アンカー ボルト 定着 長 さ。 木造の土台アンカー、HDアンカーの定着長さはそれぞれ250,360と思

柱脚のコーン状破壊の検討について

アンカー ボルト 定着 長 さ

JIS規格について JIS規格改訂にあたって 現在、建築構造物の露出柱脚で最も広く使われている構造用アンカーボルトは、ねじ部降伏に先立って軸部が降伏することを保証した十分な塑性変形能力を確保したJIS規格品(転造ねじアンカーボルトABRと切削ねじアンカーボルトABM)である。 このアンカーボルトの規格は、2000年に日本鋼構造協会が初めて制定し、その後2010年に内容の大きな変更がない状態でJIS規格となり、現在に引き継がれてきている。 このJIS規格が2015年12月に改正された。 改正されたJIS規格の主な内容は、以下に示されている通りである。 今回の規格改正の主な点は、これまでABRとABMの二つに分かれていた規格を統合したことであるが、その他、ABRについてねじの呼びM18を追加した。 また、ボルトセットの表面処理として溶融亜鉛めっき(HDZ35)および電気めっきを追加したことであり、ABMを含め、その他の内容に変更はない。 これまで構造用アンカーボルトの規格はABRとABMの二つに分かれていた。 これはアンカーボルトねじ部の加工方法の違いとボルトに使用する鋼棒の径および材質における多少の違いによるためであった。 しかし、ABRアンカーボルトとABMアンカーボルトの構造特性の差は、構造設計上の観点から見れば必ずしも大きいものではないことから、今回のJIS規格改正で両者の規格を統一したものである。 なお、構造用アンカーボルトの建築基準法における位置付けは、現在、法的に見た場合必ずしも明確なものとはなっていない。 すなわち、構造用アンカーボルトは、主要構造部に使用する建築材料の一種であるが、建築基準法第37条における指定建築材料とはなっていない点に多少の問題がある。 しかし、構造設計者が拠り所としている「2015年版建築物の構造関係技術基準解説書」では、伸び能力のあるアンカーボルトとしてJIS規格材であるABR、ABMが明示されている点と、これらのアンカーボルトの使用に関しては建築確認申請の際に問題となることはなかった点から考えて、JIS規格材である構造用アンカーボルトの利用面で実質的な問題はないといえる。 今後ともJIS規格材である構造用アンカーボルトの更なる普及を願う次第である。 JIS B1220原案作成委員会委員長 宇都宮大学名誉教授 田中淳夫 JIS規格の統合について 2010年10月20日に制定された「 JIS B 1220 構造用転造両ねじアンカーボルトセット」 と「 JIS B 1221 構造用切削両ねじアンカーボルトセット」は統合され、2015年12月21日に「 JIS B 1220 構造用両ねじアンカーボルトセット」に改正されました。 全国のアンカーボルトメーカーは、2016年12月20日までに、JIS B 1220:2015へ切り替えを行います。 切り替えまでの移行期間内は、上記のJIS規格が混在しますが、アンカーボルトの性能に差はなく、同様のものとしてご利用頂けます。 主な改正点 JIS B 1220:2010および JIS B 1221:2010 JIS B 1220:2015 JIS B 1220:2010およびJIS B 1221:2010 JIS B 1220にABR規格が規定され、 JIS B 1221にABM規格が規定されている。 JIS B 1220とJIS B 1221が統合され、 JIS B 1220にABR規格とABM規格が規定されている。 ABR規格にM18が追加 ABR規格のねじ加工範囲は、 M16〜M48の12種類が規定されている。 (M16、M20、M22、M24、M27、M30、M33、M36、M39、M42、M45、M48) ABR規格において、M18が追加され13種類が規定されている。 表面処理にめっきが追加 規定されていない。 構造用アンカーボルトにセットする定着板については、協議会カタログの7ページに参考数値を掲載しています。 炭素鋼製品のアンカーボルトの素材として、JIS G 3138(建築構造用圧延棒鋼)SNR400B、SNR490B、ステンレス鋼製品のボルトの素材として、JIS G 4321(建築構造用ステンレス鋼材)SUS304Aを用いています。 これらの材料を使用する事で、所定の一様伸びを確保しています。 構造用アンカーボルトのねじ加工には転造ねじと切削ねじがあります。 必要な力学性能確保の観点から、100mm程度までのボルト径を想定し、加工実績と設備能力からABR(転造ねじ)はM16〜M48、ABM(切削ねじ)はM24〜M100(ステンレス鋼製はM24〜M48)のサイズを規格しています。 ABMでは細目ねじを採用しています。 これはアンカーボルトのねじ部有効断面積(Ae)の軸部断面積(Ab)に対する比率を並目ねじよりも大きくし、アンカーボルトの伸び性能を確保するためです。 表面処理の指定が可能です。 改正されたJIS規格には表面処理が追加され、ABR400とABR490は溶融亜鉛めっき又は電気めっき、ABM400とABM490は電気めっきを施すことが可能となりました。 ABR400とABR490の溶融亜鉛めっきはナットのはめ合いを考慮してHDZ35と規定しています。 ABM400とABM490は細目ねじ成形のため、ねじ山が密となり、溶融亜鉛めっきを施すとねじ山が埋まり勘合不良が発生する可能性が大きいため、溶融亜鉛めっきよりも付着膜厚が薄い電気めっきのみの規定となっています。 なお、表面処理には、アンカーボルト全体に表面処理を施す方法や、ねじ部に表面処理を施す方法等が有りますので、ご指定頂きますようお願い致します。

