どこ より も 遠い 場所 に いる 君 へ 読書 感想 文。 『 どこよりも遠い場所にいる君へ / 阿部暁子 』 集英社オレンジ文庫

どこよりも遠い場所にいる君へ

どこ より も 遠い 場所 に いる 君 へ 読書 感想 文

書こうとする作文と違う日のことから書き出します。 修学旅行がテーマの本なら、書き出しでは修学旅行に関係ある日の事をあえて書かないで下さい。 例えば、旅行から帰ってきて、しばらく日常生活をしていた中で突然修学旅行の思いを振り返った日はありませんか? それを思い出したキッカケがある30分前から書いてみてください。 一風変っていて文学作品っぽく仕上がりますよ。 「とある日の午後、この日は雨が降っていて、部屋からでられずつまらない日を過ごしていました。 ふと、部屋の隅を見ると、少し大きめのリュックが置いてあります。 『修学旅行楽しかったな~』。 ついつい口に出たその言葉に、修学旅行の有意義な日々が思い返されました。 」 読書感想文にも、読者がいます。 厳密に言うと、読書感想文を読むのは先生であることが多いですが、別に違う人でもかまいません。 ぜひ貴方に読んで欲しいと思い、この感想文を書いています。 読書感想文の書き始めのコツ 読書感想文の書き方としては、よく「起承転結」と言われますが、書き始めはどんなポイントをおさえるのがいいんでしょうか? ずばりコツは、 結論から書く、ことだと思います。 論文などでは、書き出しにレポートの要約をする場合が多いのですが、その方法を取り入れます。 例えば、 「夢とは何か。 私は、この本から夢を持つことの大切さ、そして夢に向かって努力することの大切さを学びました。 」 本全体の核心と読んだ感想(結論)を頭に書いてしまい、そこから話の詳細な内容に触れていくことで、「どうしてそう思ったの?」と読み手に興味を持たせることができます。 読書感想文もれっきとした人に読んでもらう文章です。 このコツをおさえて、書き始めてみてください。 まとめ いかがだったでしょうか? 本の種類によっては、書き出しが本当に難しいものもありますよね。 上記でご紹介した書き出しを使えば、その後も文章を書きやすいと思いますので、ぜひ自分が読んだ本にあてはめて、考えてみてください。 夏休みの宿題の提出日まで、がんばれー! まゆさん コメントありがとうございます。 返信が遅くなってしまい、申し訳ありません。 すでに8月の終わりですが、読書感想文は書けたでしょうか? すでに遅いとは思いますが、私なりのアドバイスをさせていただきますね。 私の場合、本全部の感想を書こうと思うと、なかなか考えがまとまらないので、 自分の思ったことを少しずつ切り出して、 いくつかの章に分けて感想を書いていきます。 色々切り口を変えれば、色んな感想が書けると思います。 参考になれば幸いです。 すーさん 管理人です。 コメントありがとうございます。 記事の内容がお役に立てたようで、とても嬉しく思います。 >中間文や終わりの部分で、読者の興味をそそれる文はどうやって書けばいいですか? ご質問いただいた内容ですが、なかなかお答えするのが難しいところです。 なぜなら、中間分や終わりの部分は、取り扱う本の内容や、読書感想文全体の流れによって変わる部分だからです。 書き出しはある程度パターンがありますが、中間分や終わりの部分はそのようにはいきません。 多くの人は~のように感じることでしょう。 私自身も~のように感じ、~だと思いました。 宿題がんばってくださいね。

次の

『パラ・スター 〈Side 百花〉 (集英社文庫)』(阿部暁子)の感想(7レビュー)

