横国 教育 面接。 横浜国立大学・教育学部の試験科目・配点と倍率、合格最低点まとめ|合格サプリ進学

横浜国立大学 教育学部の面接試験では、どのような事が聞かれますか?

横国 教育 面接

吉田 花梨さん 東京都 私立法政大学高校 横浜国立大学 教育学部 推薦入試人間形成コース全国枠 合格 合格発表の瞬間について教えて下さい。 昨年は発表時刻よりも前に確認できたと聞いていたので、15分くらい前から、自宅でパソコンと携帯を両方準備して待っていました。 私は地域枠と併願していて、当日の感触から合格するなら地域枠かな、となんとなく思っていたので、はじめに地域枠から確認したのですが、番号がなかったのでかなり焦りました。 全国枠に番号を見つけた時は、思わず泣きました。 2次選考本番は、どのような感じでしたか。 1日目が地域枠、2日目が全国枠だったのですが、どちらも小論文が課された後、面接が行われました。 小論文については、どちらも過去問や準備していたことから予想できる範囲内の課題だったので、落ち着いて対応できました。 面接は、地域枠の先生方は和やかな雰囲気だったので落ち着いて自分の考えを伝えることができたと思います。 が、全国枠では、返した答えに対して更に深い質問が投げかけられ、若干問い詰められている感覚になる時もありましたが、私なりに考えてなんとか全てに答えを返しました。 いい結果になってよかったです。 志望校を志したのはいつ頃でしたか?なぜですか? 高校2年生の冬くらいです。 かねてから子どもに関わりたいと思っていたのですが、私の高校は大学の付属高校だったこともあり、推薦入試で挑戦できる範囲で受験校を探しました。 その中で、学びたいことを学べて、かつ自分がこれまで行ってきたことも活かせる、横浜国立大学の教育学部の推薦入試を見つけて受験を決めました。 準備はいつ頃からどのように進めたのでしょうか。 推薦入試の受験を決めたあと、高2の冬です。 洋々のサポートは吉田さんの役に立ちましたか。 はい、とても。 当初は別の塾で準備を始めていたのですが、小論文に大きな不安を抱えていたため、いくつか塾を見学して回っていました。 その中で、確実に先生に相談できる時間が確保できることに加え、最初のサポートで小論文の型など基礎的な点から詳しく教えてくれ、私の不安を解消してくれたことから、高3の夏ごろから本格的に洋々に通い始めました。 小論文は、これまでの経験からアイディアを色々出すことはできたのですが、それをうまくまとめることができずに苦しんでいました。 が、洋々のエキスパートの方から構成の作り方、日本語のつなぎ方を教えてもらったことで、アイディアを活かして論じることができるようになりました。 また、面接を見据えて書類のブラッシュアップも手伝ってもらいましたが、沢山の活動を、プロの方との議論を通じて整理することができました。 洋々のサポートがなければ合格はなかった、と思います。 これから受験に挑む人へのアドバイスがあれば頂けますか。 興味を興味で終わらせるのではなく、出来る限り行動に移すことが大切だと思います。 私は子どもの教育を大学で学ぼうと思ってから、週2で誰かに会ったり、施設を訪問したりしました。 また、少しでも関係のありそうなコンテストに挑戦したりもしたのですが、コンテストの結果云々ではなく、挑戦することで知識が増え、考えを深めることに繋がったと思います。 また、貪欲に本も読みましたね。 気になった本だけでなく、活動の中でお会いした人から紹介された本もできるだけ読むように心が書けました。 一つ一つの活動を大事にしていると、行動がまた新たな行動を引き寄せ、結果としてそれらが全部一体となって、自分のバックボーンになってくれた気がします。 あと、本番は人によっては待ち時間が長いので、天候によっては寒さ対策をしっかりしていくことをお勧めします。 私もヒートテック、カイロ、ストールとできる限りの防寒をしていきました。 皆さんもぜひ頑張って下さい! 有り難うございました。 吉田さんの今後のご活躍を、洋々のスタッフ一同、心よりお祈り申し上げます。

