自分の夢に一途で、忖度 そんたく できない主人公」サクラと、彼女を見守る4人の同期をはじめ仲間たちとの10年間を、回想のかたちでつづっていく。 これまで、同期入社の月村百合 橋本愛 、清水菊夫 竜星涼 、土井蓮太郎 岡山天音 がそれぞれ忖度できないサクラの生き方に触れ、熱い涙を流してきた。 第5話では、そんな同期たちをしり目に「社長になりたい」とまい進し、要領よく立ち回っているかに見えた葵にスポットが当たった。 東京出身で帰国子女の葵は、社内での評価が高く上司の覚えもめでたい一方、自信過剰で周囲を見下す発言が多く、同期のメンバーからは煙たがられ気味。 社長賞を受賞した葵を祝おうと集まった同期たちに「もっとでっかい目標持たないといつまで経っても勝ち組になれないぞお前ら」と威張り散らし、孤立してしまう。 だが自信家に見えた葵の胸のうちには、劣等感が渦巻いていた。 家では高級官僚の父と兄に相手にされず、会社では親の七光りだと陰でバカにされていることを、葵はサクラに打ち明けた。 元手もかからずに、たくさんの人を動かせる力がある。 そんな言葉を失ってどうするの」というまっすぐなサクラの言葉が、葵を変えた。 葵は涙ながらに、父と兄に初めて本音をぶつけた。 「俺は今まで2人に認めてほしかったけど、これからはここにいるみんなに認めてもらえるような人間になりたい。 頼りにされる人間になりたい。 困っている人がいたら助けられるような人間になりたい。 こんな俺でも、価値があるって言ってくれた同期たちのためにも」 「勝ち」ではなく「価値」のある人生を求めて歩き始めた葵に、視聴者からは感動の声が続出。 SNSでは「毎回泣いてるけど今回は本当にマジ泣きした」「ガツンと言った葵かっこいい!! 」といった声があふれた。 Twitterでは先週に引き続き、「#同期のサクラ」がトレンド入りした。 放送後の「『勝ち』より『価値』だ。 みんな。 ありがとう。 」のつぶやきには、ファンから「葵が気持ちを爆発させるシーン、感動しました!」「真剣佑くんの涙に泣いちゃった」「素晴らしい演技ありがとう!! 明日も頑張れます」といった声が寄せられた。 今回は、忖度しない発言で官僚を怒らせた葵とサクラにそれぞれ試練が待ち受けていた。 葵は土木課へ、そしてサクラは子会社へ出向…。 気になるその後を描く「同期のサクラ」第6話は11月13日 水 放送する。 出向先の子会社で社会人6年目を迎えたサクラは、その信念に密かな迷いを抱き始めていた。

次の