ネギ 卵焼き。 1本丸ごと詰めちゃおう♪「ねぎとマヨネーズの卵焼き」のお弁当

ネギと紅しょうがのオープン卵焼き

ネギ 卵焼き

材料の組み合わせで無限に広がる 卵焼き。 ツナ 缶と ネギ を使って食べ応えたっぷりの 卵焼き を紹介します。 に続き、アレンジ編、ツナとネギの卵焼きを作ります。 ツナ缶もネギも、どちらもアレンジ卵焼きには定番の材料です。 彩りがいいのでお弁当にぴったり。 ツナとネギの卵焼きの作り方 ツナ缶は汁を捨て、青ネギは小さく切ります。 基本の材料は、卵、豆乳、塩の3つ。 豆乳は牛乳に代用していただいてOKです。 豆乳を入れることでふっくらした出来上がりになります。 卵を溶きほぐし、豆乳、塩、ツナ、青ねぎを加えて混ぜ、卵液を作ります。 フライパンを中火で温めて、油を引き馴染ませたら、卵を三回に分けて流し入れます。 同じ工程をあと2回繰り返します。 このとき、卵を持ち上げ、底部にもしっかりと流し入れてください。 卵が焼けたら、お皿に移します。 もし形が気になる場合はキッチンペーパーで整えてください。 少し冷ましてからお好きな大きさに切ってお召し上がりください。 のレシピもありますのでこちらも参考にどうぞ。 最後まで読んでいただきありがとうございます。 ご質問などはコメント欄からよろしくお願いします。

次の

ネギ入り卵焼き(副菜)のレシピ・作り方

ネギ 卵焼き

< 目 次 >• 定番の卵焼き 作り方は、通常の卵焼きの作り方です。 基本的な卵焼きのレシピです! ダシ巻き卵ですね! 卵だけで先にといてから、調味料や材料を入れたほうが混ざりやすいそうですよ。 青いところを入れた方がキレイですよ。 ほうれん草入り卵焼き < 材料 > ・卵 1個 ・ほうれん草 数枚 ・めんつゆ(2倍濃縮)小さじ1 ・水 小さじ1 ほうれん草は、適当な大きさに切り、電子レンジでチンします! しんなりするくらいで、大丈夫かと思います。 サラダほうれん草のように、細い場合は切ってそのまま卵と混ぜて焼いちゃいます。 朝のお弁当作りは、時間との勝負ですからね! 時短です! かにかま入り卵焼き < 材料 > ・卵 1個 ・カニカマ 適量 ・めんつゆ(2倍濃縮)小さじ1 ・水 小さじ1 カニカマは、手でタテにさくようにして、適当な大きさにします。 あとは、材料を混ぜて卵焼きを作ります! ネギを入れても、美味しいですよ。 野菜入り卵焼き < 材料 > ・卵 1個 ・ピーマン 少々 ・ニンジン 少々 ・マヨネーズ 小さじ1 ・塩コショウ 適量 ピーマンと人参はみじん切りにします。 あとは、材料を混ぜて卵焼きを作ります。 トマト&チーズの卵焼き < 材料 > ・卵 1個 ・プチトマト 1個 ・ピザ用チーズ 適量 ・マヨネーズ 小さじ1 ・塩コショウ 適量 プチトマトは、4つに切ります。 1回目の卵液を入れて、真ん中にチーズとトマトを並べて巻いていきます。 あとは、残った卵液をいれて通常通り卵焼きを作っていきます。 高菜漬け入り卵焼き < 材料 > ・卵 1個 ・高菜漬け 適量 高菜漬けに味がついているので、他の調味料はいりません! ちょっと物足りないと思う方は、醤油を少々入れてもいいかと! 辛子明太子入り卵焼き < 材料 > ・卵 1個 ・辛子明太子 適量 ・ネギ 適量 ・マヨネーズ 小さじ1 辛子明太子は、スプーンなどでそぐようにし薄皮をはがします。 普通の明太子でも大丈夫ですよ。 ネギは、みじん切り。 あってもなくてもいいです。 あった方が彩り的にはキレイです。 青じそ入れてもイイですよ。 (3)あとは、通常通り卵焼きを作っていきます。 (2)1回目の卵液を入れて、真ん中にお好み焼きソースをたらし、巻いていきます。 (3)あとは、残った卵液をいれて通常通り卵焼きを作っていきます。 お好み焼きソースをできた後に、上にかけると他のおかずについちゃいますよね。 それがイヤで、やってみました。 お好みで、チーズやネギなど入れても美味しいですよ。 このレシピ、のせるの忘れてたので、追加しました~ 枝豆入り卵焼き < 材料 > ・卵 1個 ・枝豆 適量 ・めんつゆ(2倍濃縮)小さじ1 ・水 小さじ1 枝豆を入れるだけです! 緑色が加えると、彩りがよくなりますよね~ 私は、好きなんですけど夫はあまり好きではないみたい… シラスと青のりの卵焼き < 材料 > ・卵 1個 ・シラス 適量 ・青のり 適量 ・しょう油 少々 シラスと青のりを入れて焼きます。 シラスも青のりも味があるので、醤油は少しでいいかと! お好みに合せて、調整してくださいね~ まとめ 毎日のお弁当作りは、大変ですよね。 定番おかずの卵焼きは、作り方同じで具材を変えるだけで色々とアレンジができるので助かります。 味付けは、それぞれのご家庭の味があるかと思います。

次の

ネギたっぷりの卵焼き。風邪予防・疲労回復にもおすすめ【お弁当にも!】

ネギ 卵焼き

卵焼き(厚焼き玉子)の焼き方 卵焼き器を用意し、焼く途中に油を補充するためのキッチンペーパーもできれば用意しておきます。 油をなじませたキッチンペーパーがあれば焼く面、側面ともに油をさっと広げます(なければ油を全体に流し広げます)。 卵液を流し入れたら、端や四隅のほうから固まってくるので、 箸先を底に当てながら角から中央に箸を動かし、固まった卵を中央に寄せます(そうすることで、全体を均一に半熟より少し固まった状態できます)。 そうなれば、奥から手前へ箸でつかみながら巻いていきます(1回目は崩れても全く問題ないので雑に手前に巻けばOKです)。 巻いたものを奥にすべらせ、手前に油をさっとひきます。 残りの半分の卵液を空いたところに流し入れ、 奥の卵の下に箸を入れて持ち上げ、卵焼きの下にも卵液を流し入れます。 あとは残った卵液で同じことを繰り返します。 巻いた卵を奥に移動し、残りの卵液を流し入れます。 卵の下にもまた卵液を流し入れ、半熟から少し固まったきたタイミングで手前に巻きます。 あとは表面を好みの焼き色にまで焼いて、取り出して食べやすく切って完成です。

次の