手足 口 病 大人 出勤。 手足口病に大人がなったら出勤はしてもいい?まわりに感染してしまう?病院はいついく?

手足口病の大人の症状!仕事は出勤してもいいの?

手足 口 病 大人 出勤

Sponsored Link 大人の手足口病の初期症状は? 大人の手足口病は、まず 初期症状として水疱(水ぶくれ)が現れます。 病気の名前の通り、手や足、口の中に水疱が出来ますが、体などの他の部位に水疱が出来ることはありません。 水疱が出来やすい部位は、手のひら、足の裏、口の中全般ですね。 特に口の中は唇の裏から喉の奥、舌の付け根などにも水疱が現れる場合があります。 初期症状として 発熱が出る場合もあるのですが、およそ3人に1人出るかどうかといったところですので、人によるところが大きいと言えるでしょう。 また、水疱が出るより前に痛みやかゆみを感じる場合もありますので、 喉の痛みや口の中のかゆみなどにも注意をすると良いですね。 Sponsored Link 大人の手足口病の症状や経過について 大人の手足口病で出てくる症状は、基本的には子供とほとんど同じと考えておきましょう。 ただ、 子供に比べると症状はひどいことが多く、微熱で済むところが高熱になったり、口の中の痛みが激しいといったことが少なくありません。 初期症状も含め、大人の手足口病でよく現れる症状は以下の通りです。 手・足・口の中の水疱• 口の中や喉の痛み• かゆみ(口の中が多い)• 発熱(高熱になることが多い)• 体のだるさ• 口内炎(口の中の水疱が割れることによる)• 食欲低下 初期症状の時にもお話した通り、 手足口病で必ず出る症状は手足や口の中の水疱です。 大人の場合はこの水疱による症状がひどいケースが多く、水疱が潰れて出来る口内炎が原因で口の中や喉にひどい痛みを感じることも少なくありません。 口内炎による痛みは、多くの場合3~5日目あたりにピークを迎えます。 症状がひどい間は口に物を入れるだけでも激痛が走り、食事もままならないといった状態になりがちですね。 また、 足に水疱が出来た場合は、体重がかかって痛い、こすれて痛いといったことも多いです。 その他、大人の手足口病では高熱も合わせて出てくることが多いですね。 熱が出るのは3人に1人といったところですが、 いざ発熱することになると高熱になりやすいと考えておきましょう。 大人の手足口病のその他の症状 上に書いたもの以外の症状として、 下痢や嘔吐、頭痛、筋肉痛、悪寒などの症状が現れる場合もあります。 下痢や嘔吐などはまれな症状ですが、ウイルスが胃腸にも感染した場合に起こることがありますので、一応注意しておきましょう。 あとは指などに発疹が出た場合、 発症から1~2ヶ月後になって爪がはがれることも少なくありません。 爪がはがれると聞くとゾッとしますが、さほど痛みなどはなく、新しい爪も自然に生えてきますので、それほど心配はしなくても大丈夫です。 手足口病の経過について 症状の大まかな経過としては、 発熱は発症から2~3日、水疱や口内炎は発症から7~10日ほど続くと考えておきましょう。 発熱と水疱はほぼ同時、もしくは水疱が少し遅れて現れ始めますが、 口内炎は水疱が潰れて出来るため、2~3日遅れて熱が下がる頃に出てくることが多いです。 口内炎が出始めてからは、口の中や喉の激痛が出てきます。 おそらく口内炎がひどくなる前も喉の痛みは多少あったかと思うのですが、 ここで出てくる痛みはこれまでとは比較になりません。 口内炎による痛みのピークは発症から3~5日目あたりで、あまりに痛いので食事を口に入れるのも辛い状態が続きます。 そして、 発症から6日目あたりから徐々に口の中や喉の痛みが軽くなっていき、7~10日あたりで痛みがほぼ落ち着くといった経過をたどることが多いですね。 最終的に、水疱や口内炎が枯れた段階で完治と言えるでしょう。 ただ、経過や現れる症状は人によっても変わってきますので、必ずしも同じような経過をたどるとは限りません。 ここに書いた内容は、あくまで参考程度として読むようにしてください。 大人の手足口病の治療法と対処法について 手足口病には、いわゆる特効薬のようなものを使った治療方法はありません。 そのため、一般的な風邪などと同じで、症状を緩和する 「対症療法」が中心に行われています。 大人の手足口病で言えば、 高熱に対する解熱剤、痛みに対する鎮痛剤、かゆみに対するかゆみ止めなどですね。 