偏 頭痛 場所。 偏頭痛でめまいを感じる原因|脳の病気チェックドットネット

偏頭痛の治し方で即効性がある方法。緊急時にはツボも効く!

偏 頭痛 場所

一言に「頭痛」と言っても、慢性的なものから命に関わる危険なものまで幅が広く、さらに痛む場所も原因も様々です。 頭痛は痛む場所から原因が分かる場合もあるようです。 もしかしたらあなたが今まで悩まされてきた頭痛の原因も、痛む場所から特定できるかも知れません。 どこで痛みを感じたら、何が原因のどういう種類の頭痛なのかを見てみましょう。 ただしここで挙げる原因はごく一部。 中には命に関わる頭痛もありますので、気になる方は必ず病院の診察を受けるようにしてくださいね。 現代人に多い後頭部の頭痛は緊張型頭痛の可能性が高い! 後頭部の頭痛は、現代人であれば多くの方が経験したことのあるのではないでしょうか。 肩の筋肉緊張から血液の流れが滞ることが原因で起こる頭痛で、緊張型頭痛である可能性が高いです。 事務仕事で座り姿勢が多かったり、スマホや携帯画面を見ている時間が多い方に多い頭痛です。 ずっと同じ姿勢では首から肩にかけての筋肉が緊張しやすくなるので、軽くストレッチしたり、体勢を変えたり、目を休めたりすると良いでしょう。 側頭部の頭痛は偏頭痛で、酷い人だと吐き気の症状も! 左右どちらか、あるいは両方の側頭部の頭痛に悩まされている方はいませんか。 それもドクンドクンと脈打つかのような痛みを感じるのであれば、偏頭痛の可能性が高いです。 症状の酷い方だと、吐き気が起こる方もいるようです。 原因は脳の血管が急に拡張することで、ストレスや緊張から一気に解放された時に起こりやすいです。 例えば、「仕事が終わって明日からは連休だ。 」なんて言う時に、急に偏頭痛が起こる方は多いです。 側頭部から目までの場所での頭痛は、群発頭痛の可能性がある! 側頭部から目の奥近くまでの場所で、痛みを感じる方はいませんか。 このような方は、群発頭痛である可能性が高いです。 群発頭痛は、「内頸動脈」と言う脳に栄養を供給するための血管が拡張して起こるものだと言われています。 自律神経も刺激されて、目の充血や涙、瞼の腫れ、鼻水、鼻づまり、発汗などの症状が起こり、生活に支障が出ることもあります。 殴られたかのような激痛で頭全体が痛い場合は、くも膜下出血の危険性がある! 特にこれと言った場所は無く頭全体が痛い場合には、原因が特定しにくい場合があります。 ただ、激痛でなければ、緊張型頭痛や偏頭痛、群発頭痛のどの頭痛も考えられます。 重い荷物を持った時であれば、一時的に起こる労作性頭痛の可能性もあります。 もし殴られたかのような激痛を頭全体に感じるのであれば、原因はくも膜下出血なのかも知れないので注意が必要です。 まとめ このように頭痛の起こる場所も原因も色々なのですが、場所から原因を特定することが分かれば対策に役立ちます。 後頭部なのか側頭部なのか、目の奥近くでも頭痛を感じているのかだけでも、頭痛の種類をおおよそ特定することが出来ます。 今まで何らかの対策をしても改善が見られなかった場合には、頭痛の原因がきちんと分かっていない可能性があります。 そんな方はここでご紹介した情報を参考にしつつ、適切な対策を今一度考え直してみましょう。