次の

【横浜国立大学大学院の倍率まとめ】理系・文系別スケジュールも解説

横国 教育 面接

吉田 花梨さん 東京都 私立法政大学高校 横浜国立大学 教育学部 推薦入試人間形成コース全国枠 合格 合格発表の瞬間について教えて下さい。 昨年は発表時刻よりも前に確認できたと聞いていたので、15分くらい前から、自宅でパソコンと携帯を両方準備して待っていました。 私は地域枠と併願していて、当日の感触から合格するなら地域枠かな、となんとなく思っていたので、はじめに地域枠から確認したのですが、番号がなかったのでかなり焦りました。 全国枠に番号を見つけた時は、思わず泣きました。 2次選考本番は、どのような感じでしたか。 1日目が地域枠、2日目が全国枠だったのですが、どちらも小論文が課された後、面接が行われました。 小論文については、どちらも過去問や準備していたことから予想できる範囲内の課題だったので、落ち着いて対応できました。 面接は、地域枠の先生方は和やかな雰囲気だったので落ち着いて自分の考えを伝えることができたと思います。 が、全国枠では、返した答えに対して更に深い質問が投げかけられ、若干問い詰められている感覚になる時もありましたが、私なりに考えてなんとか全てに答えを返しました。 いい結果になってよかったです。 志望校を志したのはいつ頃でしたか?なぜですか? 高校2年生の冬くらいです。 かねてから子どもに関わりたいと思っていたのですが、私の高校は大学の付属高校だったこともあり、推薦入試で挑戦できる範囲で受験校を探しました。 その中で、学びたいことを学べて、かつ自分がこれまで行ってきたことも活かせる、横浜国立大学の教育学部の推薦入試を見つけて受験を決めました。 準備はいつ頃からどのように進めたのでしょうか。 推薦入試の受験を決めたあと、高2の冬です。 洋々のサポートは吉田さんの役に立ちましたか。 はい、とても。 当初は別の塾で準備を始めていたのですが、小論文に大きな不安を抱えていたため、いくつか塾を見学して回っていました。 その中で、確実に先生に相談できる時間が確保できることに加え、最初のサポートで小論文の型など基礎的な点から詳しく教えてくれ、私の不安を解消してくれたことから、高3の夏ごろから本格的に洋々に通い始めました。 小論文は、これまでの経験からアイディアを色々出すことはできたのですが、それをうまくまとめることができずに苦しんでいました。 が、洋々のエキスパートの方から構成の作り方、日本語のつなぎ方を教えてもらったことで、アイディアを活かして論じることができるようになりました。 また、面接を見据えて書類のブラッシュアップも手伝ってもらいましたが、沢山の活動を、プロの方との議論を通じて整理することができました。 洋々のサポートがなければ合格はなかった、と思います。 これから受験に挑む人へのアドバイスがあれば頂けますか。 興味を興味で終わらせるのではなく、出来る限り行動に移すことが大切だと思います。 私は子どもの教育を大学で学ぼうと思ってから、週2で誰かに会ったり、施設を訪問したりしました。 また、少しでも関係のありそうなコンテストに挑戦したりもしたのですが、コンテストの結果云々ではなく、挑戦することで知識が増え、考えを深めることに繋がったと思います。 また、貪欲に本も読みましたね。 気になった本だけでなく、活動の中でお会いした人から紹介された本もできるだけ読むように心が書けました。 一つ一つの活動を大事にしていると、行動がまた新たな行動を引き寄せ、結果としてそれらが全部一体となって、自分のバックボーンになってくれた気がします。 あと、本番は人によっては待ち時間が長いので、天候によっては寒さ対策をしっかりしていくことをお勧めします。 私もヒートテック、カイロ、ストールとできる限りの防寒をしていきました。 皆さんもぜひ頑張って下さい! 有り難うございました。 吉田さんの今後のご活躍を、洋々のスタッフ一同、心よりお祈り申し上げます。