つまり、 治療はあくまで自然に治るのに任せる形で、症状がひどい時だけ薬に頼るというイメージを持っておけば良いでしょう。 ただ、自然治癒するとは言っても、早く治すためには適切な対処法を行う必要があります。 自宅で対処する際には、以下の3つのポイントをおさえておきましょう。 水分補給を行いつつ休養する• 口内炎による痛みがひどい場合も食事を食べる• イソジンでうがいをして喉を消毒する 1. 水分補給を行いつつ休養する 大人の手足口病は、症状が重症化しやすいことで知られています。 下手に動いて免疫力を落としてしまうと悪化の危険性がありますので、 まずはしっかりと休むようにしましょう。 会社や仕事のことが気になる方もいるかもしれませんが、下手に出勤しても辛い上に周囲の人にうつしてしまう可能性がありますから、止めておいた方が無難です。 また、熱や下痢といった症状が出た場合には脱水症状を起こすことがありますので、 水分補給もこまめに行うようにしましょう。 飲み物は塩分も合わせて補給できる 「経口補水液OS-1」がおすすめです。 他の病気になった際にも使えますので、まとめて購入しておくと便利ですね。 口内炎による痛みがひどい場合も食事を食べる 口内炎による痛みがひどい場合、何かを口の中に入れるだけでも激痛が走るので、どうしても食欲低下を起こしてしまいがちですよね。 ただ、 痛みがひどいからといって食事を食べないでいると、栄養が足りずなかなか口内炎が治らないといったことにもなりかねません。 ですので、 口内炎がひどい期間でも出来るだけ食事は食べるようにしましょう。 熱いものや塩味のあるもの、酸味のあるもの、香辛料の入ったものなどは痛みがひどくなりますので、 冷ましたおかゆやうどん、たまご豆腐など、のど越しが良く柔らかい食べ物がおすすめです。 のど越しの良いものですら厳しい場合は、 冷やしたプリンやコーヒーゼリー、アイスクリームなどが食べやすいことが多いです。 多少冷えているものの方が痛みを鈍感にしてくれますので、どうにも食べるのが辛い場合には試してみると良いでしょう。 イソジンでうがいをして喉を消毒する イソジンには殺菌作用があるので、口の中や喉の口内炎に効果的です。 余計な菌が繁殖しないようにしてくれますので、 雑菌が入って口内炎が悪化してしまうのを防ぐ働きがあると言えるでしょう。 ただ、イソジンはあくまで殺菌消毒用のうがい薬であって、ネット上でよく書かれているような 口内炎の痛みを直接抑える効果はありません。 口内炎が悪化しなければ治りも早いので、結果的に痛みが少なく済むことはありますが、痛みを抑える保証があるわけではないことを覚えておいてくださいね。 また、口内炎にイソジンを使うのは、いわば傷口を消毒するようなものですから、 人によっては強くしみる場合があります。 口の中は元々雑菌が繁殖しにくい場所ですから、ひどくしみるのであれば無理にイソジンを使う必要はないでしょう。 Sponsored Link 大人の手足口病で仕事は出勤停止になる? 手足口病はうつる病気ではあるものの、特に会社を出勤停止になるような病気ではありません。 そのため、一般的には 症状がある程度落ち着けば仕事に出勤しても問題ないと言えるでしょう。 具体的には、 熱が下がって1~2日経過しており、食事が食べられる状態であれば出勤しても大丈夫ですね。 大人の場合、水疱や口内炎が多少残っていても感染する可能性は低いですから、 手洗いやうがい、マスクの着用といった感染予防対策をしておけば感染のリスクも高くありません。 ただ、 子供と直接関わる保育士などの仕事の場合は注意が必要です。 子供は手足口病のウイルスに免疫を持っていないことが多いので、感染を広げないように水疱や口内炎が枯れて跡になる程度まで待ってから仕事を再開した方が良いでしょう。 手足口病の感染期間や感染経路、予防法については、以下の記事で詳しくお話していますので合わせて読んでおいてくださいね。 感染率は低いとはいえ、大人から大人に感染することもありますから、軽い症状であっても無理に仕事に出勤しないよう注意してくださいね。 また、発熱や痛みなどの症状がひどい場合には、必要な薬を処方してもらうためにも 一度病院を受診しておくことをおすすめします。 何科に行くか迷ったときは 「内科」を受診すると良いでしょう。 なお、妊婦が手足口病に感染した場合については、以下の記事で詳しくご紹介していますので、参考にしてくださいね。

