うしみつ ブログ。 地獄少年 うしみつくん : Impression Days

地獄少年 うしみつくん : Impression Days

うしみつ ブログ

"編集手帳" 8月11日 付 江戸川柳に、 川留めに腹の立つほど富士が晴れ とある。 大井川だろうか、雨は上がったものの増水で川が渡れない。 運休に欠航、陸と空の便を引っかき回して台風7号が去った 旅行の予定が大きく狂い、あるいは取りやめになり、 がっかりした顔の家族を引き連れて、空港や駅から自宅に引き返した人のことを考えると、 自然の仕業とはいえ、お気の毒と申し上げるほかはない いつもの夏ならばプールにでも連れて行って子供たちに埋め合わせをするところだろうが、 埼玉県ふじみ野市のプール事故があった後ではそれも親御さんの心配の種になる 文部科学省の緊急調査によれば、 全国の公立学校のプールと公営プール2300か所以上で安全管理の不備が見つかったという。 子供たちのつまらなそうな顔が目に浮かぶ 作家の井上靖は四季では夏、 夏の一日では昼下がりの一刻(ひととき)が好きだと書いた。 「あの風の死んだ、もの憂い、しんとした真昼のうしみつ刻(どき)だ」と(「夏」)。 いくらか浮かない気分の夏、せめて台風一過の日差しだけは大事にしたいものである。 (2006年8月11日 読売新聞) ----------------------- "夏" by 井上靖 四季で一番好きなのは夏だ。 夏の一日で一番好きなのは昼下がりの一刻(ひととき) --、あの風の死んだ、もの憂い、しんとした真昼のうしみつ刻だ。 そうした時刻 幼い頃の私はいつも土蔵の窓際で、祖母ととうもろこしを食べていた。 小学校に通っている頃は毎日、インキ壺のような谷川の淵に身を躍らせて、 その時刻を過ごした。 学生の頃は、校庭の樹蔭で、書物で顔を覆って、爽やかな青春の眠りを眠った。 そうしたこの世ならぬ贅沢なすべては遠く去り、 今の私にはもはや土蔵も、谷川の淵も、校庭の樹蔭もない。 真夏の昼下がりの一刻、私は書斎の縁側の籐椅子に倚って、遠い風景を追い求めている。 烈日に燃えた漢地の一画、遠くに何本かの竜巻の柱が立ち、 更にその向こうを、静かに駱駝の隊列が横切っている。 そうした旅への烈しい思いだけが、 風の死んだ、もの憂い、しんとした真昼のうしみつ刻の中に、私を落着かせる。 私を生き生きとさせる。 (「遠征路」より) -------------------- AND... "青葉" by 井上靖 この世にまだ神があった時代、 一人の忠臣が木の下蔭馬を留めて、 己が子に後事を託して別れて行く話は、 誰が作ったか知らぬが、 木の下蔭の仄暗さと、 そこを渡って行く風の爽やかさの故に、私は好きだ。 ひと組の父子の青葉に包まれたドラマの悲しさもさることながら、 仄暗く爽やかな小さい空間の設定はみごとである。 今はこの世から神は姿を消してしまったが、その空間だけは私たちのものだ。 私は愛犬の小屋を木の下蔭におき、幼い孫娘の小さい机を木の下蔭に置く。 私の幸福もまた別離とは無縁ではないのだ。 (「季節」より) -------------- あらたうと青葉若葉の日の光 (あらとうと あおばわかばの ひのひかり) 奥の細道(日光)yoyi ------------------ 卯月朔日、御山に詣拝す。 往昔、此御山を「二荒山」と書しを、空海大師開基の時、「日光」と改給ふ。 千歳未来をさとり給ふにや、今此御光一天にかゝやきて、 恩沢八荒にあふれ、四民安堵の栖穏なり。 猶、憚多くて筆をさし置ぬ。 It was good to be young the in the season of plenty, when the catfish were jumpin' as high as the sky. A time just for plantin', a time just for ploughin', a time to be courtin', a girl of your own. Twas so good to be young then, to be close to the earth and to stand by your wife at the moment of birth. by "Paul Francis Webster" ------------------------------ Have you ever had any-light of green-leaves?

