胡蝶カナエ 強さ。 【鬼滅の刃】胡蝶カナエは柱だった?生い立ちと強さを解説!

鬼滅の刃カナエは元花柱!鬼に同情してしまう優しい人だった

胡蝶カナエ 強さ

『』で、人気の姉妹にして柱の胡蝶姉妹について、強さや性格について比較していきます!胡蝶しのぶの姉の胡蝶カナエは「花の呼吸」を操る花柱、妹の胡蝶しのぶは姉の死後、あとは継ぎましたが花柱にはならず、蟲柱になりました。 その理由についても考察していきます。 胡蝶姉妹の基本情報 12巻で鬼殺隊に入る前の話が明かされ、両親が鬼に殺されたことがわかります。 すんでのところを岩柱・悲鳴嶼行冥(ひめじまぎょうめい)に救われます。 「花の呼吸」の使い手として鬼を討伐し、柱になる一方で、孤児になった女の子を引き取り、継子(跡継ぎ候補)や治療隊(負傷した鬼殺隊員)として保護します。 胡蝶姉妹の「」における生涯 胡蝶カナエ 花柱・姉の胡蝶カナエ 優秀な「花の呼吸」剣士として柱に任命されます。 しかし、しのぶが不在の任務中に上弦の弐・童磨により討ち死に。 明け方まで粘ったために童磨に吸収されることは逃れましたが、しのぶが駆けつけた後亡くなりました。 しのぶや保護していた女の子たちは彼女の死を悲しみ涙を流しました。 胡蝶しのぶ 蟲柱・胡蝶しのぶ カナエの死後、「蟲の呼吸」剣士として柱に任命されます。 カナエに代わる柱として毒を駆使して鬼を討伐するのみならず、鬼殺隊の救護にあたります。 その後、鬼の研究者・珠世と協力し、宿敵・童磨に身を犠牲にした大打撃を与え弟子の栗花落カナヲによる討伐につなげました。 胡蝶姉妹が『花の呼吸』『蟲の呼吸』と別の呼吸を使うのはなぜか? 『』における胡蝶姉妹以外の兄弟として有名なのは、不死川兄弟(実弥・玄弥)ですが、彼らも兄弟で戦い方が異なります。 兄・実弥は「風の呼吸」、弟・玄弥は呼吸を使えまず鬼を食することでパワーアップし、戦います。 不死川兄弟の場合は、兄に圧倒的に戦闘センスがあった、という理由ですが、胡蝶姉妹でも同じことが言えるかと思います。 姉のカナエが高身長に対し、妹のしのぶは低身長151cm(姉に比べれば低いですが、当時としてはこれでも高いくらいです)です。 しのぶがカナエに身長と力(筋肉量)に劣るということは言えるかと思います。 カナエが使っている「花の呼吸」は継子・栗花落カナヲも使用しています。 栗花落カナヲはどちらかというと姉のカナヲに近い体型です。 「呼吸」が通常男性によって用いられることを考えると、女離れした筋力が必要だと言えます。 「花の呼吸」は「水の呼吸」から派生していて、斬り技が多くなっています。 しのぶの筋力が女性の範疇に収まるとすれば、「花の呼吸」は荷が重かったのではないかと考察可能です。 そして突き技の多い「蟲の呼吸」を使うようになったということです。 胡蝶姉妹の性格の違い 同じ思いを共有して強くなってきた姉妹ですが、性格は少し違っています。 姉のカナエは橋で身売りされていたカナヲに何か感じ取るところがあり、長い目で見て育てていこう、とします。 性格は穏やかで、のんびりしたところはありますが今わの際でも敵の情報をしのぶに伝えるなど、ひたむきさ、前向きが感じられます。 一方、妹のしのぶはそうした姉のおっとりした雰囲気とは打って変わって、冷静なリアリストといったところです。 自分で判断して行動すること、が重要だと考え、意思を見せない栗花落カナヲに腹を立てます。 しかし、姉の死後は心にゆとりが生まれ、性格が穏やかになりました。 姉が担ってきた責任や役割を自分なりに受け継いでいこうという決意が伺えます。 胡蝶姉妹と童麿の因縁 上弦の弐・童麿は「万世極楽教」の教祖で、妓夫太郎と堕姫を鬼にしたり、伊之助の母親を死に追いやったりしていました。 さらには胡蝶カナエを街で殺し、胡蝶しのぶと継子たちの仇として登場しました。 無限城では胡蝶しのぶと対決し、力で圧倒して吸収したのです。 しかし胡蝶しのぶは自らを犠牲にして、弟子の栗花落カナヲに討ち取らせることに成功します。 そんな因縁の敵・童麿ですが。 なぜ胡蝶カナエを倒したのでしょうか? 倒した場所は街中です。 おそらくは童麿が胡蝶カナエに目をつけたか、胡蝶カナエが鬼だと見破ったのでしょう。 胡蝶カナエは継子を逃がすために必死に戦いましたが目だった外傷はないように見えるので、血鬼術で胡蝶カナエの肺が壊死して、戦闘能力を失い死にました。 童麿 時間は稼いでいたので朝日を避けなくてはいけない童麿は逃げ出し、胡蝶カナエは童麿に吸収されずに済みましたが、胡蝶しのぶの心に大きな記事を残したといえます。 その後、胡蝶しのぶは鬼を何体も仕留め、蟲柱となるほどに成長を遂げるのです。 その意味で、童麿は軽率に胡蝶カナエを殺したせいで、自らも滅びることになったといえるでしょう。 ここで脱線しますが、もうひとつ気になっていることがあります。 17巻で胡蝶しのぶVS童麿戦が始まって、18巻で猗窩座戦がします。 童麿と猗窩座の対比関係はPixivを参考にしてください。 童麿が毒が原因で死んだのに対して、猗窩座は師匠と恋人の2人を毒殺されています。 これは興味深いです。 毒は使う人によって便利な道具にも、凶器にもなるというメッセージだと思います。 における「毒」(=)が政治利用されないと良いのですが……。 ajinnokousatu.

