ささみ レシピ。 ささみを使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ10選

【みんなが作ってる】 ささみカツのレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが336万品

ささみ レシピ

脂肪分が少なく淡白な風味が魅力のささみは、高たんぱく低カロリーのヘルシー食材として引っ張りだこの人気食材です。 サラダや和え物からフライや炒め物までアレンジも自由自在で、メインディッシュだけでなく、あともう一品というときにも大活躍してくれて、もちろんお弁当のおかずにも重宝します。 ビタミンB群、パントテン酸、ナイアシン、セレン、モリブデンといった体に嬉しい栄養素も豊富に含まれているので、おいしく食べながら健康的にダイエットしたい人にもぴったりです。 今回はそんなささみを使ったお料理の中から特におすすめのレシピを、フライ、焼き物・炒め物、サラダ・和え物、煮込み、ごはんといったカテゴリ別にまとめてご紹介します。 ささみの栄養素について ささみは100グラムあたりわずか105キロカロリーです。 高たんぱくでありながら、牛もも肉の246キロカロリー、豚もも肉の183キロカロリーなどと比べても非常にカロリーが低く、筋肉をしっかり作り代謝も低下させることなく健康的なダイエットが可能という優秀食材です。 ささみに含まれるビタミンB群は脂肪の代謝を助けるとともに肝臓に脂肪をためにくくする働きがあり、パントテン酸は悪玉コレステロールを減らして善玉コレステロールを活性化させてくれます。 また、ナイアシンは血行を促進させ、セレンは血管の廊下を防いでくれます。 さらに貧血を予防する働きを持つモリブデンは、体内で不要になった成分を尿酸に変えて体外に排出しやすくしてくれるなど、体にとって嬉しいことがいっぱいです。 ささみの調理法について ささみは筋を取り除いたほうが口当たりが良く、おいしく食べることができます。 筋の取り方には、一般的に知られている包丁を使う方法のほかにフォークを使って取る方法もあります。 フォークを使う場合、はじめは少し力が要りますが、包丁を使わないので失敗がなく、洗い物も少なくなるというメリットがあります。 ささみに火を通す際は、適度に塩味をつけてふっくらと茹でるとおいしくなります。 500mlの沸騰したお湯に塩を小さじ1ほど入れて溶かし、ささみを入れて再沸騰したら火を止めます。 その後8分から10分放置してからささみを取り出し、粗熱を取ります。 サラダや和え物をはじめ様々なお料理に使えるのでとても便利で、茹で汁もおいしいスープにすることができて一石二鳥です。 淡白なささみとは思えないほど旨みたっぷり、大人はもちろん子供からも絶大な支持を得ている人気レシピです。 サクサク、カリカリとした歯触りが絶妙で、あまりのおいしさに食べ始めたら止まりません。 下味を付けたささみをてんぷら粉とパン粉で作った衣にくぐらせてカリッと揚げたら出来上がり。 ポイントはパン粉衣の濃度で、パン粉を多めにするだけで簡単にカリカリ度がアップします。 あっさりとした鶏ささみとチーズのコクが程よくマッチした人気の簡単レシピです。 アツアツのささみの中からチーズがとろりと溶け出して、ビジュアルも口当たりも大満足間違いなしです。 作り方はとても簡単。 塩・胡椒で下味を付けたささみにとろけるチーズを挟んだら、衣をつけて油で揚げるだけ。 溶き卵の代わりにマヨネーズを使えば衣もお手軽で、形も整えやすく誰でも上手に作れます。 鶏もも肉は鶏肉の中でもジューシーで旨みとコクたっぷりの部位です。 他の肉と比べてヘルシーな鶏肉。 淡白な味でサラダなどに使われるささみ、脂肪少な目で柔らかくチキンカツなどに使われる鶏むね肉、肉と皮のバランスがよくスープの出汁にも使われる手羽先など、部位によって風味が異なり美味しく食べられる調理法も異なります。 鶏もも肉は、ジューシーさを生かし唐揚げにするのが定番ですが、加熱しても固くなりにくいので照り焼きや煮物などに幅広く活用できる部位です。 そこで、鶏もも肉を120%活用できる簡単レシピをまとめました。 鶏もも肉の焼き物・炒め物、揚げ物、煮物、蒸し物、ごはんレシピのカテゴリに分けてたっぷり紹介します。 牛肉、豚肉と並んで日常的になじみの深い鶏肉。 クセもあまりなく、いろいろん料理に合うので便利な食材としてよく利用されています。 肉の中では比較的脂肪を含まず、カロリーが低く高タンパクなヘルシー食材として知られており、アスリートなどが好んで食べたり、消化にもよいので病院食によく利用されたりと万能食材と言っても過言ではありません。 値段も比較的安く、気軽に購入することができるのも魅力。 一口に鶏肉と言ってもその部位により含まれる栄養や味、食感なども異なってくるので、それぞれの部位に合った調理法を知って、美味しく食べたいものですね。 今回は、そんな鶏肉の簡単に作れる人気のレシピをカテゴリー別に紹介します。

