サービス デザイン 推進 協議 会。 サービスデザイン推進協議会の役員は天下り?所在地や電話番号の実態がヤバい!

【電通】IT業界にも通ずる中抜き&丸投げビジネスの実態とは?!【サービスデザイン推進協議会】

サービス デザイン 推進 協議 会

新型コロナウイルス対策の一環である持続化給付金について、 政府が民間企業に委託していたこと、そしてその企業が更に業務を電通に再委託していたことが明らかになりましたね。 民間企業名は「サービスデザイン推進協議会」という組織とのこと。 サービスデザイン推進協議会は政府から 持続化給付金の業務を769億円で受託した後、電通に749億円で業務を再委託しています。 実に 20億円もの大金を中抜きしていた事実が浮き彫りになりました。 持続化給付金の支払いが遅れ、困窮している事業者の方からすれば許せない事実ですよね。 更にサービスデザイン推進協議会の役員 理事 を調べてみると、電通との癒着疑惑も浮かんできます。 今回は、• サービスデザイン推進協議会とは?役員 理事 を調査!• サービスデザイン推進協議会の所在地や電話番号の実態がヤバい!• サービスデザイン推進協議会の受注歴は?過去の中抜きもある? についてまとめていきたいと思います。 サービスデザイン推進協議会とは?役員 理事 を調査! まずはサービスデザイン推進協議会とはどういう組織なのか、役員 理事 は誰なのかについてまとめていきます。 サービスデザイン推進協議会とはどういう組織? サービスデザイン推進協議会は「新たなサービスデザインとその市場創造」を掲げて2016年5月16日に設立されています。 広告代理店電通、人材派遣会社パソナ及びITアウトソーシング会社トランス・コスモスによって設立された組織であり、設立後から経済産業省の案件を受託しています。 バックグラウンドに電通やパソナ、トランスコスモスがいることもあり、今回の中抜きとの癒着が疑われるところです。 サービスデザイン推進協議会の役員 理事 は? サービスデザイン推進協議会の 代表理事は笠原英一さんという方です。 2020年5月31日に辞職 笠原英一さん は日本のマーケティング研究者・コンサルタントであり、アジア太平洋マーケティング研究所 APRIM という組織の所長でもあります。 笠原英一さんの学歴としては下記となっていました。 早稲田大学大学院後期博士課程国際関係学専攻(学術博士)• サンダーバード国際経営大学院 国際経営修士)• ノースウェスタン大学 Kellogg Executive Scholar• ウォートン・スクール CPD また、経歴としては数々の委託案件で委員を務めたり、大学で客員教授を務めていたり、マーケティングの著作を多く出していたりとマーケティングについては第一人者であることは間違いなさそうです。 笠原英一さんについては、設立会社である電通やパソナ、トランスコスモスとの癒着人事である様子はあまり見受けられませんでした。 報道では、 辞職する笠原英一・代表理事は給付業務について「自分は関わっていない」と話す。 引用: とされていますが、あながち間違っていないのかもしれませんね。 一方で、 業務執行理事には電通の平川健司さんが就任していることがわかっており、その他の役員にも電通やパソナ、トランスコスモスの方が過半数を占めているようです。 職員のグループ長にもパソナの吉田達志さんが就任している等、代表理事より下の、実際に業務を行っている役職者の癒着は大いに考えられそうです。 サービスデザイン推進協議会の所在地や電話番号の実態がヤバい! 続いてサービスデザイン推進協議会の所在地や電話番号を調査してみました。 サービスデザイン推進協議会の 所在地は東京都中央区築地3丁目17-9、電話番号は045-330-3577となっています。 しかし実態として、所在地に行ってもリモートワークの貼り紙があるだけで、問い合わせ先の情報は一切なし。 電通、パソナ、トランスコスモスの3社で設立。 事務は、ほぼ丸投げで電通に再委託。 団体の所在地に行ったが、リモートワークの貼紙があり誰もいない。 皆は必死で申請しているのに。 — 川内 博史 kawauchihiroshi 電話番号も、 所在地は東京都中央区築地であるはずなのに、横浜地区のものです。 さらに電話をしても「 おかけになった電話番号は現在使われておりません」と言われるありさまです。 持続化給付金の業務は完全に電通に丸投げしており、 サービスデザイン推進協議会自体は何の実態も持たない幽霊企業であることがわかりました。 サービスデザイン推進協議会の受注歴は?過去の中抜きもある? ここまでサービスデザイン推進協議会が電通やパソナ、トランスコスモスとの癒着が疑われる幽霊企業であることをまとめてきました。 今回のような中抜きが過去にも行われていないか確認するため、過去の受注歴を調査したところ、下記の受注歴がありました。 2016年8月 経済産業省中小企業庁「おもてなし規格認証」• 2018年2月 経済産業省「サービス等生産性向上IT導入支援事業(事務局運営業務)に係る補助事業者」• 2019年2月 経済産業省中小企業庁「平成30年度第2次補正予算『事業承継補助金』の事務局」• 2019年3月 経済産業省「サービス等生産性向上IT導入支援事業(事務局運営業務)に係る補助事業者」• 2019年4月 経済産業省「平成31年度『女性起業家等支援ネットワーク構築補助金』事務局に係る補助事業者」• 2019年4月 経済産業省「平成31年度『女性活躍推進のための基盤整備事業(女性起業家等支援ネットワーク構築事業)』」• 2020年2月 経済産業省「先端的教育用ソフトウェア導入実証事業事(事務局運営業務)に係る補助事業者」 上記の案件について、再委託が行われていたのかを調査したのですが、 再委託に関する情報は出てきませんでした。 ただし、前項で紹介した幽霊企業の実態を考えれば、上記も再委託で行われたことが大いに考えられます。 持続化給付金の件から芋づる式に過去の中抜きが露呈される可能性もありそうです。 まとめ 今回は、持続化給付金業務の再委託が報道されたサービスデザイン推進協議会の• サービスデザイン推進協議会とは?役員 理事 を調査!• サービスデザイン推進協議会の所在地や電話番号の実態がヤバい!• サービスデザイン推進協議会の受注歴は?過去の中抜きもある? についてまとめました。 サービスデザイン推進協議会は「新たなサービスデザインとその市場創造」を掲げて電通やパソナ、トランスコスモスによって設立された組織です。 代表理事は笠原英一さんとなっていますが、 執行理事には電通の平川健司さん、グループ長にはパソナの吉田達志さん等、実際に業務を執行する役職者は電通やパソナ、トランスコスモスで固められています。 サービスデザイン推進協議会は 所在地や電話番号を明らかにしているものの、所在地に行っても貼り紙のみで人がいない、電話番号がつながらないという幽霊企業です。 また、 過去に経済産業省の案件をいくつも受注していますが、持続化給付金の件と同様、案件を再委託し中抜きを行っていた可能性が大いにあります。 今回の再委託報道を受け、代表理事である笠原英一さんが辞職することとなりましたが、トップが辞職したからと言って、根本的な解決になる組織構造ではないように思われます。 今後同じような問題が発生しないよう、事実を明らかにしてほしいところですね。