次の

横浜国立大学 教育学部

横国 教育 面接

教育方針 Educational policy• 合格へ導く教育システム• コース案内 Course• 0~3歳(幼稚園受験)• 3~6歳(小学校受験)• 小学生コース• 模擬テスト・講習 Mock test• 模擬テスト• 幼稚園受験• 小学校受験• 学校情報 School information• コラム Column• 合格実績• (横浜駅西口より徒歩5分) 〒 220-0004 横浜市西区北幸1-5-3 アーバン・ヨコハマビル6F 横国コースの特色 多くの受験者の中からの選考試験ですが、内容的には幅広く、成長過程の総合的な力を評価されます。 コース全10回の中で、すべてその内容を網羅し、確実な実力をつけていきます。 また、モニターで指示される出題形式ですので、実際に慣れることによって、1回で聞き取り解答できる力を養います。 授業は毎回ペーパーの後に行動観察や運動や口頭試問などの指導を致します。 静かに指示を聞いてその通りに行動する。 これは慣れていないとなかなかできません。 周りにお友達がいると気になって指示を聞き落とすことがあります。 何をすればよいのか、何をしてはいけないのかを丁寧に指導いたします。 受験当日までに先生の指示をよく聞き、よく考え、自分の答えをきちんと言えるようにすることが本コースのねらいです。 受講者の声 横浜国立大学教育学部附属横浜小学校 合格者の声 我が家は年少時から横浜国立大学附属小学校受験のみを考えておりました。 数あるお教室の中から富士チャイルドアカデミーを選んだ理由としては、娘に一番合っていたからです。 色々なお教室の体験授業へ参加したのですが、娘には厳しすぎたり、なんとなく雰囲気が合わなかったりでした。 月に二回の授業はとても楽しかったようで、お友達に会えるのはもちろん子供の視点を大事にしてくださる先生方にお会いできるのは娘には何物にも代えがたい喜びであったようです。 お優しい人柄の先生方が大好きでした。 大変お世話になり感謝の気持ちでいっぱいです。 横浜国立大学教育学部附属横浜小学校 合格者の声 年長より横国の学校別コースに参加させていただき、無事に合格をいただくことができました。 横国横浜小学校のみの受験で最後は抽選ということもあり、年中までは全く受験勉強などもしていなかったのですが、どうせ受験するなら最低限の勉強はさせてから受験に臨みたいと考え、自分の子供の性格などを踏まえ、少人数でご指導いただける教室を探しており、富士チャイルドアカデミーを選ばせて頂きました。 限られた回数ではありましたが、子供の性格をよく把握し、長所を伸ばしつつ短所を直すような指導をいただき、こちらを選んで本当に良かったと感じています。 ペーパー試験対策、行動観察と子供への授業を行うだけでなく、授業終了後に授業のフィードバックをかなり丁寧にしていただけるので、家での学習の仕方など親の取り組み姿勢について非常に参考になりました。 学校別コースの授業を受講し、家では習ったことの復習と必要な知識のボトムアップ。 受験が近くなったら、外部の模擬試験なども活用し、そこで確認できた子供の弱点を補強していくといった形で学習を勧め、入試の直前に親としては合格できそうなレベルになってきたかなと感じられました。 このように迷いもなく受験当日まで進められたのは、富士チャイルドアカデミーの先生方のおかげと感じております。 本当にありがとうございました。 横浜国立大学教育学部附属横浜小学校 合格者の声 我が家は、小学校受験=横浜国立大学教育人間科学部附属横浜小学校の専願で考えていて、年少頃から少しずつ、親子で季節やお話の準備をしておりました。 年中の11月から本格的に準備をと、3ヶ所の大手幼児教室の体験授業を受けましたが、娘が環境に馴染めなかったこともあり、2月頃からネットで娘に合うお教室はないか探していた際に偶然みつけたのが4月開講の、富士チャイルドアカデミー新設の横浜国大コース(全10回)でした。 国大試験の傾向を踏まえた上で一通りの範囲を網羅されていて、弱点の洗い出しをするのに十分なコース内容でした。 我が家は、両親共にフルタイムで働いており、終盤はなかなか仕事を調整出来ず通えない日もあったのですが、先生方の温かいサポートがあって、最後までコースを受講することが出来、娘も先生に対し強い信頼感を持って楽しく勉強と向き合えたと思っています。 子どもの個性を踏まえてどう対応すればよいか、どう理解させるかなど、少人数ならではのご指導を多々頂き、本当に感謝しております。 富士チャイルドとのご縁が、合格というご縁にもつながったのかなとも思える今日この頃です。 本当にありがとうございました。

次の