次の

鶏ささみレシピ20選

ささみ レシピ

ささみダイエットの効果について ささみダイエットは、主食をささみを使ったメニューに替えてカロリーを抑える方法。 主食と置き換えることで糖質を多く含むご飯などの炭水化物を減らすことができるため、糖質制限ダイエットにも繋がります。 ささみのカロリーは1gあたり1kcalと大変低いのにもかかわらず、体の形成に不可欠なたんぱく質は多く含まれている優秀な食材です。 さらに、疲労の蓄積を防ぎ、代謝を促す効果のあるビタミンB群も豊富。 ささみダイエットの嬉しい点は、肉を食べる満足感を得られるということ。 3食のうちの1食の主食をささみに置き換えるだけなので、他の2食は好きなものを食べられます。 また、ささみは淡白な味なので、どんな料理にもよく合います。 様々なメニューを楽しむことができるので、飽きることなく長く継続できるのもうれしいですね。 ささみダイエットの方法、注意点について ささみダイエットは、ささみだけをひたすら食べるのではなく、ささみを積極的に食事に取り入れることで効果を得られる方法です。 肉を食べているという満足感も得られて続けやすいのが特徴。 ささみをメイン食材とすることで、炭水化物や脂質、糖質を抑えることができます。 炭水化物は、体の中で消化吸収されると糖質に形を変えます。 体を動かすエネルギー源として糖質は必要なものですが、摂りすぎると脂肪として蓄積されて太りやすくなります。 ささみダイエットでは、野菜をたくさん食べて炭水化物を減らしますが、さらに効果を得たいなら適度な運動も取り入れましょう。 筋肉量が増えると脂肪燃焼効率もアップします。 運動を終えた30分後にささみを食べるのが効果的。 たっぷりの野菜と運動を併せたささみダイエットなら、効果がより期待できそうですね。 ダイエット中の方におすすめ!鶏ささみの梅しそ和えレシピ。 ささみを塩ゆでして火を通し、割いてほぐしておきます。 大葉は細かく刻みましょう。 梅干の種を取り除いてささみと和え、大葉を乗せたら完成です。 梅干としその風味でさっぱり食べられます。 ささみはヘルシーな上にたんぱく質も含まれてるので、ダイエットにもぴったり。 梅のチューブでも代用できます。 ささみはたんぱく質を多く含んでいる食品です。 また低カロリーですのでダイエットをしている方にもおすすめです。 ささみは低価格で購入することができますので家計にも優しいです。 ささみは淡いピンク色のもの、ツヤがあり弾力があるものを選ぶと良いです。 ささみは調理をするとパサついてしまいますが、酒をもみ込んで調理をするとパサつきを防止することができます。 またジューシーに仕上げることができます。 ささみは淡白な味わいですので他の食材との相性が良い食材です。 中でも焼くレシピをおすすめしていますのでぜひ参考にしてくださいね。 