質問させていただく 敬語。 「質問させていただく」は「伺う」ではだめ?

「ご連絡させていただきました」は正しい敬語?電話やメールの類語は?

質問させていただく 敬語

「もらう」の敬語表現は? 最初に、「もらう」「受け取る」の敬語表現から紹介しましょう。 尊敬語は「お受け取りになる」 「もらう」「受け取る」の尊敬語に当たる言葉は「お受け取りになる」「お納めになる」です。 職場なら上司や役員、取引先の相手やお客様など、日常生活でも目上の人から何かを「もらう(または受け取る)」ときに使いましょう。 本日、お受け取りになりますか?• お受け取りになった封筒に資料が入っております。 先日の売上報告書です。 どうぞお納め下さい。 「おもらいになる」を使う時もある 尊敬語にするときは「お~になる」「お~くださる」「お~られる」と言葉を変化させるのが通常ですが、「もらう」を尊敬語にするために「おもらいになる」と表現することもあります。 忙しいビジネスシーンではさまざまな会話が飛び交うため、「もらう」の尊敬語が瞬時に頭に浮かばないこともあるでしょう。 「お受け取りになる」「お納めになる」が最も正しい敬語表現ですが、「おもらいになる」も状況によって使うことがあります。 謙譲語は「いただく」「頂戴する」 「もらう」「受け取る」の謙譲語は「いただく」「頂戴する」です。 謙譲語は自分のする行為に対して使われ、相手を敬うときの表現方法として使われます。 休暇をいただいてもよろしいでしょうか?• いただいた荷物にサインをしました。 来週、商談にお時間を頂戴できませんでしょうか?• 頂戴した報告書を部長にお渡しします。 謙譲語をさらに丁寧に「賜わる」 「もらう」「受け取る」の謙譲語は「いただく」「頂戴する」が正しい表現ですが、さらに丁寧にかしこまった言い回しをするなら「賜わる」「拝受する」なども適切です。 会話をする相手や立場、またビジネスの状況によって謙譲語の使い分けを上手にしていきましょう。 先ほど、会議の日程を拝受しました。 拝受したメールにファイルが添付されていました。 ご予約をたまわり、誠にありがとうございました。 社長から大切な訓示を賜った。 第三者の立場の時と身内に対しては? 「第三者」として目上の人の行為を誰かに説明する時、また「身内」からもらったものについて目上の人に話す時、それぞれ敬語表現はどうなるのか解説します。 第三者の立場なら「もらわれる」 第三者の立場で目上の人の話を別の人にする際は、「もらう」「受け取る」の敬語は「もらわれる」「おもらいになる」と表現するのが適切と言えるでしょう。 逆に 「お受け取りになる」「お納めになる」と表現するのはややかしこまり過ぎるニュアンスを与えることがあります。 社長は取引先の専務から新商品のパンフレットをもらわれていました。 部長は皆勤賞をおもらいになりました。 身内には「もらう」を使う 職場の上司や目上の人に「身内からもらったもの」について語る時、「母に花束をいただきました」というのは適切であるとは言えないでしょう。 この場合、いくら会話の相手が職場の上司や目上の人であっても「母に花束をもらいました」とした方が適切です。 母からもらったペンダントは私の一生の宝物です。 昨日、父から時計をもらいました。 別の例で言うなら、職場を訪れた第三者に「上司の田中はお席を外されていらっしゃいます」と言うのと同じ感覚です。 この場合は「上司の田中は席を外しております」が正解です。 「もらう」の名詞と熟語表現は? 最後に「もらう」の名詞と熟語表現を挙げてみましょう。 名詞「受領」「拝受」など 「もらう」を名詞で表現するとハンコをもらう、手紙を受け取るなどの「受領」、またメールを受け取る、メッセージをもらうなどの「拝受」があります。 これらは「受領する」「拝受する」と「する」をつければ動詞としても機能する言葉です。 熟語「下賜される」「押し頂く」など 目上の人からものをもらったり、何かを受け取る時に「もらう」の熟語表現として使われるのが「下賜される」や「押し頂く」です。 社会経験が短い間はお目にかかることは少ない言葉ですが、キャリアを積むにつれて使う機会も増えてくるでしょう。 まとめ 「もらう」の尊敬語は「お受け取りになる」「お納めになる」状況によっては「おもらいになる」という表現をすることもあります。 一方、謙譲語は「いただく」「頂戴する」、ややかしこまった表現をするなら「賜わる」「拝受する」も適切です。 敬語の使い方を間違えると、時として失礼にあたることがあります。 敬語の正しい使い方を理解することで、コミュニケーションを円滑に行えるように心がけましょう。

