ブロッコリー 花 食べ れる。 ブロッコリーはどの部分を食べている?茎は?

ブロッコリーはどこまで食べられる?茎や芯は?食べられない部分はないの?

ブロッコリー 花 食べ れる

スポンサーリンク ブロッコリーが黄色くなったけど食べられる?変色がどんな状態なの? 蕾が黄色の場合 蕾の部分が黄色く変色するのは、 ブロッコリーの蕾から黄色いお花に成長している証拠で食べれます。 (画像引用元:) 買ってきたブロッコリーは茎に残っている栄養分を使って、花を咲かせようと成長を続けています。 そのため収穫してから日が経ったブロッコリーは蕾が黄色くなってしまいますが、食べる事はできます。 ただ、栄養価は落ちて苦味が出てしまうのでできる限り早めに調理してしまいましょう。 蕾が茶色の場合 黄色くなった 蕾のなれの果てが茶色で、ブロッコリーは異臭もして味も美味しくありません。 (画像引用元:) 一部的に茶色くなっている場合はその部分だけ切り落とせば食べられます。 ただ残りの部分も痛み始まっている可能性が高いのでオススメはできません。 同様に茹でたブロッコリーは茹ですぎたり熱いまま放置したりする事によって茶色く変色してしまいます。 (画像引用元:) 茹で時間は2分ほどまでにして、茹で上がったらうちわなどを使ってさっと冷ますのがポイントです。 蕾が紫の場合 ブロッコリーの蕾部分の緑が濃く、 紫に近い色になっている事がありますが、これは美味しさも凝縮していると言われます。 (画像引用元:) これはブロッコリーに含まれているポリフェノール「アントシアニン」が寒さによって凝縮した結果紫色になったものです。 最近では紫色になるように品種改良されたものなども販売しています。 紫色になっているブロッコリーを見つけたらぜひ食べてみてください!! スポンサーリンク 茎の部分に黒い点がある場合 ブロッコリーの栽培中に気温が低くなりすぎたり、窒素肥料が多すぎたりするとブロッコリーの細胞壁にポリフェノールが蓄積してしまって黒い点が出来てしまいます。 (画像引用元:) 見た目は悪くなりますが食べるには問題ありませんので、どうしても気になるときはその部分だけ削いで食べると良いでしょう。 他にも蕾の部分や 茎の部分がえぐれるように黒くなってしまっているのは「黒スス病」というカビの一種が考えられます。 (画像引用元:) 「黒スス病」になったブロッコリーは、スーパーや直売所などでも販売されることはありません。 家庭菜園などは一部分であればその部分を除去して食べてしまうことも可能ですが、広がってしまっている場合は食べない方が良いと思います。 ブロッコリーが黄色くなったけど食べられる! 私も両親の家庭菜園でできたブロッコリーをたまにもらうのですが、既に黄色っぽくなってしまったものや黒点ができている物も多くあります。 今まではちょっと嫌な気がして捨ててしまう事もありましたが、これからはきちんと見極めて無駄なく食べてあげたいと思います。 みなさんも色が変色しても食べれる色であれば、無駄なく食べていきましょう!.

