のろのろ 運転。 一般人にはわからない、大型トラックがノロノロ運転にならざるを得ない事情

【法律相談】ヘタな運転にイライラ……あおり運転からのトラブル対処方法は?

のろのろ 運転

後続車はイライラ! おじさんの後ろには長い車列ができることも ニュース番組で報道されたこともあり、10年間という長きに渡って時速10km前後でノロノロ走り続ける「10キロおじさん」が話題です。 一般道では最低速度違反で取り締まることはできませんが、じつはあまり知られていない「追いつかれた車両の義務違反」によって取り締まり対象となるようです。 10キロおじさんとは、神奈川県清川村周辺の道路で、約10年間にわたって「ノロノロ運転」を続けている男性のことです。 ノロノロ運転の速度は5km/hから10km/hと、歩くスピードから徐行程度というかなりの低速。 片側一車線の追い越し禁止道路では、十数台もの後続車が連なることもあり、周囲は長年、大迷惑しているとのことです。 後続車がトラックやバス、ダンプカーでもお構いなく同様の行為をおこない、さらに、後続車が追い抜こうとするとクラクションを激しく鳴らして威嚇することもあるといいます。 静かな山間部の道路ということもあって、クルマを運転しない住民の間でも、さぞかし不快な騒音になっていることでしょう。 また、山間部の道路ゆえ見通しの悪いカーブが多いですが、10キロおじさんはカーブの先に停止したり、または停止に近いスピードで走行していることもあるそうです。 カーブを抜けた先にほぼ停車状態のクルマがいたら、追突事故が起こる可能性も十分にあるでしょう。 ノロノロ運転は、事故を誘発する危険な行為といえます。 これが高速道路や自動車専用道路であれば、「最低速度違反」(高速道路では時速50km、首都高速などの都市高速では30km/hに設定されていることが多い)として取り締まりの対象になりますが、一般道路では対象となりません。 進路を妨害するように走るノロノロ運転を取り締まることはできないのでしょうか? 10年間にもわたり時速10 km で「のろのろ運転」を繰り返しているおじさんのことを10キロおじさんというようです。 10 km のスピードで「のろのろ運転」をしているということは非常に周りは迷惑していると思われます。 もしかしたら神奈川県の周辺で渋滞が起こっている原因になっている可能性もありますよね。 いったいどのようなおじさんなのでしょうか。 10キロおじさんの問題点に世間の反応は? さらに、10キロおじさんの問題点についてネットに寄せられたコメントを見て見ましょう。 このおじさんに問題がある。 心を病んでおられるのだろう。 普通じゃないから、早急に免許取り消しの手続きをしないと。 10年もやっていたのだから 警察はもちろん知っているだろうね。 このジジイの存在を。 何をやっているんだろうか? 免許を更新させないとか 何かやりようはあったはず。 これだけ騒がれ 逆煽り 迷惑運転者と 言われ 道交通法にも明らかな違反だと 言われているが 神奈川県警 相模原署は 既に取り締まったのか? 事故が起きなければ 取り締まりの対象にならないとか… お決まりの回答なのか? そこを知りたい 実際追い越し車線を塞がれた時にどうすれば良いか知りたい。 左から追い越したら違反、煽っても違反、ずっと後ろについて行くしかないんですかね。 TVじゃどうせ、許せないですね~とか信じられませんね~とかどうでも良いことしか言わないんで。 技能試験ではノロノロ運転は速度未達という速度超過と正反対の減点対象になるのに免許取って公道を走るときには法定速度以外しか違反にならないのがおかしい。 その大行列の中にパトカーがいても見て見ぬふりで普通に走っている。 警察はノロノロ走っていれば全てよしと考えているなら、あおり運転も老人テロも無くなることはないだろう。

次の

“あおり運転”を誘発する“ノロノロ運転”=通行帯違反はこんなに多い!