次の

鬼滅の刃 胡蝶カナエ 胡蝶しのぶ 栗花落カナヲ 伊之助にみる 想いをつなぐ 紡ぐ 事の大切さ

胡蝶カナエ 強さ

カナエはカナヲを見ると妹と共に奴隷商人からカナヲを買い取って保護します。 汚い格好だったカナヲを自分の屋敷で育てますが、感情が無くなっていて自分で何も出来ないカナヲを甲斐甲斐しく可愛がっていました。 まるで娘や末っ子の妹にように見ていたのかもしれませんし、カナヲ行動する際の指針となるコインを渡した張本人です。 カナヲの回想シーンで出てくるのが、しのぶとカナエだった事から、よほど自分の中でこの二人の存在がいかに大きいか分かります。 奴隷だった自分を救ってくれて、大きな愛情で育ててくれた二人はとても大切な存在でしょう。 二人とも鬼に殺されそうになっていた時に、岩柱・悲鳴嶼行冥(ひめじまぎょうめい)に助けてもらっており、その流れで二人とも鬼殺隊に入りました。 自分たちと同じ境遇で苦しんでいる人を一人でもなくしたい為です。 柱となっていてもカナエのキャラは変わらず、いつも正論を言ってる妹が姉を注意しますが、ほのぼのとした理屈の合ってない答えに怒ってしまいます。 仲がいい、睦まじい光景が三人の中には広がっていました。 カナエは炭治郎と同様に鬼に同情し、人と一緒に鬼も救いたいと考えていました、鬼に殺される時の瞬間まで。 しのぶには鬼殺隊を離れて普通の女の子として結婚して長生きしてほしいと死ぬ間際に伝えます。 しかし、しのぶは鬼に両親を、そして姉を殺されている状況でその言葉を受け入れる事が出来なかったのです。 しのぶは姉の『鬼とも仲良くできる』という言葉と、大好きで尊敬していた姉からの、『しのぶの笑顔が好き』と言った言葉が彼女の原動力となっています。 他にも、この素晴らしい世界に祝福を!の『ダクネス』役や、ソードアート・オンライン アリシゼーションの『アリス・シンセシス・サーティ』役などを担当されています。 ダクネスのドMのイメージが、カナエのほんわかした感じのギャップが凄くて流石声優さんって感じです。 まとめ 「あらあら」が口癖でほんわかした印象のカナエですが、柱になっているのは並大抵の努力では出来なかったはずです。 日常的にしのぶから突っ込まれているものの敬愛されており人柄も癖の多い柱の中でも相当まともな人物だったのでしょう。 またカナヲにとっては命の恩人にも当たる存在で、文字通り人生を変えてくれた大切な人です。 しのぶとカナヲにとってかけがえない存在だったカナエ。 次のアニメでもエピソードがあれば見てみたいです。 是非、鬼滅の刃の続編を出してほしいものです。 以上、元花柱・胡蝶カナエについてでした。