次の

【片頭痛のセルフチェック】原因や症状、治し方、予防薬、予防法

偏 頭痛 場所

Contents• 更年期の血圧上昇が原因 更年期の偏頭痛も人によって症状はさまざまです。 しばらくすると治まる。 月経周期によるホルモン変動が関係すると言われています。 その上、更年期になると血圧の上昇も加わり、偏頭痛を引き起こしやすくなります。 更年期は、女性ホルモンのエストロゲンが減っていく期間。 このエストロゲン、実は今まで血圧上昇を抑える働きも持っていました。 したがってその抑制がきかなくなり、 更年期を境に自然と血圧は高くなります。 なおかつ、エストロゲンは脂質代謝にも関係が深いため、コレステロール値も上がっていきます。 これにより動脈硬化が進んで血圧をあげ、頭の血管が刺激されやすくなり、偏頭痛となりやすいのです。 最初に行くべき病院は? 頻繁に起こって日常生活に支障が出るほどの場合、ただ漫然と市販薬を飲み続けるのはよくありません。 まずは脳神経外科で調べてもらいましょう。 質問と返答から、その症状が 頭自体の疾患なのか、他の病気による頭痛かが診断されます。 他の病気の疑いが高い場合は、精密検査へ。 CTやMRI検査、脳波検査などで異常を確認します。 頭自体の問題であれば、頭痛の種類を診断。 「片頭痛」「緊張型頭痛」「群発頭痛」など、どのタイプに属するのか鑑別します。 このほかに、 歯の噛み合わせ不良からくる頭痛や、 眼精疲労による頭痛もあります。 脳神経外科で特に問題が見つからなければ歯科や眼科に相談してみるのもよいでしょう。 また、ビタミン剤入りの点眼薬、筋弛緩剤などが処方されることもあります。 また、鎮痛薬に併用して以下のような漢方薬が処方されることもあります。 偏頭痛から考えられる重大な病気 年齢にともなう高血圧が原因の偏頭痛であれば、時間がたてば落ち着いてくるでしょう。 しかしこの偏頭痛、大変な病気のサインかもしれません。 「更年期だから」と軽視せず、以下のような症状を感じたらすぐに専門の病院で診察してもらってください。 (参考文献:日経ヘルスプルミエ「女性ホルモンを味方にする本」) 偏頭痛の症状 疑われる病気 受診先 朝方によく頭痛が起こる 「脳腫瘍」の可能性があります。 腫瘍が大きくなると、手足にしびれを感じることも。 頭痛専門医・脳神経外科 むくみ、便秘、疲労感をともなう 「橋本病」「バセドウ病」などの甲状腺ホルモンの分泌異常が疑われます。 内科分泌科 花粉症などのアレルギー疾患があり、季節の変わり目に頭痛がひどくなる 「副鼻腔炎」による鼻づまりが偏頭痛の原因かも。 耳鼻咽喉科 頭全体がぎゅーっと締め付けられるような重苦しい痛みがだらだら続く 「緊張型頭痛」の可能性あり。 肩・首の筋肉や神経の緊張が原因。 温める、体を動かすことで和らぐこともある。 内科・婦人科 金づちで殴られたような痛み、吐き気もある 「くも膜下出血」の恐れがあります。 救急車 偏頭痛を和らげるためのセルフケア ・月経前後に赤ワインやチョコレートは避けること。 健康にいいとされている食品も誘発要因になることがあります。 ハムやソーセージなどの加工食品も控えた方が無難。 ・騒音やまぶしい場所は避ける。 偏頭痛は、極端な環境変化が原因で起きたりひどくなるケースがあります。 気圧・気温の変化も要因になります。 ・初期の痛みは冷やすと和らぐ。 偏頭痛時は痛む部分を冷やすこと。 血管を拡張させる行動は症状を悪化させます。 お風呂などであたたまると血管が広がるので頭痛のあるときは控えるように。 ・市販の鎮痛薬はほどほどに。 頼りすぎると治療が困難な「薬物依存症頭痛」になる恐れもあります。 鎮痛薬を月に10日以上服用するほどひどいときは、早めに頭痛外来を受診しましょう。 ・睡眠不足、パソコンの使い過ぎをあらためる ・ストレッチ、目と首のツボを刺激する まとめ ・更年期は血圧があがることで頭の血管が拡張・炎症し、偏頭痛になりやすい ・原因が脳の異常でないかどうかを脳神経外科で確認すべし ・初期なら冷やす。 お風呂は控える。 更年期の女性ホルモン減少は、いろんなところに影響を及ぼします。 血圧上昇で頭痛がくるというのもそのひとつ。 ただし場所が場所なので、更年期と軽く考えずに早めに受診した方が賢明です。