次の

焼肉 うしみつ 恵比寿本店

うしみつ ブログ

カラー:ウェディングマーチ 初めてこの花に香りがあるのを知る。 普通といえば普通のカラーですが、 シンプルな力強さがある品種です。 昨日はスタジオを少し早めに閉めて、 本日着の花束の発送を済ませました。 結構な雨脚で、箱を濡らさないように ギリギリまで車を横付けしての持込。 いつもは開けっ放しの事務所も、 あまりの寒さのためかドアをピッタリ 閉めてました。 ホント寒すぎる~。 私はくせっ毛なので、雨が降るととたん まとまりが悪くなります。 ウネウネと うねりだし、何か変な束になるんです。 化粧もほとんど剥げ落ちて、目の周り も薄黒く・・・ショッピングモール内の エレベーターの鏡に映るその姿は・・・ そう、まるで「地獄少年 うしみつくん」。 うしみつくんというのは、江口寿志の 漫画に出てくるキャラクターでして、 無神経な人たちの言動に色々恨みを 抱くんだけど小心者なので、夜中一人で 「地獄に落ちろ!」と言いながら藁人形を 釘で打つ・・・という素敵なキャラです。 興味ある人はかなり手に入りにくいけど、 「江口寿志のなんとかなるでショ!」を ご覧アレ。 かなりブラックなんで・・・ しかし江口寿志は天才だな。 全く仕事しないけど(笑) SPバラ:プリンセス@鈴木バラ園 今週のレッスンはシャワー週間です。 ラークスパー@みい農協 今週はなんだかホワイト&パープル パープルのクレマチスはデュランディー @タカハシワイルドフラワー トルコギキョウ:オーシャンブルー ちょっと花首が弱くて、みんなポキポキ 折ってくれちゃって!って、手直しの時 私も結構折ってるんですけど・・・ 寒いのにシャワースタイルっちゅーのが また寒くて・・・もう少し暑くなってからの 方が爽やか気分で作れたのにねー。 今日は先日結婚した生徒さんが、 新婚旅行から帰ってきて初めての レッスンでした。 ブーケは本人自作の キャスケードもブーケプルズ用の 花束も、どれひとつ挿し直しすること なくいけたそうで良かったです。 新婚旅行楽しかったか聞くと、満面の 笑みで「楽しかった!!!」という返事。 まだ写真が出来て無いので、次回の レッスンの時に持ってきますということ。 「不味いご飯ばっか作ってる」そうです。 なんとも新婚らしい話です。 私は今、巷で流行の「食べるラー油」に はまってまして、ご飯にかけて、冷奴に かけて、炒飯に混ぜて、とラー油三昧。 とうとうあと1回食べたらなくなりそう。 どこも品薄状態で、果たして次ぎ買える のはいつの事になるのやら。 その時にはもう飽きてたりして。 うしみつくん状態のまま、書店で2時間 以上過ごしてお買い物。 その後文具店 によって、これまたお買い物という いつもの黄金パターンへと突入。 大体今の大型書店は本と文具を一緒に 取り扱ってるんで、どうしてもこうなって しまうんです。 まさに書店の思うツボ。 鴨がネギ背負ってやってくる状態。 今現在、私が通う書店は大型書店2店。 「喜久屋書店」と「大垣書店」 広いし取り扱い書も多いので、とにかく ウロウロするのが楽しい書店です。 ここで手に入らない場合は、京都なら 「アバンティブックセンター」大阪なら 「紀伊国屋書店」の出番となります。 それでダメならAmazonです。 近くのスーパーの中にある書店は 歩いて行けるので便利なんですが、 大型書店の影響か、取り扱う本の種類 減っちゃって、行っても無駄足になる ことも増えてきて、このごろめっきり 足が遠のいてます。 うーん・・・困る。 上の大型書店が出来るまでは、最も 大きかった地元系書店チェーン、最近 工事していてどうやら「BOOK OFF」が 入るらしい。 おかげで売り場面積が半分。 特に専門書が軒並み縮小です。 やはり 本は売れないのでしょうか。 でもこうなる と、本好きはますます寄らなくなっちゃう。 最近は電子書籍の話題で持ちきりですが 私はやっぱり書店派。 装丁や紙の匂い 手触りも含めて本です。 持ち歩きとか 考えると、電子書籍も便利だけどね。 本屋で気になる本をパラパラめくる 楽しみは何ものにも替えられない! そこから始まる出会いもあるし。 なんて事考えてたら空腹で眩暈してきて 食料買いこみ、家に帰ってはたと気付く。 灯油買うの忘れた・・・・ 何のために土砂降りの中出かけたのか。 アホです。 ほんとーにアホです。 忘れたのが自分以外なら、悪口雑言を かけまくっているに違いないです。 そういう人間なんです。 うしみつくんは 姿は気持ち悪いけど結構、いや随分 いいヤツなのです。 時々悲しくなるほど。 人でなしの私が、うしみつくんに似てる なんて、おこがましいにも程があるわ。 ああ、今日は頒布会で20時までここを 離れられないし、その後久しぶりに 同期と飲むので、大急ぎでJR飛び乗ら ないといけないし、もちろん酒飲むんで 帰ってきてからは車乗れない・・・ 今夜と明日はエアコン?怨んでやる・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・ 1回¥2100で自宅用のお花を定期的にご用意します。

