ブリジストン タイヤ。 ブリジストンのスポーツタイヤ ポテンザ「Adrenalin RE004」と「RE

ブリジストンとダンロップ、違いは?(1/2)

ブリジストン タイヤ

検索を始める前に必ず以下をお読みください。 検索結果で表示されたタイヤが、お客様のお車に適合しない場合もございます。 予めご了承の上、当サイトをご利用ください。 商用(バン・小型トラック用)及びモータースポーツ用タイヤは検索出来ません。 をご覧ください。 新車装着タイヤは、当サイトやカタログには記載しておりませんので、予めご了承ください。 同一サイズのタイヤでも、ロードインデックスを高く設定したエクストラロード規格(レインフォースド規格)のタイヤが含まれている場合があります。 エクストラロード規格(レインフォースド規格)は、空気圧に対する負荷能力がスタンダード規格よりも高く設定されており、高い空気圧設定が必要となりますので、交換する場合はご注意ください。 表示された商品・サイズによっては、在庫に限りがある場合がありますので、予めご了承ください。 表示された商品によっては、発売前の新商品が表示される場合がありますので、予めご了承ください。 この場合は商品の詳細情報(カタログ)に表記があります。 検索結果が表示されないサイズについては、最寄りの販売店等にご相談ください。 タイヤ購入の際は、販売価格や在庫状況等も含め、最寄りの販売店にご相談の上、ご購入ください。

次の

ブリジストンタイヤって高い・重い・固い(乗り心地悪い)の三拍子...

ブリジストン タイヤ

もくじ(クリック・タップで移動できます)• 「ポテンザ」シリーズに2つの新モデルが登場 ブリヂストンは、2020年2月1日から新たに「ポテンザ Adrenalin RE004」と「ポテンザ RE-71RS」の2種類を発売すると発表しました。 ポテンザ Adrenalin RE004は、優れた運動性能をもち幅広い車種に装着できるスタイリッシュなカジュアルスポーツタイヤとして、ポテンザ RE-71RSはストリートラジアル市場最速を追求したタイヤとなっています。 それぞれの特徴を詳しく紹介していきます。 ポテンザ Adrenalin RE004はこんなタイヤ 新しく登場したポテンザ Adrenalin RE004は、14インチから20インチまで、合計40サイズのラインナップを揃えたスタイリッシュなカジュアルスポーツタイヤです。 2015年から発売されていた1つ前の「Adrenaline RE003」から様々な改良が加えられており、ポテンザならではの高いグリップ力とハンドリング性能はもちろん、高い排水性を確保したほか、シリカを配合するコンパウンドによりウェット路面での安全性の確保と、耐ハイドロプレーニング性能にも配慮された設計になっています。 また「Adrenalin RE004専用コンパウンド」を採用することで従来品よりも転がり抵抗が低減されています。 ウェット面だけでなく、ドライ路面での操縦安定性能も向上しているのもポイントです。 ポテンザ Adrenalin RE004はこんな人におすすめ ポテンザ Adrenalin RE004は、セダンやスポーツカーはもちろん、ミニバンや軽自動車、コンパクトカーにも対応していますので、スポーツ志向の方におすすめです。 一般的なタイヤよりもグリップ力が強いタイヤなので、サーキットを走ったり、峠を攻めるような走り方をしなくても、カーブを曲がっているときなどのハンドリングやブレーキ操作時に路面に吸い付く感じがあり気持ちよく走ることができるタイヤになっていると思います。 ポテンザ RE-71RSはこんなタイヤ ポテンザ RE-71RSは、「Adrenaline RE004」よりもさらに高い次元で「最速へのこだわり」が詰まったタイヤです。 販売されるタイヤサイズは、13インチから19インチまで、合計63サイズのラインナップを揃えており、ブリジストンが持つモータースポーツで培ったノウハウや最新技術が詰め込まれたタイヤに仕上がっています。 今回発売するポテンザ RE-71RSは、モータースポーツ用タイヤ開発で培った技術を駆使し、路面との接地を高めるためにハイグリップポリマーを配合したトレッドゴムを採用しています。 また、ブリジストン独自技術「ULTIMAT EYE アルティメット アイ 」により、車両旋回中でも最大限接地面積を確保できるようパタンや形状も最適化されています。 最適化した「非対称パタン」や「非対称形状」により、サーキット走行で重視されるドライ路面でのグリップ力とコントロール性を高次元で両立するだけでなく、ロングライフを実現されているとのこと。 タイヤのパターンデザインはこれまで見たことがない新しいものとなっているのでサーキットでのタイムが気になるところですが、メーカーホームページによると、従来のタイヤと比べてサーキット走行時の最速ラップタイムにて2. 0%の短縮を実現し、摩耗寿命も5. 0%向上しているというデータが公開されていました。 どちらのタイヤも注目度が高い ブリジストンからのリリース文章を見ながら、ネット上の口コミもチェックしてみたのですが、発売直後なのに意外と情報量が多く、ユーザーの関心の高さが伺えました。 あと1ヶ月もすれば新しいポテンザを履いて走行した感想やタイムなども出てくると思うので、購入を待てる方であればぜひ他のレビューも参考にしながらタイヤを選んでみて頂けると良いと思います。 とはいえポテンザの人気度の高さや、タイヤに使われている高い技術力と性能は確固たるものがあるので購入して後悔することはないと思いますが、、 まとめ いかがだったでしょうか。 今回は発売されたばかりのブリヂストン ポテンザ「Adrenalin RE004」と「RE-71RS」について紹介してみました。 ポテンザの評価はかなり高いので、次回のタイヤ交換時にスポーツ志向のタイヤを検討されている方はぜひ候補に入れてみてはいかがでしょうか。

