気持ち 悪い 類語。 気持ち悪いの類語・関連語・連想語: 連想類語辞典

「気分が悪い」の類義語や言い換え

気持ち 悪い 類語

1 「気持ち」は、「心持ち」「気分」よりも感情や考えている内容を具体的に表わすことが多い。 「どうしても大学に行きたい気持ち」とはいうが、「大学に行きたい心持ち 気分 」とは普通いわない。 2 「気持ちがいい」「心持ちがいい」「気分がいい」とはいうが、そのいい気持ちにしてくれた対象を主語とした場合、「心持ち」「気分」は使いにくい。 「彼のふるまいは気持ちがいい」とはいうが、「彼のふるまいは心持ち 気分 がいい」とは普通いわない。 これも、〔1〕で述べた「心持ち」「気分」が具体的な内容を表わさないということと関連がある。 3 「心地」は、「気分」とほぼ同じように使うが、「気分」より文章語的である。 「夢心地」「寝心地」のように、他の名詞に付いて「ごこち」の形で使われることも多い。 感動の、感情的な状態を経験すること の意• その人特有の行動や反応を決定する感情的、知的特質の複合体 の意• 人や物の生来の、あるいは後天的な気質、または特徴的な傾向 の意• ある程度の信頼が置かれる漠然とした考え の意• 優しい、情熱的または郷愁的な気持ちあるいは感情 の意• センティメント• 感情の特徴的な状態(常習的または比較的一時的な) の意• 場所または状況の一般的な雰囲気とそれが人々に与える影響 の意• 匂 日本語ワードネット1. 1 c 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and 2016-2020 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi.

次の

気持ち悪いの類語・関連語・連想語: 連想類語辞典

気持ち 悪い 類語

1 「気持ち」は、「心持ち」「気分」よりも感情や考えている内容を具体的に表わすことが多い。 「どうしても大学に行きたい気持ち」とはいうが、「大学に行きたい心持ち 気分 」とは普通いわない。 2 「気持ちがいい」「心持ちがいい」「気分がいい」とはいうが、そのいい気持ちにしてくれた対象を主語とした場合、「心持ち」「気分」は使いにくい。 「彼のふるまいは気持ちがいい」とはいうが、「彼のふるまいは心持ち 気分 がいい」とは普通いわない。 これも、〔1〕で述べた「心持ち」「気分」が具体的な内容を表わさないということと関連がある。 3 「心地」は、「気分」とほぼ同じように使うが、「気分」より文章語的である。 「夢心地」「寝心地」のように、他の名詞に付いて「ごこち」の形で使われることも多い。 感動の、感情的な状態を経験すること の意• その人特有の行動や反応を決定する感情的、知的特質の複合体 の意• 人や物の生来の、あるいは後天的な気質、または特徴的な傾向 の意• ある程度の信頼が置かれる漠然とした考え の意• 優しい、情熱的または郷愁的な気持ちあるいは感情 の意• センティメント• 感情の特徴的な状態(常習的または比較的一時的な) の意• 場所または状況の一般的な雰囲気とそれが人々に与える影響 の意• 匂 日本語ワードネット1. 1 c 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and 2016-2020 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi.

次の

気持ち(きもち)の類語・言い換え

気持ち 悪い 類語

1 「気持ち」は、「心持ち」「気分」よりも感情や考えている内容を具体的に表わすことが多い。 「どうしても大学に行きたい気持ち」とはいうが、「大学に行きたい心持ち 気分 」とは普通いわない。 2 「気持ちがいい」「心持ちがいい」「気分がいい」とはいうが、そのいい気持ちにしてくれた対象を主語とした場合、「心持ち」「気分」は使いにくい。 「彼のふるまいは気持ちがいい」とはいうが、「彼のふるまいは心持ち 気分 がいい」とは普通いわない。 これも、〔1〕で述べた「心持ち」「気分」が具体的な内容を表わさないということと関連がある。 3 「心地」は、「気分」とほぼ同じように使うが、「気分」より文章語的である。 「夢心地」「寝心地」のように、他の名詞に付いて「ごこち」の形で使われることも多い。 感動の、感情的な状態を経験すること の意• その人特有の行動や反応を決定する感情的、知的特質の複合体 の意• 人や物の生来の、あるいは後天的な気質、または特徴的な傾向 の意• ある程度の信頼が置かれる漠然とした考え の意• 優しい、情熱的または郷愁的な気持ちあるいは感情 の意• センティメント• 感情の特徴的な状態(常習的または比較的一時的な) の意• 場所または状況の一般的な雰囲気とそれが人々に与える影響 の意• 匂 日本語ワードネット1. 1 c 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and 2016-2020 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi.

次の