次の

「させていただく」という敬語の正しい使い方

質問させていただく 敬語

「もらう」の敬語表現は? 最初に、「もらう」「受け取る」の敬語表現から紹介しましょう。 尊敬語は「お受け取りになる」 「もらう」「受け取る」の尊敬語に当たる言葉は「お受け取りになる」「お納めになる」です。 職場なら上司や役員、取引先の相手やお客様など、日常生活でも目上の人から何かを「もらう(または受け取る)」ときに使いましょう。 本日、お受け取りになりますか?• お受け取りになった封筒に資料が入っております。 先日の売上報告書です。 どうぞお納め下さい。 「おもらいになる」を使う時もある 尊敬語にするときは「お~になる」「お~くださる」「お~られる」と言葉を変化させるのが通常ですが、「もらう」を尊敬語にするために「おもらいになる」と表現することもあります。 忙しいビジネスシーンではさまざまな会話が飛び交うため、「もらう」の尊敬語が瞬時に頭に浮かばないこともあるでしょう。 「お受け取りになる」「お納めになる」が最も正しい敬語表現ですが、「おもらいになる」も状況によって使うことがあります。 謙譲語は「いただく」「頂戴する」 「もらう」「受け取る」の謙譲語は「いただく」「頂戴する」です。 謙譲語は自分のする行為に対して使われ、相手を敬うときの表現方法として使われます。 休暇をいただいてもよろしいでしょうか?• いただいた荷物にサインをしました。 来週、商談にお時間を頂戴できませんでしょうか?• 頂戴した報告書を部長にお渡しします。 謙譲語をさらに丁寧に「賜わる」 「もらう」「受け取る」の謙譲語は「いただく」「頂戴する」が正しい表現ですが、さらに丁寧にかしこまった言い回しをするなら「賜わる」「拝受する」なども適切です。 会話をする相手や立場、またビジネスの状況によって謙譲語の使い分けを上手にしていきましょう。 先ほど、会議の日程を拝受しました。 拝受したメールにファイルが添付されていました。 ご予約をたまわり、誠にありがとうございました。 社長から大切な訓示を賜った。 第三者の立場の時と身内に対しては? 「第三者」として目上の人の行為を誰かに説明する時、また「身内」からもらったものについて目上の人に話す時、それぞれ敬語表現はどうなるのか解説します。 第三者の立場なら「もらわれる」 第三者の立場で目上の人の話を別の人にする際は、「もらう」「受け取る」の敬語は「もらわれる」「おもらいになる」と表現するのが適切と言えるでしょう。 逆に 「お受け取りになる」「お納めになる」と表現するのはややかしこまり過ぎるニュアンスを与えることがあります。 社長は取引先の専務から新商品のパンフレットをもらわれていました。 部長は皆勤賞をおもらいになりました。 身内には「もらう」を使う 職場の上司や目上の人に「身内からもらったもの」について語る時、「母に花束をいただきました」というのは適切であるとは言えないでしょう。 この場合、いくら会話の相手が職場の上司や目上の人であっても「母に花束をもらいました」とした方が適切です。 母からもらったペンダントは私の一生の宝物です。 昨日、父から時計をもらいました。 別の例で言うなら、職場を訪れた第三者に「上司の田中はお席を外されていらっしゃいます」と言うのと同じ感覚です。 この場合は「上司の田中は席を外しております」が正解です。 「もらう」の名詞と熟語表現は? 最後に「もらう」の名詞と熟語表現を挙げてみましょう。 名詞「受領」「拝受」など 「もらう」を名詞で表現するとハンコをもらう、手紙を受け取るなどの「受領」、またメールを受け取る、メッセージをもらうなどの「拝受」があります。 これらは「受領する」「拝受する」と「する」をつければ動詞としても機能する言葉です。 熟語「下賜される」「押し頂く」など 目上の人からものをもらったり、何かを受け取る時に「もらう」の熟語表現として使われるのが「下賜される」や「押し頂く」です。 社会経験が短い間はお目にかかることは少ない言葉ですが、キャリアを積むにつれて使う機会も増えてくるでしょう。 まとめ 「もらう」の尊敬語は「お受け取りになる」「お納めになる」状況によっては「おもらいになる」という表現をすることもあります。 一方、謙譲語は「いただく」「頂戴する」、ややかしこまった表現をするなら「賜わる」「拝受する」も適切です。 敬語の使い方を間違えると、時として失礼にあたることがあります。 敬語の正しい使い方を理解することで、コミュニケーションを円滑に行えるように心がけましょう。

次の

「ご連絡させていただきました」は正しい敬語?電話やメールの類語は?