どこ より も 遠い 場所 に いる 君 へ 読書 感想 文

あらすじ ある秘密を抱えた月ヶ瀬和希は、知り合いのいない環境を求め離島の采岐島高校に進学した。 采岐島には「神隠しの入り江」と呼ばれる場所があり、夏の初め、和希は神隠しの入り江で少女が倒れているのを発見する。 病院で意識をとり戻した少女の名は七緒、16歳。 そして、身元不明。 入り江で七緒がつぶやいた「1974年」という言葉は? 感動のボーイ・ミーツ・ガール! -Amazonより引用- 横浜の私立中高一貫校に通っていた 月ヶ瀬和希はとある理由により内部進学を辞め、離島にある采岐島に進学した。 そこには絶対に入ってはいけない入り江があるのだが和希はそこに立ち寄っては海を眺めていた。 ある日、いつものように入り江に入っているとそこには少女が倒れていた。 病院に運ばれた彼女は 『七緒』と名乗った。 そして彼女が入り江でつぶやいた1974年の意味とは… 僕個人的にはとてもそそられるあらすじですね。 では早速気になったところを幾つか書いて生きたと思います。 スポンサードリンク 登場人物多い まず最初に印象に残ったのが登場人物の多さです。 主人公とヒロインのほかに結構登場シーンの長い人物が5人以上出てきます。 ほんとに最初から最後まで出てくる人物ばかりなので結構自分の頭の中での登場人物のイメージを固めるのに時間がかかってしまいました。 僕は結構登場人物がたくさん出てきてしまうと読むのに時間がかかって少し読むのが億劫になってしまいます。 しかしキャラクターが多い作品は後半に勢いが出る作品が多い傾向にあります。 また、逆に登場人物が多く性格などをイメージするのが好きな人はお勧めの作品です。 作品の舞台がすごくいい! 作品の舞台は離島の采岐島というところです。 もちろんそんな名前の島は現実には存在しませんが非常にイメージしやすく僕はとっても好きな場所です。 また、季節も夏ということで夏と海と高校生をこよなく愛すぽんさんからすればめちゃめちゃお気に入りの作品となりました。 田舎暮らし、してみたいなぁ。 スポンサードリンク 後半の勢いが半端ない 前半に登場人物のイメージがはっきりしてきて前半よりすらすら読めることに加え、後半で登場人物それぞれの秘密が次々に明らかになっていく過程の勢いが半端じゃありません。 前半の倍以上のスピードでページがめくられていきました笑 登場人物たちの恋愛関係も結構交差してて読んでいて「こうなって欲しい!」とか思いながら読んでいました。 切ないラスト それぞれの苦悩や葛藤。 どうしようもできない過去の出来事。 それらをすべて受け入れて生きていこうという登場人物たちの決意が読んでいてとても切なく感じました。 しかし、全てが明らかになった瞬間。 涙なしには読めない作品だと思います。

次の

読書感想文題名(タイトル)の書き方まとめ!書く場所は?かぎかっこや2行も

どこ より も 遠い 場所 に いる 君 へ 読書 感想 文

書こうとする作文と違う日のことから書き出します。 修学旅行がテーマの本なら、書き出しでは修学旅行に関係ある日の事をあえて書かないで下さい。 例えば、旅行から帰ってきて、しばらく日常生活をしていた中で突然修学旅行の思いを振り返った日はありませんか? それを思い出したキッカケがある30分前から書いてみてください。 一風変っていて文学作品っぽく仕上がりますよ。 「とある日の午後、この日は雨が降っていて、部屋からでられずつまらない日を過ごしていました。 ふと、部屋の隅を見ると、少し大きめのリュックが置いてあります。 『修学旅行楽しかったな~』。 ついつい口に出たその言葉に、修学旅行の有意義な日々が思い返されました。 」 読書感想文にも、読者がいます。 厳密に言うと、読書感想文を読むのは先生であることが多いですが、別に違う人でもかまいません。 ぜひ貴方に読んで欲しいと思い、この感想文を書いています。 読書感想文の書き始めのコツ 読書感想文の書き方としては、よく「起承転結」と言われますが、書き始めはどんなポイントをおさえるのがいいんでしょうか? ずばりコツは、 結論から書く、ことだと思います。 論文などでは、書き出しにレポートの要約をする場合が多いのですが、その方法を取り入れます。 例えば、 「夢とは何か。 私は、この本から夢を持つことの大切さ、そして夢に向かって努力することの大切さを学びました。 」 本全体の核心と読んだ感想(結論)を頭に書いてしまい、そこから話の詳細な内容に触れていくことで、「どうしてそう思ったの?」と読み手に興味を持たせることができます。 読書感想文もれっきとした人に読んでもらう文章です。 このコツをおさえて、書き始めてみてください。 まとめ いかがだったでしょうか? 本の種類によっては、書き出しが本当に難しいものもありますよね。 上記でご紹介した書き出しを使えば、その後も文章を書きやすいと思いますので、ぜひ自分が読んだ本にあてはめて、考えてみてください。 夏休みの宿題の提出日まで、がんばれー! まゆさん コメントありがとうございます。 返信が遅くなってしまい、申し訳ありません。 すでに8月の終わりですが、読書感想文は書けたでしょうか? すでに遅いとは思いますが、私なりのアドバイスをさせていただきますね。 私の場合、本全部の感想を書こうと思うと、なかなか考えがまとまらないので、 自分の思ったことを少しずつ切り出して、 いくつかの章に分けて感想を書いていきます。 色々切り口を変えれば、色んな感想が書けると思います。 参考になれば幸いです。 すーさん 管理人です。 コメントありがとうございます。 記事の内容がお役に立てたようで、とても嬉しく思います。 >中間文や終わりの部分で、読者の興味をそそれる文はどうやって書けばいいですか? ご質問いただいた内容ですが、なかなかお答えするのが難しいところです。 なぜなら、中間分や終わりの部分は、取り扱う本の内容や、読書感想文全体の流れによって変わる部分だからです。 書き出しはある程度パターンがありますが、中間分や終わりの部分はそのようにはいきません。 多くの人は~のように感じることでしょう。 私自身も~のように感じ、~だと思いました。 宿題がんばってくださいね。

次の