次の

大人の手足口病が辛すぎる!歩けなくなった私の体験ブログ記事

手足 口 病 大人 出勤

子供からうつるという原因が多いですが、大人でも感染し、手足口病の症状(口内炎・発疹)が出るケースが増えています。 感染力がある病気なので、子供の登園同様に会社・仕事への影響は避けられません。 どれくらいの期間仕事を休む(出勤停止)ことになるのか、などについてまとめました。 大人の手足口病の症状 大人も子供も基本的には変わらないと言えます。 大人の方が症状が重い、軽いなどといういろんな情報が出ていますが、近年はその傾向はあまり参考にならないかもしれないと思っています。 重くなる場合もあるし、軽くなる場合もあるので。。。 大人が手足口病になると高い熱や強い痛みに悩まされ、症状が重いという報告が多いのは事実です。 初期症状についても子どもと同じく、喉や口の痛みから入るケースが多いです。 気付かずに、手足の発疹、ひどい口内炎と発熱で気づくこともあります。 大人の手足口病の感染源、感染ルート/経路• 子供からの感染・子供からうつる• 職場で感染・同僚からうつる これらのケースが多いです。 数年前は子供からの感染が多かったように思えますが、近年大人にも流行してしまうことがあるので、そのような場合には職場での感染も十分に考えられます。 2011年に大流行し、2013年も流行りました。 ウィルスの種類が複数あるため、一度かかっても複数感染してしまうことがあるので毎年注意が必要です。 業務に差し障りがありますので、予防、他人への感染には、特に気をつける必要があります。 疲労の蓄積、睡眠不足のとき、つまり体調が万全でない時にウィルスの侵入を許し、感染することが多くなりますので、簡単なようで難しいことではありますが、日々の健康の維持が最上の予防策となります。 手足口病の予防法・感染確率 手洗い(殺菌消毒)、うがいが基本です。 手足口病自体が夏風邪の一種なので、風邪の対策と同じと考えましょう。 家族や近しい人に感染者がいる場合は、タオルの共有は避けましょう。 オムツ替えの際は手袋・マスクの着用も効果があります。 ただし、経験上、家族に羅漢者がいる場合は、どう頑張っても、手足口病がうつることはあるため、うつってしまうことは覚悟の上で計画を立てることをおすすめします。 せっかく完璧に予防したつもりでも、あっさりかかってしまうことがあるので。。。 ノロウィルスですと、オムツ替えからの感染(経口感染・糞口感染)は確率がとても高いです。 手足口病の場合、比較的感染率は高く無いと思いますが、会社が休めないなどの事情がある場合は、家族と相談の上、オムツ替えは免除してもらう、、、などの対策を取ると良いと思います。 大人の手足口病の感染期間 1週間程度は、咳・つばから感染してしまうので会社で仕事をすることによる他者への感染リスクが高い状態です。 発症後の感染力はそれほど高く無いとはいえ、人に与える心理影響や、仕事への影響(下手すると売上直結)を考えると、発疹が出ている間は人との接触を避けるほうが良いと考えます。 ただ、医師によっては、気にする必要がないと診断する人もいるので、一概にこうすべきという定説がないのが実情です。 感染期間を詳しくまとめている記事があるので、参考にしてください。 Sponsored Link.

次の

手足口病は大人も感染する?症状と治療方法。出勤・出社はOK?