この記事では、「ささみ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 ささみは高たんぱくで低脂質なお肉として、ヘルシーな食材の代表格として人気があります。 クセのない淡白な味わいが食べやすく、火を通してもパサつかずしっとりとした仕上がりのため離乳食にもよく使われます。 胸肉は茹でたり火を通すと硬くなってしまいますが、ささみは柔らくて食べやすいのでサラダや蒸し料理の食材として人気があります。 どんな調味料にも合わせやすく、和風・洋風・中華風などさまざまな料理や調理法に使うことができ、アレンジしやすいのが特徴です。 たんぱく質以外にも鶏肉に含まれるアステアリン酸は、善玉コレステロールの生成を助けると言われており、体によくダイエットにも適した食材なので料理にぜひ使いましょう。 この記事では、「ささみ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 ささみは笹の葉に似ていることから「ささみ」と呼ばれています。 ささみは胸肉の中にあり部位としてはとても少なく、高たんぱくで脂質が少ないためヘルシーなたんぱく質の代表になっています。 胸肉と違ってパサつかず、火を通しても硬くなりにくく、しっとりとした食感が魅力です。 クセのない味わいが料理に使いやすく、サラダや炒め物、揚げ物などさまざまな料理に使われます。 和風から洋風までどんな調味料とも合わせやすく、アレンジが効きやすいのも魅力です。 ささみはたんぱく質が豊富に含まれており、たんぱく質が消化されて生成されるペプチドには、病気の予防効果やカルシウムの吸収促進作用があり。 骨粗鬆症の予防にも効果があると言われています。 ささみは体にいい栄養素を含んだ優秀な食材です。 この記事では、「ささみ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 料理によく使われる鶏肉の部位は、主に胸肉・もも肉・手羽先・手羽元・ささみになります。 ささみは胸肉の中にある一部のことを言い、笹の葉の形に似ているためささみと呼ばれます。 ささみは鶏肉の部位の中でもたんぱく質が多く、脂質が少ないためダイエット中によく食べられる人気の部位です。 胸肉と違って柔らかくて食べやすいため、離乳食にも使われます。 サラダや炒め物、スープや揚げ物などさまざまな料理に使うことができ、和食から洋食まで違うスタイルの料理にも使いやすいです。 たんぱく質以外にも鶏肉にはコレステロールを減少させる不飽和脂肪酸と、エネルギー源になる飽和脂肪酸がバランスよく含まれています。 クセがなくアレンジが効きやすい優秀な食材で、料理に欠かせません。 この記事では、「ささみ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