次の

株式会社ブリヂストン タイヤサイト

ブリジストン タイヤ

もくじ(クリック・タップで移動できます)• 「ポテンザ」シリーズに2つの新モデルが登場 ブリヂストンは、2020年2月1日から新たに「ポテンザ Adrenalin RE004」と「ポテンザ RE-71RS」の2種類を発売すると発表しました。 ポテンザ Adrenalin RE004は、優れた運動性能をもち幅広い車種に装着できるスタイリッシュなカジュアルスポーツタイヤとして、ポテンザ RE-71RSはストリートラジアル市場最速を追求したタイヤとなっています。 それぞれの特徴を詳しく紹介していきます。 ポテンザ Adrenalin RE004はこんなタイヤ 新しく登場したポテンザ Adrenalin RE004は、14インチから20インチまで、合計40サイズのラインナップを揃えたスタイリッシュなカジュアルスポーツタイヤです。 2015年から発売されていた1つ前の「Adrenaline RE003」から様々な改良が加えられており、ポテンザならではの高いグリップ力とハンドリング性能はもちろん、高い排水性を確保したほか、シリカを配合するコンパウンドによりウェット路面での安全性の確保と、耐ハイドロプレーニング性能にも配慮された設計になっています。 また「Adrenalin RE004専用コンパウンド」を採用することで従来品よりも転がり抵抗が低減されています。 ウェット面だけでなく、ドライ路面での操縦安定性能も向上しているのもポイントです。 ポテンザ Adrenalin RE004はこんな人におすすめ ポテンザ Adrenalin RE004は、セダンやスポーツカーはもちろん、ミニバンや軽自動車、コンパクトカーにも対応していますので、スポーツ志向の方におすすめです。 一般的なタイヤよりもグリップ力が強いタイヤなので、サーキットを走ったり、峠を攻めるような走り方をしなくても、カーブを曲がっているときなどのハンドリングやブレーキ操作時に路面に吸い付く感じがあり気持ちよく走ることができるタイヤになっていると思います。 ポテンザ RE-71RSはこんなタイヤ ポテンザ RE-71RSは、「Adrenaline RE004」よりもさらに高い次元で「最速へのこだわり」が詰まったタイヤです。 販売されるタイヤサイズは、13インチから19インチまで、合計63サイズのラインナップを揃えており、ブリジストンが持つモータースポーツで培ったノウハウや最新技術が詰め込まれたタイヤに仕上がっています。 今回発売するポテンザ RE-71RSは、モータースポーツ用タイヤ開発で培った技術を駆使し、路面との接地を高めるためにハイグリップポリマーを配合したトレッドゴムを採用しています。 また、ブリジストン独自技術「ULTIMAT EYE アルティメット アイ 」により、車両旋回中でも最大限接地面積を確保できるようパタンや形状も最適化されています。 最適化した「非対称パタン」や「非対称形状」により、サーキット走行で重視されるドライ路面でのグリップ力とコントロール性を高次元で両立するだけでなく、ロングライフを実現されているとのこと。 タイヤのパターンデザインはこれまで見たことがない新しいものとなっているのでサーキットでのタイムが気になるところですが、メーカーホームページによると、従来のタイヤと比べてサーキット走行時の最速ラップタイムにて2. 0%の短縮を実現し、摩耗寿命も5. 0%向上しているというデータが公開されていました。 どちらのタイヤも注目度が高い ブリジストンからのリリース文章を見ながら、ネット上の口コミもチェックしてみたのですが、発売直後なのに意外と情報量が多く、ユーザーの関心の高さが伺えました。 あと1ヶ月もすれば新しいポテンザを履いて走行した感想やタイムなども出てくると思うので、購入を待てる方であればぜひ他のレビューも参考にしながらタイヤを選んでみて頂けると良いと思います。 とはいえポテンザの人気度の高さや、タイヤに使われている高い技術力と性能は確固たるものがあるので購入して後悔することはないと思いますが、、 まとめ いかがだったでしょうか。 今回は発売されたばかりのブリヂストン ポテンザ「Adrenalin RE004」と「RE-71RS」について紹介してみました。 ポテンザの評価はかなり高いので、次回のタイヤ交換時にスポーツ志向のタイヤを検討されている方はぜひ候補に入れてみてはいかがでしょうか。

次の