次の

【電通】IT業界にも通ずる中抜き&丸投げビジネスの実態とは?!【サービスデザイン推進協議会】

サービス デザイン 推進 協議 会

大串博志氏(以下、大串):持続化給付金は、新型コロナで影響を受け、非常に厳しい状況にある事業者の皆さんに対して支援を行うという、第一次補正予算の中でも最も重要な施策です。 この給付金を必要としている方々に確実に届けなければなりません。 ところが、受け付けを開始した5月1日と2日に申請された計約28万7000件のうち、約3・5%の 1万件超が未払いになっています。 給付金を必要としている方々は、固唾を飲んで支給を持っているのです。 しかし、持続化給付金の事務事業は、実態のわからない「 サービスデザイン推進協議会」(以下、「協議会」)に769億円で発注され、「協議会」から749億円で電通に再委託されていました。 問題は、この「協議会」に実態が見えないことです。 我々は、6月1日に「協議会」の事務所を訪れましたが、部屋の中には誰もおらず、真っ暗でした。 電話を鳴らしても、ベルを押しても誰も出てきませんでした。 ところが、「協議会」は6月9日にマスコミに対して事務所で仕事を行なっている様子をわざわざ公開しました。 しかし翌10日に我々が訪問してみると、また閉まっていて、事務所には誰もいませんでした。 マスコミへの公開は、「アリバイ作り」だったとしか見えません。 そもそも、このような実態のない組織に経産省が委託すること自体が大きな問題です。 また、 入札にも問題があります。 経産省は4月8日に入札を公示しましたが、 公示前の3月30日、4月2日と4月3日に経産省は「協議会」と電通を呼んでヒアリングをしていたのです。 出来レースだったのではないかという疑いが生じます。 今回の入札には、「協議会」とともにコンサルティング会社の デロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリーが参加していましたが、入札調書では、「協議会」は「C」ランクであるのに、デロイトは「A」ランクでした。 もちろんランクだけでは決められませんが、 経産省は「協議会」に発注した理由を説明する責任があります。 大串:2016年の設立以来、「協議会」は経産省から「おもてなし規格認証」、「サービス等生産性向上IT導入支援事業」など14事業、1500億円以上を受注しています。 それらの多くが、持続化給付金事業と同じように、そのまま電通に再委託されています。 電通のトンネル会社だという疑いは濃厚です。 「協議会」の取引が適切かどうかを、過去にさかのぼってきちんと調査すべきです。