次の

鬼滅の刃のカナヲの強さ能力は?花の呼吸や技を画像付きで紹介

胡蝶カナエ 強さ

栗花落カナヲとは?これまでの情報まとめ 栗花落カナヲとは、主人公炭治郎との最終選別での同期であり、蟲柱 胡蝶しのぶの継ぐ子である。 最終選別の段階で一人だけ女性として生き残っているカナヲ。 カナヲの能力が認められ、最終選別を終えた段階ですぐに胡蝶しのぶの継ぐ子となる。 那田蜘蛛山で登場し炭治朗の妹、鬼の禰豆子を殺すために炭治郎にかかと落としをするシーンで再登場。 その後、機能回復訓練での炭治郎との訓練でのカナヲの強さと炭治朗との健気なお別れシーン。 そして一番の見所は胡蝶カナエ、しのぶの仇ある上弦の弐の童魔との死闘という流れで鬼滅の刃では登場していく。 上弦の弍との戦いで、童魔に認められるほどの強さを秘めているカナヲ。 目の動体視力を最大に生かす戦闘スタイル。 炭治郎との交流により徐々に自我が芽生えていく姿が何よりも魅力的。 そんな健気でありながらも強さも秘めたカナヲの魅力に迫っていきます。 栗花落カナヲの強さを検証 【最終選別】 主人公の炭治郎との同じタイミングで栗花落カナヲは最終選別を終えている。 鬼殺隊に正式に入隊するためには、鬼がいる山の中で7日間生き延びなけらばならない。 最終的な最終選別での生き残りは、炭治郎、カナヲ、善逸、伊之助、玄弥の5名 炭治郎は最終選抜の終わりのシーンではボロボロの姿。 その中で唯一、無傷でありながらさらに衣装のどこにも傷がついていない 状態で最終選別を終えたカナヲ。 この段階で同期組の中では別格の強さを秘めていると考察できます。 【那田蜘蛛山】 那田蜘蛛山編では、炭治郎と累との戦闘の後に蟲柱 胡蝶しのぶと共にカナヲが久々の登場。 この段階で、蟲柱 胡蝶しのぶの継ぐ子として次期柱になるために 常に胡蝶しのぶと同行している。 当時の炭治朗は柱達からは何もまだ注目されていない中でカナヲは継ぐ子として柱になるための特別な訓練を受けている模様。 一般的の特別な能力がないと柱の継ぐ子としては活動できない。 【機能回復訓練】 機能回復訓練では、炭治郎、善逸、伊之助と手合わせをするとまったくもって歯が立たない強さ。 反射訓練、鬼ごっこでカナヲに挑む炭治郎たち。 稽古をする中で炭治朗はカナヲに対して、 「匂いからしてまず違う 柱の人たちに近い匂いがする」 と推察。 他には、 炭治郎の呼吸の訓練で、呼吸を使って瓢箪を破裂させる訓練では、炭治郎が扱う瓢箪の10倍の大きさの硬い瓢箪を破裂させるほどの呼吸の持ち主。 その様子から「全集中 常中」をすでに身につけており炭治郎は手も足も及ばないレベル。 胡蝶しのぶが童魔に吸収されているシーンから登場するカナヲ。 カナヲは怒り心頭し童磨に挑みかかるカナヲ。 