鳴かぬなら 意味。 明智光秀『鳴かぬなら 私が泣こう ほととぎす』

ホトトギス3つの俳句『鳴かぬなら~』個性がおもしろい!戦国三武将の業績や性格の象徴!

鳴かぬなら 意味

『鳴かぬなら 放してしまえ ホトトギス』 とも言われているという。 この句はそれぞれの武将の性格を表すものだというが、どちらにせよ明智光秀にあったのは、『優しさ』という一面だったようだ。 私は基本的に、この明智光秀タイプだ。 決して織田信長というタイプではなく、むしろそういう人間を軽蔑視することろがある。 今までずっとそうだった。 逆に弱い人間に見えるのだ。 力に支配されているように見える。 時代次第ではカリスマ性を発揮するが、それが偶然だっただけのように見える。 少なくとも私だったら絶対にそれに屈することはない。 本気を出して、秀吉タイプに変わるイメージだ。 基本的に、 『鳴かぬなら 別に無視しろ ホトトギス』ということで、ちょっと冷たい人間のように見られてしまうかもしれない。 しかしそれは、『人目を気にしていない』からそうするのであって、以前、精神未熟な時、人からなんと言われるか、どう見られるかを気にしていた時代なら、違うことを言って、悦に入っていただろう。 だが、という人物がこういうことを言っている。 優しい人を演じる人は、その人と問題を解決し、ゲラゲラと笑っている時、 遠い地球の片隅で、人が理不尽に殺されていることをどう思っているだろうか。 まさか、『自分とは無関係だ。 だから今日も大笑いする。 』と言うわけではあるまい。 いや、別に言ってもいいが、私にはそういう人間があまり高潔な人には見えない。 人間、なるようにしかならない。 そしてそれは人間だけでなく、この世の一切の森羅万象がそなっているのだ。 それを無理やり、人為的に捻じ曲げようとする行為は、越権的である可能性がある。 私も、目の前で子供が明らかな迷子で泣いていたら、手を差し伸べる確率は100%だ。 だが、『ホトトギスが鳴いていない』からといって、それを無理やりどうにかするつもりはない。 越権的だからだ。

次の

チー牛「鳴かぬなら 〇〇してしまえ ホトトギス」ニチャア←何をしそう?

鳴かぬなら 意味

なぜこのように詠われたのか、解説します。 織田信長の性格とエピソード 織田信長の業績 織田信長は 既存の概念に捉われず、新しい物好き です。 斬新な発想を、信長の独断で行動を起こし、 行政から軍事まで革新的な改革をしています。 能力があれば身分は関係ない。 織田信長は、 肩書き等、関係なく戦に強い、戦略がずば抜けているなど、能力が高ければ重臣に採用もします。 明智光秀や豊臣秀吉も織田信長と血縁も関係なよその者ですが、能力が高かった為、地位を与えられています。 経済改革に取り組む 織田信長は、 街道を整備して、一定の間隔で茶屋や休憩所を設置しました。 それにより、戦で長い距離を移動しやすくなるので兵力が落ちません。 また商人達も移動しやすく 商業も活性化します。 貨幣を統一し、更に城下内で、自由取引する場所 【楽市楽座】を実施したおかげで商業が発展します。 そして 通行税も廃止したので物品の流れが良くなり、税収入が大幅に増え、織田信長は 財政が豊かになります。 徴兵制度を改める 織田信長の軍隊が数が多くなり強くなり、天下統一まであと少しの所まできました。 その理由は、 【兵農分離】を行い、戦力が上がった為です。 兵農分離は農民は税を納める為、農作物や米を作ることに専念し、軍兵は戦にだけ集中するという政策を行います。 そうすることにより、 経済は安定し、戦にかかる費用や鉄砲などの新しい武器や防具の調達できます。 軍兵も戦が無い時には武力を学びレベルが上がります。 このように、織田信長は 概念に捉われない発想と行動力で、経済政策や軍事制度を改革 していきました。 こうして兵力を拡大し強くしていったので天下統一まで少しのところまできました。 織田信長の性格が残忍と言われた理由 比叡山の焼き討ち 織田信長は、 自分に逆らう物、裏切る者は徹底的に攻め、殺してしまいます。 残忍なエピソードで有名なのが 比叡山の焼き討ちです。 比叡山は、信長と対立していた浅井・朝倉連合軍をかくまりかばい続けたことがきっかけで比叡山の焼き討ちが起こります。 そして、織田信長は寺や霊社等全てを焼き払って比叡山が1日で灰になったと言われています。 浅井・朝倉の軍や僧侶以外の老若男女問わず全員を惨殺していきます。 「悪い僧侶だけを殺して私は助けてくれ」とお願いした高僧らの声も無視し、高僧らの首を討ち落としたとあります。 「比叡山の山麓には数千の屍があふれ、この世のものとは思えない光景で哀れだ」といった言葉があり、 これは比叡山の焼き討ちがいかに残忍で悲惨だったかが表わしています。 その他にも残忍な戦いがいくつもある 織田軍はとにかく、兵の数もおおく、武力も備わっています。 長島一向一揆攻めも、長島一向一揆勢は降伏をしましたが、やはり織田信長は許さずに、1000人を切り殺し、2000人を焼き殺すという悲惨な殺し方をします。 越前一揆勢は山に逃げ込みますが、誰一人男女問わず殺戮せよと命じ、隅から隅まで全員みつけて殺害します。 天正伊賀の乱や荒木一党惨殺も、信長の指示に背いたり逆らった者のいる場所の子供から老人、男女問わず全ての人々を殺戮します。 こうして、 信長の命令に背いたり、逆らった者はどんなに降伏しても許さず、敵の勢力は子供でも誰でも残忍に殺していきます。 なぜこのように詠われたのか解説します。 豊臣秀吉の性格とエピソード 豊臣秀吉の政策 豊臣秀吉は、 織田信長が政策はほぼ受け継ぎます。 豊臣秀吉が行ったのは、 【太閤検地】という 全国の検地で尺の統一を行います。 そして全国の税制を 石高に統一しました。 豊臣秀吉の時代の年貢は農民にとって過酷な二公一民(収穫の3分の2が年貢)とされていた為、農民が一揆を起こさないように 【刀狩り】をしました。 豊臣秀吉の性格や戦い方 豊臣秀吉は 「人たらし」 と言われ、 人を惹き付ける魅力があり、織田信長にも気に入られ、 農民の身分から天下統一する武将にまで昇っていきました。 農民から這い上がった豊臣秀吉の戦い方は 「戦わないで勝つのが最善」 という考えです。 兵の中には多くの農民が戦に出て亡くなってしまいます。 秀吉自身も戦により、貧困になったり命が危うくなったこともあった為、人が死なないように、無駄な戦いをしないように努めます。 また秀吉は 「斬るのが嫌い」 と刀で斬るのを嫌っていた為、敵を人質を取ったり、敵軍と政略結婚をさせたりと戦を回避するようにしたり、戦では、兵糧断ち作戦や秀吉の条件通りに降伏をさせていました。 なぜ、このように詠われたのかを解説します。 徳川家康の性格とエピソード 徳川家康の政策や戦い方 徳川家康は、豊臣秀吉の天下統一した 財はそのまま受け継ぎます。 そして、 政策も織田信長と豊臣秀吉の良い政策だけ引継ぎ、同じ失敗を犯さないようにします。 まず、徳川家康は 信頼を置いている家臣を居城である江戸城の近くの土地を渡し住まわせていきます。 逆に従わない者、信頼出来ない者は地方に飛ばし領地を与えます。 そしてこの 各諸大名が力を増す事がないように、土木工事などの普請をさせます。 裏切り行為がないようにと 秀吉の政策を真似て諸大名の妻子を江戸城下町に住まわせます。 家康は重臣の妻子までも住まわせ、下剋上対策をします。 豊臣秀頼が率いる巨大勢力は、いつ害が及ぶか解らないので、家康が70歳過ぎて力が残っているうちに 大阪の陣 で滅ぼします。 これにより、不安材料が無くなり江戸幕府が260年も続いたと言われています。 徳川家康は 農本思想です。 農本思想というのは、 食糧の確保は重要であり農業の保護を重視する政治のことです。 このことにより、農民から一揆が起こることもなく、諸大名達からの下剋上も無くします。 これにより 徳川家康が天下統一すると、戦いが亡くなり、戦国時代が終わった のです。 徳川家康が天下を取るまで 織田信長が亡くなった後、 豊臣秀吉が先に明智軍を倒した為、豊臣秀吉が天下統一を成し遂げました。 徳川家康は野戦においては、1敗した以外全て勝利していますので、とても強い武将です。 豊臣秀吉が天下人になっている間に攻めても勝っていたかもしれませんが、家康は天下とる為といっても、 攻めることはしませんでした。 とにかく、 天下を取れる時期がくるのを待ちつづけ、豊臣秀吉が亡くなったら、そこから戦わずして天下統一を成し遂げます。 その様子から.