次の

【理事】電通:平川健司の経歴↓サービスデザイン推進協議会は天下り?

サービス デザイン 推進 協議 会

GビズIDプライムアカウントの発行遅延による暫定措置についてご案内しておりましたが、すでに発行遅延は解消されております。 (現時点では、GビズIDプライムアカウント発行までの期間はおおむね1週間となっております。 ) これからIT導入補助金を申請される方は、暫定プライムアカウントではなく通常のGビズIDプライムアカウントを発行の上、補助金の申請をお願いいたします。 暫定措置及び通常プライムへの変更については 詳細は下記までお問い合わせください。 GビズIDヘルプデスク 電話番号:06-6225-7877(平日9:00~17:00) メール:support gbiz-id. jp 【(続報)新型コロナウイルス感染症拡大防止に伴うコールセンター再開のお知らせ】 現在、休止しております本事業のコールセンターですが、2020年4月21日より一部コールセンター機能を再開いたします。 ただし、緊急事態宣言が発令されていることを鑑み、一時的に窓口を絞っての再開となりますので、混雑の状況によりましては、繋がりにくくなることが予想されます、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。 なお、お問い合せフォームについては引き続きご利用頂けますので、併せてご利用頂きますようお願いいたします。 2020. 26 【通常枠(A、B類型)4次締切分】【特別枠(C類型)3次締切分】交付申請の受付を締め切りました。 引き続き次回締め切り分の交付申請を受け付けております。 2020. 23 「」を公開しました。 IT導入支援事業者を探される際にご活用ください。 2020. 12 【通常枠(A、B類型)3次締切分】【特別枠(C類型)2次締切分】交付申請の受付を締め切りました。 引き続き次回締め切り分の交付申請を受け付けております。 2020. 29 【通常枠(A、B類型)2次締切分】【特別枠(C類型)1次締切分】交付申請の受付を締め切りました。 引き続き次回締め切り分の交付申請を受け付けております。 2020. 22 「」「」を公開しました。 2020. 19 「」を公開しました。 2020. 11 「」を公開しました。 2020. 30 【1次公募(臨時対応)】交付決定事業者一覧を公開しました。 一覧は、「」ページをご確認ください。 なお、事業実施期間は2020年9月30日(水)<予定>までです。 2020. 21 【1次公募(臨時対応)交付決定日(予定)につきまして】 1次公募(臨時対応)につきまして、新型コロナウイルス感染症の影響により審査手続きにお時間を要しております。 誠に恐縮ではございますが、交付決定日について当初予定から更新しておりますので、下記ご確認を頂きますようお願い申し上げます。 2020. 2020. 10 「」を公開しました。 交付申請の準備にご活用ください。 2020. 8 【新型コロナウイルス感染症拡大防止に伴うコールセンター休止に伴うお問い合わせフォームの開設について】 新型コロナウイルス感染症拡大防止に伴うコールセンター休止に伴い、お問い合わせフォームを開設いたしました。 誠に恐れ入りますが、お急ぎの方は、「」より、お問い合わせください。 なお、お問い合わせが混雑し、ご回答までにかなりのお時間をいただくことが予想されます。 恐れ入りますが、お問い合わせの前に各種要領、手引きをご確認いただきますようお願いいたします。 2020. 6 【新型コロナウイルス感染症拡大防止に伴うコールセンター休止のお知らせ】 誠に恐れ入りますが、新型コロナウイルス感染症拡大防止に伴い、本事業のコールセンターを一時的に休止いたします。 再開につきましては、改めて本サイトにてお知らせ致します。 また、本事業のスケジュール、事業の詳細等につきましては、各種要領、手引き等でもご案内しておりますので、そちらも併せてご確認いただきますようお願いいたします。 2020. 31 「IT導入補助金2020 1次公募(臨時対応)」の受付は終了いたしました。 2020. 