戦闘シーンでも童魔に、蟲柱胡蝶しのぶより強いのではないか? 「この娘 ややもすると 今喰った柱の娘より実力があるのかもしれない」 と連想させるほどの強さ。 胡蝶しのぶの毒とカナヲと伊之助の連携により何百年と倒すことができなかった上弦の弍を撃破する実力の持ち主です。 スポンサードリンク 栗花落カナヲの能力の解説 カナヲの能力について解説していきます。 胡蝶カナエ、胡蝶しのぶに孤児のころに拾われて、 して家族同様に愛されて成長してきたカナヲ。 その強さの裏にはカナエとしのぶから受けてきた無償の愛が支えとなっている。 主だったカナヲの戦闘シーンは、 【上弦の弍 童魔との戦い】 この中で花の呼吸の弍の型、肆ノ型、伍の型、陸の型、最重奥義である終の型を繰り出しています。 以下、カナヲが繰り広げる花の呼吸の型について紹介。 【花の呼吸 壱ノ型】 作中未登場。 【花の呼吸 弍ノ型 御影梅(みかげうめ)】 上弦の弐・童磨との戦闘で使用。 自身の周りを斬撃で囲み放つ技である。 童磨の血鬼術で、枯園垂りを防ぎながら攻撃ができる技である。 この技で童磨の攻撃を防ぎ切りました。 【花の呼吸 参ノ型】 作中未登場。 不明 【花の呼吸 肆ノ型 紅花衣(べにはなごろも)】 上弦の弐・童磨との戦いで使われた技。 下から上に向かい斬撃に回転を加えて放つ技である。 【花の呼吸 伍ノ型 徒の芍薬(あだのしゃくやく)】 上弦の弐・童磨との戦いで使われ、九連撃を叩き込む高速の剣技であり 四方八方に斬撃が繰り広げられ非常に高度な技である。 【花の呼吸 陸ノ型 渦桃(うずもも)】 栗花落カナヲは上弦の弐・童磨の攻撃をかわしながら繰り出される。 体を宙で捻りながら繰り出すすご技 その体幹のすごさには童磨も感心してしまっています。 【花の呼吸 終ノ型 彼岸朱眼(ひがんしゅがん)】 カナヲの武器である「目」を活かした最終奥義。 目を活かすことにより、カナヲ自身の全ての能力を極限まで高める技であるが目が失明をしていまうほどの代償が伴う技。 胡蝶しのぶの毒と伊之助の助太刀もあり、なんとか最終奥義で上弦の弍 童魔を撃破。 だが片目の視力を失ってしまう。 スポンサードリンク 結論・まとめ 鬼滅の刃で登場してくる人気キャラクターの 栗花落カナヲ。 栗花落カナヲの強さと能力について考察すると、 「柱に匹敵するほどの強さを秘めた持ち主」 であるとカナヲの登場シーンから伺える。 また、無惨との戦いで鬼殺隊はたくさんの柱を失いました。 「カナヲの持ち味の目を使い最後の最後まで戦い抜く姿勢」 から今後カナヲは、鬼殺隊の中心人物として、 花柱として活躍していくことが見受けられる。 そんな強さを秘めたカナヲが炭治郎に心を開いていく健気な一面もあります。 最後の展開が気になりますね。 スポンサーリンク.

次の