ジャンバリ 取材。 JANBARI(ジャンバリ)系スロット取材イベント公約まとめ

ジャンバリ すろいぬ・すろねこレポート(ラジオ)|イベント公約 結果 設定

ジャンバリ 取材

潜入取材の購入実績に応じてライターを呼ぶことができるシステムを採用。 ライター来店で公約違反した場合、 潜入取材で1から再スタートとの噂も。 スロパチステーションアプリもあり。 台番末尾系イベント。 海物語・北斗・花の慶次などメイン機種が良調整になる可能性あり シバター(youtuber)の特徴 公約内容に細かい指定があるものもあり、趣向を凝らしてある。 特に取材数も多いDokyun・Zukyun・Bakyunに関しては公約が特徴的な分 ガセると比較的ユーザーにバレやすい仕様です。 ジャグラーシリーズのイベント オフミーの特徴 (名目上は)ユーザー同士の連れスロオフ会。 直接販売と代理店販売で公約の守り方に温度差あり。 ライターはあまりガツガツしていない雰囲気の人が多め。 全台リセットの傾向が強い。 また 初開催が強く並びも増える傾向あり。 完全に店次第。 HPには差枚数や機械割等は掲載されている店舗とされていない店舗あり Scoop! tvの特徴 関西を中心にイベント展開。 取材ラインナップが非常に多い。 パチスロライター 寺井一択氏が所属。 結果をamebaブログで公開するイベントも多い。 特定機種対象や台番指定のイベントでは狙い台を絞り込みやすく、ガセるとバレやすい内容が多い。 取材ラインナップが多いのでイベント狙い初心者の方は安易に飛びつかないよう要注意。 5号機以降の機種対象。 tv(特定機種対象の取材) 以下は特定機種対象の取材です。 対象機種以外は狙い台から排除できるので狙い台を絞りやすいです。 具体例は各イベントのURLをみてもらえればわかると思います。 設定状況は良い場合が比較的多いが、並びもガチ勢やグループが多いので要注意。 内容はスタレポとほぼ同様で、5段階評価のレポート。 最近では大阪がイベント規制の波を受けてか 「すろいぬラジオ」という(形式上はラジオの協賛店舗を募る)イベントが行われている。 関西ではまだ開催が少ないのでねらい目。 新台カレンダー・機種情報やボーダーラインなども簡単に調べられる。 youtubeのプロモーションにもかなりの広告費が投入されているようで、来店したユーザーに感想をインタビューするなど、信ぴょう性のあるレビューが多い。 全6が2機種以上。 全456が2機種以上 アツ姫の特徴 取材結果ブログでは 差枚数や機械割などの掲載がほとんどなく出玉の写真のみなのであまり参考にならない。 ガセになりやすい反面、本当に高設定が入ると ライバルが少ないので穴場になる可能性はある。 若手の頃からホール店長として繁盛店を作ってきたそう。 結果ページでは機種ごとの出玉推移や スロット全台の総差枚数を掲載している。 総差枚マイナスでもきっちりと公表している点は高評価。 過去の傾向から全456や全6が複数機種あることが多い。 実際に契約打ち切られたグループもあり でちゃうの特徴 髭原人や こしあんなどのライターが所属。 イベントの名前がコロコロと変わることが多いが、公約内容は昔のイベントの流用である場合が多い。 まだ新しいイベントで筆者はそこそこ足を運んでいる。 (実際にユーザーにアンケートは取っているのか不明)イベント自体の強弱よりも 「ホールの特定日を知るためのもの」といった感じ。 天使と悪魔のダブルでホールを5段階評価。 良い結果の場合は天使・残念な結果の場合は悪魔マークがつく。 レポートでは機種ごとの差枚数・平均回転数・出玉率・勝率まで掲載しておりかなり信頼できる印象。 設定が明確にユーザーにわかるわけではないですし 「ガセイベント」に終わる場合もあります。 周りの挙動も確認して ガセの可能性を感じたらすぐにでも撤退しましょう。 なぜこのような事が起こるか知っていますか? 公約がなく知名度の低いイベントでも 「地元や近隣のお客さんに今日は出す日と伝わればそれでいい」と考えているホールであれば、期待以上に甘い状況になることも多々みてきました。 (他のライバルに気づかれない自分だけの美味しい情報になります。 ) 逆に全国的にも知名度が高いイベントとなると、県外からの遠征客や開店プロも現れます。 「常連になる見込みのない客に出す必要はない」と考えるホールならば、強いイベントでも公約を無視するかもしれません。 イベントというのは店の状況を知るキッカケであり、必ずしも「強いイベントをやる店=優良店」では決してありません。 お金さえ払えば殆どのイベントは買えてしまうのが現状です。 ユーザーにとって一見良心的ですが、実は以下のような「落とし穴」もあります。 確実な情報を得るためにはホールまで足を運びイベント当日の状況を自分の目で確かめることです。 「忙しくて見に行けない」「めんどくさい」というのであればせめて データロボサイトセブンだけでも必ずチェックしてください。 月額たった300円(牛丼並盛一杯分)で全国ホールの大当たりや出玉推移を確認できます。 高設定を発見できる可能性が格段に上がります。 サイトセブンはこちらから登録できます。 しかし本当に注目してほしいのは 出玉ではなく差玉であるということです。 ホールでは時間帯によって人が入れ替わったり稼働率が変化します。 「出てるなぁ。 あの台高設定なのかな?」と思うでしょう。 ですが、もし朝イチから打った人が3000枚飲まれてたとしたらトータル差玉は-1000枚です。 データを見ることを強く推奨する理由は 出玉感は低設定や中間設定でも稼働さえあれば意外と演出できてしまうからです。 ドル箱だって底の浅いものを使えば出ているように見せれます。 その他にも 「データサイトに一切情報が載っていない」「ホールに設置されてるデータロボが古く、差玉推移など細かい情報がみれない」こういった店舗も警戒すべきです。 店が高設定を使う理由は「うちのホールは出す」とアピールしたいからです。 どうせアピールするなら店内だけでなく店外まで広く伝わった方が集客ができますよね?言い換えれば 差玉情報を公開しない店は「都合の悪い事は隠したい」「勝ちにこだわる客には来てほしくない」店である可能性があります。 データが詳細でない店ほどごまかしも効きますが、その分ライバルに高設定を取られる可能性も低いことを考えると、逆にねらい目のホールも見つかるかもしれません。