次の

【みんなが作ってる】 ささみカツのレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが336万品

ささみ レシピ

脂肪分が少なく淡白な風味が魅力のささみは、高たんぱく低カロリーのヘルシー食材として引っ張りだこの人気食材です。 サラダや和え物からフライや炒め物までアレンジも自由自在で、メインディッシュだけでなく、あともう一品というときにも大活躍してくれて、もちろんお弁当のおかずにも重宝します。 ビタミンB群、パントテン酸、ナイアシン、セレン、モリブデンといった体に嬉しい栄養素も豊富に含まれているので、おいしく食べながら健康的にダイエットしたい人にもぴったりです。 今回はそんなささみを使ったお料理の中から特におすすめのレシピを、フライ、焼き物・炒め物、サラダ・和え物、煮込み、ごはんといったカテゴリ別にまとめてご紹介します。 ささみの栄養素について ささみは100グラムあたりわずか105キロカロリーです。 高たんぱくでありながら、牛もも肉の246キロカロリー、豚もも肉の183キロカロリーなどと比べても非常にカロリーが低く、筋肉をしっかり作り代謝も低下させることなく健康的なダイエットが可能という優秀食材です。 ささみに含まれるビタミンB群は脂肪の代謝を助けるとともに肝臓に脂肪をためにくくする働きがあり、パントテン酸は悪玉コレステロールを減らして善玉コレステロールを活性化させてくれます。 また、ナイアシンは血行を促進させ、セレンは血管の廊下を防いでくれます。 さらに貧血を予防する働きを持つモリブデンは、体内で不要になった成分を尿酸に変えて体外に排出しやすくしてくれるなど、体にとって嬉しいことがいっぱいです。 ささみの調理法について ささみは筋を取り除いたほうが口当たりが良く、おいしく食べることができます。 筋の取り方には、一般的に知られている包丁を使う方法のほかにフォークを使って取る方法もあります。 フォークを使う場合、はじめは少し力が要りますが、包丁を使わないので失敗がなく、洗い物も少なくなるというメリットがあります。 ささみに火を通す際は、適度に塩味をつけてふっくらと茹でるとおいしくなります。 500mlの沸騰したお湯に塩を小さじ1ほど入れて溶かし、ささみを入れて再沸騰したら火を止めます。 その後8分から10分放置してからささみを取り出し、粗熱を取ります。 サラダや和え物をはじめ様々なお料理に使えるのでとても便利で、茹で汁もおいしいスープにすることができて一石二鳥です。 淡白なささみとは思えないほど旨みたっぷり、大人はもちろん子供からも絶大な支持を得ている人気レシピです。 サクサク、カリカリとした歯触りが絶妙で、あまりのおいしさに食べ始めたら止まりません。 下味を付けたささみをてんぷら粉とパン粉で作った衣にくぐらせてカリッと揚げたら出来上がり。 ポイントはパン粉衣の濃度で、パン粉を多めにするだけで簡単にカリカリ度がアップします。 あっさりとした鶏ささみとチーズのコクが程よくマッチした人気の簡単レシピです。 アツアツのささみの中からチーズがとろりと溶け出して、ビジュアルも口当たりも大満足間違いなしです。 作り方はとても簡単。 塩・胡椒で下味を付けたささみにとろけるチーズを挟んだら、衣をつけて油で揚げるだけ。 溶き卵の代わりにマヨネーズを使えば衣もお手軽で、形も整えやすく誰でも上手に作れます。 鶏もも肉は鶏肉の中でもジューシーで旨みとコクたっぷりの部位です。 他の肉と比べてヘルシーな鶏肉。 淡白な味でサラダなどに使われるささみ、脂肪少な目で柔らかくチキンカツなどに使われる鶏むね肉、肉と皮のバランスがよくスープの出汁にも使われる手羽先など、部位によって風味が異なり美味しく食べられる調理法も異なります。 鶏もも肉は、ジューシーさを生かし唐揚げにするのが定番ですが、加熱しても固くなりにくいので照り焼きや煮物などに幅広く活用できる部位です。 そこで、鶏もも肉を120%活用できる簡単レシピをまとめました。 鶏もも肉の焼き物・炒め物、揚げ物、煮物、蒸し物、ごはんレシピのカテゴリに分けてたっぷり紹介します。 牛肉、豚肉と並んで日常的になじみの深い鶏肉。 クセもあまりなく、いろいろん料理に合うので便利な食材としてよく利用されています。 肉の中では比較的脂肪を含まず、カロリーが低く高タンパクなヘルシー食材として知られており、アスリートなどが好んで食べたり、消化にもよいので病院食によく利用されたりと万能食材と言っても過言ではありません。 値段も比較的安く、気軽に購入することができるのも魅力。 一口に鶏肉と言ってもその部位により含まれる栄養や味、食感なども異なってくるので、それぞれの部位に合った調理法を知って、美味しく食べたいものですね。 今回は、そんな鶏肉の簡単に作れる人気のレシピをカテゴリー別に紹介します。

次の