手足 口 病 大人 出勤

スポンサーリンク 大人の手足口病の原因と症状は? <原因> 手足口病患者のほぼ90%は、5歳以下の子供です。 しかしながら、大人がかかることも少ないといえ、実際にあるんですね。 どういう原因で大人が罹患してしまうのか? 大人が手足口病を発症してしまうのは、体力や免疫力が下がっている時です。 手足口病は、ウイルス性疾患なんです。 感染経路としては、自身の子供の鼻水や唾液などを触ってしまっての接触感染、咳やくしゃみによる飛沫感染でうつってしまいます。 また、大人の感染で多い状況としては、子供のオムツを交換したあとの手洗いが不十分なこともあげられます。 ウイルスが手に付いたまま食品を取り扱ってしまう場合です。 夏の時期に発症することが多く、初期症状は風邪と似ていることから、夏風邪と間違えられやすいんですね。 手足口病のウイルスは、高温多湿に強く、夏場に流行しやすいという特徴があります。 夏の始まりから患者数が増え、7月後半くらいにピークとなることが多いです。 <症状> 手足口病に罹ると、大人の場合だと3割程度の人がかなりの高熱が出ます。 子供だと、通常38度以下が多いのですが、大人では40度近くになることも。 その他にも、指先に痒みを伴う発疹が出て、しばらくしてから爪がはがれてしまうこともあり、足の裏や、口の中にも発疹や水疱ができることもあります。 発疹は痒いだけではなく、場所によっては痛みがあるかもしれません。 子供と同じように、寒気、咽頭痛、頭痛や筋肉痛などの症状を起こしたりもします。 大人の症状も人によって症状の差が結構あるんですね。 軽い人もいれば、痛みや浮腫がかなり酷い人もいて千差万別です。 大人の手足口病の治療は?受診の際は何科が良いの? 手足口病になってしまっても、この病気は根本治療はありませんので、自然に回復するのを待つしかありません。 治療としても、痒み、痛み…などに対しての対症療法です。 子供が手足口病になって、親も思い当たる症状が出ているのなら、親自身も感染して発症してしまったと考えて間違いないと言えます。 ただ、症状が辛いのであれば、受診をして対処して貰うのも良いでしょう。 仕事に行ける状態か、または出勤してはいけないのかの判断をしたい場合にも受診の意味があります。 この場合、内科でも皮膚科でもかまいません。 通常、1週間~10日前後で症状が軽快し、治癒へ向かいます。 スポンサーリンク 仕事へ行っても大丈夫なの?出勤しても良いのはいつから? 症状がおさまっても、感染力はあります。 とはいっても、感染力自体は、それほど強くはありません。 飛沫感染、接触感染のリスクは10日から2週間程度で減っていきます。 本来、大人には感染しにくいのです。 たとえ、子供が手足口病にかかっていてもです。 体が弱っているときに、まんまとウイルスにやられてしまった、という経緯なんですね。 ということは、会社でも人にうつしてしまうこともゼロではありません。 また周囲の人達の心理面を考えると、微妙です。 無理してまで仕事に行って、処理しなければならない業務というものがないのでしたら、お休みしても良いかもしれませんよ。 ただ、他者への感染はそれほど配慮する必要はないという医師も少なくはないです。 受診の際に、確認してみてくださいね。 仕事に行くにしてもマスクを装着するなどし、周囲の人への配慮を忘れないようにしましょう。 大人が手足口病に感染するのは、ほとんどが免疫力が低下している場合です。 その状況で、子供の糞口感染が主となるんですね。 手足口病のウイルスは1種類ではなく、複数種類あるので1年のうちで2回かかる場合もあります。 子供が病気でないにしても、普段から健康に留意し、日常的に手洗いは徹底する習慣づけが大切です。 大人が発病して高熱が出て、喉の痛みもあると食事や水分が十分に摂れなくなる可能性があります。 この場合には、脱水症状になりすいので、くれぐれも注意しましょう。 唾を飲み込むのも辛いという時には、やはり受診して輸液してもらうことも必要かもしれません。 その時の状況次第で、適切な対応をしてください。

次の