質問させていただく 敬語

他人に質問をするときの敬語に関する質問です。 「(~について)伺います」という敬語がありますが、実際には「質問させていただきます」という人が大多数ではないでしょうか。 「伺います」というのはむしろ「出向く」という意味で使われることが多く、(意味としては正しくても)「聞く」という意味で使われることは少ないように思われます。 別に「伺う」を使えと主張するつもりはないのですが、なぜ「質問させていただきます」という表現がかくも多いのでしょうか。 尊敬語と謙譲語を取り違えているわけでもないので、目くじらを立てる必要もないという意見もあるでしょうが、なるべくなら簡潔な表現を使ったほうがわかりやすいのではと考えています。 まあ蛇足と思いますが 話しことばでは「うかがいますが」で勘違いされるおそれはほとんど無いと思いますが(なぜならすぐそのあとに質問が来るとか、話し方前後の文脈や表情しぐさでわかるから)、書いた場合には1の回答のような事だと思います。 世の中全体を観るなら「しつもんさせて」が大多数ではないように思いますので杞憂ではないでしょうか。 それが当然であるという発想があるとしたらそれは問題と思いますが。 道を聞くのに「ちょっとご質問させていただきます」なんて言う人はあまりいないように思います。 「うかがいますが」は柔らかくて流れもあって好い表現だと私は思います。 「伺う」ではだめ?と言うよりは、他の回答者さんも書いておられますが、「させていただく」への違和感の問題ではないでしょうか? 私は敬語の問題は、基本、文化庁「敬語の指針」を参照にしていますが、これによりますと「〇〇させていただく」は、相手又は第三者の許可を得て行う行動で、それによって恩恵を受ける場合に適切な敬語表現になると定義されています。 違う言い方をしますと、「させていただく」は「する」+「もらう」の謙譲語「いただく」ですから、単に「する」の謙譲語である「致す」ではダメか?と言っても良いかと思います。 ご質問の例は、質問することに対し、相手に許可を得る意図とか、質問することに対し、多大な恩恵を受ける場合などは問題ありません。 たとえば「ご多忙の中、恐縮ですか、質問させていただいてもよろしいでしょうか?」「ノーベル賞を受賞した山中教授に質問させていただいた。 とても光栄なことだ!」などですね。 一方、別に「~について質問致します」でも良い場合には、簡潔な表現と言う観点から、コチラを使用すべきかと思います。 さもなきゃバカ丁寧で、かえって「慇懃無礼」な印象を与えてしまう可能性や、誤用となる場合もある敬語です。 誤用例は「こちらの大学を卒業させていただいた者です。 」などです。 本来は落第だったけど、校長の温情で卒業させてもらったと言うなら別ですが・・・へりくだりすぎて、奇異になってしまいます。 長ったらしい敬語は、コンビニ敬語(「ご注文は以上で宜しかったでしょうか?」など)と同じく、敬意が増す様な錯覚をさせたり、婉曲(遠回し)な表現なので、敬意が増す感じはありますが、日本語の言語学上の意味は無い場合が殆どです。 一方、ご質問の「伺う」については、「質問する」を「聞く」と言い換えた上で、聞くの謙譲語「伺う」で敬語化していますね。 「質問する」と「聞く」の用途が同じ場合は「伺う」と敬語化しても全く問題はありません。 ただ、ニュアンスが違う場合は、適切では無い場合も有り得るのではないか?と思います。 私が口頭で人にものを尋ねるときは 「ちょっとお伺いします。 」 と言ってから質問内容を述べます。 状況的に「出向く」の意味に誤解されることはありません(誤解されそうな状況なら「お伺いします」という表現は使わないでしょう)。 文章で質問する場合は、No1さんがおっしゃるように「出向く」に誤解される可能性があるので「質問させていただく」の方をよく使うのだと思います。 文脈や文章が与えられた状況により誤解される余地のない場合は「伺います」でかまわないと思います。 ところで、 「伺います」 は 「質問させていただきます」 に比べるとやや敬意が少なく感じられます。 知らない人に対しては、会話でも文章でも、 「お伺いします」 「お伺いいたします」 くらいの表現はしてほしいなあと個人的には思います。 それはおっしゃるとおりと思いますが、この場合は「質問する」と「伺う」に簡潔さの差があるのではなく、「させていただきます」という表現が簡潔ではないのだと私は思います。 「お伺いさせていただきます」 という表現もできますからね。 「質問させていただきます」 並みに複雑な印象を受けます。 質問に対して 「ご意見を賜りたい」 「意見を頂戴したい」 「意見を伺いたい」 「質問をさせていただきたい」 と考えていくと どれもあてはまる。 従って 他人に教えを乞うのに、「簡素」であることが「良い」ことなのかどうかも資質の問題になってくる。 質問も勝手 回答も勝手 である、ネット社会においてはどうでもいいことなんじゃないかしら? すべからく謙譲語が良いとも思えませんが、簡素過ぎても「本気で悩んでいるのか?」と疑いたくもなるから・・・。 表現の在り方については様々で良いと思いますが、どのような表現でも解釈に相違ない場合はどうでもいいと思います。 「新聞」においては義務教育終了した人が読める表現と文字を使うとあります。 従って、 わかりやすい表現とはなんぞや・・・・という事にもなります。 #1さんの言うことももっともだなあって思います。

次の