武蔵 小山 ザ モール。 【三井のリハウス】パークシティ武蔵小山 ザ タワーの中古物件情報(FSDX6A03)

武蔵小山に「Via STANd」が開業。ムサコ再開発の目玉、パークシティ 武蔵小山 ザ モールの一角で「クラフトビアマーケット」卒業生が切り盛りする気軽な地域密着ビアスタンド

武蔵 小山 ザ モール

chachahui チャチャフイ 「chachahui チャチャフイ 」は、武蔵小山駅前にあるパークシティ ザ・モールの中にあります。 駅から真裏にあるので、ちょっとわかりにくいですが、奥の方にずっと入っていった左手です。 店名 タンドール&スパイス酒場 チャチャフイ (chachahui) 住所 東京都品川区小山3-15-1 パークシティ武蔵小山ザ・モール 1F 電話 03-6426-2695 営業時間 【月〜金】 17:00~23:00 【土日祝】 15:00~23:00 定休日 水曜日 最寄駅 武蔵小山駅 タバコ 完全禁煙 座席数 15席 支払い方法 カード可 予約 予約可 関連リンク 店内はあまり広くなく、ボックスシートが4つという形なので、大人数での食事には向かないかもしれません。 2〜4人で行くのがおすすめです。 chachahuiの料理 chachahuiの料理を順番にご紹介していきますね。 こちらがフードメニュー。 ドリンクメニューがこちらです。 フードメニューはどれもボリュームがすごいので、最初に注文しすぎないようにしてくださいね。 僕らは最終的にカレーを食べきれなくてお土産に持って帰りました。 ドリンク まずはドリンクから。 左がホットレモネード、右がチャイです。 辛い料理が続くのでラッシーもいいかなと思ったんですが、この日は雪が降るほどの寒さだったのでホットのドリンクを注文しました。 ホットのドリンクメニューが豊富なのも嬉しいですね。 おつまみメニュー お通しはレンズ豆を揚げたもの。 おっとっとみたいな味がしました。 香ばしくておいしかったです。 本日のアチャール 300円 はインゲン豆のアチャールでした。 程よい辛さで酸味もあっておいしかったです。 羊肉と青唐辛子のアチャール炒め 680円。 羊肉特有の匂いはあるものの、青唐辛子の辛味で中和されてる感がありました。 前菜 ミートボールのスパイストマト煮込み 650円。 僕の苦手なパクチーが入ってたのでパクチーを避けてミートボールだけをいただいたんですが、何肉か分からないような独特の香りがありました。 スチームエッグ 350円。 そこに豚挽肉が敷いてあって、半熟卵との相性抜群でした。 上に乗ってるのはトマトベースのスパイススープで、めちゃめちゃおいしいのでこれは確実に注文していただきたい料理でした。 石窯タンドール料理 タンドール料理が出てくる前に、料理に合わせるスパイスが出てきました。 ホールのままのスパイスが出てきまして、テーブルにある金の臼と杵ですりつぶしていきます。 すりつぶすと顔を近づけなくてもわかるくらい香りが立ってきます。 このすりおろしたスパイスを岩塩と一緒に料理にかけていただくのが良いそうです。 丸ごとなすのタンドール焼き 450円。 なすだけのイメージだったんですが、トマトと挽肉の煮込みだったとは。 タンドールで焼かれたなすは香ばしくて、トマトソースとの相性抜群でした。 こちらもパクチー入ってるので苦手な方はお気をつけください。 豚肩ロースかたまり肉 1,180円。 外側カリッと中ジューシーで最高の仕上がり。 手前にあるチリソースをつけてもおいしいですし、先ほどすりつぶしたスパイスと岩塩の組み合わせでいただいても素晴らしかったです。 季節の野菜焼き。 菜の花 280円 とかぼちゃ 250円 を選びました。 カレー 骨付きチキンのスープカレー 850円。 ライス 250円 はすごい量です。 添えられてるのはキャベツのアチャール。 ネパール料理のカレーってスパイスの香りが素晴らしいですね。 日本の米にあうようにアレンジしてると思うのですが、酸味・苦味・辛味・甘みのバランスが絶妙でした。 最後に 日本人の僕からするとインド料理とネパール料理の違いってわかりにくくて、ざっくり言えばインドのスパイス料理っていうイメージで、かなりおいしいお店でした。 店員さんもすごく親切でホスピタリティ高かったので、また行ってみたいと思います。

次の

武蔵小山に「Via STANd」が開業。ムサコ再開発の目玉、パークシティ 武蔵小山 ザ モールの一角で「クラフトビアマーケット」卒業生が切り盛りする気軽な地域密着ビアスタンド