次の

ジャンバリスマホサイト 来店スケジュール

ジャンバリ 取材

スロット・パチスロ動画などを展開するジャンバリが開催するイベントです。 ここ最近、様々な取材を開催しており、今最も勢いのあるメディアの一つです。 各取材イベントにより下記の特徴があります。 レポートは各機種の差枚プラスの台の割合、平均出玉、平均回転数、平均出玉率が一目でわかるようになっています。 ・スナイパーライフル SHOOTING(シューティング) 台番号の特定末尾が全台系の傾向があります。 ・マシンガン SHOOTING(シューティング) 5台以上設置機種に高設定投入・15台以上設置機種に高設定が複数投入される傾向があります。 ・バズーカ SHOOTING(シューティング) 全台系機種が投入される傾向があります。 ・Wバズーカ SHOOTING(シューティング) 全台系機種が複数投入される傾向があります。 ・スサノオ 全台系機種が投入される傾向があります。 またその他にも様々な機種に均衡して高設定が投入されるようです。 ・アマテラス 様々な機種に均衡して高設定が投入されるようです。 ・ツクヨミ 特定末尾の台番号に多数の高設定が投入される傾向があります。 ・真ツクヨミ 複数の特定末尾の台番号に多数の高設定が投入される傾向があります。 ・オロチ 全台系機種が投入される傾向があります。 ・メガオロチ 全台系機種が複数投入される傾向があります。 ・ギガオロチ 全台系機種が多数投入される傾向があります。 ・ジャンバリ魂 4台以上設置機種に1台以上高設定投入・4台以上設置機種の内1機種以上に全台系が投入される傾向があります。 ダブルジャッジ ・スロパチステーション潜入取材 様々なホールで開催されていますが、どのホールで開催される場合でも、安定感が高く、メイン機種・少数機種問わず、好調な台が多数見られることが多いです。 オリジナルキャラクターの 「あつまる」が来店すると、さらに期待度は高まります。 ・スロパチステーション潜入取材 光 ジャグラーシリーズを中心に好調な台が多数見られることが多いです。 ・スロパチステーション潜入取材 トレジャー 特定末尾の台番号に好調な台が多数見られることが多いです。 オリジナルキャラクターの 「とれまる」が来店すると、さらに期待度は高まります。 ・スロパチステーション潜入取材 結 6台並びで好調な箇所が複数見られることが多いです。 オリジナルキャラクターの 「かたまる」が来店すると、さらに期待度は高まります。 ・スロパチステーション潜入取材 メガテン 3~6台並びで好調な箇所が多数見られることが多いです。 百鬼夜行(1GAME) 百鬼夜行は1GAMEというユーザー側の視点でパチスロ業界を盛り上げている団体が主催するイベントです。 パチスロ・スロットのイベントは、ホール側がイベント主催者に広告費を支払って開催するものが一般的ですが、この百鬼夜行は広告費を取らず、1GAMEが認めたホールのみで開催することができるイベントとなっており、ブランド価値がかなり高いです。 また、イベント主催者側は、ホールにとってネガティブな情報は出さないのが普通ですが、この1GAMEはホールに媚びることなく、ありのまま生きた情報を伝えています。 そのため、ユーザーからの信頼も非常に高いのが特徴です。 直近の開催数はかなり減っていますが、 メイン機種・少数機種問わず、かなりの高設定が投入されていると思われます。 機械割の高い機種の全6も当たり前のように投入されており、このイベントでは、低設定の台を探すほうが大変かもしれません。 連れ打ち・ハズセレ(HAZUSE) 2017年4月創刊の必勝本News EGGのイベントです。 イベントにより内容に下記の特徴があります。 ・Zukyun! (ズキュン) 台番号の特定末尾が全台系の傾向があります。 ・Bakyun! (バキュン) 台番号5台以上並びで高設定が1箇所以上投入、設置台数が多いホールほど複数箇所投入される傾向があります。 ・S-Bakyun! (S-バキュン) 台番号5台以上並びで設定6が1箇所以上投入、設置台数が多いホールほど複数箇所投入される傾向があります。 ・Bakyun! TRESS(バキュントレス) 台番号3台以上並びで高設定が複数箇所投入、設置台数が多いホールほど複数箇所投入される傾向があります。 ・S-Bakyun! TRESS(S-バキュントレス) 台番号3台以上並びで設定6が複数箇所投入、設置台数が多いホールほど複数箇所投入される傾向があります。 ・Bakyun! scale X(バキュンスケールX) 台番号5台以上並びで高設定が10箇所以上投入される傾向があります。 ・Bakyun! scale O(バキュンスケールO) 台番号5台以上並びで高設定が8箇所以上投入される傾向があります。 ・Dokyun! (ドキュン) 5台以上設置機種に設定6投入・15台以上設置機種に設定6が複数投入される傾向あります。 ・メガ取材 全台系機種が複数投入される傾向があります。 ・CHANCE(チャンス) ジャグラーシリーズに多数の高設定が投入される傾向があります。 パチ&スロ必勝本 でちゃう! に次ぐパチスロ・スロット雑誌系のイベントです。 有名ライターも多く所属しています。 様々なイベントが開催されていますが、中でも「オルトロス」に注目です。 ・オルトロス 全台系機種が複数投入される傾向があります。 ・ギガオルトロス 全台系機種が複数投入される傾向があります。 オルトロスの強化版です。 ・ゴールデンオルトロス 2日間連続で開催されます。 内容はオルトロスと同様です。 ・プラチナオルトロス 3日間連続で開催されます。 内容はオルトロスと同様です。 ・プレミアムオルトロス 全6機種が複数投入される傾向があります。 ・ライラプス 全台系機種が投入される傾向があります。 ・プレミアムライラプス 全6機種が投入される傾向があります。 その他にも、KING OF SLOT(キングオブスロット)・SUPERフェニックス(スパーフェニックス)・フェニックス・PRIDE(プライド)・回胴STRIKE(回胴ストライク)・究SLOT(究スロット)・ペカジャック・流星メテオスなど様々なイベントが行われていますが、基本的には、それほど期待はできない印象です。 ホールによっては熱いイベントもあるのでチェックしてみるのもよいでしょう。 パチ7 ・ジャック取材 台番号5台以上並びで高設定が2箇所以上投入される傾向があります。 ・Hジャック取材 台番号5台以上並びで高設定が2箇所以上投入される傾向があります。 ジャック取材の強化版というイメージです。 ・ジャックサード取材 台番号3台以上並びで高設定が3箇所以上投入、設置台数が多いホールほど複数箇所投入される傾向があります。 ・ジャックセカンド取材 台番号2台以上並びで高設定が箇所が多数投入、設置台数が多いホールほど複数箇所投入される傾向があります。 ・クイーン取材 特定末尾の台番号に全台系が投入される傾向があります。 ・キング取材 5台以上設置機種に設定6投入・15台以上設置機種に設定6が複数投入される傾向があります。 ・ジョーカー取材 全台系機種が5機種以上投入される傾向があります。 ・フラッシュ取材 ジャグラーシリーズに多数の高設定が投入される傾向があります。 ・フラッシュ feat. ジャック取材 ジャグラーシリーズに台番号5台以上並びで高設定が2箇所以上投入される傾向があります。 ・フラッシュ feat. ジャックサード取材 ジャグラーシリーズに台番号3台以上並びで高設定が3箇所以上投入される傾向があります。 ・フラッシュ feat. クイーン取材 ジャグラーシリーズの特定末尾の台番号に全台系が投入される傾向があります。 タロット 関西を中心にイベント(取材・キャンペーン)を開催しています。 各イベント(取材・キャンペーン)には特色があるので要チェックです。 ・BURST 台番号5台以上並びで高設定が2箇所以上投入される傾向があります。 ・カチ盛りターゲット 取材対象機種に1台以上の高設定が投入される傾向があります。 ・カチ盛りドリーム 全台系機種が1機種以上投入される傾向があります。 ・カチ盛りローテーション7 取材対象機種の全台に取材期間中(1週間)に1回以上高設定が投入される傾向があります。 ・Dokiレポ 沖ドキシリーズに高設定が投入される傾向があります。 ・弦朧ノ契 バジリスクシリーズに高設定が投入される傾向があります。 ・拳激突 北斗の拳シリーズに高設定が投入される傾向があります。 ・有頂天・裏頂天 番長シリーズに高設定が投入される傾向があります。 ・神ガカリ ゴッドシリーズに高設定が投入される傾向があります。 その他にも、KING OF スクープ!(キングオブスクープ)・デジャヴ・HAWK EYE(ホークアイ)・㐂々塊々・打ちごろ!など様々なイベントが行われています。 その他のイベント 2017-02-26 13:08 まとめ ここまで色々なイベントをご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか? 実に様々な種類がありますね。 上述した激アツイベントもありますので、この記事を参考にしていただければと思います。 また、設定や対象機種に関する情報については、あくまで過去の出玉情報やホール状況を当サイトが分析した結果であり、取材・キャンペーンにて必ず記載の「機種が対象となる」「設定変更が行われる」ものではありません。

