凱旋門 賞 結果。 凱旋門賞 過去レース結果|2016年4月26日|

過去の結果:2019年凱旋門賞 海外競馬発売 JRA

凱旋門 賞 結果

97 勝利騎手:Pierre-Charles Boudot 馬場:Very Soft レース後のコメント 2着 エネイブル(J.ゴスデン調教師) 「彼女なりによく頑張ってくれました。 ただ、予想以上に重い馬場になってしまったなか、ペースが速くなった。 そこについていくのが、やはり厳しかったし、最後は勝ち馬が伸びてきた。 それでも、エネイブルはよく頑張ってくれたし、速いレースの中でよくやってくれたと思う」 6着 ソフトライト() 「前が速すぎて、ついていけなかった。 彼なりに頑張ってくれたけど、かなり重くて、ヘビーな馬場。 上位は強すぎたね。 スピードがあまりない感じ」 7着 キセキ(C.スミヨン騎手) 「重く、難しい馬場でスピードに乗るのに時間がかかりました。 今日の馬場はキセキにとって、いい馬場ではなかったかもしれません」 11着 ブラストワンピース(川田将雅騎手) 「厳しい戦いだった。 あまりにも馬場が重かった。 ゲートを出てポジションを取るまではスムーズ。 ただ向正面の中間で進んで行かなくなった。 体力の消耗も激しく、レース後は歩くのがやっとという感じ。 非常に厳しいレースだった」 12着 フィエールマン(C.ルメール騎手) 「残念。 早めにバテて、フォルスストレートで止まってしまった。 この馬場(重馬場)では難しい。 全く加速しなかった。 状態は良かった。 テンションも上がっていなかった」 勝ち馬プロフィール 勝ち馬: ヴァルトガイスト(Waldgeist) 父:Galileo 母:Waldlerche 母父:Monsun.

次の

レース名[凱旋門賞]のレース検索結果|競馬データベース

凱旋門 賞 結果

2016年・凱旋門賞の結果 1着:Found(ファウンド) 2. — At The Races AtTheRaces レース後のコメント クリストフ・ルメール騎手 「残念。 普段はリラックスして乗りやすい馬だけど、きょうは引っかかってしまった。 スタート前はいい感じだったんだけど。 レースではすぐオーバーペースに。 最終コーナーで追走が難しくなり、最後は疲れてバテてしまった」 引用元: ファウンド 関連記事 ファウンドは昨年のブリーダーズカップターフ以来の勝利を飾った。 惜しい競馬が続いていたが、凱旋門賞で惜敗にピリオドを打った。 ブリーダーズカップターフ2015 の動画・結果です。 ブリーダーズカップターフ の結果は1着:Found ファウンド 、2着:Golden Horn、3着:Big Blue Kitten。 ファウンドが勝利した BCターフ2015 の詳しい結果、動画をご覧ください。 06 騎手:R.