次の

「鳴かぬなら鳴くまで待とうホトトギス」「泣かぬなら鳴かせてみせよ...

鳴かぬなら 意味

「雉も鳴かずば撃たれまい」の意味とは 「雉も鳴かずば撃たれまい」とはやや悲しい気持ちを引きずることわざとなりますが、意味は 「余計なことを言ってしまったばかりに、後に自ら災いを招くこと」となります。 広い森林の中でも小さなキジなら簡単に隠れることができるでしょう。 しかし、無用に鳴いてしまったために自分の居所がバレてしまい、結局撃たれてしまうということから 「無用なおしゃべりや噂話などは、後に自ら災難を招く」という意味で使われるようになりました。 由来は昔話「石川県民話」の「あずきまんま」からきています。 昔、屑川に「お千代」という娘がいました。 母親は川の氾濫で亡くなり、父親と二人暮らしをしていました。 貧しくも楽しく暮らしていましたが、ある日お千代は病にかかってしまいます。 父親は「アワを食べて元気になりなさい」と言いますが、あずきまんま(赤飯)が食べたいとごねてしまいます。 父親は蔵に盗みに入り「お千代」に「赤飯」を食べさせてあげました。 お千代は元気になりお千代は手毬歌で赤飯のことをくちづさむようになりました。 そんな矢先、屑川が氾濫し「人柱」を立てる話しが持ち上がっていました。 「人柱」とは生きた人を土に埋めて神に無事を祈る風習の一つで、悪事を働いた人が犠牲になるのがほとんどでした。 ここで「お千代」の手毬唄がある百姓の頭に浮かび、父親は人柱となってしまいました。 「キジ」を抱いたお千代の一言に涙 お千代は自分のせいで父親が人柱になったことを心から悔やみ悲しみました。 幾日も鳴き続けましたが、その後、周囲と一言も口を聞かなくなってしまいました。 ある日、猟師がキジをしとめに山へと向かいました。 猟師は銃の引き金を引き、キジをとらえた場所へと足を向けると、そこには立派な大人になったお千代が息のないキジを抱いてたたずんでいたのです。 そこでお千代は猟師に向かいこう言ったそうです。 「キジよ、お前も鳴かなければ撃たれなかったろうに」 この言葉を残し、誰もお千代の姿を見なくなりました。 その後、「キジも鳴かずば撃たれまい」という言葉が村に語り継がれ「人柱」を行うこともなくなったと言われています。

次の