次の

ブロッコリーの葉は食べられる?実は栄養豊富な葉っぱの食べ方・レシピ6選

ブロッコリー 花 食べ れる

スポンサードリンク ブロッコリーは生で食べられる? 一般的にはさっと色よく茹でて使うのが定番のブロッコリーですが、もしかして生で食べられるんじゃないのかな?なんて考えたりもしますよね。 先に答えから言いますと… ブロッコリーは生食OKです! 日本ではブロッコリーの生が食卓に出てくることはあまりないと思いますが海外では普通に出てきます。 ・・・というのは私自身もブロッコリーはゆでるのが当たり前と思っていたのですが、海外旅行をした際ブロッコリーが生で出てきてその時はとても驚きました! 生で平気なの?と半信半疑でしたが食べてみると普通に食べられる・・・というか甘くておいしいなあと。 それ以来サラダにしたりスムージーにしたりブロッコリーを生でも普通に食べるようになりました。 ブロッコリーが生でもOKとはいえ、ゆでて食べるのに比べると消化も多少悪くなりますので食べ過ぎはNG。 他の生野菜と一緒に盛り合わせて色々なものを少量ずつ食べるのがおすすめです。 ブロッコリーの生食 栄養は? ブロッコリーをゆでるのと生で食べるのとでは栄養面ではどうなのでしょうか? ブロッコリーをゆでてしまうと加熱調理の際にゆで汁にビタミンA・C・マグネシウム・カリウム・葉酸など栄養素が流れてしまいますので、生のまま食べたほうが損失がありません。 中でも体の有害物質を取り除くとされる「ミロシン」と呼ばれるものが加熱によって壊れてしまうため、生食をしたほうがそのまま摂り入れることができます。 ・・・というわけでブロッコリーはゆでるよりも生の方が栄養素の損失は少なくなります。 ブロッコリーを生で美味しく食べるには? ブロッコリーは生で食べられるからといって、小房に分けてそのままかじってみてもたぶん美味しくないです(笑) ゆでた時と違って甘味があるわけでもなしし、モサモサしていて固いので単体では無理。 初めて食べるならまずはスムージーや野菜ジュースなどにしてみましょう。 リンゴやレモン、ニンジンなどと一緒にジューサーにかければ生のまま違和感なく摂取することができます。 味的に大丈夫だなということでしたら、今度はサラダに挑戦してみましょう。 ブロッコリーは小さくカットして色々な野菜と混ぜ合わせるのがポイント。 ブロッコリー特有のモサモサ感が出ないように、トマトの角切りやスプラウト・玉ねぎスライス・コーンなどを使いシンプルなドレッシングでざっくり和えてしばらく冷蔵庫に寝かせてから食べるとおいしいです。 角切りチーズやハム・ゆで卵・ツナ缶を加えたりすると、味もぐっと良くなりボリュームアップします! 色々な食べ方を楽しんでくださいね。 おわりに ブロッコリーを生で食べようと思った時にちょっと気になるなあと感じたのはブロッコリの汚れ。 ブロッコリーって水にしばらく浸して洗おうと思っても水をはじいてしまって、ちゃんと洗えてないような気がしませんか? それに表面が白っぽくなってたりすると、もしかしたら農薬なのかなあ?と心配になってしまいますよね。 いつも行く野菜直売所に野菜を卸しているおじさまをとっ捕まえて(?)その辺のことを聞いてみたんです。 そしたら・・・。 ブロッコリーがうっすら白く見えるのは農薬ではなくブロッコリーが出すロウのようなもので、雨やほこりなどが入ってこないように防ぐ役割をしているのだそうです。 だから水に浸けてもはじいてなかなか浸透しないんですね! その話を聞いてブロッコリーってすごいなあ!って思いました。 ただ、ブロッコリーに虫が卵を産むことがあるのでよく洗ってねと言われました。 なので生で食べる時は小房に分けて中まで水がいきわたるように、落としブタで上からおさえて浮き上がらないようにしよーーっく洗うようにしています。 きちんと下処理すれば安心して食べることができますね。 最近はブロッコリーの歯ごたえの良さを生かして、生ブロッコリーやわかめ・糸寒天・カニカマなどを入れたダイエットサラダを食べています。 生ブロッコリーには適度なかたさがありよく噛みますからお腹いっぱいになるんですね~ それにお通じもよくなりますのでとても調子がいいです^^.