次の

Chikirinの日記

うしみつ ブログ

"編集手帳" 8月11日 付 江戸川柳に、 川留めに腹の立つほど富士が晴れ とある。 大井川だろうか、雨は上がったものの増水で川が渡れない。 運休に欠航、陸と空の便を引っかき回して台風7号が去った 旅行の予定が大きく狂い、あるいは取りやめになり、 がっかりした顔の家族を引き連れて、空港や駅から自宅に引き返した人のことを考えると、 自然の仕業とはいえ、お気の毒と申し上げるほかはない いつもの夏ならばプールにでも連れて行って子供たちに埋め合わせをするところだろうが、 埼玉県ふじみ野市のプール事故があった後ではそれも親御さんの心配の種になる 文部科学省の緊急調査によれば、 全国の公立学校のプールと公営プール2300か所以上で安全管理の不備が見つかったという。 子供たちのつまらなそうな顔が目に浮かぶ 作家の井上靖は四季では夏、 夏の一日では昼下がりの一刻(ひととき)が好きだと書いた。 「あの風の死んだ、もの憂い、しんとした真昼のうしみつ刻(どき)だ」と(「夏」)。 いくらか浮かない気分の夏、せめて台風一過の日差しだけは大事にしたいものである。 (2006年8月11日 読売新聞) ----------------------- "夏" by 井上靖 四季で一番好きなのは夏だ。 夏の一日で一番好きなのは昼下がりの一刻(ひととき) --、あの風の死んだ、もの憂い、しんとした真昼のうしみつ刻だ。 そうした時刻 幼い頃の私はいつも土蔵の窓際で、祖母ととうもろこしを食べていた。 小学校に通っている頃は毎日、インキ壺のような谷川の淵に身を躍らせて、 その時刻を過ごした。 学生の頃は、校庭の樹蔭で、書物で顔を覆って、爽やかな青春の眠りを眠った。 そうしたこの世ならぬ贅沢なすべては遠く去り、 今の私にはもはや土蔵も、谷川の淵も、校庭の樹蔭もない。 真夏の昼下がりの一刻、私は書斎の縁側の籐椅子に倚って、遠い風景を追い求めている。 烈日に燃えた漢地の一画、遠くに何本かの竜巻の柱が立ち、 更にその向こうを、静かに駱駝の隊列が横切っている。 そうした旅への烈しい思いだけが、 風の死んだ、もの憂い、しんとした真昼のうしみつ刻の中に、私を落着かせる。 私を生き生きとさせる。 (「遠征路」より) -------------------- AND... "青葉" by 井上靖 この世にまだ神があった時代、 一人の忠臣が木の下蔭馬を留めて、 己が子に後事を託して別れて行く話は、 誰が作ったか知らぬが、 木の下蔭の仄暗さと、 そこを渡って行く風の爽やかさの故に、私は好きだ。 ひと組の父子の青葉に包まれたドラマの悲しさもさることながら、 仄暗く爽やかな小さい空間の設定はみごとである。 今はこの世から神は姿を消してしまったが、その空間だけは私たちのものだ。 私は愛犬の小屋を木の下蔭におき、幼い孫娘の小さい机を木の下蔭に置く。 私の幸福もまた別離とは無縁ではないのだ。 (「季節」より) -------------- あらたうと青葉若葉の日の光 (あらとうと あおばわかばの ひのひかり) 奥の細道(日光)yoyi ------------------ 卯月朔日、御山に詣拝す。 往昔、此御山を「二荒山」と書しを、空海大師開基の時、「日光」と改給ふ。 千歳未来をさとり給ふにや、今此御光一天にかゝやきて、 恩沢八荒にあふれ、四民安堵の栖穏なり。 猶、憚多くて筆をさし置ぬ。 It was good to be young the in the season of plenty, when the catfish were jumpin' as high as the sky. A time just for plantin', a time just for ploughin', a time to be courtin', a girl of your own. Twas so good to be young then, to be close to the earth and to stand by your wife at the moment of birth. by "Paul Francis Webster" ------------------------------ Have you ever had any-light of green-leaves?

次の