次の

痛みを感じるのはどこ?頭痛を感じる場所から見る症状とその原因

偏 頭痛 場所

パソコンやインターネットが普及した現代の日本において、日頃から持ちだという方は増えてきているようです。 そのなかでもとくに「」は発作的に出現することが多く、激しい痛みが突然起こることで悩まされている方もいらっしゃるのではないでしょうか。 では、突然片頭痛に見舞われてしまった場合、どのように対処すればいいのでしょうか? 国際医療福祉大学三田病院予防医学センター長・神経内科教授の桂研一郎先生にお話をお伺いしました。 片頭痛が起こったらどうする? が起こったら、まずは安静にしましょう。 片頭痛が起きているときは、体が敏感になっている証拠です。 だから少しのにおいでも吐き気がしたり、騒がしい場所にいるだけで痛みが倍増したりするのです。 階段の昇り降りなどの日常生活動作でも痛みが増します。 光にも敏感に反応します。 ですから、発作時は明かりを落とした部屋でじっとしていたいという患者さんが多いです。 そのような環境下に患者さんを避難させ、リラックスできる体勢にしてあげましょう。 また、カフェインを含む飲み物を適量摂取することも効果的です。 コーヒー・紅茶・日本茶などに含まれるカフェインは血管を収縮する作用があり、痛みの早期に飲むと脳動脈の拡張が抑えられ痛みが軽減する可能性があるといわれています。 ただし、飲み過ぎはおすすめできません。 なぜなら、カフェインが切れたところで、今度は血管が逆に拡張してしまい、痛みが逆に出てしまうこともあるからです。 ですから、片頭痛がするからと言ってカフェインを次々と摂取してもあまり効果がありません。 やはり医師から処方された薬を飲むのが一番で、カフェインは薬の治療のプラスアルファ程度と思うようにしましょう。 冷やすことは効果的か? 冷やすことは効果的です。 温めると逆効果です。 冷たいタオルや「アイスノン」のような保冷剤を痛む部位に当てると、血管が収縮することにより動脈の拍動を抑え、ずきずきとした痛みを軽減させる効果が期待できます。 一方、入浴やマッサージなどは血管を拡張させるので痛みが増すことになり逆効果です。 なおの場合は逆にお風呂などで温まると痛みが楽になるため、との区別に注意が必要と言えるでしょう。 片頭痛の正しい対処法・予防の流れ 対処法• 休眠 前述したように、安静にするのがには一番の特効薬です。 リラックスできる環境に避難できたら、可能であれば少しの間だけでも眠ってしまいましょう。 睡眠をとることで、体が自然と広がった血管をもとに戻してくれます。 しかし仕事中など突然発作が起きてしまい、ひと眠りが無理な状況の場合は、椅子に座って静かにするだけでも痛みの症状が軽くなります。 頭を冷やす 保冷パックや氷まくらをタオルなどに包み、頭の下に敷いた状態であお向けに寝ます。 額にぬれタオルなど冷たい物を乗せるのもよいでしょう。 薬を飲む 片頭痛に効果的な薬剤としてもっともメジャーなのはトリプタン系薬剤です。 トリプタン系薬剤は脳の血管に作用して広がり過ぎた脳の血管を元の太さに戻し、三叉神経(顔の感覚を脳に伝える神経)からの神経ペプチドの放出を抑え込む役割を果たします。 また、トリプタン系薬剤は三叉神経が受けた刺激の情報が大脳に伝達されるのをブロックし、片頭痛だけでなく、吐き気や嘔吐、光過敏・音過敏などの症状も抑えることができます。 なお、片頭痛に市販の痛み止めはあまり効果がありません。 まぶしい光やうるさい音を避ける• 生活習慣を改善する 片頭痛の発作メカニズムは明らかになってはいませんが、何らかの刺激的な誘因によって起こります。 つまり、発作の予防として大事なのは、発作の誘因になるようなもの(例えば、睡眠不足・睡眠過多・過労等による過度なストレス・長時間の一定姿勢の保持・過剰なアルコール摂取 特に赤ワイン など)を日ごろから減らすよう心掛けるだけで、片頭痛を予防することができるでしょう。 寝過ぎに注意する 発作時に睡眠をとることは片頭痛の軽減に効果的です。 しかし、たとえば休日の朝などに睡眠をとりすぎて頭が何となく痛いと感じることがあるように、睡眠をとりすぎるのは禁物です。 食べ物にも注意が必要 特定の食べ物や飲み物を摂る 詳しくは記事2:リンクを参照 とが起こることもあります。 末梢血管や自律神経へ作用する) ・抗薬(バルプロ酸ナトリウム:神経の興奮を抑える。 血圧の低い方に用いられる) ・アミトリプチリン トリプタノール:セロトニン放出を抑える。 こちらも血圧の低い方に用いられる などが有効です。 ただし、効果があるかの判断には少なくとも2カ月かかります。 我慢できない痛みの時に。 片頭痛の応急処置 上記で挙げた「痛む部位を冷やすこと」「静かで暗い環境に身を移すこと」「できるならばカフェインを含む飲み物を摂取すること」「(手元にあるならば)薬を飲むこと」は、万が一ひとりの時にが起きてしまってもできる応急処置法です。 急なに襲われてしまっても、慌てることなく、まずはこれらの対処法を実践してみてください。 また、片頭痛が起こる直前にトリプタン系薬剤を飲むとより効果的と言われています。 前兆がある人は前兆の段階で薬を飲みましょう。 前兆がない人も、首が張ってきたなど何か体に異変があると思った時点で薬を飲んでおけば、応急処置としてかなりの効果が得られるはずです。

次の