次の

アンカーボルトの施工~埋め込み不足~誤った取付け方1

アンカー ボルト 定着 長 さ

このアンカーボルトは、水平力が作用したとき力を発揮します。 例えば、柱が倒れようとするとき(柱脚に曲げが発生している)、アンカーボルトで引張力を伝達するからです。 しかし、アンカーボルトが力を基礎へ伝達するためには、そのアンカーボルト自体の強度(アンカーボルトが破断しないか)や、コンクリートが抜けてしまわないか、確認が必要です。 基礎が豆腐のように柔らかいと考えてください。 いくらアンカーボルトが強くとも、全く意味がないことに気づくでしょう。 さて、アンカーボルトに引張力が生じた時、コンクリートが割れて抜けてしまうような破壊が起きます。 これを「コーン状破壊」と呼びます。 コーン状破壊は、コンクリートの付着強度というか、せん断強度に由来するもので、耐力を求める計算式が独自にあります。 今回は、柱脚のコーン状破壊の検討について紹介します。 下図は、簡易な露出柱脚又は根巻き柱脚のアンカーボルト状況です。 各パイプを切り欠いて、その中にアンカーボルトを設置しています。 この柱に引張力が作用したとき、コーン状破壊が発生する面積は斜線部なのですが、次のように考えます。 Dは定着版直径を示します。 伏図で見て、円で囲まれた部分(斜線部)が有効投影面積Acとなる。 また定着版の面積は控除します。 以上のようにAcを決定します。 Acは、伏図をみて基礎梁や基礎天端に投影された面積という点に注意しましょう。 例示した図のように、必ずしも円形になるとは限りません。 地中梁にアンカーする場合、地中梁幅より大きくはならないからです。 例題 アンカーボルトの定着長さの算定 諸言は下記のように決めました。 このとき、コーン状耐力がどの程度あるか計算しましょう。 ・Fc=24 ・アンカーボルト径20 ・短期時の引張力50kN ・引張力が作用するアンカーボルトは1本。 半無限コンクリート床版に定着されていると考える。 さて、Acをどうやって求めるか考えます。 少し意地悪だったかもしれませんが、定着長さがわかりません。 しかし、引張力が分かっています。 つまり、そこから逆算して定着長さを算定し、コーン状耐力を決めるのです。 このままだと、設計用引張力に対してギリギリの耐力ですから、定着長さはもっと必要です。 以上より、定着長さLe=250mmと決めることができます。 まとめ 今回は柱脚のコーン状破壊について説明しました。 柱脚の種類や、特徴について知りたい方は下記が参考になります。 ぜひ、勉強に役立ててくださいね。

次の

アンカーボルト長さ測定

アンカー ボルト 定着 長 さ

このアンカーボルトは、水平力が作用したとき力を発揮します。 例えば、柱が倒れようとするとき(柱脚に曲げが発生している)、アンカーボルトで引張力を伝達するからです。 しかし、アンカーボルトが力を基礎へ伝達するためには、そのアンカーボルト自体の強度(アンカーボルトが破断しないか)や、コンクリートが抜けてしまわないか、確認が必要です。 基礎が豆腐のように柔らかいと考えてください。 いくらアンカーボルトが強くとも、全く意味がないことに気づくでしょう。 さて、アンカーボルトに引張力が生じた時、コンクリートが割れて抜けてしまうような破壊が起きます。 これを「コーン状破壊」と呼びます。 コーン状破壊は、コンクリートの付着強度というか、せん断強度に由来するもので、耐力を求める計算式が独自にあります。 今回は、柱脚のコーン状破壊の検討について紹介します。 下図は、簡易な露出柱脚又は根巻き柱脚のアンカーボルト状況です。 各パイプを切り欠いて、その中にアンカーボルトを設置しています。 この柱に引張力が作用したとき、コーン状破壊が発生する面積は斜線部なのですが、次のように考えます。 Dは定着版直径を示します。 伏図で見て、円で囲まれた部分(斜線部)が有効投影面積Acとなる。 また定着版の面積は控除します。 以上のようにAcを決定します。 Acは、伏図をみて基礎梁や基礎天端に投影された面積という点に注意しましょう。 例示した図のように、必ずしも円形になるとは限りません。 地中梁にアンカーする場合、地中梁幅より大きくはならないからです。 例題 アンカーボルトの定着長さの算定 諸言は下記のように決めました。 このとき、コーン状耐力がどの程度あるか計算しましょう。 ・Fc=24 ・アンカーボルト径20 ・短期時の引張力50kN ・引張力が作用するアンカーボルトは1本。 半無限コンクリート床版に定着されていると考える。 さて、Acをどうやって求めるか考えます。 少し意地悪だったかもしれませんが、定着長さがわかりません。 しかし、引張力が分かっています。 つまり、そこから逆算して定着長さを算定し、コーン状耐力を決めるのです。 このままだと、設計用引張力に対してギリギリの耐力ですから、定着長さはもっと必要です。 以上より、定着長さLe=250mmと決めることができます。 まとめ 今回は柱脚のコーン状破壊について説明しました。 柱脚の種類や、特徴について知りたい方は下記が参考になります。 ぜひ、勉強に役立ててくださいね。

次の