怖い話殿堂入り。 お憑かれさまでした

【洒落怖殿堂入り】リアル【考察】

怖い話殿堂入り

ネット上に出回る怖い話まとめ。 本当にあった怖い話。 死ぬほど洒落にならない怖い話。 身の毛もよだつ怖い話。 を厳選して紹介します。 リゾートバイト 『リゾートバイト』 はインターネットで古くから人気がある怖い話ではある。 大学3年の夏に3人は海のあるリゾート地で友人同士でもできるバイトをはじめる。 見事に海の近くの旅館に採用され、友人同士で楽しくリゾートバイトをしていくのだが、彼らの中の一人が封鎖されて入ってはいけないといわれている部屋に女将さんが料理を持ってく姿を何度も目撃していた。 それを全員に話したところ学生3名は好奇心から、こっそりとその部屋へ向かうのだがそこで見てはいけないものを目撃してしまうという物語。 全編はこちら.

次の

かっこいい除霊

怖い話殿堂入り

九州のとある地域に、S区と呼ばれる場所がある。 そこにある峠を越えると、新S区と呼ばれるもう一つの地区があり、年配の人々はそこを"裏S区"と呼んでいた。 裏S区にいる人間は、もはや人間ではない・・・。 引っ越したバンドマンの友人から「どうもオカシイ」と相談を受けた筆者。 最初はどこにでもある曰くつき物件だと思っていたが、実際は桁違いに強力な怨念が籠っていた。 単身赴任で父親のいなかった家族に起こった悲劇。 夜中に金属音がするので、姉妹は音のする方へ向かう。 音の正体は居間にいた。 テーブルの上に背筋をピンと張って座る、髪の長い女が・・・。 学校の裏山に深く入った所に秘密基地を作っていた少年達に、夜が更けて遅う恐怖。 果たしてその恐怖の対象は人間だったのか、それとも・・・? そして、それから時は流れ・・・。 通勤に使っている私鉄。 しかし、今日はいつもと違った雰囲気。 乗り間違いかと思ったが、実は。。。 数年前、よくしてくれた村に一人で旅行した事を思い出し、もう一度行きたいと思い、その場所に向かうが。。。 反抗期の少年三人が、親の言いつけも聞かずに夜遊びや悪さをしていた。 怖いモノ知らずの彼らは曰く付きの森へと向かう。 高い柵で囲まれたそのエリアに立ち入った彼らに、恐怖が訪れる・・・。 そして、彼らの末路は・・・? 由来など一切教えない癖に、馬鹿にすれば怒られてしまう。 話を聞かせてもらうが、それは非常に残酷なものであった。 "固芥"とは何なのか。。。 神社の神主をしていた彼の元に、友達が持ってきたパズルのような箱。 それを見るやいなや彼の表情が一変する。 その箱の正体はなんだったのであろうか? 夢の中で、気付いたらホームに佇んでいた。 すると、遊園地にあるおもちゃのような電車がやってきた。 駅にアナウンスで、乗ると怖い目に遭うと説明されるが、男は乗ってしまう・・・。 叔父に連れられ向かった、山奥の別荘。 二人きりの夕暮れ時に襲う恐怖、"邪視"。 そこで『何か』が彼らへ近づいてくる・・・。 診療所の宿直で見回りをするバイトをしていた彼。 ただ、今日はいつもと違って、来客がいたようだ。 運んでいる道中、目に留まった『帝国陸軍第十三号坑道』。 主人公が住んでいた場所は田舎だったが、そこに巨大な宗教施設が建設された。 幼い頃は悪魔教だの般若団体だの言って誤魔化していたが、実際は恐ろしい力を持っていた。 それは八尺様と呼ばれる異形の存在だった。 長閑な田舎町にぽつんとある、一件の空き家。 そこに子供たちが行こうとすると、大人達は厳しく叱るという。 しかも、玄関や入口が見つからない変わった空き家だった。 そこに突入した6人に起こった悲劇とは・・・? 大学を卒業するも、就職できずにバイト生活を送っていた男たちの思いつきで、ヒッチハイクで日本縦断の旅に出ることに。 下らない夢を抱きながら旅に出発するが、出会う人が必ずしも人間だという保証はない・・・。 もちろん、出会ってしまった以上、逃げる事などできない・・・。 幼い頃の投稿者が遭遇した恐怖。 銭湯で不可解な部屋と鍵穴を発見した、次の瞬間。 不可解な投稿が書き込まれてから数年後、その真実の一端が明らかになっていく。 娘を連れドライブに出かけた父が、娘を驚かそうと舗装もされていないような脇道へ入り込んだ。 すると、急にエンジンが止まってしまい、辺りは夜が更けていく。 しかし、その道に入り込んだことにより、娘に異変が起こってしまう。 新入社員だった彼は、日々抱えるストレスを発散すべく、お巫山戯程度の気持ちで、同僚の言っていた降霊術を試す。 その日に見た"ソイツ"のせいで、彼の精神はどんどん蝕まれていく。 そして、衝撃のラストを迎え、この話は完結する。 大学の夏休み、仲のいいグループの3人がリゾートでバイトをする事に。 浮かれながら向かったバイト先は、2階を何故か締め切っている、曰く付きの旅館だった。 気になる3人が2階へと向かうと、そこにいたのは、出会うべきではない"子供"がいた・・・。 建築会社勤務の男が、寺院の解体作業を行っていた時、同僚に呼ばれて向かうと、そこには黒ずんだ長い木箱があった。 その木箱を開けてしまったバイトの中国人は放心状態になっている。 果たして、その木箱の中身とは・・・? アンティークなモノが好きだった彼女と、ドライブがてら骨董品屋に出かけた。 その骨董品屋で、何故か彼女の目にとまった正20面体の物体。

次の

洒落コワ殿堂入り作品投票所 [Vote Top]

怖い話殿堂入り

人気の怖い話• 愛してはいけない 私の尊敬する住職は、すでに結婚していてもおかしくない歳なのだが、まだ結婚していない。 その住... 夜中の死神 家系なのか血筋なのかわかりませんが、私の家族は代々霊感が少なからずあります。 それを踏まえてこの記... 張り紙アパート 私が大学生だった頃の話です。 私が通う大学のある街には「張り紙アパート」と呼ばれる奇妙なア... 裏S区 今から何年か前に男の子(仮にA)が一人行方不明になった。 (結局自殺してたのが見つかったけど) 俺は... 潰された足 これは私が大学2年生の時の話です。 大学の講義が終わった後、友達の家で焼肉会をすることになりました... 昔田舎で起こった怖い話 俺が小学5年の頃の話だ。 東京で生まれ育った一人っ子の俺は、ほぼ毎年夏休みを利... 田舎の大根さん 去年の秋頃だったかな 俺は時々変なものを見るようになった 明らかに人間じゃないんだけど、... ちなみに俺は今27歳。 昔のことは、ややうろ覚えの部分もある。 細かな描写はある程度、想像の部分もある... 姦姦蛇螺 かんかんだら 小中学の頃は田舎もんで世間知らずで、特に仲の良かったA、Bと三人で毎日バカやって... Y君は関西の某大手製薬企業に勤めている。 しかし仕事柄、中々女性と出会えず、彼女がいないのが悩みであった。...

次の