武蔵 小山 ザ モール

[広告] 武蔵小山店は「精肉 日山」ブランドの8店舗目。 内壁には木を使い、「肉が一番きれいに見える照明」にもこだわったという。 坪数は約14坪。 武蔵小山への出店について、同社経営企画室長の宮本拓さんは「年配の方から若者まで往来があり、暮らしやすいエリアとして以前から親しみを感じていた。 古くからの商店街の活気と再開発による新しい住民の流入にも注目している」と期待を寄せる。 日替わりの販売商品は、量り売り制。 国産黒毛和牛「牛小間切れ」(100グラム=648円)や「ロース すき焼き用」(同=1,620円)、国産牛「赤身小間切れ」(同=540円)、「ロース ステーキ用」(同=1,296円)など。 「ナチュラルポーク カレー用」(同=118円)や「いわい鶏 モモ生肉」(同=188円)、「日山特製 手造り合挽(あいびき)ハンバーグ」、輪切りのネギを肉で巻き串に刺した「ネギ巻」(以上、1個=270円)なども。 そのほか、同ブランドのすき焼き用「わりした」や「ごまだれ」(以上798円)、「和牛からし」(698円)の調味料、「国産黒毛和牛 ローストビーフ」(300グラム=5,940円)などを用意する。 販売する和牛は、同社の目利きが全頭を試食し、生産者や味の特徴などをウェブサイト「日山ノート」で公開している。 店頭商品に表示された個体識別番号を入力すると、情報が確認できる仕組み。 宮本さんは「畜産農家が丹精を込めて育てた肉を、安心できる形でお客さまに届けたい。 その反響をまた生産者にフィードバックできれば」と話す。 今後は、売れ行きによって商品ラインアップを検討していくという。 店長の永嶺万里(まさと)さんは「社会的な不安を感じる状況だが、家庭でおいしいお肉を食べて元気に過ごしていただけたら。 その日の献立に合わせたお肉選びの相談もぜひ」とほほ笑む。 営業時間は11時~20時(5月6日までは短縮営業のため18時まで)。

次の

口コミ一覧 : 目利きの銀次 パークシティ武蔵小山ザモール店

武蔵 小山 ザ モール

SPONSORED LINK コンビニエンスストア ローソン コンビニエンスストアのローソンが一つ入ることがわかりました。 正式発表されています。 1階の駅東口側に入るということですが、駅構内のローソンはどうなるんでしょうね…?店舗はこちらの方が大きそうです。 タピオカ専門店「ゴンチャ」 タピオカ専門店の「ゴンチャ」も入ることが決まっています。 ついに武蔵小山にもタピオカ専門店が…! 新宿や渋谷の店舗では毎日信じられないくらいの行列を作っているタピオカ専門店ですが、武蔵小山でも行列続きになるのでしょうか。 うどん屋「ねこでこ」 うどん屋の「ねこでこ」という店舗がオープンされることもわかっています。 こちらは正式な発表ではないのですが、求人を募集していたことから入ることがわかりました。 武蔵小山にはうどん屋さんが今までなかったのでこれは嬉しいですね… 携帯電話ショップ「TOP1」 1階の駅ロータリー側に携帯電話ショップの「TOP1」が入ります。 こちらはもうすでに看板なども用意されていますね。 大手3キャリアだけではなく格安SIMメーカーのロゴも見えますので、総合携帯電話ショップという感じでしょうか。 ドラッグストア「トモズ」 ザ・モールの2買いにドラッグストアの「トモズ」が入ることもわかっています。 武蔵小山駅から一番近いドラッグストアがここになりそうですね。 ちょっと話はそれますが、トモズのハンドクリームがめちゃくちゃ良いらしいです。 冷凍食品専門店「ピカール」 イオン系の冷凍食品専門店「ピカール」も出店が決まっています。 もうすでに看板は出ているようですね。 ピカールではちょっぴり高級な、しかしハイクオリティな冷凍食品が手に入るということで最近人気が出始めています。 ちょっとしたホームパーティなどではかなり重宝しそうですね。 不動産屋「BALLEGGS」 不動産屋さんの「BALLEGGS(バレッグス)」もすでに看板が出ています。 こちらの不動産屋さんは支店がすでにパルム商店街の中(豚星の近く)にあるはずですが、もう一店舗追加になるということでしょうか…? 眼科クリニック「むさしこやま眼科」 「むさしこやま眼科(仮)」が求人広告を出していることから、出店することがわかっています。 今まで武蔵小山の眼科でいうと「やまだ眼科クリニック」しかなかったので、より駅に近い眼科クリニックができるのは非常に嬉しいですね。 情報は随時更新していきますので、ぜひチェックしてくださいね!.

次の