次の

ブロッコリーの葉は食べられる?実は栄養豊富な葉っぱの食べ方・レシピ6選

ブロッコリー 花 食べ れる

ぱっと読む見出し• ブロッコリーの栄養素と効果効能 ブロッコリーは様々な臓器の働きを活発にします。 肝臓 ブロッコリーは肝臓のはたらき、特に解毒・分解作用を促進する働きがあります。 ブロッコリーに含まれるフィトケミカルの一つにスルフォラファンがあります。 摂取したスルフォラファンは、体内でグルタチオン・S・トランスフェラーゼという物質の生成を促進します。 ホルモンの分泌量や分泌バランスが崩れると、体の様々な機能が低下したり、正常な活動ができません。 またインスリンの分泌が滞ると発症するのが、糖尿病です。 体の様々な機能維持や糖尿病の予防に、ブロッコリーは役立ちます。 SPONSOR LINK 血圧 ブロッコリーの代表的な栄養素であるカリウムが安定した血圧の維持に貢献してくれます。 カリウムは汗や尿として体の外に排出されますが、この時、同じ量のナトリウム(塩分)も一緒に排出しますので、体内の塩分コントロールに必要な成分です。 塩分を摂りすぎて「むくみ」でお悩みの方にも、もってこいですね。 夏場などに発汗量が増えてしまうと、カリウムは汗とともに失われる性質があります。 汗をよくかく時期は意図的にブロッコリーを食べて、血圧の安定を図りましょう。 カリウムはブロッコリー100gあたりに360mg含まれます。 参照元: 頭痛 ブロッコリーが豊富に含む栄養素に、カリウムの他にビタミンCがあります。 ビタミンCは皮膚や血管の老化を防ぎ、免疫力を高める働きの他に、カリウムとともに血管系由来の頭痛(偏頭痛や群発性頭痛)にも効果が期待できます。 血管系由来の頭痛は、瞬間的な血圧の上昇や、不安定なリズムの血流が原因です。 カリウムは前述のとおり血圧を安定させますし、ビタミンCは血管や血液を丈夫に維持しようとしてくれます。 ただし、いくら頭痛に良いからと、ビタミンCのサプリメントなどを大量に摂取しないでくださいね。 ビタミンCを過剰に摂取すると、吐き気や下痢を起こしたり、逆に頭痛を引き起こしたりします。 なにごともバランスと節度です。 参照元: 参照元: ブロッコリーの栄養を逃がさない調理法・食べ方は? ブロッコリーは茹でると栄養が逃げる?正しい茹で方は? カリウムとビタミンCは、いずれも水に溶けだしやすい栄養素です。 カリウムやビタミンCを効率的に摂取したい、栄養を逃がしたくない場合は、短時間で茹であげることが大切です。 栄養を逃がさない茹で方• まず鍋にお湯を沸かして、適量の塩を加えておきます。 次にブロッコリーを手ごろな大きさに切り分けます。 切り分けたブロッコリーは、出来るだけ「茎が下・ツボミが上」になるようにします。 ブロッコリーの投入から20秒程度で、一つ取り出して火の通りを確認します。 もうすぐ火が通る、というタイミングで鍋から揚げます。 ザルなどで自然に冷まして、完了です。 茹で時間は短く ブロッコリーの茎は固そうに見えますが、ツボミ近くの茎はさほど固くありませんし、茹で過ぎると何より大切な栄養素が流出してしまいます。 また、自然に冷ましていると余熱でしっかり火が通ります。 茹で時間は、極力短くしましょう。 電子レンジ 「そんなバタバタしたくない!」という方は、電子レンジによる加熱はいかがでしょうか。 お湯も使いませんし、鍋もいりませんね。 耐熱容器にブロッコリーを並べ、ラップしましょう。 ブロッコリーの大きさにもよりますが、500Wで1分加熱して様子を見てみてください。 水に溶けだしにくく、熱にも強い性質がありますので、こちらは茹でることで流出する量はわずかです。 冷凍すると栄養に変化は? 冷凍しても茹であがった状態なら、栄養が失われる心配はありません。 ただし、冷凍前にはしっかりと入念に水気を拭き取っておきましょう。 ブロッコリーそのものが傷んでしまいます。 茹であがったブロッコリーは使いやすい分量に小分けしてから冷凍用保存袋で凍らせると、使うときに便利です。 また保存袋の空気は、なるべく抜いてからジッパーを閉めるといいですね。 ブロッコリーの食べ過ぎ ブロッコリーを食べすぎると? ブロッコリーを過剰に摂取すると、体臭(生グサイ魚のような臭い)がきつくなる、胃がむかつくなどの症状が出ることがあります。 原因は、ブロッコリーに含まれるコリンという成分です。 ブロッコリー100gに含まれるコリンの量は、わずか20mg。 コリンによる悪影響が出るかどうかには個人差がありますが、仮にブロッコリーを1日で1キロ以上摂取しても300mgと上限の10分の1未満です。 よほど極端なメニューでない限り、コリンの弊害について気にすることはないでしょう。 ただしブロッコリーが持つ、他の栄養素が過剰摂取にならないことを考えると、1日あたり150g前後を目途に召し上げると良いです。 大量に食べるのではなく、適量を毎日続ける食べ方によって、健康を維持していきましょう。 ブロッコリーの茎、花、葉における栄養の比較 茎の栄養 埼玉県の分析によると、ビタミン(アスコルビン酸(ビタミンCのこと)、カロテン)、食物繊維、ショ糖などの栄養素は、通常食べる部分(ブロッコリーのツボミ部分)と茎の差は、ほとんどないとの結果が読み取れます。 参照元: 葉の栄養 ブロッコリーはアブラナ科の植物です。 つまりキャベツの仲間。 幼齢期のブロッコリーは、キャベツと見間違えるほどよく似ていますが、キャベツは淡い緑なのに対して、ブロッコリーは深緑。 あくまで農家である筆者の主観です。 スプラウトの栄養 近年注目されているのが、スプラウトブロッコリーです。 スプラウト=芽。 つまり発芽したばかりのブロッコリーです。 ちなみに豆のスプラウトは豆苗。 ダイコンのスプラウトはカイワレ大根です。 参照元: ブロッコリーの栄養成分表 参照元: ブロッコリーの代表的な成分表を、抜粋で紹介します。

次の