13 昨今のコロナウイルスの影響を勘案した景気対策としてIT導入補助金2020 1次公募(臨時対応)を行います。 詳しくはをご確認ください。 2020. 25 「」を更新しました。 2020. 23 「」を更新しました。 2020. 18 「」を更新しました。 2020. 17 「」「」「」を更新しました。 2020. 16 「」を更新しました。 2020. 11 「」を更新しました。 2020. 9 「」を更新しました。 2020. 4 「」を更新しました。 2020. 2 「」を更新しました。 2020. 28 「」を更新しました。 2020. 26 「」を更新しました。 2020. 25 「」を更新しました。 2020. 22 「」「」「」を更新しました。 2020. 21 「」を更新しました。 2020. 15 「」「」「」を更新しました。 2020. 14 「」を更新しました。 2020. 11 「」「」を更新しました。 2020. 8 「」「」を更新しました。 2020. 24 「」「」を更新しました。 2020. 22 「」「」を更新しました。 2020. 26 【通常枠(A、B類型)4次締切分】【特別枠(C類型)3次締切分】交付申請の受付を締め切りました。 引き続き次回締め切り分の交付申請を受け付けております。 2020. 12 【通常枠(A、B類型)3次締切分】【特別枠(C類型)2次締切分】交付申請の受付を締め切りました。 引き続き次回締め切り分の交付申請を受け付けております。 2020. 29 【通常枠(A、B類型)2次締切分】【特別枠(C類型)1次締切分】交付申請の受付を締め切りました。 引き続き次回締め切り分の交付申請を受け付けております。 2020. 22 「」「」を公開しました。 2020. 11 「」「」を公開しました。 2020. 24 「」「」を公開しました。 2020. 2020. 10 「」を公開しました。 交付申請の準備にご活用ください。 2020. 8 【新型コロナウイルス感染症拡大防止に伴うコールセンター休止に伴うお問い合わせフォームの開設について】 新型コロナウイルス感染症拡大防止に伴うコールセンター休止に伴い、お問い合わせフォームを開設いたしました。 誠に恐れ入りますが、お急ぎの方は、「」より、お問い合わせください。 なお、お問い合わせが混雑し、ご回答までにかなりのお時間をいただくことが予想されます。 恐れ入りますが、お問い合わせの前に各種要領、手引きをご確認いただきますようお願いいたします。 2020. 6 【新型コロナウイルス感染症拡大防止に伴うコールセンター休止のお知らせ】 誠に恐れ入りますが、新型コロナウイルス感染症拡大防止に伴い、本事業のコールセンターを一時的に休止いたします。 再開につきましては、改めて本サイトにてお知らせ致します。 また、本事業のスケジュール、事業の詳細等につきましては、各種要領、手引き等でもご案内しておりますので、そちらも併せてご確認いただきますようお願いいたします。 2020. 31 「IT導入補助金2020 1次公募(臨時対応)」の受付は終了いたしました。 2020. 13 昨今のコロナウイルスの影響を勘案した景気対策としてIT導入補助金2020 1次公募(臨時対応)を行います。 詳しくはをご確認ください。 2020. 24 「」を更新しました。 2020. 17 「」「」「」「」「」「」を更新しました。 2020. 25 「」「」を更新しました。 2020. 22 「」「」「」「」「」「」を更新しました。 2020. 15 「」「」「」「」を更新しました。 2020. 14 「」を更新しました。 2020. 11 「」「」を更新しました。 2020. 8 「」「」「」「」を更新しました。 2020. 28 「• 2020. 24 「」「」を更新しました。 2020. 22 「」「」を更新しました。 1:「プロセス」とは、業務工程や業務種別のことです。 2:ツール要件(目的)について、詳しくはをご確認ください。 3:賃上げ目標について、詳しくはをご確認ください。 上記は大まかな相違点の抜粋のため、交付申請にあたっては以下のリンク先をご確認ください。

次の