次の

ジャンバリサイト 来店スケジュール

ジャンバリ 取材

1の208万! まだ取材イベントよりはP-worldのようなポータルサイトのイメージの方が強いか。 関西中心のイメージだが関東もあり。 ガセイベには低評価もしっかり付けるので信頼度はトップクラスではなかろうか? スタレポ 4台以上の設置機種に全台設定6を投入。 すろいぬ(実質スタレポと同じ) スタレポと同じ4台以上の機種に全6を投入。 もともと規制のせいでスタレポができなくなったお店用に、景品取材の名目で外側だけ変更し、取材を継続しているよう。 現在すろいぬレポートが行われているのは埼玉・神奈川・千葉。 バズーカ 4台以上の機種に全56を投入 マシンガン 5台以上の機種に全56を投入 スナイパーライフル 特定末尾の台に56を投入 ジャンバリ魂 4台以上の各機種に6を投入。 1の媒体ですね。 公約のほとんどが赤字営業の公約なので出せる店しか開催しない。 なのでスロパチ系のイベントと言うだけで行く価値があるという触れ込み。 最近では少し緩めになってきたのか、ガセイベントをするケースも有り。 尚、クロロ店長来店の場合、分岐営業。 以下、ダブジャ公式の記事を要約したものになります。 ズキュン 特定の台番号の特定の末尾に全5. 6 Bakyun! (バキュン) 5台以上並びで設定5.6が2ヵ所以上設置 Dokyun! 詳しい公約の詳細が明かされていない物が多いが、プレミアム取材と言われる イベントはホールが公約を守らなければ二度と開催することができないや、 イベントタイトルから明らかに対象機種が分かるようなイベントが多くあり、 調査次第では面白いイベントが多いのではないかと思われる。 ズバレポよりも少し悪い配分 バーニングもプレミアム取材なので公約を守らなければ 次から開催されないイベントになっている為、期待は出来そう アツ盛ドリーム アツ盛ドリームイベントも、プレミアム取材なので 公約があり、守らなければ次から開催されないイベントになっている。 始まったばかりのイベントで今はまだ詳しいことが分かっていないが、 バーニング相当のイベントだと思われる。 アツ盛ローテーション 7日間連続対象機種、強い機種があり、それが7日間ローテーションするイベント アツ盛ロックオン ロックオンというタイトルから 一定機種がかなり強くなるんじゃないかと思われるプレミアム取材 ジャグズバ!! 名前の通りジャグラーが対象になるイベント スポンサードリンク.

次の