のろのろ 運転

普段よく目にするトラックにも知られざる事情がある は、一般ドライバーや歩行者が知っておくべきトラックの危険性を、主なトラックの車体タイプごとに紹介したが、トラックの性質やドライバーの労働実態などには、まだまだ知られていないことが多くある。 そこで今回からは、トラックを運転するドライバーの裏事情を説明しながら、彼らが日頃、周囲のドライバーに「知っておいてほしい」、「分かってほしい」と思っていることを、数回に分けていくつか紹介していこうと思う。 今回紹介したいのは、「トラックドライバーがノロノロ運転をする理由」だ。 シーンによってその理由は変わってくるため、それぞれ分けて解説していくことにする。 1.一般道や渋滞の中をノロノロ走る理由 一般道や高速道路が渋滞している際に、前を大きく空けてノロノロ走っているトラックを見たことがあるだろう。 その理由にはいくつかあるのだが、遠くまで見渡せる車高の高い大型トラックは、途中で加速したり止まったりしなくてもいい「一定の低速度」で走る方が楽だということが前提にある。 というのも、トラックの多くはマニュアル車。 オートマチック車のように、ただアクセルを踏めば前進してくれるものではなく、速度を変える度にクラッチを踏み、シフトチェンジ(ギアチェンジ)をしなければならない。 また、一度完全停止させたトラックを発進させ、元のスピードに戻すには、手間も時間も燃料もかかる。 特に、荷物を満載したトラックが急な上り坂で止まると、シフトチェンジやクラッチ操作はより煩雑になり、場合によっては前にも後ろにも身動きできなくなってしまうことがあるため、ドライバーはトラックを不要に止めたくないのだ。 シフトチェンジは、慣れれば決して難しい作業ではないが、信号の多い一般道や渋滞中の高速道路では、その回数は必然的に増える。 こうした小さな作業の繰り返しが、少しずつ疲労として蓄積されていくため、トラックドライバーは数台先までのクルマの流れを見ながら、なるべく定速で走ろうとするのだ。 そんな中、時折「こうした大型トラックのノロノロ運転が渋滞を作っている」という声を聞くことがあるのだが、渋滞を発生させるのは「ノロノロ運転」ではなく、無駄に光らせる「ブレーキランプ」で、それに反応した後方のドライバーが次々にブレーキを踏むことのほうが要因としては圧倒的に大きい。 トラックドライバーのほとんどは、こうした現象や、車間距離を取ることこそ、渋滞を作らない第一条件であることを知っているのだ。 そして、トラックドライバーがノロノロ運転をする最大の理由が、「バタ踏みの回避」だ。 大型トラックは短時間の間に不要にブレーキを踏み続けると、ブレーキが全く効かなくなることがある。 トラック業界の間では、こうした踏み方を「バタ踏み」と呼んでおり、過去にはバタ踏みが原因の死亡事故も多く発生している。 そのメカニズムについての細かい説明は避けるが、簡単に言うと、トラックのブレーキはエアブレーキといって、不要に踏み込んだり頻繁に踏み続けたりすると、エアタンクに貯まっていた空気がなくなり、ブレーキが効かなくなってしまうことがあるのだ。 特に山道や渋滞では、前のクルマのブレーキランプにいちいち反応してブレーキを踏んでいると、こうした危険が生じやすくなるため、なるべくゆっくり走ることで、ブレーキを踏まなくてもいいように走ろうと日々努めているのである。

次の

運転が遅い人の心理!ノロノロ運転する男性と女性の理由を徹底解説

のろのろ 運転

複々線区間がほとんどないため 京王線の朝の時間帯の上り電車が遅い理由は、複々線区間がほとんどないからである。 これが一番多きあ原因といってよいだろう。 京王線で複々線化が整備されているのは、新宿~笹塚間に限られる。 しかも、この区間は都営新宿線への連絡線のような性質が強い。 実際には、全線が単なる複線であるといっても過言ではない。 複線だと線路容量の限界のレベルは結構低い。 京王線のピーク時のダイヤでは、電車が2~3分間隔で走っている。 京王線の沿線はほぼ全線に渡って住宅街が広がっているため、都心へ向かう通勤通学客はかなり多い。 しかも、調布駅では八王子方面からの電車と相模原線の橋本方面からの電車が合流するため、上限ギリギリのラインで列車が運転されている。 しかし、それでも各駅停車に加えて急行と区間急行も走っていることから、通過駅が多い電車がすべての駅に止まる各停にどうしても追いついてしまう。 これにより、結局は急行系の電車も徐行運転を余儀なくされ、ノロノロ運転になって所要時間が遅くなるというわけだ。 明大前駅が渋滞の名所 中でも、明大前駅付近において電車の渋滞が発生しやすい。 この駅では、すべての種別が停車するようになっているが、井の頭線との乗り換え駅ということもあって、乗降時間は長くなる傾向にある。 駅構造上、ホームは上下線でそれぞれ1つずつしかない。 停車中の電車がいると、後続の電車は先頭が発車するまでは入線できない。 ここで、先行列車に追いついてしまって駅の手前で信号待ちとなってしまっている。 朝のピーク時については、毎日の光景となっている。 明大前駅では現在高架化の工事が実施されている。 これが完成するのと同時に、明大前駅は2面2線から2面4線に変わる。 これによって、交互発着が可能となる。 完成すれば、駅のホームの手前で信号待ちが発生する頻度は大幅に下がる。 また、急行が各停を追い抜けるようになるため、朝ラッシュの時間帯の優等列車の速達化が実現されると考えられる。 すなわち、今の慢性的な遅い状態が解消されることになる。 おすすめ記事•

次の