麺 屋 えびす こ。 麺屋 えびすこ

麺屋ゑびす

麺 屋 えびす こ

麺屋ゑびす@秋田県秋田市牛島 麺屋ゑびすのローカルルールなど店の特徴 2016年3月1日にオープンした秋田市牛島では唯一のラーメン専門店。 店内の壁貼り&添え付けのメニューを見て口頭でオーダー。 秋田ではまだ珍しい後玉=和え玉 まぜそばとしてそのままでも食べれるようにタレ、具材を合わせた替え玉 を提供しています。 麺は+50円で京都の老舗製麺所・麺屋棣鄂 ていがく の全粒手揉み麺に変更可能。 ビールはもちろんヱビスビール。 麺屋ゑびすのメニューなど 京都の老舗製麺所・麺屋棣鄂の工場長と行く秋田ラーメンツアー!からの~からの~からの~からの~からの~からの〜6軒目はこちら。 営業時間に間に合うか不安でしたが、昼営業ギリギリな感じで飛び込みました! 醤油らーめんと油そばをシェア! 醤油らーめん 630円 前回記事 醤油らーめんあん後玉 はこちら スープは鶏ダシベースに煮干し、節などの魚介系を合わせた無化調醤油清湯と思われます。 キリッとした無化調らしい塩気はありますが塩角がなく、旨み先行でしょっぱさを感じさせない絶妙なカエシのバランス。 透明感のある鶏ダシに煮干し油の風味がバッチリはまっていて、スープを飲むレンゲをグングン加速させます。 無化調ながら高位安定な逸品です! 麺は中細ストレート麺でコシがありコリ・パツな食感。 大判な薄切りチャーシューは、オーダー毎にスライサーでカットするひと手間を加えていて旨旨。 デフォルトで半味玉のトッピングも嬉しいです! 油そば 650円 油ダレは同じく無化調らしいキレ味鋭い醤油ダレに煮干しの香味油を加えたシンプルな一杯と思われます。 まずは混ぜずに麺を引っ張り出して食べると、醤油ダレ本来の旨みと煮干し油の風味をダイレクトに堪能出来ます。 ガッツリ混ぜると魚粉由来の節の香味とニラ、カイワレ大根の風味、おろしニンニクのパンチが折り重なり、旨みがガツンと効いた一品に。 やや粉っぽい感じは否めませんが、油のコッテリ感も程よく食べやすいです! 麺は京都の老舗製麺所・麺屋棣鄂 ていがく の太縮れ麺で程よいコシがあり、表面はモッチリで芯にコリッとした歯応えがある食感。 これにて麺屋棣鄂の工場長との秋田ラーメンツアーはフィニッシュ。 是非また秋田へ遊びに来てください! 旨い!

次の

【クックドア】麺屋 荒井(茨城県)

麺 屋 えびす こ

今日は1日曇りの予報でしたが青空も見えていいお天気でした。 ただ風が強く、私の席から見える紅葉がゆっさゆっさ揺れていました。 以前は違うところで営業していて転前の店舗にはいったことがありましたが こちらの店舗は初訪です。 店内は、テーブル席もありますがカウンター席がメインのつくりとなっています。 ちょうど昼時でかなり混んでいましたが、運よくカウンター席に座れました。 まったりとした濃厚スープと太麺で食べ応えもあります。 みそ豚骨ラーメン こちらも豚ベースのしっかりとしたスープに太麺の組み合わせ。 トッピングのピリ辛のそぼろがいいアクセントになっています。 580• 138• 234• 207• 793• 141• 335• 162• 604• 323• 324• 144• 453• 490• 622• 114• 101• 617• 197• 328• 631• 248• 214• 272• 649• 104• 127• 218• 184• 126• 180• 176• 394• 108• 174• 301• 173•

次の

円環の食卓 ~stage2~:諏訪市

麺 屋 えびす こ

麺屋 えびす丸 市場町から脇町へ川北街道を走ると現れてくるのが地元で一番大きいショッピングモール?アワーズ。 もし、どこかのお店でメニューや食事を盗撮しているおっさんがいたら私と思ってください。 なぜなら、海鮮系スープ系で未だに大満足というスープには出会っていないから… ただ、鯛や魚は大好きなんで今度こそという願いを込め、オープンしたての麺屋 えびす丸ののれんをくぐりました。 えびす丸メニュー 入店後驚いたのが小洒落た空間で、デートにも使えそうなラーメン屋さん。 音楽は私の好きな洋楽(HIPHOP・R&Bなどのダンスミュージックが)が流れ海外のラーメン屋さんに来た気分に。 あとは何にするか。 オススメは ご飯を真鯛そばのダシに入れてとか書いてあったけど、鯛まぜご飯とかヤバいんじゃ!? ぜったい間違いないだろうと今回頼んだのは「 真鯛そば大・鯛まぜご飯」 すんごく悲しい(泣) 阿波町に新しく最近できたであろう麺屋えびす丸のオススメメニューである真鯛そばを大で頼み、あえてオススメだったご飯ではなく鯛まぜご飯を頼んだ私。 しかし、注文したあとに返ってきた言葉が、「ご飯系少々お待ち下さい」と厨房(カウンターへ)。 そこで聞こえてきたヒソヒソ話しが、「もうご飯がない」とのこと…聞こえています(泣)。 ご丁寧に私の所に来て、 「申し訳ございません。 もうご飯が無いのでご飯系の注文は受けれません」 とのすんごく悲しいお言葉(泣) せめてご飯を真鯛そばのダシにぶっこんで食べたかった…しかし、私ももういいおっさん。 「ご飯無いとやだ~」 とかゴネることもできないのでクールに、 「真鯛そば大だけで良いですよ」 と塩対応。 めっちゃ欲しかった鯛まぜご飯は次回にお預け。 しかも匂いが半端ない。 香ばしい真鯛の香り(炙っているのかな?)に食べる前からヨダレが・・・・・ 早速スープから。 海鮮系スープで今までパンチが足りないと感じていた私の固定概念をぶち壊す一品。 このスープはマジでうまし。 油っこくなくさっぱりとしていてあとを引く旨さ。 旨味が半端ない 鯛の香ばしい香り&旨味とスープがかなり美味い!食レポは美味いしか言えない私にはもう説明できないレベル(泣) 本当に美味しくて、ご飯をぶっこんで食べてという自慢のスープってのも納得です。

次の