次の

レース結果・回顧:2019年凱旋門賞 海外競馬発売 JRA

凱旋門 賞 結果

ファウンドが優勝、A.オブライエン厩舎の管理馬が1〜3着を独占 JRAの海外馬券発売第1弾として10月2日にフランス・シャンティイ競馬場で行われた第95回凱旋門賞(G1)はライアン・ムーア騎手騎乗のファウンド(牝4歳、アイルランド、エイダン・オブライエン厩舎)が直線早めに抜け出して、最内を伸びて優勝。 2014年マルセルブーサック賞、2015年ブリーダーズカップターフに続くG1通算3勝目を挙げた。 勝ちタイムの2分23秒61はコースレコード。 快晴のもと、仮柵が外された良馬場で行われたレースは1番枠から飛び出したヴェデヴァニがペースを握り、ザグレーギャツビー、オーダーオブセントジョージなどが続く展開。 インコースでじっくりと脚をためていたファウンドは、直線に向くと残り400m付近で素晴らしい脚を発揮し早々と先頭に立つと、その後もライアン・ムーア騎手のアクションに応え一完歩ずつゴール板へ突き進み、鮮やかな走りで世界の頂点に立った。 殊勲を立てたファウンドは、2012年3月13日に誕生した鹿毛の4歳牝馬。 父Galileo、母Red Evie(母の父Intikhab)という血統のアイルランド産馬で、今シーズンはG1で5戦連続の2着が続いていたが、ヨーロッパ最高額の賞金と最高の栄誉をかけた大舞台で、これまでの鬱憤(うっぷん)を見事晴らし、従来の記録を0秒49上回る好時計で久々の美酒に酔った。 手綱を取ったライアン・ムーア騎手は「道中はとてもうまくレースができて、自信をもって仕掛けました。 この馬が一番強いと思っていましたし、目標としていたレースで優勝できてうれしいです」とコメント。 2007年のディラントーマスに次ぐ凱旋門賞2勝目となったオブライエン調教師は「レース前は夢にも思っていなかったシナリオ。 凱旋門賞で3着までを独占できるなんて信じられません」と驚きを隠さなかった。 日本から挑んだ今年のダービー馬マカヒキ(牡3歳、栗東・友道 康夫厩舎)は、9月11日に凱旋門賞と同じ条件で行われた前哨戦のG2ニエル賞を勝って本番へ臨み、現地の単勝オッズでも2番人気、JRA国内のオッズでは1番人気となるなど大きな期待を集めていたが、直線ではいつもの走りを見せられずに14着でゴール。 過去に4度の2着がある日本馬だが、18頭目にして20回目の凱旋門賞挑戦は、世界の一流馬の強さをあらためて実感させられる結果となった。 文:沢田康文• マカヒキ 友道 康夫 調教師のコメント 「たくさんの方に応援していただいたのに申し訳ないと思います。 前走よりも今回の方が雰囲気も良かったです。 外枠でいい位置を取りに行ったのが敗因かもしれませんが、それだけではないと思います。 馬を確認しましたが大丈夫で、息も入っていました。 あと一つ考えられるとしたら、中2週が初めてだったので、それが影響したのかもしれません。 今後についてはオーナーと相談になりますが、まずは無事に日本に帰ることです」 マカヒキ C.ルメール 騎手のコメント 「残念です。 彼は普段リラックスして乗りやすい馬ですけど、ちょっと引っかかりました。 スタートは良かったのですが、すぐにオーバーペースになってしまい、最後は疲れてしまいました。 こういう結果でしたが、彼をリスペクトしています。 次に期待したいと思います」 着順 馬番 ゲート 馬 名 (生産国) 性 齢 負 担 重 量 騎手 タイム ・ 着差 馬 体 重 kg 調教師 (調教国) 単 勝 人 気 1 10 12 ファウンド IRE 牝4 58. 0 R.ムーア 2:23. 61 A.オブライエン IRE 3 2 4 11 ハイランドリール IRE 牡4 59. 0 P.ブドー 3/4 J.ゴーヴァン FRA 15 5 2 07 ポストポンド IRE 牡5 59. 5 C.デムーロ ハナ A.ドゥロワイエデュプレ FRA 14 7 1 08 ニューベイ GB 牡4 59. 5 V.シュミノー 短クビ A.ファーブル FRA 7 8 15 10 サヴォワヴィーヴル IRE 牡3 56. 0 A.バデル 2 A.ドゥロワイエデュプレ FRA 16 11 13 05 タリスマニック GB 牡3 56. 0 M.バルザローナ 7 A.ファーブル FRA 10 12 16 15 レフトハンド GB 牝3 54. 5 M.ギュイヨン 1 C.ラフォンパリアス FRA 4 13 7 04 シルバーウェーヴ FR 牡4 59. 5 C.スミヨン 3/4 P.バリー FRA 6 14 14 14 マカヒキ JPN 牡3 56. 0 C.ルメール 3 友道 康夫 JPN 1 15 3 13 ミグワール IRE 牡4 59.

次の